韓国創作ミュージカル『狂炎ソナタ』ついにオフラインとオンライン同時開催の
新しいハイブリッド型ミュージカルの世界配信が実現!

©SHINs WAVE

ベートーベン、モーツァルト、サリエルを連想させる
天才3人の欲望がもたらす息詰まる緊張感
歴史上最も完璧で秀逸な3人劇!

株式会社SHINs WAVE(韓国ソウル鐘路区代表:シン・ジョンファ)は、自社が主催・制作(配信:テレ朝動画)とし、2017年初演と同時に韓国内で興行旋風を巻き起こした韓国創作ミュージカル「狂炎ソナタ」(読み:カンヨムソナタ)を韓国ソウル・大学路のUniplex1館にて、8月15日(土)より上演する。

国内外において韓国ミュージカルコンテンツのグローバル化に取り組む中、新型コロナウイルス感染症「COVID-19」の世界的流行の長期化により、現在会場に直接足を運ぶことが出来ない日本の、世界の韓国ミュージカルファンの為に、オンライン配信に制作システムを変更し、ミュージカル界では初の試みである12公演の同時生配信を実施する。

舞台上で繰り広げられる役者たちの熱演と圧倒的な歌唱力、不気味で美しい旋律のピアノの生演奏、「スリラーミュージカル」という新たなジャンルとして観客を虜にした「狂炎ソナタ」は、ミュージカルの聖地ソウル・大学路の小劇場から世界への同時生配信というだけあり、よりグローバルな観客を満足させるためにNewキャストとで臨む。

J役としてキム・ジチョル/ リョウク(SUPER JUNIOR)/ Hui (PENTAGON)
S役としてユ・スンヒョン/ユ・フェスン(N.Flying)/ ホン・ジュチャン(Golden Child)
K役としてキム・ジュホ/イ・ソングン が舞台により重みを増す。

全公演日本語字幕付きで、オンラインならではの特典映像やキャスト達の息遣いやカメラアングルも必見!


ミュージカル「狂炎ソナタ」とは…
1930年代金東仁の短編小説「狂炎ソナタ」が原作。
ポーランド政府が授与する1級勲章である「グロリア・アルティス」賞を受賞し、華やかにデビューしたものの、後に一曲も書けず、いつも不安に苦しむ作曲家_J.
音楽的天性に恵まれながら、記譜が出来ない_S.
彼らは長年の友人であり音楽的ミューズである。
J はクラシック界で著名な教授_Kを訪ね、再び作曲を始めるが、頻繁なる冷評と重圧に勝てず泥酔し交通事故を起こしてしまう。
目の前で目撃した『死』。
そして血の匂いと共に嘘のように完成させた第1楽章。
信じ難い曲の誕生理由が『死』であると悟った教授_Kは、曲の完成のためJ に殺人をそそのかし、J は第2楽章のため殺人を犯すことに・・・
果たしてJ はソナタを完成させることができるのだろうか。
.
世の中のどこにもない音楽
血に染まった第5楽章が今、始まる
.
ティーザー映像


CAST J
-死に近づくほどこの世にない美しい曲を完成させていく作曲家-

キム・ジチョル


「シークレット・ミッション」、
「阿娘歌(アランガ)」はもちろん、
「狂炎ソナタ」の功労者
.
リョウク(SUPER JUNIOR)


「アガサ」、「女神様が見ている」、
「狂炎ソナタ」でミュージカル俳優としての地位を確固たるものに
“ミュージカルというジャンルを、海外の観客と一緒に見られることに胸高鳴り、また違った経験でもあり、沢山の人に観て頂ければ嬉しい”とコメント
.
Hui (PENTAGON)


作曲、プロデューサーとしても認めら
れた実力派ミュージシャンであり、
本作「狂炎ソナタ」で電撃ミュージカルデビューを果たす
.
CAST J Officialポスター(KOREA ver)


CASTS
-Jのミューズであり長年の友人で天才的才能に恵まれた作曲家-

ユ・スンヒョン


「私とナターシャと白いロバ」、
「ブラザーズカラマーゾフ」、
「狂炎ソナタ」の初演オリジナルキャスト
.
ユ・フェスン(N.Flying)


「ウィー・ウィル・ロック・ユー」で
ミュージカルの初ステージを見事に
演じた
.
ホン・ジュチャン(Golden Child)


メインボーカルとしてはもちろん、
ギター、ピアノ、バイオリンの演奏を
兼ね備えた実力派
“大変な時期に、多くの方に会うことができることが光栄で感謝している。悩みが多く、弱いSという人物をうまく演じられるよう最善を尽くしたい”とコメント
.
CAST S Officialポスター(KOREA ver)


CASTK
-自身の成功のためJを破滅に導くクラシック界の教授-

キム・ジュホ


「ルドウィク: ベートーヴェン・ザ・ピアノ」、
「ブラザーズカラマーゾフ」、
「マディソン郡の橋」など熱演
“「狂炎ソナタ」が新しい先例として、大変な時期にどのような選択肢になるか期待される”とコメント
.
イ・ソングン


「インタビュー」、「マザーバラード」、
「狂炎ソナタ」の初演オリジナルキャスト
“皆が大変な時期に違った文化コンテンツを紹介することが私自身も気になり、期待される。直観ではないが会うことができるということだけでも、感謝している”とコメント
.
CAST K Officialポスター(KOREA ver)

©SHINs WAVE


1930年代韓国の短編小説をモチーフに、2020年ミュージカルステージのグローバル化に率先!
90年の時を経て強烈なキャラクターと音楽が、そして緻密なStory展開が観客を別世界へと引き込む!

◆ミュージカル「狂炎ソナタ」日本配信 概要
公演名:「狂炎ソナタ」
配信日程:2020年9月18日(金) ~2020年9月26日(土)12公演
チケット1公演:5500円(税込み)
複数公演鑑賞チケット(特典映像付き)、全公演日本語字幕あり
9月4日(金) テレ朝動画特設サイトにて17:00より販売
テレ朝動画特設サイト:8月13日(木)正午OPEN
www.tv-asahi.co.jp/douga_mv/live200918/kyoen-sonata.html?ad=1

キャスト:
J役_ キム・ジチョル/ リョウク(SUPERJUNIOR)/ Hui (PENTAGON)
S役_ ユ・スンヒョン/ ユ・フェスン(N.Flying)/ ホン・ジュチャン(Golden Child)
K役_ キム・ジュホ/ イ・ソングン

演出:キム・ジホ
作・作詞:ジョン・ミナ、ダミロ
作曲:ダミロ
©SHINs WAVE
HP http://shinswave.com/
Instagram  https://www.instagram.com/shinswave/
facebook https://www.facebook.com/shinswave/
twitter  https://twitter.com/shinswave
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCAXquvOsoCTVMuiHbP1B99g


SETチケット購入者特典として作品・キャストをより身近に感じられるスペシャル映像をご用意!(*)公式限定グッズも販売決定!

◆配信Ticket

*特典映像は配信システムの状況等により、内容が一部変更となる場合がございます

.
◆配信Schedule

.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

最近の記事

  1. 松竹ブロードキャスティング株式会社(本社:東京都中央区代表取締役社長井田寛)が運営するCS放送局「衛…
  2. 元BOYFRIENDのJEONGMIN(ジョンミン)とKWANGMIN(クァンミン)が2人でオンライ…
  3. 日本動画プラットフォームFC LIVEを通じて開催されるオンラインライブ。日本のファンの皆さんに韓国…
  4. 松竹ブロードキャスティング株式会社(本社:東京都中央区代表取締役社長井田寛)が運営するCS放送局「衛…
  5. 株式会社ストリームメディアコーポレーション(本社:東京都港区、代表取締役:チェ・グァンヨン)は、自社…
  6. ​100%韓国エンターテインメントチャンネル「Mnet」および、日本初の韓国エンタメ動画配信サービス…
  7. ピュアで感受性豊かな気持ちを描いた歌詞と爽やかで中毒性のあるメロディ” 君で満たされたい “ 純粋な…
  8. 韓国 100%エンターテインメントチャンネル「Mnet」および日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「…

F.A.E.P.動画

【EXIT:CMメイキング】BOSS E・ZO FUKUOKA

2020/8 D-CRUNCHよりメッセージが到着!

キャストより日本の皆さんへ!2020/クォン・サンウ主演映画『鬼手(キシュ)』


ほか F.A.E.P.動画チャンネルはコチラ

F.A.E.P.レポート/インタビュー

  1. 2020-2-29

    K-TIGERS ZERO <LOVE FM & F.A.E.P.インタビュー> 2020年1月25日(土)①

  2. 2019-4-17

    【JUN(from U-KISS)】1stシングル「Phenomenal World」発売記念イベント
    福岡大丸天神店・エルガーラパサージュ広場イベントレポート

  3. 2019-10-14

    宇宙人(Cosmos People) FOR THE NEXT TEN YEARS JAPAN TOUR 2019
    2019年8月25日(日) 福岡 DRUM SON F.A.E.P.レポート①

◆九州ふくおか情報

◆バックナンバー

ページ上部へ戻る