アジア中で大ヒットした『トキメキ☆成均館スキャンダル』の中国版!
『トキメキ☆雲上学堂スキャンダル~漂亮書生~』 
衛星劇場にて4月日本初放送決定!

松竹ブロードキャスティング株式会社(本社:東京都中央区代表取締役社長井田寛)が運営するCS放送局「衛星劇場」では、アジア中で大ヒットを記録した韓国ドラマ『トキメキ☆成均館スキャンダル』の原作である小説「成均館儒生たちの日々」をもとに、中国でドラマ化した話題作『トキメキ☆雲上学堂スキャンダル~漂亮書生~』を、4月から日本初放送することが決定いたしました。4月24日(土)に第1・2話を先行放送し、5月3日(月・祝)から本放送がスタートします。
このドラマは女人禁制の雲上学堂を舞台に、男装女子と官吏を志す若者たちが困難を克服していく姿を描くラブコメ時代劇です。

.
「 トキメキ☆雲上学堂スキャンダル~漂亮書生~」

© BEIJING IQIYI SCIENCE & TECHNOLOGY CO., LTD.

■番組情報
2020年/中国/全36話
[演出]智磊[脚本]張延斌
[出演]ソン・ウェイロン、ワン・ルイチャン、ビー・ウェンジュン、ジュー・ジンイー

.
 ■イントロダクション
アジア中で大ヒットを記録した韓国ドラマ『トキメキ☆成均館スキャンダル』の原作である小説「成均館儒生たちの日々」をもとに、中国でドラマ化した話題作。女人禁制の雲上学堂を舞台に、男装女子と官吏を志す若者たちが困難を克服していく姿を描くラブコメ時代劇。
.
■ストーリー
幼い頃、父を亡くし筆写しながら母と病気の弟の面倒をみている雪文潤はある日、科挙試験の代筆の依頼が入り男装して科挙試験の代筆でお金を稼ごうと決心する。試験当日、雪文潤は代筆の依頼人を間違え、風承駿に声をかけてしまう。不正が大嫌いな風承駿だったが、母と弟のためだから見逃してくれと懇願する雪文潤の頼みを聞き入れることに。そのおかげで雪文潤は大事を逃れるが、代筆の依頼で男装して科挙試験に行ったつもりが、自分自身が受ける事になってしまい、結果弟の名を借りて女人禁制の雲上学堂に無事入学することに…。

© BEIJING IQIYI SCIENCE & TECHNOLOGY CO., LTD.

CS放送局「衛星劇場」にて2021年5月3日(月・祝)放送スタート!
毎週(月)午後9:00~11:00(再放送:毎週(土)午後1:00~3:00)※2話連続放送
※4月24日(土)深夜0:45~2:45第1・2話を先行放送!


衛星劇場  https://www.eigeki.com/special/hualiu_jidaigeki


.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

F.A.E.P.動画

Great Guysよりメッセージ到着!6/26(土)、27(日) 「GreatGuys Concert‘WE CAN GO BACK’」開催!

韓国7人組ガールズグループのELRISよりメッセージ到着! スペシャルオンラインコンサート開催!

SHINee オンユより、リハーサル映像とメッセージが到着!韓国ミュージカル『タイヨウのうた』

映画『サムジンカンパニー1995』予告編!7/9(金)全国順次ロードショー!

ほか F.A.E.P.動画チャンネルはコチラ

最近の記事

  1. 4人組ボーイズグループB.I.G(ビーアイジー)が7月10日(土)と11日(日)に「B.I.G DE…
  2. 総写真数約700枚超! Amazon限定カバー版も発売!! もうここでしか見られない練習生たちの…
  3. ©LAPONE ENTERTAINMENT Twitter Japanの「2020 もっとも使われ…
  4. この度、BLACKPINK (読み:ブラックピンク)の本国デビュー5周年を記念した初の映画「…
  5. 100%韓国エンターテインメントチャンネル「Mnet」および、日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「…

F.A.E.P.レポート/インタビュー

  1. 2020-1-30

    K TIGERS ZERO 2020 FIRST LIVE in JAPAN [ Odd&Beautiful ]
    1月25日(土) 博多市民センター F.A.E.P.レポート

  2. 2020-9-3

    Ren Kawashiri from JO1 <F.A.E.P. exclusive interview>①

  3. 2020-6-29

    【IDEA】◆F.A.E.P. おうちインタビュー◆
    SUNHEE「病気なんか、僕らと皆さんの邪魔にはなれないんだと思います」
    TAEHOON「少しでも皆さんの力になれますようにと願っています!
    またすぐ会いましょう」

おすすめ!色々情報部

◆バックナンバー

ページ上部へ戻る