映画「パラダイス・ネクスト」半野喜弘監督
2019年8月23日(金)F.A.E.P.単独インタビュー④

F:シャオエンと牧野の可愛らしい胸キュンなシーンがありましたよね?嘘の中国語を教えるシーン。あれは半野監督のアイデアですか?

半野監督:そうです、僕です。

F:何か、そんなエピソードが実際にあったんですか?

半野監督:無いんですけど、僕もパリに移ってから20年なんですが、やっぱり勘違いしている事ってたくさんあるじゃないですか。それを女の子が男に対してジョークでそれをするっていいなって思って。それと牧野って男が、あいつは嘘ばっかりついてる男なんです。人を傷付ける嘘と傷付けない嘘ってあって、シャオエンに最後まで純真なままでいてもらうにはいいエピソードだったんじゃないかなって思ってます。

© F.A.E.P.

F:もう1つ気になったのがガオが食事の時にウサギの話をしますが、あれもオリジナルですか?

半野監督:オリジナルです。でも僕が考えたんじゃなくって、さっき話した相談役の余さんが考えてくれた話です。何か面白い話、ジョークをしたいと。でも日本人の考えたジョークとは違うと思うから。それで台湾人でおしゃべりなヤクザ。 そんなに高い地位じゃなくて、でも人のいい男だったらどんなジョークを言うかなって。でも周りの仲間は「はいはいはいはい。」ってちょっとうんざりしてるってシーンにしたいんだっていうんで考えてもらったんです。

F:陽気に話しているガオがお金を貸している相手ですかね?彼が入ってきた時の豹変は怖かったですね。

半野監督:そこを余さんと一番話しました。ヤクザの本当の恐怖とは何だって。普段から人を威嚇する人間ってそんなに怖くないんだって、本当に怖いやつってヘラヘラって笑ってたと思ったら、まばたきをした瞬間に違う人格になってるっていうのが怖い、これがヤクザなんだって。だからヤクザは信用しちゃダメだって。それでわざと前半はくだらないジョークを言ってて、それが「ん?」ってなった時には変わるっていうキャラクターにしたんです。

F:ラストに向けてのシーンの山場は車のシーンと海のシーンだったと思うんですが。

半野監督:そうですねぇ。

F:あの車の独白のシーンは妻夫木さんのアドリブも多かったとの事ですが。

半野監督:セリフはほぼ決まってて、要はどの程度「理」を通すか。でも人間ってここの場にいて、この状況で果たして理を通すだろうか、だから理を通っていないってのもある種リアルで必要じゃないかというので、説明するのおかしいよね?だから最終的にどこまで説明する?でも何も全くわからなくても困る・・・っていうギリギリの線があれで、後は妻夫木くんに任せるってなったんですよね。独白をした妻夫木くん、それに凄まじい反射をした豊川さん、本当に素晴らしかった。演技を超えた瞬間でしたし、心から感動しました。

F:「パラダイス・ネクスト」という作品は、考える余白を見た人に与えてもらえる新しいジャンルの映画なんだと改めて思いました。福岡のKBCシネマは1週間しかないんですが、私もやっぱり映画館でもう一度観たいと思いました。

半野監督:是非!映画館で!もう音が全然違うんで!!!

F:改めて「パラダイス・ネクスト」。最後に一言お願いします。

半野監督:映画全編台湾ロケの作品ですが、豊川さんが以前言ってくれたことがすごく象徴的だと思っていて。撮影前の記者会見で「実は僕はこの映画の主人公は僕たちじゃないと思っている。僕は台湾っていう街だったり人だったり空気がこの映画の主役だと思って台湾に来てます。」って仰ってて、僕もまさしく一緒で。台湾の何かを映したかったっていうんですかね。僕たちが作るこの寓話、神話みたいな話を通して台湾の湿度だったり、空気だったり、においだったり、あの熱だったりを映したかった。たまたまこれは夏の映画で、実際に夏に撮影しました。なので劇場で台湾のこの時の夏をこの2人と一緒に体感してもらえたら嬉しいなって思います。だから冬に見るよりも夏に!

© F.A.E.P.

終始丁寧にそして楽しくお話しをしてくれた半野監督。台湾好きの読者が多いサイトであることを伝えると「たぶん、台湾好きな人なら見ててあの台湾の感じだけで結構楽しめると思いますよ。行きたいな!ってなると思うよ。牛肉麺も是非食べに行って!」と笑いながら、台湾観光大使のようでした。

答えを与えられるのではなくて余白を自分で考えて楽しむ・・・いや、でももしかするとその余白の事ですら考えずにただそこに映し出される美しい台湾の風景とそこでの1つのお話、2人の男の人生を見るだけ。それだけの映画であっていいのかなと思える作品です。鑑賞後、ふと映画のワンシーンが蘇ったその瞬間、台湾のにおいがしたような気がしました。

.

●インタビュアー・文:森下 恵美子

●写真:波多江 純一


★プレゼントのお知らせ 

半野監督のサイン入り『パラダイス・ネクスト』の ポスターを、抽選で1名様にプレゼント!

© F.A.E.P.

<応募方法>メルマガよりご応募ください。
◆すでにメルマガ会員の方
メルマガにて応募方法をお知らせします。
ご希望の方は追って必要事情をお書きの上ご応募ください。

◆まだメルマガ会員でない方
こちらから会員登録(無料)をお願いいたします。追って「登録完了メール」にて応募方法をお知らせいたします。

【しめきり】2019年10月5日(土)24時まで

◆応募条件:現在日本在住の方に限ります(Applicant:Must currently reside in Japan.)
◆抽選結果は、発送をもって代えさせていただきます。
◆ご応募でお知らせいただきました個人情報は、本人の同意を得ずに第三者に開示することはありません。


妻夫木聡×豊川悦司W主演映画『パラダイス・ネクスト』絶賛公開中!
台湾が舞台、孤独な男たちの運命が交わるノワール・サスベンス
◆福岡は9月7日(土)より公開!

© 2019 JOINT PICTURES CO.,LTD. AND SHIMENSOKA CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

  Story  

世間から身を隠すように台北で生きる男・島(シマ)(豊川悦司)の前に、突然お調子者で馴れ馴れしい男・牧野(マキノ)(妻夫木聡)が現れる。牧野は初めて会う島の名前を知っており、島が台湾にやって来るきっかけになった“ある事件”のことを知っていると言う。 その牧野が何者かに命を狙われていることを知った島は、追手から逃れるため牧野を連れて台北から花蓮へ向かう。花蓮に辿り着いた二人の前に、シャオエン(ニッキー・シエ)という女性が現れる。この運命の出会いによって、牧野と島の閉ざされた過去が明らかになり、二人の逃避行は楽園を探す旅に変わっていく…。

© 2019 JOINT PICTURES CO.,LTD. AND SHIMENSOKA CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

◆予告編

.
  CAST  
牧野:妻夫木聡
島:豊川悦司
シンルー/シャオエン:ニッキー・シエ
346:カイザー・チュアン
ガオ:マイケル・ホアン
加藤:大鷹明良

  STAFF  
監督・脚本・音楽:半野喜弘
プロデューサー:小坂史子 、 劉嘉明
企画:黃詩珊
製作顧問:余為彥
脚本:余為彥 、 游善鈞
音楽:坂本龍一
撮影:池田直矢
照明:陳志軒
録音:周震
美術:蕭仁傑
衣装・ヘアメイク:施筱柔
編集:坂東直哉

原題:PARADAIS NEXT(亡命之途)


製作年:2019年
製作国:日本・台湾
上映時間:100分
配給:ハーク
© 2019 JOINT PICTURES CO.,LTD. AND SHIMENSOKA CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

映画公式サイト:http://hark3.com/paradisenext/

7/27(土)より絶賛上映中!全国順次ロードショー!
【福岡】
★KBCシネマ:9/7(土)~9/13(金)
★小倉コロナシネマワールド:9/13(金) ~

.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

最近の記事

  1. 史上最大級のスケールで開催! 世界中の音楽ファンが大熱狂のフィナーレ! 100%韓国エンター…
  2. K-POPと大韓民国の国技であるテコンドーを全世界中に広めるため音楽や演技をはじめ、幅広く活動し…
  3. Licensed by KBS Media Ltd.Ⓒ2018 KBS. All rights re…
  4. 「百想(ペクサン)芸術大賞2019」2冠達成! TVドラマ部門大賞キム・ヘジャ 助演女優賞イ・ジ…
  5. 12月4日(水)発売のiKON最新ライブ映像作品『iKON JAPAN TOUR 2019』が、12…
  6. 2020年4月2日(木)・3日(金)大阪/Zepp Osaka Bayside 4月5日(日)・6…
  7. 韓国俳優でアーティストのJohn-Hoon(キム・ジョンフン)がデビュー20周年と1月20日の誕生日…
  8. ――本作への出演の決め手を教えてください。 脚本を読みながら、現実に映像で表現できるかを重…

F.A.E.P.レポート/インタビュー

  1. 2019-4-16

    noovy <F.A.E.P.単独インタビュー>2019年3月22日(金)

  2. 2019-5-14

    Niiisan’s ミニライブツアー2019
    2019年4月7日(日)都久志会館 F.A.E.P.レポート①

  3. 2019-4-1

    『NCT 127 1st Tour ‘NEO CITY : JAPAN – The Origin’』 3/17(日)福岡サンパレス ≪F.A.E.P.レポート≫

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る