NO MIN WOOデビュー10周年パーティー「感謝」 in ホテルオークラ東京

_MG_9217R©KISS Entertainment lnc.

12月20日、ホテルオークラ東京にてノ・ミヌデビュー10周年のお祝いパーティー「感謝」が開催されました。会場にはドレスアップしたファンが集まり、とても華やかな雰囲気に包まれていました。
パーティーが始まると、デビューしてからこれまで歩んできたヒストリーを上映。俳優としてすぐに活躍することは容易でなかったデビュー当時。脇役として出演して着実に実力が認められ始め、ノ・ミヌの存在を世間に広く知られるようになったドラマ「パスタ」、「僕の彼女は九尾狐」や初めて主演を務めた「フルハウスTAKE2」。その後、自身が主演のドラマで音楽監督を務めるなど唯一無二の存在に。そんな多彩な才能を持つ彼の10年を振り返ったところで、チェックのジャケット姿のノ・ミヌが舞台袖から客席を歩きながら登場。ファンが向けるカメラにポーズをとったり、ファンの手を握ったりと優しい眼差しで♪『HELLO HELLO』を歌い、患者(ノ・ミヌのファンの名称)は大興奮。ノ・ミヌも「会いたかったぞ!!」と力強いラブコールを送ります。

_MG_9095R

©KISS Entertainment lnc.

「10周年になっちゃいました!皆来てくれて本当にありがとうございます。デビューした18歳から23歳までの記憶があまりないんです。社会っていう世界を知った時期だったから、パニック状態なのもあったし…これまでのようにおもちゃを持って遊ぶミヌを捨てて大人になるのか、キューピーを守りながら人生を生きようか。」と、子供の頃のピュアな心を“キューピー”に例えてデビュー当時の心の葛藤を告白。
さらに「小学校の時、集中力がすごく弱かったんですよ。座って本を読むことが今もできないんですね。でも僕は耳が強いので、今でも台本は車の中でスタッフさんが読んでくれて僕は耳で聴きながら窓を見ています。そうしたら理解できて、それで演技しています。」と語り、母親の勧めで小学校6年生の時からピアノ、ギター、ドラムなどの楽器の練習を頑張ったことを明かしました。

_MG_9348R

©KISS Entertainment lnc.

また「主人公を演じながらその作品のOSTを作ったり歌ったりする存在がいなかったから二十歳くらいの時にそれが僕の目標です、と先輩たちに言ったら「それはできないよ。それができたらもう今、そういう存在がいるでしょ。」って。でも諦めないでずっと頑張ったんです。音楽を諦めるのは絶対無理だったから。今年「10周年だ」と思って今までの10年を振り返ったら、自分が演技しながらメロディーを感じて作って、その音楽が流れるシーンがテレビで出たりするから今までの10年は悪くなかったと思います!」と話すと、ファンからは大きな拍手が。

ドラマ「最高の結婚」の撮影現場に密着した映像を皆で見た後には「頑張って撮影しましたね?…(患者に)褒められたいんです(笑)」の一言に、患者たちから「えらい!!」と慰労する声が。刺激的なシーンもあったため、「エロい!」という声も混じると「エロい?知ってるよ。」とにっこり。「結婚って人生が変わるものだから、深く考えてしなきゃダメだなって思いました。まだ結婚はしたくないんですけど(笑)」という一言にファンも一安心。監督から悲しい曲にしてほしいという要望を受けて作ったという同ドラマのエンディングソング♪『Crazy Love』を切なく歌い上げました。

_MG_9045R

©KISS Entertainment lnc.

その後、司会者の星野卓也さんが登場し、ファンと触れ合えるコーナーに。「甘いラブコール」はスクリーンに映し出された電話番号宛てにファンが一斉に電話をかけ、最初につながると、マイクも通さずにノ・ミヌと2人だけの会話を楽しめるというもの。さらに、ノ・ミヌが電話で案内してもらいながら通話先のファンの席へ向かいます。客席を歩く際には、他のファンへの配慮も忘れずに交流する優しい姿に会場は笑顔でいっぱいに。ファンのもとにたどり着くと、サイン入りのグッズとツーショット撮影がプレゼントされました。

_MG_9260R

©KISS Entertainment lnc.

現在は、ドラマ「私の残念な彼氏」の撮影を行なっているノ・ミヌ。ピュアでまだ愛を知らないノ・ミヌ演じる主人公が愛を知っていく物語だそうで「大人たちのストレス発散になるようなピュアな物語です。頑張って撮影するから、楽しみにしていてください!」と自信をのぞかせました。続いて「甘いミヌを感じて」とセクシーな歌声で♪『BABY』を、そして♪『Don’t Go Away』ほか数曲を披露。

二つ目のコーナーは「ミヌにどれだけ首ったけ ザ・リベンジ」。「待ち受けがミヌの画像」や「今、ミヌのCDを持っている」、最後は「そのCDにサインが入っている」など5つの条件を全て満たしているファン2人がステージに上がり、ノ・ミヌからプロポーズをしてもらえるという夢のようなプレゼントが。壁ドンというシチュエーションも加えられ、(ステージ上に壁がなかったため、星野卓也さんの背中を壁にしての壁ドンでした)「結婚してください。」と頬にキスをする大サービス!!会場中が悲鳴にも似た歓声に包まれました。

「みんな、一緒に歌ってください。」と♪『HEAVEN』を力強く響かせ、「大切な人が天国に行ったり…そんなことが周りであります。その時、恋しさを埋めてくれる何かがないと悲しいことだと思っていて。僕にはそういう部分が患者です。この10年、時には夢を諦めようかなと思う時もあったんですけど、TRAXの時から応援してくれる韓国の患者とか今日本の患者たちとか、僕は寂しくないんだという感じで。10年後、またパーティーをやりましょうよ。38歳の時、僕が目標としているキラキラのアーティストになって、患者たちや周りの人たちに自慢できる人になります!だからみんな、痩せないでね。僕も痩せないね。たくさん食べましょうね。」とメッセージ。
バンドメンバーと一礼して挨拶した後、最後は「僕の心を表現します。」と、語りかけるようにピアノの弾き語りでしめくくりました。

_MG_9747R

©KISS Entertainment lnc.

「会えてよかったです。感謝してます。」と伝えて、チェキ撮影会に。
語られる言葉からファンへの愛、感謝の気持ちが節々に感じられたこの日、ファンとの絆をさらに深めました。目標を作って、その目標が達成できた時に、次のドラマやライブなど、新しい目標のために頑張っていると語ったノ・ミヌ。これからも新たな魅力でたくさんの人を魅了してくれそうです。
(文:近田 侑希)
◆ノ・ミヌ オフィシャル ファンクラブ「HAPPY HOSPITAL」https://nominwoo.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

F.A.E.P.レポート/インタビュー

  1. 2020-9-17

    ”TARGET(ターゲット)“ <F.A.E.P.単独インタビュー>

  2. 2021-4-17

    JO1 3RD SINGLE「 CHALLENGER 」リリース記念ショーケースイベント
    <F.A.E.P.イベントレポート>

  3. 2020-9-19

    ”SATURDAY(セロデイ)“ <F.A.E.P.単独インタビュー>

F.A.E.P.動画

映画『サムジンカンパニー1995』予告編!7/9(金)全国順次ロードショー!

ほか F.A.E.P.動画チャンネルはコチラ

最近の記事

  1. 中国No.1ヒット!「麗王別姫〜花散る永遠の愛〜」アレン・レン×「宮廷の諍い女」タン・ソンユンの最強…
  2. 日本を愛するタイの国民的ポップスター・STAMPが、男女ツインヴォーカルグループ・Aweso…
  3. 「175R」が、プロ野球独立リーグ球団「福岡北九州フェニックス」の球団公式テーマソングの制作を担当す…
  4. 濃縮タイプだから家族でも一人でも食べたい分だけ作れるお鍋 ~2021年8月1日から全国の量販店(一…
  5. 佐賀駅は、明治24年(1891年)8月20日に九州鉄道 鳥栖~佐賀間の開通に伴い開業しました。 今…

おすすめ!色々情報部

◆バックナンバー

ページ上部へ戻る