【クイックレポ】初のオンライン単独ライブ
「JO1 1st Live Streaming Concert『STARLIGHT』」
2020年12月19日(土)開催!

©LAPONE ENTERTAINMENT

日本のみならず、世界中のファンが待ちに待ったJO1初のオンライン単独ライブ「JO1 1st Live Streaming Concert『STARLIGHT』」が、12月19日(土)20:00より開催されました。

ベルベットのスーツに身を包んだメンバーたちが登場し、1曲目に披露したのは『Shine A Light』。輝く星(STAR)に成長したJO1の姿を魅せると同時に、夢を諦めないすべての人に希望を伝えるこの曲は、「Billboard JAPAN Top Albums Sales」において、1位をも獲得した、まさにオープニングにふさわしい、1st アルバム『The STAR』のリード曲。続けて、11月のショーケースの際に佐藤景瑚が「新曲では一番激しくてパワフルなダンスの曲」と教えてくれた『MONSTAR』を披露。激しいダンスとは相反する切ないメロディが響きました。

©LAPONE ENTERTAINMENT

自己紹介の後は会場を移動してのトークコーナー「JO1の3大ニュース」。與那城奨をMCに、アルバム『The STAR』のREDチーム、GREENチーム、BLUEチームそれぞれから、気になるニュースが公開されましたが、最後は「難しかった&苦しかった記憶しかない…」と、ただただ一生懸命に頑張ってきた日々だったことを感じる場面も。そのひたむきな頑張りは、MTV VMAJ2020で受賞した『ライジングスターアワード』など、数々の今年獲得した賞が表していました。
「JO1の俺的超プライべートニュース」のコーナーでは、各自のニュースを書いたテロップを持ち紹介。佐藤景瑚の「仕事で名古屋に2時間だけ」ニュースや、川尻蓮の「歌ってのどに泡事件」など、驚きのニュースが数々公開されました。

©LAPONE ENTERTAINMENT

そしてここで速報発表!2021年1月18日から、JO1がネスレ日本キットカット「伝えるだけで、キット、いい」公式アンバサダーに決定のニュースが!CM出演はもちろんのこと、様々なキャンペーンやコラボ商品、そしてWEBコンテンツも満載とのこと。またそれだけでなく、JO1によるCM楽曲「伝えられるなら」も配信決定!キットカットで「気軽に想いを伝える」キャンペーンの詳細なお知らせは、1月18日から公式サイトで発表されます。

続けて披露されたのは「PRODUCE 101 JAPAN」時の課題曲。男気溢れる歌詞とダンスの『KungChiKiTa』 、王冠をかぶる仕草が印象的な『GrandMaster』2曲を、それぞれJO1バージョンで。

©LAPONE ENTERTAINMENT

「理想のクリスマスのデートプラン」や「クリスマスの思い出」をメンバーが語るVCRのあとは、冬の切ないラブソング『Happy Merry Christmas (JO1 ver.)』と「大好き!」の気持ちが溢れる歌詞と元気でカワイイダンスの『やんちゃ BOY やんちゃ GIRL (JO1 ver.) 』。画面向こうのJAMの笑顔溢れる声が聞こえてきそうなほど、楽しさ満載のステージです。

息が切れるほどのダンスステージの後は、会場を変えて楽しくクリスマスパーティ。部屋にはツリーや白いソファが並びます。トナカイチームと雪だるまチームに分かれ、5人限定プレゼントをかけた「爆音キーワード当てゲーム対決」「フラフープ送りゲーム」など、熾烈な争いが繰り広げられました。再度ステージに戻ってからは、ペンライトを使っての「星に願いを・・・」のコーナー。與那城奨の「JAMのみんなが幸せになりますように・・・」の願いに、白岩瑠姫が「それはお願い事じゃなくて僕らが叶えること」と一言。思わず「おおー!」「かっこいい!」とメンバーからは声が上がりました。

©LAPONE ENTERTAINMENT

学生服にチェンジして披露の『GO』は、モノクロのMVが印象的だった2ndシングル「STARGAZER」の収録曲。続けて同シングルのリード曲『OH-EH-OH』は、悩み多き10代へのメッセージが込められた⼒強いダンスナンバーで、「ジャケットダンス」が話題になりました。体を張った乱闘シーンなど、ミュージックビデオ撮影時での過酷な様子は、以前敢行した川尻蓮インタビューで是非確認してほしいほど。
そして最後は、「ぼくたちの原点の曲です!」と豆原一成より紹介があった『ツカメ~It’s Coming~』。「PRODUCE 101 JAPAN」練習生時代に初めて歌った課題曲で、そのJO1バージョンを堂々と披露。汗だくで息が上がりながらも、すがすがしい笑顔で「楽しんでくれた?」「踊ってくれた?」と画面向こうのJAMにまるですぐ近くで話しかけるように何度も呼びかけながら一旦はステージ終了。

©LAPONE ENTERTAINMENT

これまでの軌跡やバックステージ、練習風景などのVCRのあとは、オフィシャルTシャツに着替えたメンバーが再びステージに登場!アンコールの一曲目はJAMに向けた初披露のバラード『Be With You (⾜跡) 』。マイクスタンドを立て、切なく歌い上げるボーカルラインと、しっとりと力強く語りかけるラップラインのコラボレーション。そして本当に最後のメッセージが一人一人語られ、涙で言葉が詰まってしまった大平祥生の気持ちが伝わる場面もあり、胸が熱くなりました。

©LAPONE ENTERTAINMENT

「JO1 1st Live Streaming Concert『STARLIGHT』」締めくくりの1曲は、デビューシングル「PROTOSTAR」のリード曲『無限大』「一生に一度の1st LIVE!ありがとうございました!!」と言葉を残し、幕の降りる最後の最後までしゃがんで手を振りながら笑顔を贈っていたJO1でした。

©LAPONE ENTERTAINMENT

本来ならば、互いに同じ空間・同じ時間のなかで思い出を刻むはずが、まだ正常でない状況の影響により、残念ながらオンラインでの開催となってしまった今回のライブ。毎日の不安な気持ちをも跳ね飛ばす勢いのJO1:11人が生み出す素晴らしいエンターテインメントを見せつけてくれた約2時間のステージでした。
(より詳細なレポートは後日掲載予定です。)

©LAPONE ENTERTAINMENT
.

●レポート:溝田 則子
・・・

—————————————-

オンライン単独ライブ 公演概要

 

【公演名】JO1 1st Live Streaming ConcertSTARLIGHT
【日 程】20201219日(土)19:00開場/20:00開演
※12月20日(日)19:59までアーカイブ配信
【企画】 株式会社LAPONEエンタテインメント
【協力】CJ ENM/吉本興業株式会社
【出演者】 JO1(豆原一成、川尻蓮、川西拓実、大平祥生、鶴房汐恩、白岩瑠姫、佐藤景瑚、木全翔也、河野純喜、金城碧海、與那城奨)

.
JO1プロフィール
サバイバルオーディション番組「PRODUCE 101JAPAN」で、約3カ月にわたる熾烈な競争を繰り広げ、番組視聴者である”国民プロデューサー”累計約6,500万票の投票により選ばれた豆原一成、川尻蓮、川西拓実、大平祥生、鶴房汐恩、白岩瑠姫、佐藤景瑚、木全翔也、河野純喜、金城碧海、與那城奨の11人によるグローバルボーイズグループ。
2020年3月4日発売のデビューシングル「PROTOSTAR」、8月26日発売のセカンドシングル「STARGAZER」ともにオリコン週間シングルランキング(3/16付、9/7付)で初登場1位を記録。11月25日に発売した1STアルバム「The STAR」は、「Billboard JAPAN Top Albums Sales」において、1位を獲得している。
「2020 MAMA(Mnet ASIAN MUSIC AWARDS )」(アジア最大級の音楽授賞式)において「Best New Asian Artist」、「MTV VMAJ 2020(MTV Video Music Awards Japan)」において今後大躍進が期待される新人アーティストに贈られる特別賞「Rising Star Award」 を受賞、Twitterが発表した2020年もっとも使われたハッシュタグ:ミュージック部門では「#jo1」が1位に輝く。

◆公式サイトhttps://jo1.jp/
◆公式twitterhttps://twitter.com/official_jo1
◆公式instagramhttp://instagram.com/official_JO1
◆公式YouTubehttps://www.youtube.com/c/JO1_official
◆JO1オフィシャルファンクラブ:https://fc.jo1.jp/


JO1メンバープロフィール


デビューイヤーの総括とも言える、待望のファースト写真集発売決定!
JO1 1st写真集『Progress
2021127日(水)発売

撮り下ろしの他、ライブ風景、座談会、そして楽屋でのオフショットまで!

価格:3,000円(税別)
仕様:A4判変形・並製・176ページ
撮影:彦坂栄治
発行:ヨシモトブックス
発売:ワニブックス

▲通常版カバー

(※写真集の内容は同一となります)


.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

F.A.E.P.レポート/インタビュー

  1. 2020-1-6

    台湾バンド 宇宙人(CosmosPeople) in BARIYOKA ROCK 2019
    12月27日(金) Zepp Fukuoka F.A.E.P.レポート①

  2. 2019-4-20

    「2019韓国文化観光大展~新韓流が福岡に大集結!~」
    ソン・シギョン ライブ&トークショー
    2019年4月8日(月)-9日(火)JR九州ホール F.A.E.P.レポート

  3. 2020-10-8

    ”BLOCKCHAIN(ブロックチェイン)“ <F.A.E.P.単独インタビュー>

F.A.E.P.動画

映画『サムジンカンパニー1995』予告編!7/9(金)全国順次ロードショー!

ほか F.A.E.P.動画チャンネルはコチラ

最近の記事

  1. 2016年の熊本地震と20年の豪雨災害からの復興を願って、2021年7月9日(金)熊本城ホー…
  2. U-KISSフンが8月16日(月)自身の誕生日にオンラインライブファンミーティング HOON ONL…
  3. ソンモがこの度、先輩アーティストFL1Xの新曲「ʻ괜찮아ʼ (⼤丈夫)」のミュージックビデオ…
  4. 7月5日にファーストデジタルシングル「Excuse me」をリリースしたボーイズグループBXK(ビー…
  5. 2019年にFTISLANDを離れ、俳優業に専念しているソン・スンヒョンが出演したドラマ『愛...で…

おすすめ!色々情報部

◆バックナンバー

ページ上部へ戻る