CODE-V 7TH SINGLE 『Never Ending Story』リリースイベント in 福岡

11月6日のイオンモール福岡。この日はCODE-Vの7枚目シングル「Never Ending Story」の発売イベントの日で、平日にも関わらず、お昼すぎには既にファンの姿があちらこちらで見受けられました。
福岡には毎回足を運んでくれるCODE-V。ファンの皆さん同士も顔なじみの方が多い様子で、交流があちらこちらで行われている姿はとても微笑ましく見えました。
いつものように公開リハーサルを行ったあと、17時にイベントがスタート。cd3-2

左から、ソル、テフン、ウシク©F.A.E.P.

♪『Never Say Never』
♪『Go!』

6枚目のシングル『Never Say Never』ではサビの部分でファンと一緒に掛け声をあげる場面や『Go!』では全員でのジャンプや、ウシクとテフンがステージから飛び降りたりと、会場は買い物に来ていた一般のお客様の足が思わず止まってしまうほど大盛り上がりです。

ソル:福岡!僕達はCODE-Vです!福岡熱いですね。みんな楽しんでますか?
2階も楽しんでますか?

11DSC_0162©F.A.E.P.

ソルの言葉に大歓声があがります。今回CODE-Vを見るのが初めての人はいますか?との問いかけに、なぜか大勢のファンが手を挙げてしまったのを見て「絶対嘘じゃん。」と、しっかりとファンの顔も覚えているようです。その後再度問いかけをすると、本当に初めて見るという方もおり「最後まで一緒に楽しんでいってくださいね!」と早速そのハートを掴んでしまっているようでした。
今回のリリースイベントでも全国を巡るCODE-V。この日も北海道からの移動との事。

ウシク:でも福岡が一番来ている回数が多いような気がします。

福岡へ来る事を満面の笑顔で喜んでくれているメンバーに、ファンは大きな拍手で喜びを伝えていました。

♪『何度サヨナラを繰り返したら僕らは強くなれるの?』

最初の2曲とはガラッと印象を変えてバラード曲を披露。切ない歌詞の曲にメンバーの表情も変わります。
少し早いクリスマスムードの会場内に彼らの美しいハーモニーが響き渡っていました。

c3-2sol8tf7us3-2

©F.A.E.P.

そして次のMCでは、テフンから来月ゆうぽうとホール(東京)で行われる3人での初めてのホールLIVEの告知がありました。前売りチケットのアナウンスもこなし、マンネのテフンも1年の間にしっかりと成長をしている様子です。

テフン:最後の1曲ですが、みなさんまだまだ盛り上がっていけますか!

客席ギリギリの所まで出て行ってファンを煽るテフン。返ってきた声が小さいと何度も煽るその姿は、さっきまでの姿とは違って、やっぱりまだどこかやんちゃなマンネのイメージですが、その可愛らしさにファンの声は大きく反応を示していました。

♪『Never Ending Story』

最後に披露されたのは、この日のリリースイベントの曲。CODE-Vとしては7枚目のシングル。
ソルにとっては兵役前の最後のシングルになる1曲です。
歌う前にソルからも「大事な1曲です。これからも応援してください。」との言葉があり、ダンスにも歌詞にも力強さをとても感じる曲でした。

 

sol711cd1111DSC_0144-2

©F.A.E.P.

リリースイベントの後には握手会とサイン会が行われました。
いつものように1人1人としっかりと目線を合わせ、小さなファンにはしゃがみこんで頭を撫でたり、男性のファンとはまるで親友のようながっちりと固い握手を交わしたりと、本当にファンを大事にしている様子がわかり、そして本人たちもその時間を楽しんでいるようです。サイン会の最中には、目の合ったファンや2階から見ているファンへ手を振ったり、後ろで流れている新曲を口ずさんでみたりと、ファンにとってはメンバーのそんな瞬間も大事なヒトトキです。また今回長時間のイベントとなり、途中ソルとテフンは小休憩を挟んだのですが、ステージにひとり残ったウシクにスタッフが一緒に休憩することを促すも「大丈夫ですよ。」とそのままステージに残り、客席のファンと会話をしたりと心遣いを見せてくれるシーンもありました。

c3-1-2

©F.A.E.P.

最終的には会場の終了時間21時ギリギリまでイベントが行われました。
「今日はこんなに長い時間ありがとうございました。また来週福岡に来ますので、また会いましょう!これからも応援よろしくおねがいします!」とソルから最後の挨拶があり、最後まで残っていた多くのファンからの大きな拍手でイベントが終了しました。

昨年の今頃の、まだウシクもテフンも加入前で、病欠だったナロを除くソル、ルイ、サンウの3人での2ndアルバム『代々木』のリリースイベントの時のことでした。あの時に『来年、またさらに彼らはひとつ大きな山を乗り越えないといけない時期になるのかもしれない。それでも彼らの努力を見つめ続けていたファンがいる限り、またそのファンに対し真摯な姿を彼らが見せ続ける限り、きっとCODE-Vはまだまだ成長し続けるのだろう』という記事を書いていました。あっという間の1年でしたが、こんなに大勢のファンがかけつけて、そしてこんなに長い時間彼らを見つめ続けている光景を目の当りにしながら、あの時に感じた思いに間違いはなかったんだと改めて思いました。ソル・ウシク・テフンの3人のCODE-Vとしては残りわずかですが、その大事な時間を彼らはファンと一緒に楽しみながら歩んでいくのだろうと思いました。

(文:森下 恵美子)

 


 

◆2014年11月5日発売7th Single 「Never Ending Story」◆

【初回限定盤A】CD+DVD(MUCD-9075)¥1,700(TAX IN)
nes1
<CD>
1.Never Ending Story
2.また会える
3.Swing! Swing! Swing!
<DVD>
1.「Never Ending Story」Music Video
2.MVメイキング、オフショット映像

 

【初回限定盤B】CD(MUCD-5280) ¥1,080(TAX IN)
nes2
<CD>
1.Never Ending Story
2.また会える
3.月

 

【通常盤】CDMUCD-5281) ¥1,080(¥1,000)
nes3
<CD>
1.Never Ending Story
2.また会える
3.Swing! Swing! Swing!

 

★OFFICIAL SITE:  http://code-v.asia/
★twitter:  https://twitter.com/codev_official
★Blog:  http://ameblo.jp/codev-official/
★facebook:  https://www.facebook.com/codev.official

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

最近の記事

  1. 3月21日に発売となる、JYJのジェジュンが8年振りに出演した話題の韓国ウェブバラエティ「J…
  2. エイベックスが九州各地の鶏料理を集めたチキンフェスティバル通称『チキフェス2018』を開催する。九州…
  3. 3月7日に発売となる コン・ユ主演の韓国ドラマ「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」オリジナル・サウン…
  4. 株式会社デジタルアドベンチャー(本社:東京都港区、代表取締役:チェ・グァンヨン)は、 自社テレビ局…
  5. ©irving 韓国人ソロアーティスト、ソン・シギョンの、日本1stシングル発売と初の全国ツアー『…
  6. 動画再生サイトにて関連動画含め4000万回以上の再生を誇るなど、デビュー1年半にして多くの注…
  7. 松竹ブロードキャスティング株式会社が運営する「ホームドラマチャンネル 韓流・時代劇・国内ドラマ」では…
  8. 松竹ブロードキャスティング株式会社が運営するCS放送局「衛星劇場」(本社:東京都中央区築地 代表取締…

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る