2014 New Year Special Show 帰ってきたぞ!イム・ジュファン

©KNTV

©KNTV

9月よりKNTVにて放送されている除隊後の主演ドラマ「おバカちゃん注意報~ありったけの愛~」で、かけがえのない家族のためにすべてを捧げるジュンス役を演じているイム・ジュファンが1月25日、アイアシアタートーキョーにて「2014 New Year Special Show 帰ってきたぞ!イム・ジュファン」を開催。
ステージ上のスクリーンにはロビーに立つイム・ジュファンの姿が映し出され、そのまま会場内へと向かって客席後方の扉から登場すると、久しぶりの再会に歓喜の声が上がりました。「皆さん、お久しぶりです!帰ってきたぞ!!」という挨拶に、ファンが「おかえりなさい!」と声をそろえてイベントがスタート。
「ファンとより近い距離で楽しみたい」というイム・ジュファンたっての希望でステージ上には丸テーブルと椅子が設置され、抽選で選ばれたファン16名がそこに座って舞台上からファンミーティングを楽しむことができるという粋な演出が。カフェのような雰囲気のその席に座れるファンは3回ほど入れ替えられ、後ろから観覧する形になるステージ上のファンたちにも定期的に振り返って笑顔を見せる姿が印象的でした。

©KNTV

©KNTV

2013年2月に除隊し、除隊後初の来日となった今回のファンミーティングでは、入隊中にしたかったことについて「皆さんにご挨拶することです。それからビールを飲みたかったです(笑)」と回答。除隊した翌月の3月から11月まで行われた「おバカちゃん注意報~ありったけの愛~」の撮影は、8ヶ月間で休日が7、8日ほどで睡眠時間も少なく、撮影が38時間続いたこともあったそうです。作品に対する思い入れが強い様子で、内容については「悲しいところもありますが、悲しいところが逆に見ている人たちの心を温かくしてくれると思います。家族についてもう一度考えるきっかけになるドラマです。」と紹介しました。これまで数々の人気女優と共演してきましたが、好きな女性のタイプを問われると「相手役で共演した女優さんは皆さんきれいだったので全員、そしてもちろん、ここにいらっしゃる皆さんも僕の理想のタイプです!」とにっこり。具体的にはウェーブのかかったヘアスタイル、明るく笑い、おいしそうにご飯を食べる人が好きだと明かしました。

©KNTV

©KNTV

[名台詞、ジュファンはちゃんと覚えてるかな?クイズ]では「タムナ~Love the Island」のある場面の一言を思い出すことができるか、というクイズに挑戦し、間違えることなく台詞を披露して記憶力の良さを発揮。クイズには正解したものの、ファンからのリクエストに応えて罰ゲームとして用意されていた“カバンの中身を公開”しました。黒いバッグの中に入っているメガネ、サングラス、イヤホンを一つひとつ付けて見せ、香水を客席にかけると、イム・ジュファンの香りが場内いっぱいに広がり客席は大興奮。新作の台本や、数え年で21歳頃の免許証の写真には歓声が上がりました。この中から何かプレゼントすることになると「財布を差し上げます!」と話し、ファンから驚きの声が。「僕はこのお財布を使いながらたくさんお金を稼ぐことができたので、これを受け取った方にも良いことがあったらいいなと思います。韓国ではお財布をプレゼントする時、お金を入れてプレゼントするんです。」と5万ウォンを入れ、抽選で選ばれて涙を流して喜ぶファンにハグをしてプレゼントしました。

©KNTV

©KNTV

©KNTV

©KNTV

さらに「質問ありますか?」と、自ら客席に降りてファンから質問を受ける気さくなイム・ジュファン。「マイブームはありますか?」という質問には「今まで見られなかった映画やドラマを見ています。日本のドラマの中では「龍馬伝」、「半沢直樹」を見ました。福山雅治さんがとても好きです。」と答え「チャンスがあれば是非日本の作品にも出演したいです。「深夜食堂」のような雰囲気の作品に出たいですね。そうなったら台詞も日本語で言えるように、日本で暮らさないといけないですね!」と、ファンを喜ばせました。
その後、イム・ジュファンに関する○×クイズに正解したファンには、手をつないで客席を散歩したりマッサージしてあげたりするプレゼントが。「料理しているところを後ろからハグ」、「うたた寝してしまった女性の頭を自分の肩に引き寄せる」など抽選で選ばれたファンと胸キュンのシチュエーションを再現するコーナーでは、アドリブを加える頭の回転の速さとお茶目な彼の人柄が会場中の笑顔を誘いました。「実は下手なんですけど、皆さんのために歌いたいと思います。」と語りながらも♪『愛したけど』、トロット♪『あの時のあの人』で素晴らしい歌唱力を披露。歌い終わった後は日本語で「耳、大丈夫?」と、かわいらしく問いかけ、最後に「僕は俳優という職業を持つことができて幸せです。このようにステージの上で皆さんと過ごす時間を持てて、本当によかったと思います。これから活動する時に、皆さんの存在が僕にとって大きな力になります。そして次回作が決まりました。ドラマではなく映画です。」と、次回作では悪役を演じることを報告。新たな一面に期待を高め、ファンと再会を約束しました。
(文:近田 侑希)

©KNTV

©KNTV

©KNTV

©KNTV

◆『おバカちゃん注意報~ありったけの愛~』
KNTVにて日本初放送中
毎週月~金 午後7時15分~8時ほか

◆KNTV Special
『2014 New Year Special Show帰ってきたぞ!イム・ジュファン』

KNTVにて日本初放送
2月13日(木)午後11時15分~深夜0時55分

◆イム・ジュファン ジャパンオフィシャルファンクラブ http://www.juhwan.jp/

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

最近の記事

  1. TCエンタテインメントでは、「復活」「魔王」脚本家・監督の黄金コンビ最新作で米アカデミー賞受賞作『パ…
  2. オム・テグ主演!イ・グォン監督(『ドアロック』)×ヨン・サンホ監督(『新感染 ファイナル・エクスプレ…
  3. PLAN Kエンタテインメントでは、「浪漫ドクター キム・サブ」の脚本家&「シークレット・ガーデン」…
  4. ユ・ジュンサン主演!お騒がせな5人兄妹たちの日常と家族の絆を描いたハートフル・コメディ! 韓国ドラ…
  5. アニメ専門チャンネル「カートゥーン ネットワーク」を運営するターナージャパン株式会社(本社:東京都千…
  6. ©Khorgos Yijin Co. Ltd “正義”に裏切られたヒロインのタフな復活劇にハマ…
  7. ©SBS Medianet 動画配信サービス「Paravi(パラビ)」では、昨年秋に韓国で放送され…
  8. 株式会社メジャーナインジャパン(東京都港区赤坂 代表取締役、澤田泰一)はMAJOR9 JAPAN公式…

F.A.E.P.動画

2020/6 台湾バンドnoovyよりメッセージが到着!

ほか F.A.E.P.動画チャンネルはコチラ

F.A.E.P.レポート/インタビュー

  1. 2020-3-12

    『Niiisan’s「夢遊」リリース記念ミニライブツアー』
    2020年2月16日(日)レソラNTT夢天神ホール ≪F.A.E.P.レポート≫ ①

  2. 2019-9-17

    『KEVIN FIRST TOUR 2019~COME ALIVE~』 7/21(日)DRUM Be-1
    ≪F.A.E.P.レポート≫ ①

  3. 2019-9-11

    映画「パラダイス・ネクスト」半野喜弘監督
    2019年8月23日(金)F.A.E.P.単独インタビュー①

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る