「2019韓国文化観光大展~新韓流が福岡に大集結!~」
ソン・シギョン ライブ&トークショー
2019年4月8日(月)-9日(火)JR九州ホール F.A.E.P.レポート

九州福岡で新韓流(シンハンリュウ)コンテンツを体感できるイベント『2019韓国文化観光大展』が、4月7日(日)~9日(火)の3日間、韓国 文化体育観光部、韓国観光公社福岡支社の主催によりJR博多駅前広場・JR九州ホールにて開催。


© F.A.E.P.

“新韓流”とは、K-POP・美容・食など、近年注目されている韓流コンテンツの総称です。
最新の韓国観光情報をはじめ、美容・食・文化等の体験コーナーや、K-POPライブ、トークショー等ステージを通して新たな韓国の魅力について知ることができる今回のイベント。こちらのレポートでは、その素晴らしい功績と実力から“バラードの皇帝”“鼓膜彼氏”と数々の異名を持つ、ソン・シギョンのライブ&トークショーの模様をお伝えいたします。

© F.A.E.P.

4/8 (月) は600名様限定招待の“新韓流スペシャルナイト”。ノンバーバルパフォーマンス「FANTASTICK(ファンタスティック)」公演 、K-POP歌手:INJUN(インジュン) のライブ&トークショーなどが開催され、いよいよ大取:ソン・シギョンの登場です。

2000年に韓国でデビュー、その後リリースされた楽曲全てが大ヒット、更に彼が関わるOSTも大ヒット、そして俳優としても自国の作品だけでなく、日本の作品にも出演。その人気の高さから、NHKのハングル講座では昨年に引き続き今期も出演決定。そして日本での音楽活動に力を入れているだけでなく、なんと日本語能力検定1級に合格という努力家の一面も知らしめ、その堪能な日本語力は一度味わえばクセになるほどの楽しいトークを生み出し、素晴らしい歌声と共に増々多くの人々を魅了し続けています。

MCの古家さんの呼びかけ、そして客席からの大きな歓声・拍手に迎えられ、日本2ndアルバムのタイトル曲『君がいるよ』と共にシギョンが登場。

♪『君がいるよ』

© F.A.E.P.

名曲『ハナミズキ』の作家:マシコタツロウ氏の書き下ろし作品であるこの曲に、シギョンの優しく力強い感情豊かな歌声が重なり、見事な曲の世界観に引き込まれずにはいられません。

「ソン・シギョンは韓国の宝です!」等、大絶賛しまくる古家さん。
シギョン:歌手というのは俳優と似ていて、曲に入り込んで歌います。今まだ僕は(曲の)別れたばかりの感情でいるのに、古家さんが「いやー!本当にすごい!!」・・・と。(笑)

曲の心情のまだ切なさ溢れている自分に、容赦なく絶賛の言葉をかける古家さんを冗談交じりで攻めるシギョン。二人のなんとも言えない面白い絡みが、さっそく会場を盛り上げます。

© F.A.E.P.

ステージにはスタンドチェアが用意され、どちらが先に座るか譲り合う二人。「まずは皇太子(シギョン)からお座りください!」と勧める古家さんの言葉でトークがスタート。
「久しぶりの福岡ですが、暖かくて食べ物も美味しくて、良い所ですよねぇ。」と、昨日から福岡に滞在し、さっそく夜の街で気になったお店へふらっと入ってお酒も飲んだというシギョン。その際になんと突然、店の従業員より「韓国人の他のお客様へ韓国語の通訳をして欲しい!」と頼まれるハプニングが発生。超がつくほど国民的大物歌手のシギョンが一般の方へ通訳をするという、普通ならばまず有り得ない驚愕のシチュエーションが成立したその出来事に、客席も古家さんも大爆笑。「日本語もしゃべっていたし、「自分は有名な歌手だから(通訳は)いたしません」とは言えませんよ・・・」という言葉が更に笑いを誘いました。

© F.A.E.P.

韓国では20年の芸歴をほこり、その名を知らない人はいない程のスーパースターが、日本で本格的に活動を始めてからこの約2年、ずっと長い間日本から応援してくれていたファンに自分は日本で何をしてあげられるのか?と思って活動していたとのこと。「ゼロからのスタートとなる日本では「なんでもします、なんでもしてみたい、とにかくどこでも歌いたい!」と活動する姿を見せることが、自分の熱意を見せること」と話すシギョン。
「これからもっといい曲を歌って、韓国の活動とともに頑張っていきたい。」という言葉を後押しすように、会場からは大きな拍手が贈られました。

© F.A.E.P.

MC古家さんとの仲は、20年前の韓国の狎鴎亭(アックジョン)の美容室内で偶然にも隣同士になったところからだそう。「20年という月日が経ち、第一線で活躍するミュージシャンに成長した彼が、今回のイベントのテーマ「韓国の観光」について語るという、また新たな姿を見せてくれた事が本当に貴重。」という古家さん。

シギョン:韓国は魅力的な場所が本当に沢山あります。紹介する機会があればたくさんしたいです。
古家:シギョンさんは韓国でも日本でも、本当に沢山の良いお店も知ってますよね!
シギョン:そうですね・・・それは否めないです(笑)

© F.A.E.P.

「否めない」など、涼しい顔で違和感無く難しい日本語を使う彼に、「そのドヤ顔・・・(笑)」と思わず吹き出す古家さんとの言葉の掛け合いは本当に面白く、そんなステージを見つめる会場の沢山の嬉しそうな瞳からは、「少しもその会話を聞き逃したくない!」という皆さんの気持ちが伝わってくるようでした。

「心からお願いするので、一カ所だけ、一カ所だけお店を教えてくれませんか?」
という古家さんのお願いに、会場からリクエストメニューを聞き、“サムギョプサル”や“チョングッチャン”について語ってくれました。“カムジャタン”についても、「この時期はそのお店ではタダで生牡蠣などを出してくれて、“カムジャタン”がテーブルに出てくるまではそれと焼酎で一杯やる、というのが好き」という彼とっておきのお店情報を、古家さん、そして会場の皆さんへ教えてくれました。

© F.A.E.P.

そして韓国といえばマッコリ。「日本ではなかなか美味しいマッコリは飲めないので、是非韓国で美味しい生マッコリを飲んでみてください」、とオススメがありました。自分の父親が毎日マッコリを飲んでいたので、姪っ子はその姿を見て「マッコリはお爺さんの牛乳」と絶妙な表現をしていたそうです。

シギョン:昔はそんなに種類が無かったんですが、今は色んな地域のマッコリを試せます。そしてこれだけではないです、もっともっと色々な良いものもありますよ!

© F.A.E.P.

そうして予定より15分以上も多く話してくれたのにも関わらず、「もう終わり?わざわざ福岡まで来たのに??」とまだまだ話足りない様子でしたが、やむを得ず歌の時間へ。「また明日、話しましょう!」とシギョン&古家コンビの話は尽きません。

シギョン:僕らは永遠に生きるんだ、という優しくてちょっと詩的な歌詞の説明が難しいのですが・・・じゃ、歌います。

♪『영원히(永遠に)』

韓国で2018年に発表されたバラード曲。
やわらかなメロディに、良く響く暖かい歌声が合わさり心にしみます。

© F.A.E.P.

シギョン:日本で活動をしてみて、いいこともあったし、大変なこともありました。ここにいるのも日本の皆さんとのご縁でもありました。できることはできるし、できないことはできない。もしかして成功できないとしても、充分に意味のある活動であったと言えると思います。これからも頑張りたいと思います。

客席からの沢山の拍手がその言葉に応えました。

© F.A.E.P.

♪『내게 오는 길(僕に来る道)』

20年前のデビュー曲。言わずとも知れた、ファンには今も変わらずこの上なく愛されている曲ですが、同様に沢山のアーティストからも愛されている曲でもあり、これまで数々のスター達がこの曲を披露しています。会場にも一緒に歌っている方々が沢山いらっしゃり、途中彼が会場へマイクを向ける場面も。こうして韓国最高歌手ソン・シギョンの名曲は、この日最高の盛り上がりを見せたステージの終わりを告げました。

© F.A.E.P.

——————————————————–

4/9 (火) の“韓国女子旅博覧会”では、ソン・シギョンのトークショー&握手会が開催。入場自由ではあるものの、良席確保や前日販売分は売切れていた握手会参加券付CDを買い求めるため、開場前からは長蛇の列ができていました。

© F.A.E.P.

引き続きMCを務める古家さんからの紹介でステージに登場したのは、昨日のシックなイメージとは打って変わって、ダンガリーシャツのカジュアルで 爽やかな衣装のソン・シギョン。そんな彼に前日よりも更に沸く会場。

古家さん:ほんとにすごい盛り上がりですよ!
シギョン:いとをかし・・・。

日本語能力検定1級のシギョンと、日本最強MCとの楽しいトークバトルがスタートです。

© F.A.E.P.

現在韓国ツアー中のシギョン、喉が少々疲れていたにも関わらず、歌いながら自分の声に惚れるように気持ちよく歌えたのは、今回の会場の音響の良さに助けられた所が大きかったとか。そんな言葉に思わず笑いが起きる会場でしたが「これは自慢話ではなく(笑)、それが歌手には一番大事です。自分で惚れないと、お客さんを満足させることなんてできませんから。」歌手としてのポリシーだけでなく、自分に関わる沢山の協力者に感謝することも忘れない細かな気遣いはさすがです。

© F.A.E.P.

前日夜は共に飲みに出かけた二人。1年に3回ほどしか飲みに行かないという古家さんが、そのうちの1回を昨夜実行したとのこと。なんでも、シギョンのお酒の飲み方が本当に素晴らしく、「将来日本で「酒場放浪記」なる番組を是非やって欲しい!」と大絶賛する古家さん。そんな言葉に「それが人生の目標です!」と会場の笑いを誘うシギョンでした。

そして韓国では家に帰るといつも『チャンネルJ(日本の番組のみを放送しているチャンネル)』しか見ないという彼。日本でも人気のドラマ「相棒」や、馴染みの飲み番組の名前が上がります。そのような番組を見て、日本語辞書を引きながらセリフを聞き取り、日本語を書き込みながら勉強をするというシギョン。印象にある水谷豊さんや遠藤憲一さんの名前が出ますが、酔っぱらった遠藤憲一さんのセリフがなかなか聞き取れなかったと、なんと『酔っぱらった遠藤憲一さん』をステージで再現。そのあまりの面白さに古家さんも客席の皆さんも笑いが止まりません。

© F.A.E.P.

ここで今回のテーマ『韓国の観光』について。

シギョン:日本も韓国も世界の中では安全な国ですよね。外国では拳銃を持っていたりとか、ちょっと携帯や荷物を置いておくとすぐ無くなったりとか。そういえばイタリアに前に撮影で行った時、スタッフが目の前で盗られそうになったことがありました。
古家さん:日本も韓国もそんなことなんて無いですもんね!
シギョン;そんなんですよね。だから、女子旅にはぴったりだと思いますね。

© F.A.E.P.

そんなシギョンさんだけが知っている、女子旅にオススメの韓国観光スポットとは?

シギョン:福岡と姉妹都市のプサンですが、プサンの海はキレイです。
ソウルなら、イテウォンのヘバンチョン。いま活気があって注目されているエリアです。坂になってて丘から見る夕暮れが本当にキレイです。美味しいお店もあってオススメです。

お父様がグルメだったそうで、色々お店も教えてくれたとのこと。

シギョン:歴史のあるお店とか、お父さんが会社員の時に通ったお店とか、昔はまだインターネットが流行っていない時だったから、そのような情報はとても貴重でした。オススメのお店に連れて行ってもらったり、なんでこんなお店知っているの?とか、こういう時はどんなお店がいいの?とか聞いたり・・・。
でも今はインターネットがあってすぐ調べられるけど、どこが本当に良いお店なのかとか、分からないじゃないですか。だから、以前に自分の耳で聞いた情報は今もすごく大事で、今も残っている美味しくて良いお店もたくさんあります。
でも韓国には1人前で出てくるお店が少なくて量が多いから、女子にはちょっと・・・かもしれません。

© F.A.E.P.

古家さん:女子旅というと、インスタ映えとかが中心になりがちですが、昔ながらの韓国の良さだったり、人との触れ合いだったり、そういうお店に行くのが一番いいんじゃないかなと思います。

シギョン:ロデオ通りのアックジョンは昔流行ってましたが、今また復活してていいですよ!今すごく良いお店が色々できているので、おススメです!とても流行っていたカロスギルも、今はメインストリートではなく、その裏のお店とかが良かったりするので、そんな感じで色々探してみてください。
古家さん:流行するとその通りには大きな企業が進出してきて魅力が半減してしまうパターンが見られるので、そうなると一本奥の通りに入った所がすごく良かったりします。
シギョン:そのとおりです!でも体に悪そうなものには美味しいものが多くて、「今日はダメ、でも・・・ああ、先の見えないダイエット・・・」と、ひとくち咬んだ瞬間に出る罪悪感はありますが、たまには自分にご褒美をあげないと(笑)
古家さん:さすが!言葉の魔術師ですね~

© F.A.E.P.

笑いを誘いつつ貴重な情報や話を沢山してくれた二人ですが、「こういうのならあと5時間くらいはしゃべれますよ?」とシギョン。彼ならば有り得るかもしれない、と感じたのは、会場にいた誰もが思ったことではないでしょうか。

笑いの絶えない楽しい時間を共有した後は、CD購入者特典の握手会が開催されました。
実は運動好きなシギョン、手のマメを気にしたり、ザラザラしてるかも?と言ってみたり、その手をズボンで拭いてみたりなど、ファンの皆さんを気遣う姿も。
そして握手の際、ファンとの間に置いてあった机をどかしたり、自分に話しかけてくれる方々の声が聞こえづらいと、BGMで流れていた自身の曲を小さくするようスタッフに要請。一人一人と交流するその瞬間瞬間を大切に思い、しっかりと見つめて握手をしているのも印象的でした。
特典会が始まる前に「握手会で癒されます」と言っていた彼のファンに対する深い想い、その大切な人々へ、もっと韓国の良さを伝えたいという自国を愛する熱い想いを、強く感じることができた時間でした。

© F.A.E.P.

.

【SUNG SI KYUNG OFFICIAL WEBSITE】http://sungsikyung.jp/
【SUNG SI KYUNG OFFICIAL Twitter】https://twitter.com/Sungsikyung_JP

★ソン・シギョン <F.A.E.P.単独インタビュー>2019年4月9日(火)

●文:溝田 則子

●写真:波多江 純一


.
【イベント概要】
■イベント名:2019韓国文化観光大展~新韓流が福岡に大集結!~
■日 時:2019年4月7日(日)~9日(火)
4/7(日)9:40~20:30
4/8(月)(ロビー開場16:00) 18:30~20:30
4/9(火)11:00~16:30
■場 所:JR博多駅前広場
JR九州ホール(住所)福岡市博多区博多駅中央街1-1JR博多シティ9F
■主 催:韓国 文化体育観光部、韓国観光公社 福岡支社
■後 援:駐福岡大韓民国総領事館、福岡県、福岡市、福岡県日韓親善協会、一般社団法人日本旅行業協会、一般社団法人九州観光推進機構、在日本大韓民国民団福岡県本部、在日本九州韓国人連合会
■出 演 者:
歌手 ソン・シギョン
韓国観光名誉広報大使スザンヌ
K-POP歌手INJUN(インジュン)
K-POPグループRE;ACT(リエクト)
元福岡ソフトバンクホークス柴原洋
元福岡ソフトバンクホークス新垣渚
.


★プレゼントのお知らせ 

ソン・シギョンのサイン色紙を、抽選で1名様にプレゼント!

© F.A.E.P.

<応募方法>メルマガまたはTwitter、Facebookよりご応募ください。

◆すでにメルマガ会員の方
メルマガにて応募方法をお知らせします。
ご希望の方は追って必要事情をお書きの上ご応募ください。

◆すでにTwitterフォロワーの方
下記の指定のツィートをリツィート&#先の見えないDietTT」と明記ください。
指定ツィート:ここをクリック!

◆すでにFacebookフォロワーの方
下記の指定の投稿をシェア&#先の見えないDietTT」とコメントを残してください。
指定投稿:ここをクリック!

◆まだメルマガ会員でない方
こちらから会員登録(無料)をお願いいたします。追って「登録完了メール」にて応募方法をお知らせいたします。

◆まだTwitterフォロワーでない方
F.A.E.P.のTwitterアカウントをフォローし、
指定のツイートをリツイート&「#先の見えないDietTT」と明記ください。

◆まだFacebookフォロワーでない方
F.A.E.P.のFacebookアカウントをフォローし、
上記の指定の投稿をシェア&「#先の見えないDietTT」とコメントを残してください。

【しめきり】2019年5月25日(土)24時まで。

◆応募条件:現在日本在住の方に限ります(Applicant:Must currently reside in Japan.)
◆メルマガ・Twitter、Facebook、全てからの応募も可能です
◆抽選結果は、
○メルマガ会員様はご登録メールアドレスへのメール送信
○Twitter、Facebookから応募してくださった方には、メッセージの送信
◆ご応募でお知らせいただきました個人情報は、本人の同意を得ずに第三者に開示することはありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

最近の記事

  1. 2016年にデビューし、日本レコード大賞最優秀新人賞を含む「日韓中3ヶ国で新人賞獲得」という史上初の…
  2. 雲の切れ間から日差しが顔を覗かせ始めた7月21日の14時30分。3か月前の「福岡に戻ってくるよ。」い…
  3. 「今日の掛け声良かったです。『SPARK!』の掛け声も皆さん覚えてきてくれたんですね?昨日やり方をS…
  4. 100%韓国エンターテインメントチャンネル「Mnet」および、日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「…
  5. CS放送「女性チャンネル♪LaLa TV」(ジュピターエンタテインメント株式会社、東京都千代田区丸の…
  6. ★11 月6 日(水) のDVD リリースに先駆けて、DVDBOX1に収録される特典映像の詳細が決定…
  7. 東京ガールズコレクション実行委員会(企画/制作:株式会社W TOKYO)は、2019年10月5日(土…
  8. PLAN Kエンタテインメントでは、日本でも高い知名度と人気を誇るナムグン・ミンと、ラブコメクイーン…

F.A.E.P.レポート/インタビュー

  1. 2018-12-22

    「新韓流フェスティバル in Fukuoka」~韓流・テーマ観光コンテンツが大集合~
    2018.12.4(火)福岡国際センター F.A.E.P.レポート③

  2. 2019-7-8

    “宇宙人(Cosmos People) FOR THE NEXT TEN YEARS JAPAN TOUR 2019”
    8月25日(日)に初福岡公演を開催するメンバーへ F.A.E.P.がインタビュー!

  3. 2019-5-14

    Niiisan’s <F.A.E.P.単独インタビュー>2019年4月7日(日)➀

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る