『IDEA 1st MINI LIVE TOUR ~Stand Alone Complex~』
2019年6月15日(土)【福岡】天神:ROOMS F.A.E.P.レポート①

6月15日、前日から降り続く雨。ライブの会場「ROOMS」の入り口は2階になっていて、その階段にはツアーグッズを身に付けた、たくさんのファンが並んでいます。その表情がどこか緊張をしているようにも見えるのは今日が彼らのスタートとなる大事なライブだからかもしれません。福岡はもともとの開催地ではなかったのですが、嬉しいことに追加公演の地として選んでいただけました。
会場の照明が暗くなりモニターに映し出される映像。そこには今年ソロアーティストとしてのスタートを切ったソニが映し出され『IDEA 1st MINI LIVE TOUR ~Stand Alone Complex~』がスタート。そしてソニと共にテフンも登場し客席から大きな歓声があがり、改めて「IDEA」としての2人が福岡のステージに戻ってきた事を感じます。
.
♪「IDEA」

© F.A.E.P.

衣装も雰囲気も表情も、そしてファンのあおり方も今までとは少し違うソニとテフンがまずは1曲披露。
「楽しんでますか!福岡のみなさんただいま!!」というソニに大きな声で「おかえり!」と返事が返ってきます。

ソニ:「Stand Alone Complex」福岡まで来る事ができました。ありがとうございます!今回のツアーは東名阪だけで企画したんですけど、福岡に是非来てくださいって声が多かったし、こんなにたくさん集まってくれたので安心しました。そういう意味で乾杯しましょう?まあ、ビールが一番おいしい2時(1部のスタート時間)ですよね?

© F.A.E.P.

ソニもテフンも缶ビールを開けるとファンと一緒に初ライブを祝って乾杯。一口ビールを喉に流し込んだソニが「あ、IDEA Projectのナロです・・・あっ!」と、つい以前の名前で挨拶をしてしまいファンから「ソニ!」「ソニさん!!」と笑いながら注意をされてしまいます。

ソニ:・・・って間違えちゃいけないんだよ!
テフン:そうそうそうそう。
ソニ:はい、IDEA Projectのソニです。
テフン:IDEA Projectのテフンです。よろしくお願いします。

© F.A.E.P.

♪「Drug Holic」

改めてソニとテフンのソロアーティストとしての世界観を感じるような、そんな2曲目でした。いい意味でCODE-Vの時代の2人を大きく裏切るような、そんな印象を強く受けました。

♪「No Pain」(テフンソロ)

© F.A.E.P.

歌いだす前にニヤッといつもの笑顔を見せた表情に思わずドキリとさせれます。ソロアルバム『19』を発売したのが2017年9月。あれからまだ2年弱、あの時にも大人になったと思ったのですが、またあれから大きく進化したように思います。
それなのに話し出すと、どこかまだ無邪気さを残しているのが彼の魅力のひとつです。

テフン:(盛り上がりが収まらない客席を軽く)はいはいはい、こんばんは!今日は初めて僕のソロコーナーから始まりましたが・・・でもそんなに嬉しそうじゃないですね?え?じゃあ帰りますよ?(帰るフリをする)
じゃあ、次の曲もみなさんがご存知の曲を歌いたいと思います。

♪「Tonight」(テフンソロ)

© F.A.E.P.

曲の間はセクシーな表情で歌詞に合わせて曲席を指差したり挑発的な雰囲気なのに、最後にステージを去るときには照れくさそうに振り返ってお辞儀をしていく後ろ姿が可愛らしいテフン。そんな彼と入れ替わりにステージに戻ってきたソニに、彼の名前を呼ぶ声があちこちから聞こえてきます。その声に「何?」とゆっくりと優しい声で答えるソニ。さすがの大人の余裕を感じます。

♪「Look At Me Now」(ソニソロ)
♪「What is Love」(ソニソロ)

© F.A.E.P.

ソニ:(『What is Love』が韓国語歌詞のため)歌詞聞き取れました?いつか歌詞が公開されたら勉強しながら読んでくださいね?結構深い曲なんで。次の曲は僕のソロ曲の中でもみんなでノレる曲を歌いたいと思います。

♪「SNS」(ソニソロ)

サビ前には印象的なフレーズの繰り返しがあり、歌詞がスッと入ってききます。ソニ自身がタオルを大きく振り、そのリズムにファンが体をあわせていきます。

ソニ:ありがとうございます。SNSについての俺の想い。やりたくないときもやんなきゃいけない!いい所見せなきゃいけない!(笑)そういう、色んなメッセージが入っているんで音源として発表されたら改めて聞いてくださいね。で・・・次の曲なんですが、本当はソロは3曲の予定だったんですけど、一昨日朝起きてから作りました。割とこの曲めっちゃ好きだなって思ってるんです。僕ら3月ぐらいからスタートしてオリジナル曲が本当に1曲もなかったんですけど、毎月少なくても1曲以上増やせるように頑張ってるんですけど、年内までにはもっと増やして2時間ぐらい、もしくはもっと長いライブができるように色んなアイデア出しながら曲書いてるので楽しみにしていてください。

♪「She is」(ソニソロ)

出来たばかりの新曲を福岡で初披露してくれるという贅沢すぎる時間でした。ちょっと口が悪いような表現もちりばめられた歌詞なのに、強がっている男性の溢れるような愛情がギュッと胸を掴まれるような曲で、それがソニの高音のファルセットでさらに切なさを増しているように感じました。

© F.A.E.P.

(レポート②に続く)

.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

  1. 多様な国籍のメンバーで構成された韓国発のボーイズグループNCT 127(読み:エヌシーティー…
  2. 松竹ブロードキャスティング株式会社が運営するCS放送局「衛星劇場」(本社:東京都中央区 代表取締役社…
  3. 「アジアフォーカス・福岡国際映画祭2019」は、皆さまからの多大なるご支援とご協力を賜り、 …
  4. 俳優・歌手などマルチな才能で活躍するアジアプリンス、チャン・グンソクの展示会「COMEON JKS …
  5. 松竹ブロードキャスティング株式会社が運営するCS放送局「衛星劇場」(本社:東京都中央区 代表取締役社…
  6. 100%韓国エンターテインメントチャンネル「Mnet」および、日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「…
  7. 長崎県(本庁:長崎県長崎市、知事:中村法道)、ジェットスター・ジャパン株式会社(本社:千葉県成田市、…
  8. 日本国内及び台湾で交通広告や食関連事業などを展開する株式会社エヌケービー(所在地:東京都千代田区、社…

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る