音楽でひとつになるアジア最大級の音楽授賞式 「2020 MAMA(Mnet ASIAN MUSIC AWARDS)」 イ·ジョンジェ、パク·ソジュン、オム·ジョンファがプレゼンターとして登壇予定!

イム·スジョン、イ·ダヒ、ユ·ヨンソク、チョン·ギョンホ、チョン·ミド、パク·ハソン、チョン·ヘジン、イ·サンヨプ、イ·ソンビン、キム·ジソク、イム·スヒャン、コンミョン、チェ·スヨンら人気韓流スターたちが勢ぞろい!
.
100%韓国エンターテインメントチャンネル「Mnet」および、日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「Mnet Smart」を運営するCJ ENM Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:崔起容〔チェ・ギヨン〕) の韓国本社である株式会社CJ ENM は、2020年12月6日にアジア最大級の音楽授賞式「2020 MAMA(Mnet ASIAN MUSIC AWARDS)」を開催いたします。授賞式に花を添える豪華なプレゼンターのラインナップが決定いたしましたので、お知らせいたします。

世界有数の音楽授賞式「2020 MAMA(Mnet ASIAN MUSIC AWARDS)」に人気の韓流スターたちが総出動し、授賞式の場を輝かせます。韓国トップ俳優のイ·ジョンジェ、パク·ソジュン、元祖マルチエンターテイナーのオム·ジョンファが登壇予定で期待が高まっています。

イ·ジョンジェは映画『泥棒たち』、『暗殺』、『神と共に 第一章:罪と罰』、『神と共に 第二章:因と縁』で1000万の映画をフィルモグラフィに載せた唯一無二の俳優です。今年公開された『ただ悪から救ってください』では主人公のレイ役で熱演を繰り広げ話題を集めました。 2015年以降5年ぶりに再びMAMAで会うイ·ジョンジェの姿に期待集まっています。

パク·ソジュンはドラマや映画はもちろん、CJ ENMが運営している放送局tvNのバラエティ番組「ユン食堂」でも活躍し、熱い人気を集めています。 特にドラマ『梨泰院クラス』でパク·セロイ熱風を巻き起こし、韓国を越えてアジアのスターに浮上しました。久しぶりに再び訪れたMAMA舞台で、パク·ソジュンがどのような姿で登場するのか関心が集まっています。

オム·ジョンファは俳優と歌手の両分野でいずれも成功を収めた芸能界の元祖マルチエンターテイナーです。コラボユニット “払い戻し遠征隊”ではサブキャラクター“マノク”として活躍し、チャートオールキルを達成するなど今もなお影響力を示しています。トップクラスの芸能人として相変わらず精力的な活動をしているオム·ジョンファに今回のMAMAでも会える予定です。

そして、イム·スジョン、イ·ダヒ、ユ·ヨンソク、チョン·ギョンホ、チョン·ミド、パク·ハソン、チョン·ヘジンも「2020 MAMA」のプレゼンターを務めます。スクリーンとテレビ画面を行き来しながらジャンルを問わず存在感を見せてくれる俳優イム·スジョン、華麗な美貌をベースに様々なドラマはもちろん、音楽番組のMCとしても活躍して多彩な姿を見せてくれるイ·ダヒ、穏やかな外見と優れた演技力でどんな相手とも魅力的なケミストリーを生み出すユ·ヨンソク、優しいロマンチストから激しいアクション演技、時にはコミカルな役まで多様な姿を魅力的に演じて広いファン層を確保しているチョン·ギョンホ、ミュージカルとドラマで演技力を認められ、OST歌唱にも参加して音源1位を獲得したチョン・ミド、視線を捕らえて離さない美貌と演じる役ごとに自分だけのキャラクターで演じ切るパク·ハソン、20年以上の演技経験で多様な役を演じ、もはや代替不可な俳優として確固たる地位を占めているチョン·ヘジンまで、MAMAで多くの俳優に会うことができます。

また、カン·ハンナ、コ·ボギョル、コンミョン、キム·ジソク、パク·ギュヨン、ペ·ジョンナム、ビョン·ウソク、ヤン·ギョンウォン、ユン·パク、イ·ドヒョン、イ·サンヨプ、イ·ソンビン、イ·ユビ、イム·スヒャン、チョン·ムンソン、チュ·ウジェ、チェ·スヨン、ファン·インヨプらも授賞者として出演が決定し、さらに豪華な「2020 MAMA」になることでしょう。

MAMAはCJ ENMが開催するグローバル音楽授賞式で、今年で12回目を迎えます。1999年にMnet映像音楽大賞としてスタートし、2009年にMAMAとして新しく生まれ変わりました。CJの文化力と技術が集大成されたグローバル音楽祭で、毎年革新的な舞台を披露してきたMAMAが今年も新たな姿でファンを訪ねる予定です。


【CS放送 『Mnet』 放送情報 / 動画配信サービス 『Mnet Smart』 配信情報】
「2020 MAMA(Mnet ASIAN MUSIC AWARDS)」
2020 年 12 月6日(日) 18:00~ 授賞式
日韓同時生放送 ※日本語字幕なし
【出演者】 ホスト:ソン・ジュンギ
パフォーミングアーティスト(アルファベット順):ATEEZ、BTS、CRAVITY、
ENHYPEN、GOT7、(G)I-DLE、IZ*ONE、JO1、MAMAMOO、
MONSTA X、OH MY GIRL、SEVENTEEN、Stray Kids、THE BOYZ、
TOMORROW X TOGETHER、TREASURE、TWICE
※放送時間・内容が都合により変更になる場合があります。予めご了承ください
Mnet Smart では生配信だけでなく、歴代の MAMA を VOD で配信中!

12月6日(日)16:00~はレッドカーペットの放送が以下の番組に変更になりました。
「MAMAベストパフォーマンス BTS ダイジェスト」 「MAMAベストパフォーマンス SEVENTEEN ダイジェスト」をお送りいたします。何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

.
■MAMA とは■
「Mnet ASIAN MUSIC AWARDS (MAMA)」はCJ ENM 主催のアジア最大級の音楽授賞式です。Mnet ASIAN MUSIC AWARDSは1999年に「Mnet映像音楽大賞」からスタートし、2004年からの「Mnet KM Music Video Festival」、2006年からの「Mnet KM Music Festival」を経て、2009年に「Mnet ASIAN MUSIC AWARDS」にアジアの音楽授賞式として生まれ変わりました。その後は2010 年のマカオでの開催を皮切りに、2011 年にシンガポール、2012年~2016年は香港、2017 年にはベトナム・日本・香港、2018年は韓国・日本・香港と様々な地域で開催。世界中の音楽ファンたちが楽しむことのできる、アジア最高の音楽祭として成長し続けています。 2019年は韓国と日本で開催し、MAMA史上初となるドーム開催となりました。
2020 MAMA公式ホームページ www.2020mama.com

.
【Mnet チャンネル情報】 https://mnetjp.com
韓国100%エンターテインメントのCS放送局です。最新K-POPや韓国ドラマだけでなく、バラエティや旅番組など、様々なジャンルの人気コンテンツをお届けしています。スカパー!、全国のケーブルテレビほかで視聴可能

【Mnet Smart】  http://smart.mnetjp.com/
日本初の韓国エンタメ専門動画配信サービス。 韓国で放送している Mnet Korea と日本で放送している Mnet Japan のリアルタイム視聴ができるほか、番組アーカイブも大充実。あらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所から、好きなだけオンライン視聴できます。

.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

F.A.E.P.動画

Great Guysよりメッセージ到着!6/26(土)、27(日) 「GreatGuys Concert‘WE CAN GO BACK’」開催!

韓国7人組ガールズグループのELRISよりメッセージ到着! スペシャルオンラインコンサート開催!

SHINee オンユより、リハーサル映像とメッセージが到着!韓国ミュージカル『タイヨウのうた』

映画『サムジンカンパニー1995』予告編!7/9(金)全国順次ロードショー!

ほか F.A.E.P.動画チャンネルはコチラ

最近の記事

  1. 美人吸血鬼が恋したのは、潔癖症イケメンだった…! 抱きしめられない男女の恋愛模様を描くロマ…
  2. 株式会社SKIYAKI(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小久保知洋、以下「SKIYAKI」)は、20…
  3. 松竹ブロードキャスティング株式会社(本社:東京都中央区代表取締役社長井田寛)が運営するCS放送局「衛…
  4. USEN-NEXT GROUPの株式会社 U-NEXT(本社:東京都品川区、代表取締役社長:堤 天心…
  5. 2年ぶりの夏の甲子園 地方大会展望号 2年分の夏、到来です。第103回全国高校野球選手権を展望する…

F.A.E.P.レポート/インタビュー

  1. 2020-8-26

    ”D-CRUNCH(ディークランチ)“ <F.A.E.P.単独インタビュー>

  2. 2020-1-30

    K TIGERS ZERO 2020 FIRST LIVE in JAPAN [ Odd&Beautiful ]
    1月25日(土) 博多市民センター F.A.E.P.レポート

  3. 2020-2-29

    K-TIGERS ZERO <LOVE FM & F.A.E.P.インタビュー> 2020年1月25日(土)①

おすすめ!色々情報部

◆バックナンバー

ページ上部へ戻る