8/23 U-KISS JAPAN LIVE TOUR 2014~Memories~福岡国際会議場レポート

AAA_0712

8/23福岡国際会議場にて、U-KISSのJAPAN LIVE TOUR 2014~Memories~が開催されました。
この日は福岡の初日という事もあり、楽しみで待ちきれないファンがたくさん詰めかけました。また、翌日の公演も参加するという方も多く、スタンプラリーやリピートチケットの発売なども行われていました。

スヒョン ケビン キソプ イライ フンの5人が白いスーツの衣装で登場。盛り上がる曲からのスタートに客席のボルテージは最初から最高潮で、ピンクのペンライトが大きく揺れます。

♪『Break up』
♪『Bungee Jump』
♪『One of You』

「U-KISSです!」と全員で挨拶をした後「福岡盛り上がって行きましょうか!」とメンバーそれぞれが自己紹介。息をつく暇も与えず、次の曲がスタート。

♪『Baby,Touch Me』
♪『Crazy 4 U』

『Baby,Touch Me』はケビンとイライのデュエット曲。サビの部分の二人が背中合わせに踊るステップが印象的な曲です。『Crazy 4 U』はスヒョンとキソプとフンがしっとりと聴かせてくれる高音のファルセットが心地の良いバラード曲ですが、最後に3人で円陣を組んでハイタッチしている姿が微笑ましく思わず笑顔になってしまいます。

♪『SOMEDAY』
♪『Fall in Love』
♪『Tick Tack』

『Fall in Love』ではステージ後方に、赤い花の飾られたテーブルや赤いソファが現れ、メンバーそれぞれがソファに腰をおろして天を見上げたり、頭を抱えたり、テーブルで手紙を書いて見つめ、悲しげな表情で花に触れたりと、歌っていない時にもまるで映画のワンシーンを見るように曲の世界観の中に引き込まれてしまうようでした。
うって変わって『Tick Tack』では独特な時計の針の様なダンスがシャープで、一気に彼らの表情もクールでセクシーになり客席からも「Tick Tack! Tick Tack!」とかけ声が上がります。

メンバーがステージから去り映像TIMEへ。コミカルなBGMに合わせてメンバーがBOXの中から色々な小道具を出してはおどけてみせます。そして最後に「大ニュース!」という新聞を広げると、新メンバー加入という報告が表示され客席からはこの日一番の大歓声があがります。

ステージには新メンバー:ジュンが登場。いきなりのソロステージに臆する事もなく大胆なダンスパフォーマンスに度肝を抜かれました。そして他のメンバーも真っ赤な衣装で再登場し、6人となっての初シングルを披露。

AAA_1104

♪『LOVE ON U』
♪『FEEL IT』

「皆さん盛り上がってますか!楽しいですか?」との声にファンが大歓声でこたえるとイライがご機嫌で「いいねぇ~!」と応えます。そして6人のメンバーが揃って改めて「僕らはU-KISSです!」と挨拶。
福岡は初めてというジュンが「初めまして、U-KISSの末っ子ジュンです。よろしくおねがいします。」と自己紹介すると、客席からだけでなくメンバーからも「可愛い!」と声があがります。「好きな食べ物は納豆でこの日も2つ食べて来た」と言うと、スヒョンが「納豆食べるといっぱい・・・出るでしょ?」と意地悪な質問、フンとケビンから「スヒョン汚い!そこまで!」と慌ててストップが入ります。

次に特技を聞かれたジュンが「ラップとダンスと歌とビートボックスです。」と言うと、今度は「ラップとダンスと歌は歌手だから当然だよ?」とスヒョンが指摘。客席から「きびしい~、ひど~い。」と言われ「この世界は厳しいんだよ!興味があるから言うんだよ?興味がなかったら言わないよ!」とスヒョンがリーダーらしい発言をすると、ジュンが嬉しそうに抱きついていました。
そしてジュンがビートボックスをカッコ良く披露すると、なぜか他のメンバーにも飛び火しフンとケビンもビートボックスをやらされてしまう事になり、スヒョンの突っ込みのかっこうの餌食になってしまいました。

先ほどの『Baby,Touch Me』をケビンが「とてもセクシーな曲だと思います。「僕に触ってほしい」という歌詞があって、熱い夜を過ごしたいって意味があります。」と説明するとファンからは黄色い声援が。そしてサビの部分をイライと二人でもう一度再現してみせてくれました。「熱い夜はどういう意味?」と突っ込みを入れていたスヒョンが今度はケビンから「スヒョンさんも踊ってみせて。」と無茶ぶりされるも、さすがリーダースヒョン。完璧に、そして少し大げさに踊ってみせ、メンバーも大笑いです。

『Crazy 4 U』についてはキソプから「セットの背景に映っていた砂絵に出てくる6つの星はU-KISSのメンバーでKiss me(ファンの愛称)の皆さんの周りで輝いていて、何があってもいつもそばにいて守っているんです。Kiss me(ファンの愛称)は僕達のモノだから、ずっとそばにいてほしいです。」と説明。フンは「この曲は僕達がKiss me(ファンの愛称)のみんなに恋に落ちて、どんどん落ちてクレイジーになるから、Crazy 4 Uです。簡単で完璧!」とおどけて説明。するとメンバーから冷ややかな表情で見つめられ「さっきのキソプの星の説明の時には盛り上がったのに、最近僕にだけ冷たい!」とフンが抗議。「違うよ、そんな事ないよ・・・大丈夫、ケビンにも同じように冷たいから。」とスヒョンが答えるとケビンが拗ねたような表情を見せました。

さっきまで歌っていた時の空気とは違う、相変わらず仲の良いメンバーのふざけあっている空間がファンにとってはたまらなく、このMCの時間がU-KISSの持ち味のひとつだと改めて実感しました。

♪『Standing Still』
♪『俺の女だ』

2度目の映像TIMEでは、黒い傘をさしたメンバーが入れ替わりながら、大きな木の下へと連れて行ってくれて、その場でプロポーズをされるという、彼女目線のストーリとなっており、ファンは思わず感情移入し映像を見つめてしまっていました。

♪『Spring Rain』
♪『Love Again』
♪『Forbidden Love』

AAA_1334

『Spring Rain』では先ほどの映像を思わせる樹木と共にメンバーが登場し、最後には枯れ木だった樹木に映像で桜が映し出され、満開の桜が散りゆくなかでメンバーの声が響き渡ります。
『Forbidden Love』は韓国語と日本語の歌詞が織り交ぜられた曲で、その歌詞が映像にも映し出されます。とても切ない歌詞と、感情の込もった悲しげで切なげな表情のメンバーに感極まりそうになる1曲で、客席のファンの中にも涙をぬぐっている人も少なくはないようでした。

♪『Nightmare』

メンバーがステージから降りて来て客席の間で歌ってくれるというサプライズ演出があり、会場の盛り上がりはMAXに!会場全体でそれぞれのメンバーがお客さんを煽ったり、メンバー同士すれ違う時に抱き合ったり、ハイタッチをしたり、イライがジュンを捕まえ、何か耳打ちをするとジュンが満面の笑顔を見せていました。

♪『Shape of your heart』

「最後の1曲だけど、みんなが歌ってくれたらアンコールかもよ?」と笑いながらスタート。歌詞の途中で「僕の心を温めるのは 君だよ」という部分を「Kiss me(ファンの愛称)だよ」と置き換えて歌ってくれていました。

アンコールが始まると、ステージの映像にキソプとイライが登場。福岡バージョンになっていて「ラーメン食べにいきたいなぁ~」「でもアンコールは?ファンが待ってるよ?」と二人でじゃれあっている姿が流れます。待っている間でもファンを退屈させない素敵な演出です。

♪『NEVERLAND』

ツアーTシャツに身を包んだメンバーが登場。アンコール1発目も大盛り上がりのハードな1曲でサビでファンの掛け声がかかると、スヒョンからは「弱い!!もっともっと!!」と声があがります。

「アンコールありがとう!みんな元気だねぇ。」とメンバーも大きな笑顔です。
そしてここで武道館と沖縄のLIVEの紹介がありました。武道館LIVEではファンからの投票で曲のリクエストに答えるとの事。また武道館はジュンが初めてという事もあり「(武道館チケットに付属しているCDに収録されている)ユニット曲は初めてだから期待してます。」と言うと「すぐに泣いちゃだめだよ。武道館は神聖な場所だからね。」と先輩達からアドバイスがありました。沖縄LIVEでは終了後にメンバーと触れ合える時間を設けるとの事。また最後はバイバイ会(お見送り)があり「これぐらい近い距離ですよ!」とフンとスヒョンが鼻と鼻がくっつく距離まで顔を近づけると、客席からは悲鳴が上がりました。

最後はイライの掛け声でラストの曲へ。「ちゃんとファンの反応を見てね。」とメンバーから言われたイライが「声が弱い!」と何度も何度も「皆さん、最後の曲行きましょうか!」と繰り返し、最後はなんだかかみ合わないまま曲がスタートするとメンバーは大爆笑。そんな素の笑顔のままラストの1曲はメンバーも客席も幸せな雰囲気に包まれたまま過ぎていきました。

2時間のステージは本当にカッコよく、可愛い表情かと思えば時にはバラードを切なく歌い上げ、MCで思いきり笑わされたり、あっという間に時が過ぎていきました。新メンバー:ジュンはお兄さん達を慕い、またメンバーもしっかりと彼をフォローしながら、歌にダンスにパフォーマンスにと、まさしくパワーアップという言葉がピッタリのU-KISSでした。
(文:森下 恵美子)

◆U-KISS JAPAN LIVE TOUR 2014~Memories~RETURNS in BUDOKAN
9月12日(金) 日本武道館(東京)

◆U-KISSオフィシャルサイト ⇒ http://u-kiss.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

  1. 既にチケットSOLD OUTとなっている11月5日(日)ファンミーティング「2017 PARK SH…
  2. 韓国大人気オーディション番組「プロデュース101」シーズン2で人気を集めた高田健太、キム・ヨングク、…
  3. 東方神起が山手線をジャック!!またまた東方神起から新しい話題が届いた。 10月25日、…
  4. 東方神起が『ミュージックステーション』に戻ってきた!! 本日10月13日(金)放送のテレビ朝日…
  5. 現在、全国18都市39公演8万8,000人動員の"トーク&ライブ"ソロホールツアー【…
  6. ラウンドワンは、2017年10月17日(火)よりラウンドワンのカラオケ・ボウリングにおいて、BIGB…
  7. 韓国Mnet TVにて2017年4⽉-6⽉に放送され、韓国・⽇本のみならず世界中で⼀⼤ムーブメントを…
  8. 株式会社デジタルアドベンチャー(本社:東京都港区、代表取締役:チェ・グァンヨン)は、 自社テレビ…
  9. ©KING RECORD ドラマ『アントラージュ~スターの華麗なる人生~』『恋はチーズ・イン・ザ・…
  10. 100%韓国エンターテインメントチャンネル「Mnet」および、日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「…

韓国:安東(アンドン)から・・・

  1. 仮面舞フェスタと同時開催で9月29日~10月8日まで開催される「安東民俗祝祭」。今年で46回と昨年で…

◆九州まるまる情報

東日本大震災復興支援

Pray for JAPAN

ページ上部へ戻る