Niiisan’s ミニライブツアー2019
2019年4月7日(日)都久志会館 F.A.E.P.レポート①

© F.A.E.P.

昨年末、CODE-Vが解散して初めての来福となったNiiisan’s。会場には今までと同じのようで、でもどこかいつもとは違う空気がほんの少し漂っているような、そんな雰囲気でした。それでも彼らの再出発を応援したいと福岡はもちろん九州各地、そして東京や大阪からも多くのファンが集まりました。

会場内に客席のファンを煽るように彼らの声で流れるオープニングナレーション。新しいタオルと新しいペンライトでファンが応えます。薄暗い照明の中に3人のシルエット。そしてNiiisan’sの初めての福岡でのソロライブが始まりました。

♪「Lovepresso」

© F.A.E.P.

「福岡のみんな!一緒に歌えますか!」とソルの満面の笑顔。以前とは違ってセンターにソル、その後ろにギターを抱えたルイとキーボードを弾くサンウ。今までと違って少し大人の雰囲気がします。最後は「あの~一緒にモツ鍋食べない?」とソルのアドリブも飛び出します。

♪「Loving you,Love me」

CODE-Vの曲をNiiisan’s風にアレンジ。本当はしっかりとダンスもできるのに、あえて踊らずにリズムに体をゆだねて揺れているだけの3人が贅沢な演出で、そして少しセクシーに見えます。サビの部分では体が覚えているのか自然にダンスするソルのお尻のあたりでペンライトが可愛らしく跳ねています。そして最後はちゃんと3人でポーズでキメてくれます。

© F.A.E.P.

「皆さん!ただいま!!」と大きな声で挨拶すると客席から「おかえり!」とさらに大きな声が返ってきます。
「思ったより早く帰ってきたでしょ?」「誰もこんなに早く帰ってくると思わなかったよね?」と客席に向かってほほ笑む3人。

ルイ:福岡はこの会場で何回もやったじゃない?だからやっと帰ってきたって感じじゃない?
ソル:僕らも4か月ぶりに福岡に来ることになってすごくドキドキしながら来たんですけど。昨日福岡に着いたらもう桜は終わってますよって聞いて、寂しいな、福岡じゃ桜は見れないんだーってがっかりしてたら・・・全部ここに(客席のファンをみつめて)いました!
ルイ:いつも騙されちゃうけど、本当にキュンとすること言うよね?
サンウ:僕は福岡についたらまず最初に思い出すのは福岡のファンの皆さんなんですけど、2つ目はやっぱりラーメンなんですよ!僕さんざんラーメン食べたい!食べたい!って言ったのに昨日2人にスルーされたんですよ!だから僕拗ねちゃって食べなかったんですよ!バナナですませました!!
ルイ:夜にね?ラーメンを食べるのは胃に負担かけるからね?
ソル:おっさんになったね。
サンウ:胃もたれね?

© F.A.E.P.

自己紹介ではソルがマンネだという話になったのですがサンウから「ソルが末っ子ってなんかちょっと嫌な感じですよね?最近頭もクルクルになって韓国のおばさんみたいになって。」と言い出すとルイも「韓国で一番流行ってるおばさんパーマです。」と乗っかります。

© F.A.E.P.

ソル:今回パーマかけたんですけど、今の!この!セッティングを想像してやったんですけど、普段ね、自分でやると本当に韓国のおばさんみたいになっちゃんですよ!どうしようかと思ったんだけど今日はプロのヘアメイクさんにやってもらったので俳優みたいでしょ?
サンウ:昨日と今日は大違いだからね!昨日空港で会ったときガタイのいい韓国のおばさんがいるなと思ったんですよ!

相変わらずの流暢な日本語でのMCで会場をさらに温めます。

♪「Good day」

© F.A.E.P.

3人のソロパートのハイトーンの歌声が会場に響きメンバー全員の歌唱力のスペックの高さを改めて思い出させてくれるような1曲です。Niiisan’sのオリジナル曲ですが今回アレンジを加えてきたそうです。

サンウ:正直久々の福岡だから心配してたじゃないですか?ちゃんと皆さんが僕たちのノリノリに付いてこれるかな?って。でも全然心配する必要なかったね!結構みんなお尻をふりながら、楽しんでたね?
ルイ:何となくお尻を振れば動きが良くなるんですよ。
サンウ:お尻をまず振るじゃないですか?そしてもう少し骨盤を使うといいよ!
ソル:サンウが変になってますね!でもNiiisan’sのライブってね、変になってもいいと思いますよ?

ファンのノリの良さに嬉しそうな3人。話をしている間もルイがずっとギターを鳴らしているがBGMになっています。

♪「プライマル」(ORIGINAL LOVEカヴァー)

© F.A.E.P.

CODE-V時代にもカヴァーアルバムを発売したことがありましたが、今回も本人達も「平成」の時代の名曲を選んだと、今の最新曲ではなくこの曲を選んだ事が彼ららしさを感じます。

「この曲を知ってたって人いますか?あー、結構いますね?ということは、ちょっと年ですよーって事ですよね?」意地悪そうに笑うソルに客席から笑い声があがります。

ソル:冗談!冗談!冗談ですよ?そうじゃなくて音楽に詳しいですよって事ですよね?
サンウ:もう遅いよ!
ソル:遅いですか?(笑)この曲ね、僕らが色んな日本の曲を聴いてみてすごくいい曲でNiiisan’sでバージョンでこの3人で歌ったらいいじゃなかなって思ってカヴァーしてみました。いかがでしたか?ここでもう1曲懐かしいなって思える曲を準備してきました!この曲は時代的には・・・みんな知ってると思います!
サンウ:時代の話はもういいよ!
ルイ:これは絶対若い子も知ってる曲だよ。
ソル:この曲は雰囲気を切り替えてみんなで手拍子して楽しみたいと思います!

♪「AUTOMATIC」(宇多田ヒカルカヴァー)

© F.A.E.P.

思い切ったアレンジとまさかの女性曲のカヴァーで歌いだし数秒は『AUTOMATIC』と気づかなかったファンも多かった様子です。どんな曲でもNiiisan’s風にアレンジして自分たちのものにしようとしているところと、その音楽を自分たちが一番楽しんでいるのが見ていて伝わります。

♪「TITANIC」
♪「GIRIGIRI LOVE」

サンウが大きく腕を伸ばして客席を煽ると客席も大きくスウィング。途中サンウも前に出てきてソルと一緒に
ジャンプ。ルイはギターのコードがあるためあまり大きくは動けないものの、それでもステージを右から左へと移動したり、体を左右に動かして音楽にのります。

© F.A.E.P.

ソル:今日すごく楽しすぎて。僕らもテンションが上がって踊ってもないのにめっちゃ疲れちゃって。
ルイ:これ踊ってるよりキツイかも。
ソル:でもね、これじゃまだちょっと短いですよね?まだNiiisan’sの曲がもうちょっと聞きたいよって人?

もちろん客席からは大きな拍手があがります。この声に応えてソルのギターで3人のアコースティックコーナーをプレゼントしてくれることに。

© F.A.E.P.

(レポート②に続く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

最近の記事

  1. ~「淡水」「野柳」など人気観光地を結ぶ1日乗車券に加え、台北MRT・バス、アクティビティまで利用でき…
  2. 11/15~11/24 終日開催 日本最大級※1のオイスターバーチェーンである株式会社ゼネ…
  3. 本日11月11日(月)、入隊前最後のサプライズプレゼントとして2020年1月9日(木)東京・中野サン…
  4. 応募期間:2019年11月11日(月)~12月8日(日) 株式会社エフ・ディ・シィ・プロダクツ…
  5. 2019年11月15日(金)~12月25日(水) ※11/14、21、27、28、12/4、5、11…
  6. ロゴ ©Disney メインイメージ ©Disney JR九州は、11月22日(…
  7. 株式会社OTOGINO(オトギノ:代表取締役社長 鬼武公洋 本社 大分県日田市北友田 2 丁目 …
  8. キャビアとトリュフを贅沢に堪能するラグジュアルな夜 ANAクラウンプラザホテル福岡(福岡市博多…

F.A.E.P.レポート/インタビュー

  1. 2018-12-28

    【CODE-V 大感謝特典会〜ありがとう〜】2018/12/16(日)福岡タワーホール
    F.A.E.P.レポート

  2. 2019-5-14

    Niiisan’s <F.A.E.P.単独インタビュー>2019年4月7日(日)➀

  3. 2019-4-1

    『NCT 127 1st Tour ‘NEO CITY : JAPAN – The Origin’』 3/17(日)福岡サンパレス ≪F.A.E.P.レポート≫

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る