LEN <F.A.E.P.単独インタビュー>2019年10月24日(木)③

© F.A.E.P.

「真夏のサイレントナイト」が出来てからがLENというアーティストの方向性やオリジナリティが出てきたということですか。

LEN:(オリジナリティなどが)産まれたと思います。

ループステーション(その場で録音した音や曲を重ねて演奏すること)も面白かったです。

LEN:はい。面白いですね。自分が歌う時や、みんなで歌うときにサポートしてくれるものなので。あと新しいものにハマった時はそれに集中することがあるじゃないですか?僕もループステーションに集中しすぎていたんですが、それよりも音楽は伝えることが1番重要だと思うのでループステーションはただのサポートです。

みなさんで歌教室などもやっていましたが、あれは毎回やっているんですか?

LEN:はい、いつもやってます。

すごくお客さんも盛り上がっていいですね。

LEN:毎回曲を変えてやってます。僕は韓国人なので、韓国語を。何か誰かを好きになったらその人の何かまで好きになることあるじゃないですか。僕のこと、僕の音楽が好きになって韓国語とか勉強したいなとか思ってくれるファンの皆さんの気持ちがあるので、一緒に韓国語を話すことが嬉しいことじゃないかなと、僕もそれはすごく嬉しいことなので、それを続けています。

そういう一緒に歌って録音してそれをみんなで聞いてっていうみんなで作り上げていくというのは他のライブでは見たことがなかったので僕はすごく面白いなあと感じて、ファンのみなさんも最初は少し恥ずかしそうでしたが、最後の方はみんな(笑)顔ですごく楽しそうにやっていたのですごくいいなぁと思いました。

LEN:嬉しいです、ありがとうございます。

すごくファンの皆さんと距離の近いアーティストだなと思いました。

LEN:ありがとうございます。

© F.A.E.P.

今回が「My Way」のツアーじゃないですか、「My Way」の曲についてどういうところがポイントなのか、ここを聞いてほしいなどあればおしえてください。

LEN:「My Way」という曲は人生の中で悲しくなる時もあるし、強く感じる時もあるじゃないですか。色んな自分がある中で、自信を持って生きることが1番大事じゃないかと思いました。自分の道を信じて前に進んでいく中でみんな悩みが多いと思います。自分の道が正しいのか、違うんじゃないかと。自分も音楽をずっとやってきて、音楽が好きだからやってきたんですけど、好きという趣味みたいなものが仕事になって、これは自分の道じゃないのかも、趣味のままの方がよかったのではと思った時もありましたが、やはりそうじゃなくて、自分が今やっていること信じて、それが後悔する時があっても。その経験がもっといい自分になると思います。
歌の仕事の前は僕も色々やっていて、例えば大学の時は専攻がコンピューターのソフトウェアだったんですが、その経験がコンピューターで映像の編集や音楽を作ることにつながっていると思うんですよ。だから今自分がやることを信じてほしいです。少し激しい表現も多いです。例えば、「血が流れても」とかもあるんですがそんな表現を使ったのは、人生は激しいことも多くて、誰かを傷つけて、傷つけられることも人生だと思うんですが、自信を持って進んでいきたい進んでいきましょうという思いを込めて作りました。

すごく熱い曲でしたもんね。そろそろお時間なので今後のLENさんの予定を教えてください。

LEN:11月も色々イベントがありますが、12月のクリスマスライブがあります。12月8日です。クリスマスライブで、とても準備しています。それが終わったら、コラボライブがあります。日本のアーティストとコラボしてライブをすることが初めてなのでそれもすごく楽しみです。音楽的にも皆さんに見せたいことを色々準備しているので是非来てください。これからも色んな音楽を作っていきます。僕は一人で弾き語りで武道館とかドームまで行って、僕の音楽を伝えたいという思いがあるのでこれからも皆さんと一緒に作り上げたいと思います。

では、最後に福岡のファンの皆さんにメッセージをお願いしてもいいですか?

LEN:はい。1年ぶりに福岡に来て僕の音楽を待っていてくれた福岡のみなさん、本当に本当にありがとうございます。雨の日なのにたくさん来てくださってありがとうございます。僕はこれからも一生懸命歌うので、福岡にもたくさん行きたいので、皆さんにも来て欲しいです。だからこれからも沢山の応援をお願いします。福岡の皆さんありがとうございます。

© F.A.E.P.

インタビューを通して本当に謙虚で優しさの溢れる人柄が伝わってきました。ファンに対する思いも本当に強く胸にくるものがありました。LENの歌唱力と人柄、ファンに対する思いがあれば本当に日本のアーティストとしてビルボードに乗る日もくるのではないか、そう思わせてくれるインタビューでした。これからもピアノマンLENの活躍に期待です。

.
●文:J(ジェイ)

●写真:波多江 純一


.★プレゼントのお知らせ 

LENのサイン色紙を1名様にプレゼント!


© F.A.E.P.

<応募方法>メルマガまたはTwitter、Facebookよりご応募ください。
◆すでにメルマガ会員の方
メルマガにて応募方法をお知らせします。
ご希望の方は追って必要事情をお書きの上ご応募ください。

◆すでにTwitterフォロワーの方
下記の指定のツィートをリツィート&#LENマイウェイ」と明記ください。
指定ツィート:ここをクリック!

◆すでにFacebookフォロワーの方
下記の指定の投稿をシェア&#LENマイウェイ」とコメントを残してください。
指定投稿:ここをクリック!

◆まだメルマガ会員でない方
こちらから会員登録(無料)をお願いいたします。追って「登録完了メール」にて応募方法をお知らせいたします。

◆まだTwitterフォロワーでない方
F.A.E.P.のTwitterアカウントをフォローし、
指定のツイートをリツイート&「#LENマイウェイ」と明記ください。

◆まだFacebookフォロワーでない方
F.A.E.P.のFacebookアカウントをフォローし、
上記の指定の投稿をシェア&「#LENマイウェイ」とコメントを残してください。

【しめきり】2019年12月 14日(土)24時まで。

◆応募条件:現在日本在住の方に限ります(Applicant:Must currently reside in Japan.)
◆メルマガ・Twitter、Facebook、全てからの応募も可能です
◆抽選結果は、
○メルマガ会員様はご登録メールアドレスへのメール送信
○Twitter、Facebookから応募してくださった方には、メッセージの送信
◆ご応募でお知らせいただきました個人情報は、本人の同意を得ずに第三者に開示することはありません。


【ライブ、イベント情報】


.
<チケット予約ページ>
https://len-store.com/2019/07/31/p1070/
.
お問い合わせ先:
<メール>info@len-official.com
<電話>03-5560-0969 (平日11:00〜15:00)

.
LEN Official Website:http://len-official.com/
LEN Official Twitter:https://twitter.com/piano_Len
LEN Official Facebook:https://www.facebook.com/PianoLEN/
LEN Official Instaglam:https://www.instagram.com/pianolen_official/

.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

最近の記事

  1. 史上最大級のスケールで開催! 世界中の音楽ファンが大熱狂のフィナーレ! 100%韓国エンター…
  2. K-POPと大韓民国の国技であるテコンドーを全世界中に広めるため音楽や演技をはじめ、幅広く活動し…
  3. Licensed by KBS Media Ltd.Ⓒ2018 KBS. All rights re…
  4. 「百想(ペクサン)芸術大賞2019」2冠達成! TVドラマ部門大賞キム・ヘジャ 助演女優賞イ・ジ…
  5. 12月4日(水)発売のiKON最新ライブ映像作品『iKON JAPAN TOUR 2019』が、12…
  6. 2020年4月2日(木)・3日(金)大阪/Zepp Osaka Bayside 4月5日(日)・6…
  7. 韓国俳優でアーティストのJohn-Hoon(キム・ジョンフン)がデビュー20周年と1月20日の誕生日…
  8. ――本作への出演の決め手を教えてください。 脚本を読みながら、現実に映像で表現できるかを重…

F.A.E.P.レポート/インタビュー

  1. 2019-4-16

    noovy <F.A.E.P.単独インタビュー>2019年3月22日(金)

  2. 2018-12-28

    【CODE-V 大感謝特典会〜ありがとう〜】2018/12/16(日)福岡タワーホール
    F.A.E.P.レポート

  3. 2019-5-25

    『OH MY GIRL JAPAN OFFICIAL FANCLUB 1st ファンミーティングツアー2019』2019年5月6日(月・祝)ももち文化センター大ホール F.A.E.P.レポート①

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る