F.CUZ“GREATFUL LETTER”オフィシャル・インタビュー

F1

©Will-Be Inc.

――12月にリリースした7thシングル「もう一度だけ~Remind~」は、オリコン週間7位と、F.CUZ史上、最高位になりましたね。
ジノン「6thシングル「Feeling My Soul」が9位で、今回は7位。初めて聞いたとき、信じられなかったですね。僕のtwitterにファンの方が認証ショットを送ってくれたのを見て、“本当だ!”って実感しました。メンバーと一緒にいたんだけど、全員でめっちゃ喜びました」

――次は、何位を狙いましょうか?
ジノン「すごく難しい質問(笑)。でも、ちょっとずつ上がってるのでTOP5に入りたいですね」
カン「今より上は狙いたいよね。大丈夫、できます!」
テゴン「メンバーを信じて、頑張ろう!」

――良い流れが続く中、3月にはZepp ダイバーシティ東京での単独ライブが決定しました。
ジノン「以前、他のグループと一緒にやったことがあるんだけど、単独でやるのは初めての場所。めちゃ大きかった(笑)。だから、プレッシャーを感じてます。がんばって準備しなきゃ」
イェジュン「心配もあるけど、いっぱい練習してるから、大丈夫! 期待してください」

――ライブには『GREATFUL LETTER』というタイトルが付いていますが、なぜ、このタイトルに?
ジノン「今まで、ファンのみなさんにたくさんの応援をしていただきました。だから、今回は僕たちからみなさんへのメッセージをライブで伝えたい。僕たちからの感謝の手紙みたいなライブにしたいなって思って」

――最近、誰かに手紙を書きましたか?
カン「新しい年を迎えたので、両親に“愛してる!”って。ひとこと」
レヒョン「僕は昨日。母の誕生日だったんだけど、プレゼントと手紙を渡しました。“今までも、これからもよろしく。これからは僕が頑張るから、お母さんはちょっと休んでね”って。感動してくれたかな?」

――イェジュンさんは2月4日が誕生日でしたが、誰かに手紙をもらいましたか。
イェジュン「ファンのみなさんと仲良しの友達から。読んで、泣いちゃった(笑)」

――ファンからの手紙は、力になりますよね。印象に残っているファンレターはありますか。
ジノン「今まで僕がtwitterにあげた写真を全部、コラージュしてくれた人がいたんです。デビューのころからの写真もあって懐かしくなったし、歌手を目指した頃の気持ちを思い出したりして、感動しました」
レヒョン「ファンのみなさんの手紙は、全部大切。しんどいときに“レヒョン君、最近、疲れてるよね。大丈夫?”って手紙もらうと、“なんでわかるの?”ってグッとくる。僕の心の中までわかってくれてるみたいで…。そういう手紙をもらうと、すごく元気になれるし、エネルギーになります。本当にありがたいです」

――そろそろ、ライブの構成が決まったのではないでしょうか。どんなライブになりそうなのか、教えてください。
ジノン「構成もだいたい決まって、すでに曲順通りに練習をしています。でも、どんなことをやるのかは、まだ秘密!」
カン「ひとことで言うなら、来たら幸せになれるライブ。帰るときは幸せな気持ちになってるはずです」
ジノン「帰りにファンクラブに入りたくなるよね(笑)」

――最新シングル「もう一度だけ~Remind~」は、最初にライブで公開された曲ですけど、今回のライブでもスペシャルな曲が用意されている?
カン「何かしらのスペシャルはあります。でも、内容は秘密です(笑)」
ジノン「スペシャルな演出とか。でも、内容は秘密です(笑)」
レヒョン「ヒントを出すとしたら、リアル」
テゴン「そう、リアル!」
カン「気になったら来てください(笑)」

F2©Will-Be Inc.

――ライブでの見どころを教えてください。
カン「僕たちの情熱!」
ジノン「僕はラップ担当だけど、最近の曲ではボーカルを担当してて。ボーカルの曲を出してから初めてのライブなんです。なので、僕のボーカルが見どころ(笑)」
テゴン「僕はダンスが他のメンバーより苦手なんだけど、最近はちょっと上手くなったかも…。頑張って練習してます。そのガンバリを見てほしいです」
レヒョン「良い環境でステージをお見せすることができるので、僕たちの素晴らしい声とカッコいいダンスをじっくり楽しんでほしいです」
イェジュン「今までの僕の自作曲は、ダンス曲やヒップホップの曲が多かったんだけど、今回は、僕の実体験を元にした悲しいバラードを披露したいと思ってます。僕のリアルです」

――ライブにおけるF.CUZらしさとは何でしょう。
ジノン「歌だけじゃなくて、みんなが楽しめるライブができるところかな。アドリブとか、トークとか、そんなところでも楽しんでもらえると思います」

――これからもっとファンを増やすために、F.CUZがやらなければならないことは?
テゴン「もっとカッコいいステージを見せるために頑張ることかな?」
イェジュン「それもいいけど、ファンの望んでることをかなえてあげることなんじゃない?」
ジノン「一番大事なのは、もっと日本語ができるようになることだと思うな。ファンのみなさんに、僕たちの気持ちをキチンと伝えられるように」

――最後に、ライブに行こうか迷っている人へメッセージをお願いします。
ジノン「今度のライブに来たら、これからずっとF.CUZだけしか見えなくなります。そんなライブをお見せしますので、ぜひ来てください!」

 

———————————————————————-
公演情報
———————————————————————-
クリスピー・クリーム・ドーナツ Presents
F.CUZ 2015 Zepp LIVE in TOKYO “GRATEFUL LETTER”

公演日時:2015年3月15日(日) 16:00開場 17:00開演
会場:Zepp ダイバーシティ東京

チケット:全席指定 6800円(税込・ドリンク代別途)
2015年2月14日(土)10:00より一般発売開始
【問】DISK GARAGE  TEL:050-5533-0888(平日12:00~19:00)

詳しくは“GRATEFUL LETTER特設サイト>> http://f-cuz.jp/zepplive20150315/

———————————————————————-
F.CUZ(フォーカズ)
———————————————————————-
2010年デジタルシングル「Jiggy」で韓国デビューした5人組ボーイズグループ。
異なる個性がひとつの目標に向かっていくというがグループ名の起源。
平均身長180cmを超えるモデル並みの長身と洗練された容姿を持ちながらも、
その親しみやすい癒しキャラで、フンナムドル(包容力のある癒し系の男という
新造語=フンナム+アイドル)と呼ばれるようになり、20代女子からの支持が急上昇中。
2011年8月、シングル「NEVER LET YOU GO」で日本デビュー。地道に日本活動を重ね、
2014年6月にリリースしたシングル「Feeling My Soul」では、オリコン・デイリー3位
(ウィークリー9位)を記録し、リリース毎に着実に成長を続けている。
9月には4th Mini Album「BARGAINING FOR LOVE」をリリースし韓国で活動を再開。
今回のMini Albumのリード曲であるCHA-GA-WAは、理由もわからず突然去っていった愛
する女性への強い思いを歌った曲。愛する女性への強い未練を強烈なビートと中毒性の
あるメロディー、ダンスで表現している。そして12月17日には日本で7枚目となるシングル
「もう一度だけ」をリリース予定。

◆公式サイト http://f-cuz.jp/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

  1. 100%韓国エンターテインメントチャンネル「Mnet」および、日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「…
  2. 昨年末、活動休止前最後となった"海外アーティスト史上初の5年連続ドームツアー"【BIGBANG JA…
  3. 数々のヒット曲を持つ韓国の実力派シンガーソングライター、ロイ・キムの初来日イベント「2018 R…
  4. BIGBANGの系譜を継ぐ7人組ボーイズグループiKON(アイコン)、 9/26(水)に2年半…
  5.  昨年末、活動休止前最後となった"海外アーティスト史上初の5年連続ドームツアー"【BIGBANG J…
  6. 8月22日発売となるFTISLANDのシングル「Pretty Girl」は、ひと夏の恋の物語…
  7. ★次回は、【フィリピン特集】ほか第2弾ラインナップ発表をお届けします。 *最新情報は…
  8. 「アジアフォーカス・福岡国際映画祭2018」は、 皆さまからの多大なるご支援とご協力を賜り、今年で…

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る