ソン・シギョン <F.A.E.P.単独インタビュー>2019年4月9日(火)


© F.A.E.P.

2019韓国文化観光大展のために来福していたソン・シギョンさん。忙しいお時間の合間にお話しをお伺いすることができました。

F.A.E.P.(以下F):お忙しい所いつもお時間をいただいてありがとうございます。
シギョン:全然忙しくないですよ。
F:ありがとうございます。今回で4回目のインタビューとなるのですが、2回目のインタビューがちょうど1年前の4月10日で、この桜の時期にまたお話が聞けて光栄です。去年は桜が散ってしまうのが早かったのですが今年は遅咲きで、昨日福岡で川沿いを散歩したと話していましたが、福岡でも桜を見ていただくことができたんじゃないでしょうか?
シギョン:今、東京が満開ですよね?でも正直僕は男ですので、花には興味がなかったんですよね。でも年をとって美しさから色々と考えさせられますよね?一瞬満開になって散るのが悲しいって。そういう気持ちは分かるようになりましたね。でも昔は花見しに行こうとかは全然。バラード歌手だし感受性はあるとは思うんですけど、花には興味なかったんですよねぇ。
F:花は咲いているより散っている方が好きですか?
シギョン:だってそれがポイントでしょ?


© F.A.E.P.

F:昨日は司会の古家さんとお食事に行かれたみたいですね?ファンの皆さんは何を食べたのか興味津々でしたが。
シギョン:昨日は居酒屋さんでした。結構高級な感じのお店で色んな日本酒の種類があって純米も大吟醸も全部480円。さんざん飲んだんですけどね?今日は歌う予定がなかったから(笑)。やっぱりサバとかですよね?イカも美味しいですよね?刺身も天ぷらも美味しかったですね。さっぱりして高級な感じでたまにはそういうのも良いですよね。でも、初日は一人で歩いてすごい渋い店に行きました。
F:あ!昨日のステージで話されていましたね?
(前日のステージで、一人でお店に入って店員さんから日本語が話せると分かって、別のお客さんの韓国人カップルの通訳を頼まれたというエピソードを話していました)
シギョン:あ、昨日見てました?そうなんですよ。
F:あれは、韓国人のカップルはシギョンさんだと気が付いていたんですか?
シギョン:違うんですよ。入った瞬間こっちに韓国人のカップルが座ってたんです。それで「あ!ソン・シギョンだ!」って形になったんですよ。僕は「どうしよう…」って。そして空いている座席がカウンターに1つしかなかったんです。でも入っちゃったし、出るのもなんだし、だから座っちゃったんですよ。そしたらマスターが「日本語しゃべれます?」って、だから「大丈夫ですよ、日本語のメニューで大丈夫です。」て言ったら「あー良かった!ちょっと通訳してください。」って。結局最後にサインしてあげたんですけどね?
F:そうなんですね(笑)
シギョン:福岡は韓国人が多いんですよ。隣には京都から出張してきた女性2人が来ていて、話して楽しかったですよ。


© F.A.E.P.

F:本当に1人で行くんですね?お店はインスピレーションで入るんですか?
シギョン:僕はNEVERとか韓国のポータルサイトは使わないです。それは、韓国人がいいですよってお店には必ず韓国人がいるから。だから僕はGoogleマップとかで距離順番で居酒屋って検索して外国人の評判とか見て決めるんですよ。
F:で、今回はそれで検索して入ったら韓国人がいたんですね?
シギョン:いやーもう福岡は韓国人だらけですもん。(シギョンさん自身のスマホでお店の写真を出して)見てください!いい雰囲気でしょ?なんでもあって。これが面白かったのが「ニラの卵とじ」なんですけどね、食べかけ?って(笑)量もこれだけ?って感じでお皿に乗ってきて、これ売ってる品物?って。でも味付けは絶妙、いい塩梅で好きでしたね。こういう店あるじゃないですか?赤ウィンナーとか出てきて愛情が感じられて家庭的で。こういう店が好きですよ。そして一人で・・・まぁ、たばこは体に悪いですけどね?だけどたまにはお酒を飲みながらね?韓国ではどこでも禁煙になってるから、こういうところで1本吸うのも楽しみですよね?

© F.A.E.P.

F:今年もNHKの韓国語講座を続投されると聞きました。早速1回目の放送がありましたが、シギョンさんはまだ出てこないんですね?
シギョン:あ?そうなんですね?予定に関してはよく分かってなくて。
F:2回目に初登場で『僕に来る道』の弾き語りだと聞きました。
シギョン:あーーそれですね。ちょっと失敗だったんだけど・・・。
F:どういったコーナーになるんですか?
シギョン:まぁ、前回のソジェトークの引き続きというか、韓国人の僕が教えられる事をもうちょっとディープな感じになりそうですね。それでたまに弾き語りが入ったり。
F:それで初回が弾き語りってことですね?
シギョン:そうですね・・・。急に不安になってきました。
F:明日が放送なので楽しみです。


© F.A.E.P.

F:この1年でシギョンさんは日本語能力試験の最高難度「N1」に合格されましたね?もう日本語の標準語はきっと大丈夫だろうと思ったので、福岡の博多言葉の本を持ってきました。
シギョン:えー!方言ですか?そこまでやる必要あるかなぁ。標準語もまだまだなのに(笑)


F:まぁ、読み物として面白いかと。でも少し古い本なので私達も使わないような言葉も多いんですよね。
シギョン:全部読むのに1年ぐらいかかりそうですね。(本をめくりながら)「あがしこ」・・・「あれほど」って意味ですか。絶対無理ですよ!レベルを合わせてくださいよ!
F:でも、いつかきっと。
シギョン:来世ですかねぇ・・・。(さらにページをめくって)「旅行中の写真ば、うんとこおくってつかぁーさい」。
F:「してください」の意味ですね。
シギョン:難しいです・・・。気持ちだけ受け取っておきます。
F:はい。では気持ちだけ(笑)


© F.A.E.P.

F:今回1つ私からシギョンさんに相談がありまして。
シギョン:何でしょう?
F:色んな方にインタビューをさせて頂いているんですが、まだ自信を持てなくて。
シギョン:なんでですか?
F:そうですねぇ。経験不足かなと。それで韓国ではラジオ番組やテレビ番組でMCなどをされてゲストの話を聞く側の事も多いシギョンさんに、どのようにしているか聞いてみたかったんです。
シギョン:まぁ、聞き上手になるかしゃべり上手になるかですよね?それも塩梅がやっぱり、どれぐらいなのかですよね?相手がもうちょっと話そうとするときは耳を傾けて。そして進行をさせる必要があるときは進めて。でもそれは自信とか経験よりは人間への愛情というか好奇心が基本ですよね?これが仕事だったらすごく疲れるしつまんないし。それがソン・シギョンの事知りたいなって気持ちならすんなり進めるんじゃないかと。でも、結局仕事ですけどね?(笑)あんまり好きじゃない人もインタビューしなきゃいけないこともあるかもしれないし。僕もラジオをしている時に好きじゃない人がゲストで来るじゃないですか。その時は僕は僕じゃなく、僕のリスナーさんのためのアバターみたいな存在になって、一体僕のリスナーさんは何が聞きたいのか、それに集中するといいですし、本当に僕が好きな人だったらそのまま集中すればいいし、それだと思いますよ。そして全然インタビュー問題ないですよ?なんでそんなに自信ないのかな?


© F.A.E.P.

F:ありがとうございます。初めてお会いする方の事はしっかり下調べしていく方がいいのか?ほどほどにしておいたほうがいいのか?どっちでしょうか?
シギョン:勉強はちゃんとやった方がいいですね。インタビューの時は礼儀ですよね?僕はラジオの時そうではなかったですけどね?その場の雰囲気でって(笑)でもこういうインタビューの場合は相手が歌手だったら少なくともアルバムとかは聞かないとね?だって歌手が一番好きなのはきちんとアルバムを聞いて文句でも誉め言葉でもいいから何か言ってくれるならいいんですけどね?たまに「忙しくてタイトル曲しか聞けなかったんですけど、どういう曲ですか?説明してくれますか?」っていう人もいるから、そういうのじゃなければいいですよ。それぐらいは用意して行ったほうがいいと思います。
F:はい!勉強になりました。
シギョン:なんだか偉そうにすみません。
F:いいえ!ありがとうございました!


© F.A.E.P.

F:今回は観光のイベントで来て頂いて、今まではリリースイベントやライブだったので何だか観光の話などをされているシギョンさんを見るのは不思議な感じがしました。
シギョン:そうですね、韓国ではありえないかもしれません。でも僕はここでは新人ですから。僕はどうしても、僕を知らない人とか僕を初めて見る人の前で歌わせてもらうのが目標だから。それが20人であれ30人であれそういうチャンスがほしかったんですよね。そして韓国に来てくださいって韓国人として意味のあるイベントだと思うし。初めて僕の事を見る人がいるはずだしね。
F:先ほどの握手会で驚いたんですけど、ファンとの間のテーブルを外させましたよね?
シギョン:すごく不便ですよ、お互いにね。まぁ信頼があるから、だって攻めてくるわけじゃないから。
F:そうですね(笑)
シギョン:そして僕の握手会は時間が長くなるんですよね。僕が日本語をしゃべれるから。そして先方も韓国語を頑張ってるし、だから何か韓国語で言おうとしてくれるから。
F:なるほど、わかります!
シギョン:でもやっぱりお互い発音が完璧じゃないから聞き取れなくって。それで、「え?なんですか?」って。それで時間がかかってしまうけれど嬉しいし、なんか「可愛い」って言ってもいいかな。お互いにそうじゃないですか?僕の日本語も完璧じゃないし。普通の日本語を話せないアイドルならハイタッチとかで終わるのかもしれないけど、僕はそうじゃないからね。
F:すごく信頼度が高いんだなと思いました。
シギョン:アイドルじゃない人は握手会ってあんまりしないでしょ?でも僕はアイドルでもないし握手会をしないアーティストでもないし、その中間だから。


© F.A.E.P.

F:現在韓国でコンサートツアーの真っ最中で、5日6日がテグ、そして福岡でのイベントを挟んで12日13日はテジョンでのコンサートですね?
シギョン:死にそうです。
F:かなりハードなスケジュールになっているようですが、日本からも多くのファンの方が参加しているようですね?
シギョン:それが不思議ですよ!ありがたいですけどチケットを手に入れるのは韓国人でも難しいですよ。たぶん友達とかいてお互いに助けたりしてるんじゃないかな。それは「ピケッティング(피켓팅)」って言うんですよね。「チケッティング(티켓팅)」が血の「ピ(피)」になって。血が滲むほどキーボードを押すって意味でね。だから良かったと思いながら、どうやって手に入れたんだろう?って思いますね。
F:日本では4月21日と26日に大阪と東京でファンミーティングが開催されますね。ちょうどピクチャーチケットがファンの皆さんに届き始めたようですが?
シギョン:あーそうなんですね。
F:日本では5月に元号が変わるんですが、ご存知でしょうか。
シギョン:「令和」ですね。
F:そうですね。なのでこのファンミーティングが平成最後のイベントになるかなと。
シギョン:そうですね、でも僕は韓国人なのでよくわからないんですが、良いビックイベントだなって事は分かりますよ。
F:では「令和」になってからの活動も楽しみなところですね。
シギョン:そうですねぇ。もしかしたらいいお知らせができたらいいなと。とにかく今年のうちにね。練習もしないといけないし大変です。
F:韓国でも新しいバラエティ番組が2つ始まりましたよね?
シギョン:そうですね、週末の地上波の放送なんですけどね。あー最近僕は韓国で「テレビ」「テレビ」って言っちゃって困ってるんです。「あのー」とか「えーっと」とかも言っちゃう。日本語で思わず出ちゃうんですよねぇ。韓国での正しい言い方は「TV」とか「テレビジョン」なんですよねぇ。


© F.A.E.P.

F:2月19日に韓国で公開になった「君のそばなら」はドラマ「王になった男」の劇中歌になっていたそうですね?
シギョン:後で気が付いたんだけど、そもそもそのプロデューサーさんがセリフを大事にする人だから、あまり歌を入れない人だって。全部作ってから聞かされたんですよねぇ。でもですね!僕はそんなに執着しないタイプですよ。僕は頑張って主人公に合う曲を作ってあげて、それはそれでもういいんじゃないかなって。売れるんだったらそれは嬉しいけど、そうじゃなくても作品として悪くはないからって。
F:ドラマの内容を理解した上で曲を合わせてるんですか?
シギョン:もちろんですよ。途中で参加する場合はその前のシナリオも、後の台本ももらって。僕も作詞家さんもこうなるんだって分かりながら作ってますよ。
F:日本だと出演している方が主題歌を歌っている事も多いんですが。
シギョン:へぇ、それってちょっと中国とか台湾っぽいですよね?
F:アイドルの方が主演してることも多いからですね。
シギョン:でも、そうすると僕の仕事がなくなるじゃないですか?(笑)


© F.A.E.P.

F:出演者と別のアーティストの方が担当することもありますが、そういう時って出演者とアーティストの方が親しくなったりすることも多いようですが、韓国ではどうですか?
シギョン:それはいいことだと思いますね、統一性というか視聴者も共感できると思うし。でも韓国のドラマの場合は主題歌が多すぎるんです。昔は音楽プロデューサーがテーマを決めて統一性があったんですよ。でも今はビジネスだから、この人にも歌ってもらって、あの人にも歌ってもらってって。後でOSTを発売するからね。だから多すぎるんですよね。でも日本のドラマは1曲だけでドラマが終わってからリリースしたりとか、そういうのもありかなって思いますよね。だって歌手としては自分の曲をもっと大事にしてくれるっていうのがありがたいから。
F:では、たくさん主題歌を歌っていても出演者との関わりはないんですね?
シギョン:別ですよ。だから僕はいつも面白半分笑わせるために言うんだけど、僕はいつも主人公になって歌っているんだよって。(『シークレットガーデン』の)ハ・ジウォンさんを思いながら、僕は本当にヒョンビンになって。前回は(『星からきたあなた』の)キム・スヒョンになって、(『青い海の伝説』の)イ・ミンホになって、(両ドラマのヒロインの)チョン・ジヒョンさんを想いながら・・・でも会った事はありません(笑)
F:会った事がなかったりするんですね?
シギョン:でもたまに、あとで偶然出会うと「この間は良い曲をありがとうございました!」とかプライベートとかでなったりしますよね。業界が違うので別々ですよ。でも映画とかのプレミアム試写で会ったりすることはあるんですけど、ちょっと気まずいです。


© F.A.E.P.

F:そういえば、イベントで日本のドラマも結構見ていると話していましたが?
シギョン:人間は本当にずるいですよね?僕は能力試験の結果が出る前に神様に祈ったんですよ。合格さえさせてくれれば怠らずに日本語をもっと勉強しますので!ぜひ!って。でも合格してから怠ってます(笑)それで、少なくともこう耳に日本語をって。韓国のプログラムはあんまり見ないんですよ。飲みながら、何かやりながら電源を入れてずっと日本語が流れてるんですよ。でも「相棒」すごく面白いじゃないですか?「ドクターX」とか。
F:「ドクターX」も見てるんですね?
シギョン:大門美智子でしょ?「いたしません」。権威が嫌い。「失敗しないので。」カッコいい女性ですよね?
でも「孤独のグルメ」が最初ですかね。それも勉強ですよね。でも五郎さんのセリフもあんまり使えないんですよね。「いかんいかん。」「一体、俺の腹は何腹なんだ。」って。何腹って何?何腹とか無いでしょ?(笑)
F:確かに、使いどころがないですね。
シギョン:それより原作者の久住昌之さんの話し方が面白いですね。「麦炭酸」とかお酒って言えないから。
F:そういえばシギョンさんのツイッターのビールの写真にもファンのみなさんが「麦ジュース」とか書いてましたね?
シギョン:そうそう、みんなも「孤独のグルメ」のファンだからね。あと、ブドウジュース。
F:ワインですね?(笑)


© F.A.E.P.

F:ファンのみなさんが「おかえりなさい。」って言いたいって書いてあったのが印象的でした。
シギョン:「ただいま」と言ったほうがよかったですね?
F:「いらっしゃい。」ではなく「おかえりなさい。」って言いたいそうです。
シギョン:あったかいですね。
F:そう言えるのがうれしいので、そう言わせてほしいそうです。
シギョン:そういえば「孤独のグルメ」で恵比寿のお店だったっけ。そこで食べてお会計して出る時店員さんが「いってらっしゃい。」って言うって。なんかそういうのあったかいですね。
F:じゃぁ、シギョンさんが福岡、日本に来るときは「おかえりなさい。」で、行かれるときは「いってらっしゃい。」でいいですよね?
シギョン:はい。ファンミーティングもすぐですからね。
F:では福岡で「おかえりなさい。」と言える日を楽しみにしています。今日はありがとうございました。
シギョン:ありがとうございました。

© F.A.E.P.

今回はプライベートな話をたくさんしてくれたシギョンさん。本人の仰る通り何でも正直に話してくださったり、また自分のスマートフォンの中を見せてくれたりと、韓国でのシギョンさんの活躍を考えると本当に気さくで驚かされる事が多々あります。ファンとの関係性にしても、信頼をしてくれるという懐の大きさなのかなと思います。そんな中ファンから「おかえりなさい。」と言われる事を「あたたかい」と言ったシギョンさんの表情がとても嬉しそうだったのも印象的でした。今後も「おかえりなさい。」と「ただいま。」が交わされる日がたくさんあると良いなと思いました。

.

【SUNG SI KYUNG OFFICIAL WEBSITE】http://sungsikyung.jp/
【SUNG SI KYUNG OFFICIAL Twitter】https://twitter.com/Sungsikyung_JP

★「2019韓国文化観光大展~新韓流が福岡に大集結!~」
ソン・シギョン ライブ&トークショー
2019年4月8日(月)-9日(火)JR九州ホール F.A.E.P.レポート

.

●インタビュー・文:森下 恵美子

●写真:波多江 純一


★プレゼントのお知らせ 

ソン・シギョンのサイン色紙を、抽選で1名様にプレゼント!

© F.A.E.P.

<応募方法>メルマガまたはTwitter、Facebookよりご応募ください。

◆すでにメルマガ会員の方
メルマガにて応募方法をお知らせします。
ご希望の方は追って必要事情をお書きの上ご応募ください。

◆すでにTwitterフォロワーの方
下記の指定のツィートをリツィート&#先の見えないDietTT」と明記ください。
指定ツィート:ここをクリック!

◆すでにFacebookフォロワーの方
下記の指定の投稿をシェア&#先の見えないDietTT」とコメントを残してください。
指定投稿:ここをクリック!

◆まだメルマガ会員でない方
こちらから会員登録(無料)をお願いいたします。追って「登録完了メール」にて応募方法をお知らせいたします。

◆まだTwitterフォロワーでない方
F.A.E.P.のTwitterアカウントをフォローし、
指定のツイートをリツイート&「#先の見えないDietTT」と明記ください。

◆まだFacebookフォロワーでない方
F.A.E.P.のFacebookアカウントをフォローし、
上記の指定の投稿をシェア&「#先の見えないDietTT」とコメントを残してください。

【しめきり】2019年5月25日(土)24時まで。

◆応募条件:現在日本在住の方に限ります(Applicant:Must currently reside in Japan.)
◆メルマガ・Twitter、Facebook、全てからの応募も可能です
◆抽選結果は、
○メルマガ会員様はご登録メールアドレスへのメール送信
○Twitter、Facebookから応募してくださった方には、メッセージの送信
◆ご応募でお知らせいただきました個人情報は、本人の同意を得ずに第三者に開示することはありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

F.A.E.P.より九州の味プレゼント

  1. 2019-9-24

    “地産全消”で地域の美味しさを全国に
    季節限定「野菜生活100 日田梨ミックス」 新発売 ~大分県産日田梨を使用~
    【12本セットを2名様にプレゼント!】

    “地産全消”で地域の美味しさを全国に 季節限定「野菜生活100 日田梨ミックス」 新発売 ~大分…

Select your favorite language

最近の記事

  1. BIGBANG、iKON、BLACKPINKら多くの実力派アーティストが所属するYG ENTERTA…
  2. ツアーを開催してきた地域で一番印象に残っていることは?ということで、今回会場がアリーナとホールの会場…
  3. ここでさらにMINOよりお世話になってきた方々への感謝の気持ちが述べられるも、感極まってしゃがみ込ん…
  4. © F.A.E.P. 福岡での初ライブ直前に単独インタビューのお時間を頂きました。入口にできた開場…
  5. 方Q(ファンキュー / Bass) 、小玉(シャオユー / Vocal & Keyboard…
  6. F: 日本語でのセルフカバーアルバムも出していますが、日本語はどうやって勉強しているのですか? 小…
  7. © F.A.E.P. 「福岡、まだみんなに届けたい曲があります。この歌は夏の恋の歌です…」と阿奎の…
  8. © F.A.E.P. ♪『一起去跑步』(一緒に走ろう) 時間が経過するごとにカッコよさ、セク…

F.A.E.P.レポート/インタビュー

  1. 2019-9-14

    再来一碗!「パラダイス・ネクスト」①

  2. 2019-5-25

    『OH MY GIRL JAPAN OFFICIAL FANCLUB 1st ファンミーティングツアー2019』2019年5月6日(月・祝)ももち文化センター大ホール F.A.E.P.レポート①

  3. 2019-7-23

    『KEVIN FIRST TOUR 2019~COME ALIVE~』 7/21(日)DRUM Be-1
    ≪F.A.E.P.クイックレポート≫

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る