WINNER 2018 EVERYWHERE TOUR IN JAPAN
2019年9月16日(月) マリンメッセ福岡 F.A.E.P.レポート②

ツアーを開催してきた地域で一番印象に残っていることは?ということで、今回会場がアリーナとホールの会場がある中で、場所によってダンスの立ち位置などが変わるという時に、MINOがいつも間違えるとの話題が。当の本人は「なにが?全然!はじめて聞いたよ!俺プロだよ?」としらんぷり。あまりの態度に他メンバーは「なんだよー」「ずうずうしいなぁ!」と驚く楽しい一幕も。そしてYOONが名古屋公演の時に即興で歌を作ったのがすごかった!ということで、それをファイナルの福岡でも再現することに。即興の「福岡ソング」は圧巻の一言でした。笑いあり、驚きあり、感動ありのどの時間も、ファンにはとても貴重な宝物でした。

そろそろ終わりの時間が近づいてきたとの言葉に「えー!ヤダー!」と過敏に反応する会場。この時点でまだ着席状態だったため、YOONが「僕たちもヤダー!でも…たのむよ、立ってください!」と、上手すぎる切り替えしに思わず笑いがこぼれました。

しっかり休んでエネルギーの充電完了。そして軽快なナンバーの♪『ISLAND』『MILLIONS』へ。最後を飾る曲は、彼らが再始動し転機となったアルバム「FATE NUMBER FOR」より、数々の音楽ランキングでも1位を獲得した『REALLY REALLY』。スタイリッシュで洗練されたメロデイとリズム、そして大きな掛け声で更に盛り上がる会場。曲に合わせて客席から「愛してる!」と声があがると、嬉しそうに微笑むメンバーたちの優しい笑顔が印象的でした。立て続けに3曲を披露し、ステージが終了。

─アンコール①─

会場からの『GO UP』のアンコールに呼ばれ、オフィシャルグッズの装いで再びメンバーが登場。ステージを右に左にグッズを投げながら『LUXURY』へ。YOON「アンコールの『GO UP』の歌声をもらったから、次は僕たちが恩返しで『GO UP』を」と曲紹介をするも、違う曲が流れてきたため「間違えた!」と思わず口にするYOON。会場からは『SONG 4 U』の歌と「우리에겐 WINNER OR NEVER」のスローガンの サプライズ。ライブでのみ披露されてきたこの名曲を、サプライズで会場全体が大合唱のプレゼントです。何が起きているのかわからないような表情のメンバーたち。YOON「なんだよこれー!」、HOONY「ハマった??」と照れ笑い。するとすぐにまた『SONG 4 U』が流れ、今度はWINNERから歌のプレゼント。歌いながら大きく「ありがとう!」と叫ぶHOONY。会場からの歌声も重なり、歌詞の切なさがより沁みます。YOONの「君だけを想ってたよ!」の力強い歌声を合図に、天井からたくさんの青と白の風船が降り注ぐ私たちへのサプライズ。感動に次ぐ感動がつづきました。風船に喜ぶ会場へ「うれしいですか?ほんとにうれしそう・・・子供みたいに・・・」と、その様子をみているHOONYの笑顔はとても幸せそうでした。

会場全体と記念写真を撮り終えた後、YOON「いつも皆さんがアンコールで歌ってくれるこの曲を、僕たちが歌いたい気持ちです。」と、日本デビューアルバムのタイトル曲『GO UP』をバンドアレンジで披露。そのあとは一人一人から最後の挨拶がありました。

JINU:今日でツアーが終わるので、とても寂しいです。ツアーをしながら皆さんに沢山の力をもらいました。本当にありがとうございます!またいつになるかわからないですが、早く戻ってきてツアーをしたいです。いつもコンサートに来てくれて、INNER CERCLE JAPANの皆さん、本当にありがとうございます。愛してるよ!

HOONY:今日は色々な感動をもらいました。ステージの上で皆さんの表情とか僕の名前のプラカードとかを見ると、ぼくの100%の力が120%出せるようになります。ここは僕が子供の頃から夢みたステージだったんですが本当にうれしくて、死ぬまで忘れられない記憶を作ってくれてありがとうございます。産まれてから今までで、一番大きな感動をありがとうございます!皆さんの前で歌えるならステージで身体がめちゃくちゃになってもイイと思いました。これから何個のステージがあるのか分かりませんが、皆さんと一緒に眩しい目的まで行きたいです。一緒に行きましょうね!

MINO:今日はファイナルですね。早かった・・・。皆さんはいつも僕たちに大きな応援と愛をくれて、ありがとうございます。皆さんがいるから僕たちがいるんだと思います。ありがとうございます。今日めっちゃ楽しかったです。なんといっても皆さんと遊ぶのが一番楽しいです。長くて短いツアーが終わって寂しいですが、一生忘れない思い出を作ってくれて、本当にありがとうございます!これからも皆さんの人生にイイ影響を与えるアーティストになるように常にがんばります。一生一緒だよ!

YOON:今年のツアーは、もっとWINNERならではのステージを作るために頑張りましたけど、皆さん、僕たちの心伝わりましたか?今までを振り返ってみたら、皆さんと一緒にしたすべてがとても美しかったです。いつかはわからないけれど、時間が経って僕たちの青春を思い出すとき、いつもWINNERだったと、思い出すことができると思います。僕たちの人生で一番華麗な瞬間に一緒にいてくれてありがとうございます!いつも感謝しています。この感謝の気持ちを絶対忘れません!全部皆さんに恩返しするアーティストになりますので、皆さん、いつも僕たちのそばにいてください。よろしくお願いします!

(レポート③へ続く)

.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

最近の記事

  1. 「やんちゃないたずらっこ」がコンセプトの韓国ボーイズグループ:NTB(エヌティービー)。 …
  2. 悪徳弁護士が事故で異なる平行世界に吸い込まれ、熱血検事に生まれ変わる!? RAIN(ピ)×イム・ジ…
  3. ©STUDIO DRAGON CORPORATION ★バリキャリ大人女子×年下男子の恋! あな…
  4. チキンからサムギョプサルまで、こんなグルメまで出前ができるの?!と驚くほど多様な商品の出前が可能…
  5. © 2019 CJ ENM & BRAINSHOWER & JYP PICTURES…
  6. AB6IX、GFRIEND、Golden Child、IZ*ONE、LOONA、MONSTA X、N…
  7. 松竹ブロードキャスティング株式会社(本社:東京都中央区代表取締役社長井田寛)が運営するCS放送局「衛…
  8. ポニーキャニオンのK-POP歴代アーティストの楽曲から選曲した、”おうち時間”のおともになるプレイリ…

F.A.E.P.レポート/インタビュー

  1. 2019-7-11

    IDEA <F.A.E.P.単独インタビュー>2019年6月15日(土)➀

  2. 2019-4-17

    【JUN(from U-KISS)】1stシングル「Phenomenal World」発売記念イベント
    福岡大丸天神店・エルガーラパサージュ広場イベントレポート

  3. 2019-7-23

    『KEVIN FIRST TOUR 2019~COME ALIVE~』 7/21(日)DRUM Be-1
    ≪F.A.E.P.クイックレポート≫

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る