『MYNAME LIVE HOUSE TOUR 2015 “WOW!” vol.3』in FUKUOKA
(クイックレポート)

WOW3-1©MYNAME OFFICIAL SITE

1月11日福岡 DRUM LOGOSにてMYNAMEのLIVEが開催されました。
会場いっぱいのファンの期待感にこちらまでワクワクしてきます。
そしていよいよステージが開幕!会場中がわれんばかりの大歓声の中メンバーが登場し、いきなり4曲をぶっ通しで駆け抜けていきます。まずは生で聞く彼らの歌声に圧巻、そしてパフォーマンスのクオリティーの高さにくぎ付けにされました。
そしてもう一つ驚いたのがファンの熱量の高さ。曲間と曲間の間ですら歓声が途切れないほどの盛り上がりに、あっという間に会場全体が一体感を増します。

コヌ インス セヨン ジュンQ チェジンの5人のバランスが絶妙なのも彼らの特徴です。
そしてMCもまた魅力的。インスが仕切り、セヨンとジュンQがおどけてみせ、マンネのチェジンは可愛く、リーダーのコヌは不思議キャラ炸裂。最新のネタもしっかりと仕込んできて完璧です。

そうして笑わせてくれたかと思うと、バラードでしっとりと聞かせてくれ、次は急にピッチをあげたラップでノリノリに盛り上げてくれたり、披露する曲も日本語や韓国語はもちろん英語の歌もあり、多彩な才能を幾つも見せつけられ、驚きの連続でした。

そして何より一番驚いたのは彼らのファンとの距離感です。
「今回のLIVEはファンとトークしながらのLIVEです!」と最初に宣言したインス。
確かに客席のあちこちに声をあげたり、サプライズがあったりと、今までに見た事のないスタイルの演出がたくさんありました。

終了後はハイタッチ会も行われ、最後の最後まで笑顔に溢れた元気になれるMYNAME LIVE。会場に来たファンの誰が、今日の主役になれるのか?そんなワクワク感を抱えながら是非会場に足を運んでください。

WOW3-2©MYNAME OFFICIAL SITE

(文:森下 恵美子)

*後日、福岡LIVEの詳細レポートを掲載予定です!*

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『MYNAME LIVE HOUSE TOUR 2015 “WOW!” vol.3』
1月16日(金)愛知:名古屋 BOTTOM LINE  17:30開場/18:30開演
18日(日)神奈川:横浜 Bay Hall 16:00開場/17:00開演
24日(土)京都:京都 FANJ 16:00開場/17:00開演
25日(日)新潟:新潟 LOTS 16:00開場/17:00開演
31日(土)東京:新木場 STUDIO COAST 16:00開場/17:00開演
2月 1日(土)東京:新木場 STUDIO COAST 15:00開場/16:00開演━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆MYNAME OFFICIAL SITE http://www.myname-jp.com/

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近の記事

  1. 株式会社UP(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:此見 翔平)が運営する牡蠣食べ放題とランチ海鮮丼ビ…
  2. 株式会社ライブ・ビューイング・ジャパンでは、2017年5月20日(土)に 京セラドーム大阪にて行われ…
  3. 上段左から 李松泽監督、葉山豪、童苡萱、後藤郁、于效辰、高橋幸司 下段 少年バイクレーサーの子達 …
  4. 韓流No.1チャンネルKNTVは6月は“ボゴムマジック特集”と題し、 確かな演技力にピュアな笑顔と…
  5. 人気俳優イ・ジュンギを主演に迎え、中国とイタリアを舞台に、国境を越えた純愛を描いた感動作『シチリアの…
  6. 100%韓国エンターテインメントチャンネル「Mnet」および日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「M…
  7. 韓国バラード界の重鎮VIBEと、日本を中心にその美しいハーモニーで人気を集めるTRITOPS*との …
  8. ケビンの脱退が発表されたU-KISSの6人揃っては最後となるステージが幕を開けた。 3…
  9. 昨年6月にリリースした日本5thシングル『L.U.V』と12月にリリースした日本1stアルバ…
  10. 韓国人4人組ボーカルグループTRITOPS*(トゥリトップス)が4/28に発売するLIVE DVD …

◆九州まるまる情報

東日本大震災復興支援

Pray for JAPAN

ページ上部へ戻る