韓国俳優チ・チャンウク 来日公演開催決定!
『JICHANGWOOK ASIA TOUR in JAPAN 2015 THIS IS JCW』
@7/18豊洲PIT

ドラマ『ヒーラー』『奇皇后』『笑ってトンへ』など出演作が連続ヒット、
新しい作品に出演するたびに自身の代表作を書き換えている韓国俳優チ・チャンウク。
2015年7月、来日公演開催決定!

『JICHANGWOOK ASIA TOUR in JAPAN 2015 THIS IS JCW』
◇日時:2015年7月18日(土)16:00開場 / 17:00開演
◇会場:豊洲PIT

cc-main©Glorious ENTERTAINMENT

株式会社TIMO Japan (本社:東京都港区)は、2015年7月、韓国俳優チ・チャンウクの来日公演
「JICHANGWOOK ASIA TOUR in JAPAN 2015 THIS IS JCW」開催を決定いたしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ドラマ『ヒーラー』『奇皇后』『笑ってトンへ』など出演作品が連続してヒットし、
新しい作品に出演するたびに自身の代表作を書き換えている韓国俳優チ・チャンウクが、
2015年7月、東京で来日公演を開催することが決定した。

最新出演ドラマ『ヒーラー』は政治や社会正義などに興味を持たないまま生きていた若者たちが、
親世代が残した間違った世の中に立ち向かう痛快アクションロマンスドラマ。
チ・チャンウクは、どんな依頼でも完遂する業界最高の便利屋“ヒーラー”ことソ・ジョンフ役を演じ、
確かな演技力と難易度の高いアクションを披露、強烈な存在感を放ち注目を集めた。
現代劇から時代劇、ミュージカルにも精力的に出演し、高い演技力と歌やダンスなど多彩な才能で
テレビや舞台で存在感を発揮しているチ・チャンウク。
実力派若手俳優として今後の活躍に更なる期待が集まっている。

韓国国内だけでなくアジアで注目を集める中、2015年6月から初のアジアファンミーティングツアーの開催、
そして7月には東京での公演開催が決定。
今回の公演では、バンドを従えてのライブやトークなどを通して、テレビや舞台では見ることのできない
チ・チャンウクの様々な魅力を感じることができるステージをお届けいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「JICHANGWOOK ASIA TOUR in JAPAN 2015 THIS IS JCW」
★公演終了後、来場者全員とのハイタッチ会実施★

【日 時】2015年7月18日(土) 16:00開場 / 17:00開演

【会 場】豊洲PIT http://toyosu-pit.team-smile.org/

【料 金】11,880円(全席指定・税込)
※入場時別途ドリンク代必要
※3歳以下入場不可、4歳以上有料

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【チケット】

ファンクラブ会員先行  :2015年5月20日(水)~5月26日(火)
モバイルサイト会員先行 :2015年5月29日(金) ~6月4日(木)
チケットぴあ最速先行 : 2015年6月 6日(土)~
一般プレイガイド先行  :2015年6月14日(日)~
一般発売   : 2015年6月20日(土)~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【公演に関するお問い合わせ】
Mdash (バッドニュース) 03-6416-1515(月〜金 10:00〜18:00)

【ファンクラブに関するお問い合わせ】
チ・チャンウク ジャパンオフィシャルファンクラブ  http://www.jichangwook.jp

【モバイルサイトに関するお問い合わせ】
チ・チャンウク モバイルサイト http://sp.jichangwook.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【主催】     Glorious ENTERTAINMENT/ 株式会社TIMO Japan
【企画・制作】    株式会社TIMO Japan
【協力】    JI CHANG WOOK JAPAN OFFICIAL FANCLUB/チ・チャンウク モバイルサイト
【制作協力・運営】  Mdash (バッドニュース)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

チ・チャンウク(JI CHANG WOOK)Profile

1987年7月5日 / 182cm
2008年映画「スリーピングビューティー」で本格デビュー。
2009年ドラマ「ソル薬局の息子たち」への出演で注目を集め、2010年ドラマ「笑ってトンへ」で
主演に抜擢され一躍名前を知られるようになった。
2013年ドラマ「奇皇后」での熱演が高い評価を得ると、2014年ドラマ「ヒーラー」でも強烈な存在感を発揮。
国内外で今後の活躍に注目が集まっている。

◆主な出演作品◆

【ドラマ】
「ヒーラー」(2014年)
「奇皇后」(2013年)
「蒼のピアニスト」(2012年)
「僕らのイケメン青果店」(2011年)
「笑ってトンへ」(2010年)
「ヒーロー」(2009年)
「ソル薬局の息子たち」(2009年)
「僕は君にほれた」(2008年)

【映画】
「コ死2」(2010年)
「スリーピングビューティー」(2008年)

【ミュージカル】
「兄弟は勇敢だった?!」(2013年)
「JACK THE RIPPER」(2013年)
「あの日々」(2015年・2013年)
「THRILL ME」(2010年)

【CM】
「LAB SERIES」アジア最初男性化粧品モデル
農心 ジャパゲティー
LOTTE 七星 「TROPICANA」
「新韓金融グループ」
SKテレコム「T-Cash」

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

  1. 「シンフロ」の次は「プレフロ」! 世界中を沸かし続ける大分県が、最新動画を発表! 源泉数・湧出…
  2. サッシャ、寺岡歩美(sugar me)がナビゲートする「STEP ONE」(毎週月~木曜 9:00~…
  3. アジア発9人組ガールズグループ「TWICE」が国内外で注目を浴びている。本日リリースされたT…
  4. 東方神起が表紙を飾った女性週刊誌『anan』2074号が本日18日にいよいよ発売! 再始動…
  5. 歌手、タレント、モデル等各ジャンルで活躍中のアジアNo.1マルチエンタテインメントグループS…
  6. 松竹ブロードキャスティング株式会社が運営するCS放送局「ホームドラマチャンネル 韓流・時代劇・国内ド…
  7. 100%韓国エンターテインメントチャンネル「Mnet」および、日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「…
  8. iKON(読み:アイコン)出演、韓国のテレビ放送局・JTBCで放送されるバラエティ番組、『校…
  9. 韓国100%エンターテインメントチャンネル「Mnet」および、日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「…
  10. 2016年末の「第58回 輝く!日本レコード大賞」にて最優秀新人賞を受賞した、BIGBANG…

韓国:安東(アンドン)から・・・

  1. 仮面舞フェスタと同時開催で9月29日~10月8日まで開催される「安東民俗祝祭」。今年で46回と昨年で…

◆九州まるまる情報

東日本大震災復興支援

Pray for JAPAN

ページ上部へ戻る