『白色之恋』第23話「思い出さないほうがいい」~いびつな愛の形

23話子園は彩が美幌別で永岫の彼女だったことを知り、祥琪には負けないようにと彩を励ました。そして永岫に勇気を持ってはっきり聞いたほうがいいとアドバイスをする。彩も密かに決心をする。 記事によって自分の仕業が暴露された祥琪は、母に結婚を反対される。しかし祥琪の結婚への願いは変わらない。 永拓は帰宅すると彩から永岫との喧嘩の理由を問われる。永拓は辛くなり、彩に本音を問いただす。彩は答える事ができず、楚家を飛び出す。 祥琪は永岫の元に行き許しを請い、一緒になることを望むが、永岫は時間が必要だと答える。偶然にもそこに彩もやってきて2人の女性が鉢合わせをすることに。祥琪は狂ったように彩へ怒りを露にし、永岫が祥琪をとめる。苦しさに追い詰められ、永岫は実は何も思い出していないのだと彩に嘘をつく。そして永拓と幸せになるよう言うのだった。 楚院長は記事のことで彩に心を打ち明ける。初めは彩を快く思わなかったが今は彩のことを受け入れていると、彩にこの三角関係が解決することを願う、と告げる。 そうした中、海外出張をしていた院長代理の文森と一誠の妻・嘉琳が戻ってくる。永岫は永世病院の財務危機と不透明な機材調達について文森を厳しく問い詰めるが、文森ははぐらかし、口論でその日は終わる。 文森を疑う永岫は精神科医の美和に相談、美和は自分が文森の自宅から不正の証拠を見つけ出すことを提案する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

  1. 100%韓国エンターテインメントチャンネル「Mnet」および、日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「…
  2. 株式会社ストリームメディアコーポレーション (本社:東京都港区、代表取締役 チェ・グァンヨン )は、…
  3. 2018年に韓国デビュー、2019年6月にはJAPAN OFFICIAL FANCLUB がオープン…
  4. ©STUDIO DRAGON CORPORATION 常に第一線を走り続ける俳優、イ・ジュンギの最…
  5. 2011年、ミュージカル「光化門恋歌」でデビューし、「ジャックザリッパー」、「ボニー&クライド」、「…
  6. 7月15日(月) 韓国発売を目前にしているK-Pop代表バンドDAY6が、トレンディで華麗なグループ…
  7. © F.A.E.P. 福岡へ約半年ぶりに帰ってきてくれたソニさんとテフンさん。ライブの1部と2部の…
  8. 6月15日、前日から降り続く雨。ライブの会場「ROOMS」の入り口は2階になっていて、その階段にはツ…

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る