ユ・スンホChristmas Fan meeting in Japan~除隊後、初の再会~

ユスンホ告知用

いよいよ多くのファンが待ちに待った至福のひと時が訪れる。2年前の12月に東京で日本のファンを前に‘しばしの別れ’を報告し兵役に就いた俳優ユ・スンホがクリスマスイヴと翌12月25日に大阪と東京でファンミーティングを開催する。まだ兵役中で除隊予定が12月と伝えられ、除隊後すぐに日本のファンと再会することになる。ファンたちは聖夜という1年で一番ロマンティックな日に再会することになった。兵役入り前のドラマ「会いたい」(missing you)は地上波、衛星等で繰り返しオンエアー、つい先月までテレビ大阪で放送され好評を博した。ユ・スンホは若年ながらも除隊後の動向が一番注目されているスターの一人で、除隊までの3か月を元気に勤め上げて以前よりもっと素敵な姿で素晴らしい演技を見せてくれること必至。いずれにしてもクリスマスイベント決定という嬉しい知らせにファンの喜びと期待は大いに高まっています。
【イベント概要】
日時:2014年12月24日(水) 開場16:30 開演17:30
会場:オリックス劇場(大阪市)
日時:2014年12月25日(木) 開場16:30 開演17:30
会場:日本青年館大ホール(東京)
内容:トーク、歌、ゲーム、握手会など
チケット:10,800円(税込、全席指定)
主催:㈱A・R・A
韓国俳優 ユ・スンホ プロフィール
──────────────────────────────────────
生年月日:1993年8月17日
身長:175cm
学歴:白新高等学校
趣味:インターネット、コンピューターゲーム等
特技 :インラインスケート
デビュー:ドラマ「カシコギ」(トゲウオ)(2000)
ドラマ:「会いたい」「アラン使道伝」「プロポーズ大作戦~Mission to Love」(2012)
「ペク・ドンス」(11)「欲望の炎」「ドラゴン桜(韓国版)」(10)「善徳女王」(09)
「王と私」「太王四神記」(07)「先生はエイリアン」(06)「悲しき恋歌」「魔法戦士ミルガオン」
「拝啓、ご両親様」(05)「不滅のイ・スンシン」
「あんぱん」(04)「ラブレター」(03)「トゲウオ」
映画:「ブラインド」(2011)「4時間目推理領域」「父、 山」「71」(09)
「ソウルが見えるか」(08)「心が…」(06)「非日常的な彼女」(04)
「ハッピー・エロクリ スマス」(03)「おばあちゃんの家」(02)
CF:「クラウン製菓」他
受賞:2009年MBC演技大賞男性部門新人賞、2007年第1回大韓民国映画演技大賞子役賞、
2005年KBS演技大賞青少年演技賞
広報大使:京畿キッズアートフェスティバル(11)、第4回ソウル忠武路国際映画祭(10)ほか多数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

最近の記事

  1. 幕張メッセイベントホール★AB6IXのパフォーマンスを近くで見れるステージプラン大公開! AB6I…
  2. 歌手・俳優と多才な活動をしている Wanna One 出身オン・ソンウの日本オフィシャルサイト・ファ…
  3. 自身のヒップホップレーベルGROOVL1Nのリーダーで実力派ラッパーのRAVIが2月24日リ…
  4. 音楽アーティストのファンサイト運営を手掛けるEMTG株式会社(代表取締役:佐藤 元 本社:東京都渋谷…
  5. 100%韓国エンターテインメントチャンネル「Mnet」および、日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「…
  6. K-POP「最強ティーンエイジャーチーム」NCT DREAM 初単独ツアー追加公演最終日を全国各地…
  7. セレクトショップFREAK'S STORE ZOZOTOWNサイト お買い上げのお客様へスペシャル…
  8. 株式会社ストリームメディアコーポレーション(本社:東京都港区、代表取締役:チェ・グァンヨン)は、自社…

F.A.E.P.レポート/インタビュー

  1. 2019-12-23

    Wanna One出身のオン・ソンウ初主演ドラマ! 『十八の瞬間(原題)』
    衛星劇場にて2月より日本初放送決定!

  2. 2019-4-20

    「2019韓国文化観光大展~新韓流が福岡に大集結!~」
    ソン・シギョン ライブ&トークショー
    2019年4月8日(月)-9日(火)JR九州ホール F.A.E.P.レポート

  3. 2019-5-8

    「2019韓国文化観光大展~新韓流が福岡に大集結!~」
    INJUN ライブ&トークショー 2019年4月8日(月)JR九州ホール F.A.E.P.レポート

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る