不器用な大人たちのラブストーリー 「ロマンスは必然に」
キム・ソナ  ≪オフィシャルインタビュー≫

「私の名前はキム・サムスン」などで知られるラブコメの女王、キム・ソナ主演のドラマ「ロマンスは必然に」のDVDが、TSUTAYA先行で好評レンタル中、10月25日(金)に発売する。

本作は日本でも“ラブコメの女王”として高い人気を誇るキム・ソナと、実力派俳優カム・ウソンの共演作で、キスから始まる大人のラブロマンスが描かれる。今回、DVDリリースを記念して、キム・ソナのインタビューが到着!演じたキャラクターの魅力や、見どころ、日本のファンへのメッセージなどをたっぷりと語ってくれた。

◆本作に出演を決めた理由を教えてください。
キム・ソナ:恋愛物やジャンル的なことにあまり囚われていませんでした。たぶん、受賞したときの感想でも言ったような気がしますが、台本を読まずに出演を決めたドラマはこの作品が最初で最後です。作品をいただいてから、内容を見ずに1時間で出演を決めました。タイトルの感じから、メロドラマだけど少しラブコメっぽい感じだと思っていましたが、こんなにも胸が痛くて涙を流すドラマだとは思ってもみませんでした。本当に運がよかったんですが、これからはこんな風に決めてはいけないと思いました。私は本当に運がよかっただけです。

◆アン・スンジンというキャラクターに魅力を感じたのは具体的にどんな部分ですか?
キム・ソナ:まず、名前からしてネバーピュア。ピュアじゃない、純真(スンジン)じゃない。まるで、純真とそうでない間を行ったり来たりする人生。彼女のセリフで、「世の中の片隅にぶら下がっていて、これ以上行き場の無い…」そういうセリフがあるんですけど、そんな感じなんだと思います。片隅にぶら下がって生きていく、アン・スンジンという人物が毎日どんな人生を生きていくのか気になりました。本当に明日が来ないかのように生きていて、希望の無い人物を演じなければいけませんでした。でも、親友のミラや家族から、あれこれ挑戦することを勧められて。周りにこんな友達や家族がいたから、スンジンはソン・ムハン(カム・ウソン)という人物に出会える明日を迎えることが出来たんだと思います。

◆経験豊富なCAからスーパーのレジ係、悲しみを抱えた母親など劇中職業にとらわれず色々な姿を演じられましたが、役作りにあたって何か心がけた点や努力した点はありますか?
キム・ソナ:長年務めたベテランCAで、ファーストクラスのような機体の前の方に座っている乗客担当だったので、行動や喋り方を研究しました。ナチュラルに演じたかったんです。

◆演じられたアン・スンジンとご自身との似ている点はありますか?
キム・ソナ:置かれている状況が違いすぎて、正直よくわかりません。私が似たような状況だったらどうしただろうと思うと、私より勇気があって私とは違った大きな決断を下すのがスンジンだと思うんです。最初のほうは、私と同じく楽しく生きようとしているコミカルな要素もありました。

◆親友イ・ミラとの関係がとても素敵でした。ミラ役を演じたイェ・ジウォンさんと共演されていかがでしたか?
キム・ソナ:とても息がピッタリでした。監督も最初はイェ・ジウォンさんにこんなに準備しなくていいよとおっしゃるほど、たくさん準備して来ていました。情熱溢れる方で、とても純粋な方なんだと思います。どう話せばいいのか分からないのですが・・・撮影の時に食堂で皆でご飯を食べていたんですけど、イェ・ジウォンさんと一瞬目が合ったんですよ。そしたら急に「スンジン…スンジン…」と私の名前を呼びながら泣くんですよ。どうして泣くのか聞いたら「スンジン…」って言いながらずっと泣いてるんです。ドラマの撮影中も私の顔を見る度に泣いていました。撮影のないときも、感情が高まってしまって涙が出たんだと思います。イェ・ジウォンさんは、本当に感受性の豊かな方なんです。

◆キム・ソナさんが考えるアン・スンジンの魅力はどこだと思いますか?どんなところが魅力的で、最初は事情があってスンジンに近づいたムハンも恋に落ちたのだと思いますか?
キム・ソナ:私は、ソン・ムハンがスンジンに魅力を感じたというよりかは、申し訳なさが愛情に変わったんだと思います。スンジンの子供に対しての罪悪感、少しでも何かをしてあげたい責任感。彼女の近くにいるうちに、「変な女だな」と普段自分の知っている女性とは違った魅力を感じて、申し訳なさと罪悪感から始まった感情が愛情に変わったんだと思います。

◆キム・ソナさんが考えるソン・ムハンの魅力はどこだと思いますか?
キム・ソナ:その部分が、このドラマで一番大変な部分でした。監督とよく話をしていたのは、スンジンの荷があまりにも重すぎること。荷が1から100まであるとすると、彼女は99の荷を一人で背負っている。私が途中で監督に言ったのは、どうしてソン・ムハンという人物はスンジンと結婚したがるんだろう?結婚をしたがらないのが普通ではないのか。なぜかというと、ソン・ムハンがスンジンに初めて出会ったときが子供のお墓参りの時だったし、二度目はビョルという犬の骨を埋めに行く時でした。偶然にも、お墓や遺骨を二度も目に前にしたじゃないですか。それなのに、余命宣告されたのに結婚したがるのは何故だろうと思っていたので、感情を作るのが難しかったです。中盤の台本が完成して、余命宣告をされるシーンが出てきてから5~6個もの病が発覚したとき、すごくショックでした。いったいどんな罪を犯してきたら、ここまで病に侵されるんだろう。2個くらいじゃダメですか?と、耐え切れなかったですね。でもそのあとじっくり考えてみたら、このドラマはソン・ムハン、アン・スンジンという人物が、普通の男性や女性が罪を犯したときに返ってくる苦痛を二人として表現したんではないかと思いました。なぜかというと、二人ともこの世の中で抱える痛みが多かったので。これを受け入れるのに時間がかかりました。エンディングまで、辛い恋をするんです。

◆もしご自分がムハンのように余命数ヶ月だと突然宣告されたら何をすると思いますか?(何が一番したいですか?)
キム・ソナ:「女の香り」で演じたヨンジェというキャラクターが賢いと思いました。バケットリストを作って、これまで貯めてきたお金でやりたいことをして、合いたい人にも会って。そういうことをすると思います。でも人って、そういう状況にでもならないとなかなか実行できないですよね。ドラマの撮影が終わってから私なりのバケットリストを作って毎年2つずつは実行しています。例えば、以前のドラマのロケ地に行ってみたりだとか、してみたかったことをしています。簡単ではないですけどね。

◆劇中で一番気に入っているシーンと、その理由を教えてください。
キム・ソナ:最初のお見合いシーンで歌を歌ったシーンは、大きな話題になったんです。台本には文章で書かれているのでどう表現しようかと思って、レコーディングルームで文章を読んでいたのですが、歌ってみようということになり、色んなバージョンを試してみました。その中から選ばれたのが、今のバージョンでした。録音が終わって出て行くと、皆笑ってるんですよ。私は本当に一生懸命歌ったのに。その次は、序盤でのホテルでのシーンです。そのシーンはアドリブがたくさん入っているんです。はじめは肩が挟まるシーンだったのを、肩だとすぐ抜けられると思い、お尻に変えてサイズを計ってから撮影しました。肩よりかはお尻のほうがおもしろいと思ったので。ドラマの序盤は、そういう部分が楽しかったです。それから、歌の歌詞を書き換えて歌う犬とのシーンでも、思いつくままにセリフを喋っていました。7話くらいまでは、ほとんどカットされることなくアドリブシーンが使われていました。気に入っているシーンは、一番最初のプロローグで済州島を二人で歩くシーンなんですけど、それが一度しか撮れないシーンだったんですよ。潮が満ちてしまうので。済州島のホテルでのシーンを撮り終わってすぐ現場へ向かって、2時間ほど待ってから潮が引いたらすぐ感情を作って撮影したシーンだったんです。それから、ミラと踊ったダンシング・クイーン。別の撮影の最中に、メールが来たんです。その曲が流れてるんだけど、今スンジンとミラが踊ってるシーンが浮かんできて、切なくなったと。ラジオから流れてる曲なのに、どうしてそのシーンが浮かんできたのか分からないと。それを聞いて、すごいシーンなんだなと思いました。たくさんの場面がありますが、エンディングでグッド・モーニングと声をかけた時の胸が締め付けられる感情など、ドラマのメッセージを伝えているのだと思います。他愛もない挨拶。でも、それが出来ない時にどれだけゾッとする瞬間なのか。反対に、答えを聞けた時に感じる感謝の気持ち。今日も一生懸命生きていくことで、明日もグッド・モーニングと挨拶できるんだと改めさせてくれるシーンが、とても素敵だと思います。

◆日本のファンの皆さんにメッセージをお願いします。
キム・ソナ:「ロマンスは必然に」という作品を通して、皆さんにお会いできるのはとてもうれしいです。本作は賞をたくさん受賞した作品ですし、生きるということに様々な意味が込められているとても素敵なドラマです。男性、女性という立場を超えてスンジンやムハンの気持ちになってご覧いただければと思います。もし私たちに明日が来なかったらどうしよう、次の日の朝にグッド・モーニングと挨拶が出来るだろうか、などといった考えを持ちながら生きてみてはいかがでしょうか。本当に美しい恋ができると思います。ちょっと不器用な男女の恋物語を楽しみにしてくださいね。今後もたくさんお目にかかりたいと思います。たくさん恋をしてください。絶対観てくださいね。

..


「ロマンスは必然に」
TSUTAYA先行で好評レンタル中
DVD-BOX1&2  2019年10月25日(金)発売


BOX1 \17,500+税  BOX2 \18,000+税
発売・レンタル販売元:PLAN Kエンタテインメント
セル販売元:TCエンタテインメント
※TSUTAYA TVにて先行配信中
© SBS
公式サイト:https://culture-pub.jp/romance/

予告編:https://youtu.be/AAeVYgyYZHw

.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

最近の記事

  1. iKONが2019年10月から12月にかけ全国6カ所12公演を行なったファンミーティングツアー『iK…
  2. TCエンタテインメントでは、「復活」「魔王」脚本家・監督の黄金コンビ最新作で米アカデミー賞受賞作『パ…
  3. オム・テグ主演!イ・グォン監督(『ドアロック』)×ヨン・サンホ監督(『新感染 ファイナル・エクスプレ…
  4. PLAN Kエンタテインメントでは、「浪漫ドクター キム・サブ」の脚本家&「シークレット・ガーデン」…
  5. ユ・ジュンサン主演!お騒がせな5人兄妹たちの日常と家族の絆を描いたハートフル・コメディ! 韓国ドラ…
  6. アニメ専門チャンネル「カートゥーン ネットワーク」を運営するターナージャパン株式会社(本社:東京都千…
  7. ©Khorgos Yijin Co. Ltd “正義”に裏切られたヒロインのタフな復活劇にハマ…
  8. ©SBS Medianet 動画配信サービス「Paravi(パラビ)」では、昨年秋に韓国で放送され…

F.A.E.P.動画

2020/6 台湾バンドnoovyよりメッセージが到着!

ほか F.A.E.P.動画チャンネルはコチラ

F.A.E.P.レポート/インタビュー

  1. 2019-10-14

    宇宙人 (Cosmos People)<F.A.E.P.単独インタビュー>2019年8月25日(日)①

  2. 2020-5-25

    5/31(日) 『LEN Birthday Concert 2020』開催!!
    「 僕の音楽で皆さんの心が少しでも晴れになれたら… 」
    ◆F.A.E.P.おうちインタビュー

  3. 2020-6-6

    ◆F.A.E.P.おうちインタビュー◆
    LEN 初のWEB生配信コンサート終了!
    「その道の先には必ず幸せが待っている。そして未知とは夢でもある。
    その未知の道を皆さんと一緒に歩いていきたい。」

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る