”IZ(アイズ)“ <F.A.E.P.単独インタビュー>

IZ(アイズ):左から、ウス、ジフ、ヒョンジュン、ジュンヨン

IZ(アイズ)は、2017年8月にミニアルバム「ALL YOU WANT」で韓国デビューした4人組ボーイズバンド。
IZというグループ名の由来は、ローマ数字「1」に似たアルファベットIと、アルファベットの最後であるZを合わせ「最初から最後まで変わらない姿で大衆に近づいていく」という意味と、「オープン・ユア・アイズ(OPEN YOUR IZ(EYES))」という意味で「アイズだけの色で大衆の心を開く」という意味も込められています。
弾けんばかりのフレッシュな笑顔、ビジュアルの良さはもちろん、幅広いバンドサウンドが魅力的な彼らは、これまでFC LIVEを通して、継続的にオンラインライブでファンとのコミュニケーションを取ってきました。トークは全て日本語で進行するために、たくさん勉強している彼ら。離れていても近くに感じる楽しい日本語でのトークと、迫力のあるバンド演奏で、その魅力にも実力にも磨きをかけ、さらなる成長へ挑戦し続けるIZ。
そんな魅力がいっぱいのIZの4人を、更に深く、そしてより多くの皆さまへご紹介するべく、今回 F.A.E.P.が書面インタビューを敢行しました。


── 早速ですが、皆さんの事を教えて頂きたいので、
・自己紹介
・自分を動物に例えるとしたら何か?
を教えてください。

ヒョンジュン : IZでリーダーとギターを担当しているヒョンジュンです。
自分を動物に例えると猫だと思いますㅎㅎ
猫が好きで家で4匹の猫と一緒にいます。そして目元が猫と似ています。

ヒョンジュン

.
ジフ : アンニョンハセヨ。IZでボーカルと長男を担当しているソウルっ子ジフです~~!
僕は、よく寝て食べることが好きなので犬みたいだと思います~

ジフ

.
ウス : IZでドラムを担当しているウスです!
顔を見たら若干ミーアキャットに似ていて、性格はウサギです。

ウス

.
ジュンヨン : アンニョンハセヨ。僕はIZでベースと末っ子を担当しているジュンヨンです。
僕はクマのような人です。食べて寝ることが一番好きで、お腹が減っていることが本当に嫌いです。
ファンの方々からはコアラに似ていると言われますㅎㅎ

ジュンヨン

.
── ウスさんは、デビューが決まってからドラムを始めたそうですね?ジフさん、ヒョンジュンさん、ジュンヨンさんもそれぞれ楽器と出会ったエピソードを教えてください。ウスさんはドラム以外にもできる楽器がありますか?

ヒョンジュン : 中学生の時にバンドをしてみないかと提案を受けて会社に初めて入ることになったのですが、直接演奏をできるということに魅力を感じました。
ジフ: 僕は中学生の時から歌を歌うことが好きでした。高校生になってから初めて音楽を始めることになりました。3年生の時に通っていた音楽学校で良い機会をもらって放送に出ることになって、その放送を見て今の僕達の会社にキャスティングされました。
ウス : 会社に入る前にも楽器の演奏をしてみたことがなくて、ドラムだけ演奏することができます。
ジュンヨン : 僕は元々楽器を習うことが好きで、中学生の時も学校のオーケストラで活動をしていたのですが、高校生の時にバンドの提案を受けてベースを始めることになりました。
.
── ジフさんは読書が趣味だということですが、本やアニメや映画の世界に1日だけ自分が入れるとしたら、どんな作品の世界に行ってみたいですか?ジフさん以外の皆さんもどうでしょうか?

ヒョンジュン : 何もしていなくても、食べ物、寝るところなど全ての衣食住が提供される世界に行ってみたいです。
ジフ : はい!ジフです~ デビュー初期には趣味が読書だったのですが、正直言うと今は読書をしていないですㅋㅋ 映画の世界に一日だけ行くことができたら「ハウルの動く城」のような所に行ってみたいですね!
ウス : 心地良い雰囲気の世界に行ってみたくて、ジブリアニメの世界に行ってみたいです。
ジュンヨン : ジブリアニメの世界に入ってみたいです!!
.
── 「새살(Granulate) 」のMVを見ていると、皆さんの学生生活を想像してしまうのですが、学生時代に得意だった科目は何ですか?逆に苦手だったものは?

ヒョンジュン : 比較的に得意だった科目は英語で、苦手だった科目は数学でした。
ジフ : 学生時代に勉強が得意だったとは言えませんが、それでも比較的に国語が得意だったみたいです!反対に苦手だった科目は数学ですねㅋㅋㅋㅋ
ウス : 勉強が得意だった方ではなくて全て似ていましたㅎㅎ その中で国語がまだマシで一番苦手だったのはやっぱり数学です。ㅎㅎ
ジュンヨン : 科学と数学が好きで国語と英語が苦手だったと思います。
.
── 「ANGEL」ではセクシーで男らしいイメージにグッとかわりましたが、皆さんが思う「男らしさ」はどういう事だと思いますか?

ヒョンジュン : 「男らしさ」は何かとしっかり定義をするには、「男らしさ」という言葉が持っている意味は多様だと思います。「ANGEL」の時は曲の激しい感じに合うようにコンセプトに集中したと思います。
ジフ : 「男らしさ」が何ということは難しいですが、軽くない慎重な考えと行動が体にしみついている人が男らしい人だと思います。
ウス : 僕は前から本当に温厚な性格なので、「男らしさ」とは本当に激しくて強いことだと思います。
ジュンヨン : 後ろを振り返らないで嘘もつかない、自身の主観が確実な人!

ヒョンジュン

.
── コロナの影響でステイホームの期間が韓国でもあったと思います。そんな中で音楽以外に自分を支えてくれたものは何でしたか?

ヒョンジュン : 海外にたくさん行けなかったので、YouTubeで海外の映像をたくさん探して見ました。一つのヒーリングの方法です!
ジフ : いつも応援してくださるILUVのファンの方々と、美味しいご飯と、そして久しぶりの実家生活でした!
ウス : 僕はアニメがとても好きなので、主にアニメを見ながら時間を過ごしました。
ジュンヨン : 美味しい食べ物と友達、そして運動が僕を支えてくれています。

ジフ

.
── ステイホーム中に何か成長や変化したものがありますか?

ヒョンジュン : 普段、ご飯をしっかりと食べない方なのですが、しっかりと食べるようになったと思います。
ジフ : もう少し客観的に僕自身を見ることができるようになったと思います。変化したところと言ったら知人達と一緒に話して討論する面白さが少し生まれたようです~
ウス : 何と言っても練習期間が多くなったのでドラムの演奏が前よりもっと成長してきているようです。
ジュンヨン : 楽器の実力を伸ばそうと一生懸命練習をしました。

ウス

.
── コロナ期間中にIZの歌に支えられたファンも多いと思います。もう少し我慢の時間が続いてしまいますが、
ファンの皆さんに今聞いてほしい曲をおすすめしてください。皆さんのオリジナル曲でも構いませんし、他のアーティストの曲で皆さん自身が支えられた、応援されたという曲でもかまいません。

ヒョンジュン : 僕達の歌の中に「새살(Granulate)」という曲があります。ヒーリングになる曲でオススメです!
ジフ : ONE OK ROCKの「Wherever you are」という曲をたくさん聴きましたし、好きでした。みなさんも僕のようにこの曲で癒しを受けて、また僕達がこの曲のカバーもしたので、一度聴いてみてください~!
ウス : ファンの方々に感謝の気持ちを込めて、韓国の曲の中でSG WANNABE先輩達の「라라라」をオススメしたいです。
ジュンヨン : 最近「city pop」というジャンルの音楽をたくさん聴いているのですが、「Mariya Takeuchi – Plastic love’eh」が良くて、僕達の曲の「에덴(EDEN)」も良いです!

ジュンヨン

.
── 私達は日本の九州という地域の「福岡」を拠点にしているメディアになります。韓国と福岡は、とても近い場所にあるのですが、「福岡」をご存知でしたか?どんなイメージがあるでしょうか?

ヒョンジュン : 福岡はまだ行ったことがないのでよく知りませんが、僕が好きな豚骨ラーメンが有名だと聞きましたㅎㅎ
ジフ : 福岡!たくさん聞きました!韓国ととても近くて僕が好きな美味しい食べ物が多いと聞きました!いつか機会があったら必ず一度行ってみたいです!
ウス : 福岡を考えたらキャナルシティが一番先に浮かびます!一番有名なようです。
ジュンヨン : 周りに福岡に行ってきた方々が多くて、海辺の都市が好きな僕は一度行ってみたいです!
.
── 福岡は日本の中でも美味しいものがたくさんあることで有名なんですが、日本食で好きなもの、嫌いなものがありますか?福岡に来てくださった時には是非ご準備したいと思います。

ヒョンジュン : 豚骨ラーメンともつ鍋がたくさん食べたいです!
ジフ : お寿司と焼きそば、お好み焼き、ラーメン、すき焼きなどなど、食べられないものがありません!何でも全部好きです~~~~ ^^
ウス : 日本の食べ物の中でお好み焼きと納豆がとても好きです。食べられない食べ物は海鮮です!
ジュンヨン : 食べられない食べ物はありません。寿司やお好み焼きが好きです!
.
── コロナウィルスによる現状が落ち着いたら、どんな活動をしたいですか?

ヒョンジュン : 今、オンラインを主に公演をしているのですが、すぐにオフラインでファンの方々と会いたいです。
ジフ : たくさん色々なところを回りながら公演をしたいです!何と言っても最近オフラインでは公演をできないので、直接顔を見て楽しく公演をした時期がとても恋しいんです。
ウス : 久しぶりにライブの公演をしたいです。韓国でもライブの公演ができていないので、どこのライブの公演もとても恋しいです。
ジュンヨン : オフラインの公演もしたいですし、新しいアルバムも出して活動をしたいです。
.
── 最後にファンの皆さんへメッセージをお願いします!

ヒョンジュン : ILUV!コロナが終わるまで健康に気を付けて、新しい活動をすぐにするので少しだけ待っていて下さい!♡
ジフ : 最近の本当に大変な時期に僕達IZをいつも応援してくださって本当にありがとうございます!いつも健康で風邪にも気を付けてください~いつかオフラインライブ公演で健康な姿で会えると嬉しいです!コロナにも気を付けて頑張りましょう!!
ウス : コロナが原因でオンライン公演だけをしていますが、それでもずっとオンライン公演を一緒にしてくれるILUVのみなさん、本当にありがとうございます!愛しています~!!
ジュンヨン : 最近色々と大変な時期ですが、全てにちゃんと打ち勝って僕達は良いステージでお返しします!

ジュンヨン、ヒョンジュン、ジス、ウス

.

●インタビュー:森下 恵美子

.
【関連サイト】
IZ JAPAN Official Twitter:@official__iz_jp
IZ Official YouTube:https://www.youtube.com/c/OFFICIALIZ


PROFILE

.

【イベント・ライブ情報】

〜IZ 2020 Daily Live〜

【日時】
2020年11月14日(土)13:00開演
2020年11月15日(日)16:00開演

【公演時間】
60分

【チケット販売期間】
2020年11月10日 12:00から 11月14日 13:00 まで

【チケット価格】
■SILVERチケット(公演観覧のみ) 2,500円(消費税込)
他、オンラインサイン会特典つきチケットもあり。詳細はサイトにて

【チケット販売サイト】
14日 http://fancafe.jp/shop/item.php?it_id=1604895386
15日 http://fancafe.jp/shop/item.php?it_id=1604895764

【お問合せ先】
FC LIVEお客様センター
お問い合わせ専用LINEアカウント ID:@fclive(@アットマークから入力して検索してください)
※対応時間11:00〜18:00

【主催】
(株)JSLJAPAN (株)KFGlobal


.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の記事

  1. 春の気配を感じつつも、時折寒い日もある、こんな時期は、温泉に浸かって手足を伸ばしたい方も多いのではな…
  2. リーガロイヤルホテル小倉(北九州市小倉北区浅野・総支配人 南浦 忠義 )では、ホテルを住まいのように…
  3. 一般財団法人こゆ地域づくり推進機構(宮崎県児湯郡新富町、代表理事:齋藤潤一、以下こゆ財団という)は、…
  4. サンリオキャラクターパーク ハーモニーランド(大分県日出町)では、春のお訪れをお祝いする「HAPPY…
  5. 前作「TAXI feat.tofubeats」が、日本人でありながらタイのSpotifyバイ…

F.A.E.P.動画

韓国のBXKよりメッセージが到着!

韓国のAWEEKよりメッセージが到着!

韓国のMustBよりメッセージが到着!

韓国のMY.stよりメッセージが到着!

ほか F.A.E.P.動画チャンネルはコチラ

F.A.E.P.レポート/インタビュー

  1. 2020-11-26

    待望の1st写真集発売も決定!『JO1 1ST アルバム 「 The STAR 」 リリース記念 生配信 オンライン囲み取材』2020年11月25日(水)≪F.A.E.P.レポート≫

  2. 2020-6-29

    【IDEA】◆F.A.E.P. おうちインタビュー◆
    SUNHEE「病気なんか、僕らと皆さんの邪魔にはなれないんだと思います」
    TAEHOON「少しでも皆さんの力になれますようにと願っています!
    またすぐ会いましょう」

  3. 2020-12-21

    【詳細レポ①】初のオンライン単独ライブ
    「JO1 1st Live Streaming Concert『STARLIGHT』」
    2020年12月19日(土)開催!

◆九州 / ふくおか情報

2021約束のメッセージ

  1. 2020-12-27

    参加アーティストメッセージ掲載中!
    【#2021年_約束のメッセージ】

◆バックナンバー

ページ上部へ戻る