チェ・スヨン(元・少女時代)×オン・ジュワン主演!女たちの反乱が今始まる「GYAO!」にて韓国ドラマ『今日、妻やめます~偽りの家族~』WEB最速無料配信が決定!

 株式会社GYAOがヤフー株式会社と協力して提供する動画配信サービス「GYAO!」で展開している「おすすめ韓国ドラマ」特集において、 『今日、妻やめます~偽りの家族~』を3月8日(金)より日本国内でWEB最速無料配信することが決定いたしました。本作がWEBで無料で配信されるのは今回が初めてです。

本作品は、元・少女時代チェ・スヨン、イケメン俳優オン・ジュワンが主演を飾り、韓国で高視聴率を記録し、話題を呼んだ韓国王道の愛憎劇です。
今話題の卒婚をはじめ、離婚、悪縁、夫婦・家族間の葛藤、出生の秘密など、韓ドラ要素をまるごとつめこみ、『愛情万々歳~ブラボー! マイ・ラブ~』や『百年の遺産-ククスがむすぶ愛-』、『伝説の魔女~愛を届けるベーカリー』など高視聴率の大ヒット作を手掛けた演出家チュ・ソンウと、2015年に壮絶な女の生きざまを描いた『女王の花』で注目を集めた脚本家パク・ヒョンジュが『愛情万々歳~ブラボー! マイ・ラブ~』以来6年ぶりに再びタッグを組んだ作品です。

.
<配信概要>
■配信スケジュール:2019年3月8日(金)15:00より配信開始 ※毎週月~金曜各1話更新

■特設サイトURL:https://gyao.onelink.me/AeWv/9fcda88e
※韓国語音声、日本語字幕にてお届けいたします。

■作品タイトル:『今日、妻やめます~偽りの家族~』(全66話※特別編集版)

■ストーリー:ルリ(チェ・スヨン)の父シンモは、成功志向で失敗を絶対許せない厳しい性格のため、子供の頃からルリにも厳しく当たっていた。そんなシンモは、定年退職して妻ヨンヘと老後の人生を楽しみにしていたが、妻ヨンヘは突然“卒婚(結婚生活を卒業)”を申し出る。愕然とするシンモの前にヨンヘは卒婚契約書を差し出すが・・・。一方、ルリのせいで痴漢に間違われてしまったテヤン(オン・ジュワン)は、入院までする羽目になる。その件で面接に失敗したルリは、彼氏の浮気現場にも遭遇し、生きる気力を失ってしまう。父シンモから叱咤されることが恐くなったルリは、逃げるようにグアムに出かけて現地のホテルでインターン社員として働きながら生まれて始めて味わう“自由”に、一生グアムで住むことを決心。そんなある日、テヤンが自分の上司として現れるが・・・。紆余曲折あってテヤンの家に居候することになったルリは、いつしかテヤンとお互い惹かれ合っていく。そんなある日、ルリを訪ねてグアムに来た父シンモに二人がキスしていることを見られてしまって、激怒したシンモは・・・
テヤンの母ファヨン(イ・イルファ)は、年下の有名シェフ、ジョンド(シム・ヒョンタク)と再婚して、ジョンドの死んだ兄夫妻の娘ウンビョル、テヤンと異父兄弟のウジュと一緒に幸せに暮らしていた。しかし、忘れたはずの過去の悪縁と秘密が、再び彼女の前に立ち塞がり・・・。

■出演:
イ・ルリ役:チェ・スヨン
チョン・テヤン役:オン・ジュワン
イ・シンモ役:キム・ガプス
ホン・ヨンヘ役:キム・ミスク
コ・ジョンド役:シム・ヒョンタク
チョン・ファヨン役:イ・イルファ
イ・ソウォン役:パク・チヌ
ハ・ヨンジュ役:ソ・ヒョリム
■演出:チュ・ソンウ
■脚本:パク・ヒョンジュ

.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

  1. 100%韓国エンターテインメントチャンネル「Mnet」および、日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「…
  2. 株式会社ストリームメディアコーポレーション (本社:東京都港区、代表取締役 チェ・グァンヨン )は、…
  3. 2018年に韓国デビュー、2019年6月にはJAPAN OFFICIAL FANCLUB がオープン…
  4. ©STUDIO DRAGON CORPORATION 常に第一線を走り続ける俳優、イ・ジュンギの最…
  5. 2011年、ミュージカル「光化門恋歌」でデビューし、「ジャックザリッパー」、「ボニー&クライド」、「…
  6. 7月15日(月) 韓国発売を目前にしているK-Pop代表バンドDAY6が、トレンディで華麗なグループ…
  7. © F.A.E.P. 福岡へ約半年ぶりに帰ってきてくれたソニさんとテフンさん。ライブの1部と2部の…
  8. 6月15日、前日から降り続く雨。ライブの会場「ROOMS」の入り口は2階になっていて、その階段にはツ…

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る