LEN「My Way」コンサート全国ツアー2019
2019年10月24日(木)アクロス福岡 円形ホール ≪F.A.E.P.レポート①≫

© F.A.E.P.

10月24日アクロス福岡 円形ホールにてLEN「My Way」コンサート全国ツアー2019が開催されました。会場前からホール付近はファンで溢れており、ライブの期待感がつのります。

悲しみの中で君を消さなければ
LENの韓国メジャーデビュー曲。ドラマMiniの挿入歌のカバーです。一曲目から歌唱力の高さが伝わる、迫力のあるバラードです。

夢のピクニック
ミディアムテンポのこの曲が始まると会場からは自然と手拍子が。LENの優しい人柄の伝わる一曲です。

その男
お馴染みのドラマシークレットガーデンの挿入歌であるこの曲、しっとりと歌い上げるバラードであり、会場からは涙するファンの姿も。ピアノの演奏力、歌唱力療法が本当に伝わる一曲です。

© F.A.E.P.

LEN:みなさんこんにちは!アンニョンハセヨ~!皆さんの韓国語もだんだん上手くなりましたね。今日のライブは、「MY Way」全国ツアーの最後のライブです。僕にとっては久しぶりの雨の日です。ライブの日は皆さんの晴れパワーでずっと晴れになっていたので台風が来た時も晴れになって、毎日毎日、毎回毎回、晴れ晴れで久しぶりの雨の日だから・・・。

© F.A.E.P.

ここで会場から「最後の日だから神様が泣いてる」との声が。

LEN:あーいいこと言いますね。うまい、僕より話がうまい(笑) それは僕が準備したらよかったのに、全然思わなかったです。今日のこの福岡のライブ、一年ぶりでしょ?本当に一年前の自分と、今の自分が結構変わったので、色々、髪の毛だけじゃなくて(笑)。自分的にも音楽的にも変わって、皆さんに見せたい、聴かせたい音楽が多いです。福岡の皆さん、遠いところから来てくれた皆さん、今日一緒に幸せな時間を作りたいと思います。今日もよろしくお願いします。

© F.A.E.P.

LEN:先ほど歌った曲が韓国のドラマシークレットガーデンで歌った「その男」という曲です。色々意味のある曲なので、毎回歌う時、違う気持ちで歌うんですが、歌うたびに気持ちが変わって、今日の気持ちは、皆さんにもっと僕の今の気分を伝えたい、そういう思いで歌いました。次に歌う曲は「真夏のサイレントナイト」を歌います。この曲を書いた時からLENというアーティストのスタイルが始まったんじゃないかと思います。聞いてください。

真夏のサイレントナイト
切ない愛を歌ったこの曲では、ハーモニーの部分や、ピアノの伴奏をその場で録音しソロでありながら重厚な曲に仕上げてており圧巻の一言です。

ずっと一緒さ
山下達郎のカバー曲であるこの曲。さだまさしなど、この時代の日本の音楽を愛するLENらしい山下達郎のカバー曲。日本の曲には言霊がありその部分に惹かれたという通り心に響くラブソングをカバー。LENの歌声で聞く山下達郎もとても心に響く歌でした。

© F.A.E.P.

LEN:最近台風など、人間の力ではどうすることもできないことで皆さん大変でしたね。僕自身もこんなに大きな台風が来たのは初めてだから、家で窓がドドドドドっとなっているときに同時に地震も来て・・・そういう経験皆さんもあるじゃないですか?その瞬間1秒とか0.1秒とか悩むんですよね。どうしようとか、逃げようかとか。でもそのとき自分が感じたことは、怖い気持ちより今皆さんは大丈夫かな? どうかな? という心配があって、やっぱり大変な時は大切な人を考える、心配する気持ちが(いつもより)もっと出て、それが人間の元々の心だと思いました。僕も皆さんの心配をして、皆さんも僕の心配をして、お互いに心配することってすごく感動しました。皆さんといろんなことを共有しながら僕も勉強になったし、それが今の僕を救ってくれたと思います。

© F.A.E.P.

ノルサランヘ(LENの歌教室)
この曲では韓国の名曲ノルサランヘ(80~90年代のフォークソング)を会場のファンと一緒にメロディー、ハーモニーを歌い、それをその場で録音して、全員で聞くファンとLENが一緒になって楽しめるコーナーです。最初は少し恥ずかしがっていたファンの皆さんも練習をするうちに楽しそうに歌っていて、完成した曲を聞いているときは皆さん幸せそうな顔をしているのが印象的でした。

© F.A.E.P.

La La La
明るいミドルテンポのこの曲では会場の掛け声と手拍子で盛り上がります。

Que Sera Sera
ファンキーでアップテンポな曲で今までの曲とはまた違う一面のLENが楽しめる曲です。会場も「カッコイイ」と歓声をあげ盛り上がります。

Tokyo Soul
My Wayに収録されているこの曲ではジャジーなバラードでしっとりと聴かせてくれます。

My Way
今回のツアーの表題曲。力強くアップテンポなこの曲ではいまのLENの気持ちが伝わるような、強く立ち向かう熱い気持ちが伝わってきました。会場も今日一番の盛り上がりを見せます。

© F.A.E.P.

(レポート②へつづく)

.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

最近の記事

  1. 史上最大級のスケールで開催! 世界中の音楽ファンが大熱狂のフィナーレ! 100%韓国エンター…
  2. K-POPと大韓民国の国技であるテコンドーを全世界中に広めるため音楽や演技をはじめ、幅広く活動し…
  3. Licensed by KBS Media Ltd.Ⓒ2018 KBS. All rights re…
  4. 「百想(ペクサン)芸術大賞2019」2冠達成! TVドラマ部門大賞キム・ヘジャ 助演女優賞イ・ジ…
  5. 12月4日(水)発売のiKON最新ライブ映像作品『iKON JAPAN TOUR 2019』が、12…
  6. 2020年4月2日(木)・3日(金)大阪/Zepp Osaka Bayside 4月5日(日)・6…
  7. 韓国俳優でアーティストのJohn-Hoon(キム・ジョンフン)がデビュー20周年と1月20日の誕生日…
  8. ――本作への出演の決め手を教えてください。 脚本を読みながら、現実に映像で表現できるかを重…

F.A.E.P.レポート/インタビュー

  1. 2019-7-8

    “宇宙人(Cosmos People) FOR THE NEXT TEN YEARS JAPAN TOUR 2019”
    8月25日(日)に初福岡公演を開催するメンバーへ F.A.E.P.がインタビュー!

  2. 2019-8-18

    KEVIN <F.A.E.P.単独インタビュー>2019年7月22日(月)➀

  3. 2019-10-2

    『Niiisan’s MINI ALBUM「1%」リリース記念ミニライブツアー2019 Summer』8/31(土)レソラホール ≪F.A.E.P.レポート≫ ①

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る