「ラブリー・スター・ラブリー」イ・ギグァン(Highlight)
≪オフィシャルインタビュー≫

「検事プリンセス」「清潭洞(チョンダムドン)アリス」など大ヒットラブコメに主演しているパク・シフと「宮(クン)~Love in Palace」のソン・ジヒョがヒロインを演じる、強運トップスターと落ちこぼれ脚本家が繰り広げるラブコメディ「ラブリー・スター・ラブリー」のDVD&Blu-rayが好評リリース中。
このたびリリースを記念して、本作で、セレブでイケメンなディレクターでありながら、ヒロインには一途な子犬系男子イ・ソンジュンを演じたイ・ギグァン(Highlight)のオフィシャルインタビューが到着!
演じたキャラクターの魅力や 撮影の裏話など、たっぷりと語っている。

――「ラブリー・ホラブリー(原題)」というタイトルの第一印象は?
イ・ギグァン:かわいいタイトルだと思いました。いかにもラブコメらしいタイトルで、
とても気に入りましたね。そして台本を読んでみたら、ソンジュンという人物が、
とてもユニークで魅力的に見えました。とにかくまず役柄に惹かれましたね。

――タイトルにちなみ、出演者の中から「ラブリー」な人を選ぶなら?
イ・ギグァン:ラブリーな人は……シフさんが一番ラブリーだと思いました(笑)。
何て言うか、一般の人が持っているイメージとはだいぶ違っていて……。
ちょっとズレているというか、どこか抜けてるところがあって、そこに人間味が
感じられてラブリーでした。

――役を演じるために、あらかじめ何か準備しましたか?
イ・ギグァン:バラエティ番組であれドラマであれ、PDがテレビ局でどういう
行動をするのか、僕も役者ですから知っています。まずそれをよく観察して
覚えておきました。助監督との関係についても、どのようにして親密さを維持するのか、
じっくり観察して演技に反映させたように思います。あとは台本をよく読み込んで練習した上で演じました。

――イ・ソンジュンの魅力とは?
イ・ギグァン:女性に一途なところですかね。ソンジュンはひたすら(ソン・ジヒョ扮する)
ウルスンに想いを寄せます。終盤ではウルスンに愛を告白する場面がありますが、
その真心のこもった告白のシーンは、とても印象に残っています。ステキなシーンだと思いますよ。
1人の女性を慕い続けるソンジュンがカッコよかったですね。リスペクトしています(笑)。

――ソンジュンと似ているところは?
イ・ギグァン:やはり一途なところですかね(笑)。僕も1つのことにハマったら
とことんまで追求します。そんな性格なんです。それから……僕はソンジュンみたいに正直です。
好きな人がいれば自分の心を偽りません。それが異性であれ、友人であれ、家族であれ、
誰にでも率直な気持ちを表現します。そこが僕とソンジュンの似ているところだと思います。

――ソン・ジヒョさんと共演してみた感想は?
イ・ギグァン:ジヒョさんとのシーンが一番多かったので、一番親しくなりました。
演技に関して、ドラマに関してだけでなく、個人的な話もするほど仲よくなったんです。
いい先輩、ステキなお姉さんができたような気がして、うれしいですね。

――ジヒョさんとは以前から知り合いですか?
イ・ギグァン:顔見知りといった程度です。ジヒョさんがやっているバラエティ番組に、
何度かゲスト出演して共演しただけで、顔見知り程度でしたが、このドラマでグッと親しくなれた気がします。

――パク・シフさんとの共演はいかがでしたか?
イ・ギグァン:シフさんとは、今回のドラマで初めて会いました。撮影前にシフさんの主演した
映画を観たんです。タイトルが「殺人の告白」だったかな。あの映画のインパクトが強烈で、
クールで都会的な男性かと勝手に想像していました。実際に会ってみるとまったく逆で、
温かくて情に厚くよく笑う方でした。現場のムードメーカー役で、僕もリラックスして演技に臨めました。
いい思い出しかありません。

――年上に片思いする役ですが、周囲の反応は?
イ・ギグァン:周りからは かわいいと言われました。ウルスンに対してあからさまに嫉妬してみたり、
さりげなく告白したり、こんなシーンが多かったんですが、ファンの皆さんはもちろんのこと、
ドラマをご覧の皆さんも好意的な反応でした。僕としてもうれしかったですね。

――ギグァンさんの感想は?
イ・ギグァン:演じた僕が言うのもおこがましいですが、「かわいい奴だな」と思いました(笑)。
僕から見てもほほ笑ましくて、ソンジュンに感心していたのを、よく覚えています。

――可愛く見える理由は何でしょう?
イ・ギグァン:若い男性が年上の女性を好きになると……自分の気持ちをほのめかすというか、
相手に気付いてほしいから、セリフのニュアンスも……積極的にアプローチするセリフやストレートな
セリフが多かったんですね。それで余計にかわいくなったのかもしれません。

――胸がキュンとしたシーンは?
イ・ギグァン:胸がキュンとしたというより、これは楽しく撮影した場面ですが、
「気を引き締めて一線を守りましょう」とウルスンに言うシーンです。リハーサルを兼ねて
打ち合わせする時から笑いっぱなしでした。ああしよう、こうしようと、いろいろアイデアを
出して楽しく撮影したせいか、ご覧になった方の目にも面白く映ったと思います。
あの時は心臓をバクバクさせながら、笑顔で撮影しました。

――一番苦労したシーンは?
イ・ギグァン:苦労したのは、何より仁川での撮影ですね。とにかく暑くて。真夏の午後2時3時の暑さは耐えられません。特に去年は猛暑でしたし、日陰がなくて本当に暑かったんです。僕はまぶしいと目を細めてしまうんです。野外は日ざしが強くて目を開けられず、常に細めて演じていました。目をつむっているのか開けているのかわからない(笑)。まぶしくて本当に苦労しました。

――一番好きなシーンは?
イ・ギグァン:一番好きなシーンは……ソンジュンが門の前でウルスンに告白するシーンです。
直接的に言うのはそれが最初で最後でした。正直に自分の気持ちをウルスンに伝えます。
「なぜ僕を見ない? いつもそばにいたのに」と淡々と、率直に告白するソンジュンがカッコよくて、
記憶に残っています。

――記憶に残るセリフは今のセリフですか?
イ・ギグァン:そうですね。「なぜ僕を見ない?」「なぜ見ない?」。そういうセリフなんですが、
いまだに覚えているところを見ると……印象的なシーンだったようです(笑)。ジヒョさんも放送を
観たあとメールで、「魅力的だった」と言ってくれました。褒められてとてもうれしかったです。

――面白かったエピソードをご紹介ください。
イ・ギグァン:ジヒョさんやシフさんと一緒にいると、何をするわけでもないのに笑っていましたね。
何で笑ったんだろう? 大したことじゃないけどシフさんがおかしなことを言うと……
面白い言い間違いをするたびに、おかしくてみんなで笑っていましたね。
いつも撮影現場に来ると冗談を言い合います。とにかく楽しかったんです。

――現場のムードメーカーは誰ですか?
イ・ギグァン:僕はシフさんだったと思いますよ。僕はまだ、そこまではできないから。
シフさんが現場に現れると、愉快で楽しくなった気がします。

――撮影が終わったあと、まずやったことは?
イ・ギグァン:寝ました。おいしい物を食べて、ぐっすり寝て、本当に幸せでした(笑)。

――撮影が済んだら寝ようと考えていましたか?
イ・ギグァン:ええ。シフさんやジヒョさんほど出番は多くなかったけど、僕も少なくはなかったですし、
スケジュールがかなりタイトだったので、撮影中は寝不足でした。だから終わった途端、おいしい物を
食べて思う存分眠れて、すごくうれしかったです。

――オフの日の過ごし方は?
イ・ギグァン:運動したり、テレビを観たり、音楽を聴いたり、携帯をいじったり、
映画を観たりしています。家事もやりますね。

――主にする運動は?
イ・ギグァン:ジム通いとサッカーです。漢江沿いを歩いたり自転車に乗ったりもします。ごく一般的なことです。

――シフさんも漢江沿いを歩くそうですよ。
イ・ギグァン:実は、僕とシフさんは近所に住んでいるんです。近所で会ったことはないですけど(笑)。

――最近、ハマっていることはありますか?
イ・ギグァン:下半身を鍛えることですね。これまで上半身を中心に鍛えていたけど、最近は下半身を重点的に鍛えています。

――その理由は?
イ・ギグァン:特に理由はないですね。ただ面白くて。下半身の筋肉が発達するのを見て、幸せを噛みしめています(笑)。
体幹部と下半身を鍛える運動が中心です。スクワットやランジなど、ルーティンを作って鍛えています。

――今後やってみたいイベントや活動は?
イ・ギグァン:「ラブリー・スター・ラブリー」が日本でヒットして、共演者の方々とドラマのファンミを開きたいですね。
歌手としては、シングルアルバムやミニアルバム、正規アルバムを出して、ファンミやライブを開催できたらうれしいです。そう願っています。

――今後の抱負は?
イ・ギグァン:まず俳優としては、いい演技を通じて多くの人に感動を与えたいです。そんな俳優になるのが望みですね。
アーティストとしては、魅力的な歌とダンスを通じて人々を楽しませることができればと思っています。

――このドラマの見どころは?
イ・ギグァン:一番の見どころは……シフさんとジヒョさんのラブリーだけどホラブリーなシーンの数々です。
それからシフさんが壊れるコミカルなシーンも面白いです。あとは……僕とジヒョさんとの仲よしシーンも見逃せません。
とてもロマンチックなドラマなので、楽しんでいただけるはずです。ビックリするような意外性もあり、盛りだくさんの内容で面白く仕上がっています。

――日本の皆さんへメッセージ
イ・ギグァン:「ラブリー・スター・ラブリー」でイ・ソンジュン役を演じているイ・ギグァンです。
ソンジュンという人物は、ウルスンに片想いする一途な青年です。彼は子供の頃から幽霊が見えます。
その能力を使ってウルスンを守ります。年上のウルスンを優しく包む心温かい男です。ソンジュンをはじめ
登場人物がとてもユニークで、意外な展開もあり、とても面白いドラマです。ラブリーでホラブリーなドラマを応援してください。よろしくお願いします。

Licensed by KBS Media Ltd. © 2018 KBS. All rights reser


「ラブリー・スター・ラブリー」

DVD SET1【約176分特典映像DVD付】(お試しBlu-ray付) 好評発売中
Blu-ray SET1【約176分特典映像DVD付】 好評発売中
DVD SET2【約181分特典映像DVD付】(お試しBlu-ray付)   好評発売中
Blu-ray SET2【約181分特典映像DVD付】  好評発売中
DVD各\16,200+税   Blu-ray各\18,200+税
※DVD好評レンタル中
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
公式サイト:http://kandera.jp/sp/lovelystar/
トレーラー:https://youtu.be/OtvKYvfVBjw
※U-NEXT にて独占先行配信中! https://bit.ly/2Gx3yF8
Licensed by KBS Media Ltd. © 2018 KBS. All rights reser

.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

最近の記事

  1. ~「淡水」「野柳」など人気観光地を結ぶ1日乗車券に加え、台北MRT・バス、アクティビティまで利用でき…
  2. 11/15~11/24 終日開催 日本最大級※1のオイスターバーチェーンである株式会社ゼネ…
  3. 本日11月11日(月)、入隊前最後のサプライズプレゼントとして2020年1月9日(木)東京・中野サン…
  4. 応募期間:2019年11月11日(月)~12月8日(日) 株式会社エフ・ディ・シィ・プロダクツ…
  5. 2019年11月15日(金)~12月25日(水) ※11/14、21、27、28、12/4、5、11…
  6. ロゴ ©Disney メインイメージ ©Disney JR九州は、11月22日(…
  7. 株式会社OTOGINO(オトギノ:代表取締役社長 鬼武公洋 本社 大分県日田市北友田 2 丁目 …
  8. キャビアとトリュフを贅沢に堪能するラグジュアルな夜 ANAクラウンプラザホテル福岡(福岡市博多…

F.A.E.P.レポート/インタビュー

  1. 2019-5-14

    Niiisan’s <F.A.E.P.単独インタビュー>2019年4月7日(日)➀

  2. 2019-4-16

    noovy <F.A.E.P.単独インタビュー>2019年3月22日(金)

  3. 2019-5-8

    INJUN <F.A.E.P.単独インタビュー>2019年4月8日(月)

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る