IDEA JAPAN TOUR 2019 -STARTEND-
2019年12月6日(金) 天神 ROOMS ≪F.A.E.P.レポート①≫

今年3月に「1st MINI LIVE ~Complex~」で本格的な活動を始めたIDEAが早くも今年2度目となるライブツアーを開催。福岡は光栄にも公演初日の地となりました。その貴重な初日の2部の様子をレポートします。

照明が落ちソニとテフンがステージに登場するとファンから歓声があがります。揃いのIDEAのパーカーにソニはニットキャップ姿。客席のギリギリ近い場所まで出てきてくれます。

♪「IDEA」

© F.A.E.P.

まずは『IDEA』でライブスタートの挨拶。ライブツアーは2度目ですが、今年いくつかのフェスやイベントに登場した2人。前回の来福からは半年ほど時間は空いたものの、客席のファンもすでに2人の世界観をどんな風に楽しむのか、そのスタイルが出来てきた様子です。ソニもその様子を見つめながら「君らだけ!」の歌詞に合わせて客席を指差します。

♪「Drug Holic」
♪「No Pain」

© F.A.E.P.

「福岡盛り上がる準備はOKですか?!」という声に反応するファン。テフンは両手を挙げてファンにもっと!もっと!とアピール。そしてニヤっと笑ってみせるところは大人の表情から子供っぽさも垣間見えます。
歌が終わると丁寧に「ありがとうございました。」と挨拶をすることころもIDEAの二人らしさです。

ソニ:今年最後のツアーが始まりました!「STARTEND」今年ツアーとしては最後なんですが、スタートの場所としてこの福岡に6か月ぶりに来ることができて嬉しいです!

© F.A.E.P.

テフン:前回福岡に来た時何しましたっけ?・・・あ!ケバブ食べました!
ソニ:あ!ケバブ!うまかったよね!
テフン:この近くに世界一うまいケバブがあるらしいんです。
(ファンから「食べたよ!」と声があがる)
ソニ:食べました?!うまいよね!・・・あれ?お店一緒?俺ら店出したっけ?
テフン:え?俺らが?(「出店した」という意味に勘違いしている様子)
ソニ:いや!そうじゃなくて!(ケバブのお店の)名前出したっけ?
(SNSに載せていた紙袋でお店を見つけたと伝えるファン)
ソニ:あ!袋!
テフン:あーあー。
ソニ:うまいっすよねぇ?でも2回連続ケバブはないかなぁと思ってたら取材のF.A.E.P.さんからお寿司を頂きました。
テフン:美味しかった!
ソニ:おしゃれなお昼ご飯たべました。
テフン:今日ツアーの初日ということで今年も終わっちゃうんですけど、今年3月にIDEAプロジェクトが始まりまして、最初にライブをした時にうちの曲は3曲!
ソニ:もう本当に将来が暗かった。
テフン:将来も暗かったし、すぐ後ろに火があるような、早く前に進まないといけないようなね?
ソニ:グツグツグツ!!
(火に追われているような仕草をしてみせるソニ)
テフン:やりすぎ!やりすぎ!

© F.A.E.P.

ソニ:でも、こんな感じで走ってきたから早かったのかもね?
テフン:そうですね。それで3曲だったのが今は何曲でしたっけ?
ソニ:1部に公開した曲も含めて18曲。(今年目標の20曲まで)あと2曲だね。
テフン:2曲ですねぇ。
ソニ:でも残っている日がねぇ~。俺たちシステムが全部韓国にあるから帰らないと曲ができないんだよねぇ~。今年は無理かなぁ~。達成できないかもしれないけどねぇ~。
テフン:そうですねぇ~。
ソニ:帰っても時間はないんだよねぇ~。でももう1曲ぐらいは作れるといいですよね?
テフン:そうですね。
ソニ:そうですよね?
テフン:え?そんな、俺を見ながら言うとプレッシャーじゃん。
ソニ:ほら、順番的にね?
テフン:そうだね・・・分かりました!それは今年中にどうにかしましょう!
ソニ:でもね18曲作ったのも頑張った証拠だし、もしダメでもみんな優しいから許してくれるよ?

お兄さんのソニに弟のテフンという関係性が見え隠れするMCは歌っている2人の関係とは全く違って、それがまたファンにとってはたまらない魅力のひとつです。

♪「She is」

前回の福岡ライブで初披露だったソニのソロ曲。女性に惚れ込んでいる男性の姿がそこに自然と浮かび上がってくるような、「君にピタってなって離れないまま」とどこか可愛らしさを含んだ歌詞が甘いソニのファルセットにピッタリの1曲です。

© F.A.E.P.

♪「Trap」

テフンのソロ曲はノイズが入り交ざった音の中に彼の低音ボイスが響き、テフンの世界観が広がっていくような気がします。ステージの真ん中で1人、1番気持ちよさそうに歌っている姿がさっきまでのおどけていた姿と同じだとは思えず毎回驚かされます。

© F.A.E.P.

♪「What is Love」
♪「Airplane mode」
♪「Give me that」

セクシーな表情も歌詞も歌唱力があるからこそ映えるのだとIDEAの2人を見ていると感じます。以前のようなファンサービスとは違って音を楽しんでいる自分の姿を見せて、その音を共有することを大切にしているようにも思えます。実際にIDEAの活動が始まってからの2人はさらに「男」を意識せざるを得ない楽曲であったり、振る舞いであったりで、今までの2人を見てきたファンにはどこか戸惑いもあったかもしれません。ただ徐々に回を重ねるごとにファンがIDEA色に染まり始めてきているのも事実です。

(レポート②につつく)

.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

最近の記事

  1. 俳優・歌手などマルチな才能で活躍するチャン・グンソクが5月29日、約2年間にわたる社会服務要員と…
  2. 韓国100%エンターテインメントチャンネル「Mnet」および日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「M…
  3. 歌手、タレント、モデル等、各ジャンルで活躍中のアジアNo.1マルチエンタテインメントグループ・SUP…
  4. 松竹ブロードキャスティング株式会社(本社:東京都中央区代表取締役社長井田寛)が運営するCS放送局「衛…
  5. 松竹ブロードキャスティング株式会社(本社:東京都中央区代表取締役社長井田寛)が運営するCS放送局「衛…
  6. 「やんちゃないたずらっこ」がコンセプトの韓国ボーイズグループ:NTB(エヌティービー)。 …
  7. 悪徳弁護士が事故で異なる平行世界に吸い込まれ、熱血検事に生まれ変わる!? RAIN(ピ)×イム・ジ…
  8. ©STUDIO DRAGON CORPORATION ★バリキャリ大人女子×年下男子の恋! あな…

F.A.E.P.レポート/インタビュー

  1. 2019-9-11

    映画「パラダイス・ネクスト」半野喜弘監督
    2019年8月23日(金)F.A.E.P.単独インタビュー①

  2. 2020-2-29

    K-TIGERS ZERO <LOVE FM & F.A.E.P.インタビュー> 2020年1月25日(土)①

  3. 2020-5-15

    「どこにいても繋がっていることを忘れないで」
    やむことのない Niiisan’s の想いとは・・・◆F.A.E.P.おうちインタビュー

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る