F.CUZ 2015 LIVE HOUSE TOUR 「two of us」
6/7 小倉LIVE SPOT WOW! レポート

_MG_0615-2©F.A.E.P.

F.CUZ 8th シングル「two of us」発売&リリース記念ライブハウスツアー初日のステージが、6/7(日)小倉LIVE SPOT WOW! にて開催されました。

ツアー初日ならではの溢れる期待感と熱気でいっぱいの会場。スタートの合図のようにスモークが焚かれ、♪『CHA-GA-WA』のイントロが響き渡ると、黒いスーツに身を包んだF.CUZの5人がステージに登場。

♪『CHA-GA-WA』

翌日6/8が24歳の誕生日というレヒョンのイメージカラー:赤に合わせて一曲目をスタートしよう!という、ファンからの粋な計らいにより会場は真っ赤なペンライトで埋めつくされ、曲に合わせた大きな掛け声が何度も繰り返されます。

ジノン「一緒に歌って盛り上がっていきましょーっ!」

♪『NO ONE』
♪『Change』

ライブハウスならではの、ステージとファンとの”近さ”が一体感を生み出し、更なる盛り上がりへと続きます。

F.CUZ「皆さん、こんにちは!F.CUZです!君たちは?!」
「F.orU!(フォーユー=ファンクラブ名)」と、元気よく返事を返す会場。

_MG_0243©F.A.E.P.

イェジュン「いいねいいねぇ~。」
ジノン「今日は、僕たちの「two of us」の発売記念ライブです!
今日、皆さんと一緒に最後まで歌って、踊って、楽しくいきたいと思います。終わってからもここでリリースイベントもあるので、楽しみにしていてください。
それでは!もっともっと、もっと!盛り上がりましょうか?!」
イェジュン「盛り上がりましょうか?!」
ジノン「いいですか?!」
イェジュン「いきましょうか?!」

呼びかけるごとに「イェーイ!」と大きく答える歓声と共に、次の曲へ。

♪『Lost in Love』
♪『Rise Up』
♪『Tearful Heart』

_MG_0566-1

©F.A.E.P.

ジノン「楽しんでますか?もちろんですよね?!
今日はライブハウスでF.CUZのライブですよね?だからここにはF.orUの皆さんだけがいるよね?」
イェジュン「そうですよね?!もちろんですよね?」
ジノン「だから!僕たちが、今、皆さんのところに行きます!」

このジノンの言葉に、何気なく会場の皆さんはイェーイ!と返事をするも、次の瞬間にそれは悲鳴に変わりました。「じゃあ、行きます!」「行きまーす!」と口々に言いながら、メンバーが次々にステージを降りて会場フロアへ!有り得ない事態に騒然とする中で、それぞれのイメージカラー(ジノン:緑、レヒョン:赤、カン:青、テゴン:紫、イェジュン:黄)のリボンブレスを、メンバー自らファンの方へ配り始めました。当然ファンの皆さんは大興奮で、中には感動で涙する姿も。
そうして配り終えたメンバーは次々にステージへ。

ジノン♪『two of us』のカップリングの♪『Don’t Touch』という曲の振付がすごくエロい~!と、ファンの皆さんから沢山のメッセージをもらいましたよね?だから、今日は
♪『Don’t Touch』の振付で、皆さんとメンバーで一緒にダンスバトルしたいと思います!」

とここで、実はリボンブレスはチーム対抗ダンスバトルのメンバーを決めるものだったと種明かし。更なる意外な事態に、会場は一気にざわめきます。それぞれメンバーからもらった人がそのチームメンバーということで、順番にステージに上げられチーム対抗でダンスバトルが繰り広げられました。

_MG_0113-2

©F.A.E.P.

なかでも目立ったのはカンチームで、全員男性という見事なメンバー体制は、女性ばかりのチーム中でひときわ目立っていました。そして見事優勝したのはカンチーム。

ジノン「優勝賞品は…思い出…。カン君と一緒に踊った思い出です!」

モノではない賞品ということで、思わず会場からもメンバーからも笑いがもれました。
会場で、ステージで、沢山のファンとメンバーとの今までには無かったふれあいのヒトトキが、更なる一体感を生んだように感じました。

ジノン「みなさん!明日は何の日か知ってますか?」
イェジュン「はいはーい!明日は僕の家の生ゴミの日です!」(会場もメンバーも爆笑)
レヒョン「あー…生ゴミの日もありますけど…明日は僕の誕生日の日です。」
イェジュン「あー!そーか?!」
レヒョン「そうですよ!生ゴミの日じゃないですよ!」

と微笑ましいやり取りの中、会場からは「おめでとう!!」と祝福の嵐です。

_MG_0025-2

©F.A.E.P.

ジノン「そう!レヒョン君の誕生日ですよね。ということで、今日はF.orUの皆さんのために何かスペシャルなコーナーを作りませんか?」
レヒョン「はい!今までは誕生日の時、皆さんから僕にプレゼントをもらいました。でも今日は僕が、皆さんにプレゼントをあげます!」

レヒョンからの思わぬプレゼントに拍手と歓喜の声があがります。

レヒョン「すごく恥ずかしいんだけど、本当に恥ずかしいんだけど、僕が頑張って韓国で曲を作ってきました。まだまだだし、皆さんの前では初めてだから、超恥ずかしいんだけど…、頑張って作ってきたんでお聴きください!」

そうしてマイクスタンドとギターが一つずつ用意され、しっとりとレヒョンのソロコーナーがスタート。ギターを弾きながらレヒョン作詞作曲の♪『あの春の日をおぼえていますか?』、Radioheadの♪『Creep』が披露されました。

_MG_0343_MG_0400-1

©F.A.E.P.

するとソロステージが終わったと同時に「Happy Birthday To You~♪」と歌いながら、24歳の誕生日を祝う大きなケーキを持って現れたメンバーたち。サプライズ登場にレヒョンはとても嬉しそうに目を細めてロウソクの火を吹き消していました。

ジノン「レヒョン君の曲、本当に良かったですよね!」
イェジュン「僕たちも裏で聴いてましたけど、特に一曲目が、すっごく良かった!」
レヒョン「僕、韓国でも日本でも一生懸命に準備しました。」

テゴン「ついに、カン君やイェジュン君だけでなく、レヒョン君まで作るようになったんですね…。作ってないのは、僕とジノン兄さんだけですよね。」
ジノン「違う違う!全然そんなことないですよね!僕には昔♪「I’m OK」って曲がありましたが、皆覚えてますか?」

「イェーイ!」と会場からは大きな返事が。

ジノン「カン君と一緒に作りました。だから、テゴン君だけ!!作ってないですよ。」
テゴン「そうか~…。」

ややうつむき加減にうなだれるテゴンをよそに、ライブはどんどん進行していきます。

ジノン「今回はレヒョン君のコーナーでしたが、ツアーの今後のステージでは他メンバーの誰かのソロコーナーがありますので、楽しみにしててください!じゃ、次はF.CUZの曲いきましょうか!」

♪『Don’t Touch』(Japanese Ver.)
♪『Ring My Bell』

_MG_9609_MG_9871_MG_9905

©F.A.E.P.

イェジュン「さよならするのはツライけど…時間です…。」
ジノン「時間です…。あ…涙が…。」

「違う!」「汗ですよね!?」とメンバーから総ツッコミが入り、寂しく別れ惜しい雰囲気が一転して楽しい空気に。

♪『Feeling My Soul』

会場の一体となったコールと歌声につつまれながら最後の曲を終えステージを降りるメンバー。そして、止まない「F.CUZ」コールで再登場の時には、『Happy Birthday』と書かれた赤いボードが会場いっぱいに掲げられるという、レヒョンに対して再びファンからの嬉しいサプライズが。
カンがデザインしたオフィシャルTシャツに着替えたメンバーの♪『Say U Say Me』の可愛い振付とノリのいいリズムに会場は大興奮のまま、この日本当に最後のステージを終えました。

_MG_0865_MG_0933

©F.A.E.P.

最初から最後までレヒョン色で染められた、ライブハウスツアー初日の、この日だけの特別なライブ。ファンにとっても、メンバーにとっても嬉しいサプライズが満載で、ライブ終了の際には「楽しかった!」「面白かった!」と口々に話す会場の声も多く聞こえました。「もっともっと楽しんでほしい、好きになってほしい」というメンバーの気持ちと、「大好きな気持ちを伝えたい」というファンの気持ちがヒシヒシと伝わってきた瞬間が何度もあり、F.CUZとファンとのつながりの強さを感じられたライブでした。
(文:溝田 則子、写真:かわどう)

 

◆当日楽屋にて、LOVE FM『Kore“an”Night』(SAT 20:00 ~ 21:00放送)のF.CUZインタビューも収録。
http://lovefm.co.jp/※コチラの模様は、LOVE FMでは6/13(土)に既に放送済みです。

F.A.E.P.によるLOVE FMインタビューレポートはこちら http://faep-jp.com/?p=9739


7/22発売 F.CUZ 日本8thシングル『two of us』
●「two of us」A盤:楽曲4曲+inst.2曲
POCS-1336
¥1,800(税込)\1,667(税抜)
01.two of us
02.Don’t Touch(Japanese Ver.)
03.Round and Round
04.Without you
05.two of us(Inst.)
06.Don’t Touch(Inst.)

●「two of us」B盤:楽曲4曲+inst.2曲
POCS-1337
¥1,800(税込) \1,667(税抜)
01.two of us
02.Don’t Touch(Japanese Ver.)
03.Memorise
04.Don’t Touch(Korea Ver.)
05.two of us(Inst.)
06.Don’t Touch(Inst.)

●「two of us」ワンコイン盤:楽曲1曲
POCS-9085
¥500(税込)\463(税抜)
01.two of us

発売元:株式会社ウィルビー
販売元:ユニバーサル ミュージック合同会社

—————————————————————————–

F.CUZ(フォーカズ)
2010年デジタルシングル「Jiggy」で韓国デビューした5人組ボーイズグループ。
平均身長180cm超のモデル並みの長身とLooksを兼ね備え、高シンクロ率を誇るパフォーマンスで、
“近寄り難い華やかさ”を放ちながら、ふと見せる少年のような笑顔と“いつも隣にいてくれるような親近感”を併せ持つ次世代のグループ。また、メンバー自らが作詞・作曲・アレンジを行うなど“Self Compose”も積極的に展開、レコーディングではコーラス・ワークを取り入れるなど精力的な制作活動を展開。
それが…”Evolving Artist”、F.CUZ(フォーカズ)である。

◆公式サイト http://f-cuz.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

F.A.E.P.レポート/インタビュー

  1. 2020-11-26

    待望の1st写真集発売も決定!『JO1 1ST アルバム 「 The STAR 」 リリース記念 生配信 オンライン囲み取材』2020年11月25日(水)≪F.A.E.P.レポート≫

  2. 2020-6-15

    【noovy】◆F.A.E.P. おうちインタビュー◆
    「ファンの皆さんはきっと不安だと…せめて配信で直接お話ができたら」

  3. 2020-10-6

    ”MY.st(マイストゥ)“ <F.A.E.P.単独インタビュー>

F.A.E.P.動画

映画『サムジンカンパニー1995』予告編!7/9(金)全国順次ロードショー!

ほか F.A.E.P.動画チャンネルはコチラ

最近の記事

  1. 2016年の熊本地震と20年の豪雨災害からの復興を願って、2021年7月9日(金)熊本城ホー…
  2. U-KISSフンが8月16日(月)自身の誕生日にオンラインライブファンミーティング HOON ONL…
  3. ソンモがこの度、先輩アーティストFL1Xの新曲「ʻ괜찮아ʼ (⼤丈夫)」のミュージックビデオ…
  4. 7月5日にファーストデジタルシングル「Excuse me」をリリースしたボーイズグループBXK(ビー…
  5. 2019年にFTISLANDを離れ、俳優業に専念しているソン・スンヒョンが出演したドラマ『愛...で…

おすすめ!色々情報部

◆バックナンバー

ページ上部へ戻る