【CODE-V 大感謝特典会〜ありがとう〜】2018/12/16(日)福岡タワーホール
F.A.E.P.レポート

© F.A.E.P.

2018年12月16日(日)。CODE-Vとしては本当に最後の福岡でのイベント。この日はF.A.E.P.として初めてのCODE-Vの写真展が会場内にて特別開催されました。日本デビュー前の2011年から、福岡での活動を中心に取材を重ねてきた中でF.A.E.P.のカメラマン:波多江純一が担当した3年前からの写真から200枚以上を厳選し展示されました。

© F.A.E.P.

イベント開催前にはメンバーも写真展へ。会場に入ると口ぐちに「すごい!」「カッコいい!」と驚いた様子で、自分のスマホで撮影しているメンバーも。全員が写った写真1枚と個人の大きな写真に1枚ずつ、そして約200枚の写真の中から、それぞれお気に入りの写真にサインを頂きました・・・が、ふと気がつくとソルが2枚の写真にサインを!「え?1枚だけだったの?(自分の写真)全部かと思って・・・」とサービス精神あふれる言葉にスタッフ全員が爆笑しました。サインをしながらもじっくりと写真を見ながら「これ誰?」「見て!この顔!」「この時何叫んでたの?」と話は尽きない様子でした。

© F.A.E.P.

大感謝特典会は残念ながらカーテンで遮られており全景を見続ける事はできませんでしたが、イベント開始前にカーテンを外して、メンバーが挨拶をしてくれました。そしてファンの皆さんから質問を受けてくれる事になりました。

© F.A.E.P.

Q:福岡で今まで一番美味しかったものは?

ナロ:今日、朝食べた手羽先?冷えてるの。冷たいの。今までも美味しいのあったけど衝撃的に美味しかった。
テフン:あと、ラーソーメン!知ってます?まだ食べた事ない人!(手がたくさん上がる)はい!早く食べなさい!
ソル:そして、僕が食べた事があって他のメンバーが食べた事ないと思うんですけど、福岡はうどん!今まで福岡といえばモツ鍋とかイメージがあったと思うんですけど、実は福岡はうどんがめっちゃうまい。今回もメンバーと一緒に食べようかなって思ってます。
ルイ:福岡は鯛茶漬け!よし田さんの鯛茶漬け!
サンウ:福岡といえば、やっぱりとんこつラーメンでしょ?本当にみんなそれぞれ自分の中で一番美味しかった物を言ったんですけど、福岡本当に美味しい食べ物がいっぱいあって困るんですよ。何を食べればいいのか。今日はどうしようか悩んでます!

Q:福岡での一番の想い出は何ですか?

ソル:色々あるんですけど、福岡に来る度に昔からCODE-Vがインストアライブで来ていたキャナルシティ。噴水の前でやっていたんですよね。それがすごい想い出に残っていますね。そこってステージが丸くなってて、センターがどこなのかテンパっちゃってサンウがひとりで端っこに行っちゃったり。今でもそうなっちゃうかもね?

© F.A.E.P.

テフン: 僕はどんたく祭!たぶん福岡に一番最初に来たのがどんたく祭で、祭には参加できなかったんですけど、すごく楽しい想い出が残ってます。
ナロ:僕は福岡は大好きなんですけど屋台が大好きなんです。川の周りにいっぱいあるじゃないですか?そこでメンバーとビールを飲んだり、うなぎを食べたり。そういう福岡を満喫する時間がたまにあったんですけど、それがすごく想い出です。
サンウ:本当に僕もたくさんの想い出があるんですけど、みんなに言われちゃったので。でも、今日!今!この瞬間!が最高の良い想い出になればいいかなと思います。

© F.A.E.P.

ルイ:僕もメンバーがみんな言っちゃたんで、福岡といえば・・・キャバクラ。
(客席から悲鳴にも似た歓声があがる。メンバーも突然のルイの爆弾発言にお腹を抱えて爆笑)
ルイ:嘘ですよ!!嘘です!福岡といえば屋台も大好きだし食べ物がとにかく美味しくって。僕は釜山出身じゃないですか?釜山と一番街の雰囲気が似てるんですよ。だから福岡大好きです。キャバクラじゃないよ!
でもやっぱり今日!みんなと一緒に最高の想い出を作りたいと思ってるので1日よろしくお願いします。

© F.A.E.P.

ソル:ちょー昔、天神駅を歩いていたらね?若い女性達に「BIG BANGですか?!」って聞かれた事がありましたよ!ほんと!ほんと!嘘じゃないよ!
ルイ:結構いるんですよね。こないだも新幹線に乗ったら隣の人がソルに「ジェジュンさんですか?」って。
ナロ:僕らといると誰も見た事ないんですけど、1人でいると言われるみたいなんですよね。
ソル:そうそう!マスク付けて歩いてたりすると「すみません、ジェジュンさんですよね?」って!
サンウ:あーいたいた。みんなでご飯食べに行った時にお店の方がソルに「あ!ジェジュンさん?」ってみたいな感じで言われてて「あー似てるねー。すごい似てる。」って言いながら「でも小さいね!ジェジュンさんじゃないね。」って言われてたね!
(大爆笑の会場)
ソル:もう!そろそろ関係ない話は終わってイベントを始めましょう!

メンバーの柔らかい表情に会場も温かい雰囲気に包まれました。1部のイベントではグループショットと「エターナルハイタッチ」と名付けられたメンバーの貴重な手形をもらえる事に。エプロンをつけて手を真っ黒にした可愛らしい姿を見る事ができました。

© F.A.E.P.

2部のイベント開始前には福岡が最後という事でメンバーからのメッセージをくれました。

© F.A.E.P.

ソル:CODE-Vとして福岡に来るのは本当に最後になりますが、最後だから悲しいって思いも多いと思うんですけど、ここで終りじゃなくて5人の人生の第2部はこれからスタートって感じで。CODE-Vとして今までみなさんと作った想い出は心にずっと思って。みなさんとのその力でこれからの道も頑張って歌っていきたいなと思ってますので、ぜひ福岡のみなさんもCODE-Vの事をずっとこれからも応援よろしくお願いします。そしてまた、いつか福岡に来てみんなと会えるように僕らも頑張りますので引き続き僕らのこれからの道を楽しみにしていてください。本当にありがとうございました。

ナロ:福岡での最後のイベントになりますけど東京以外の地方でのイベントとしても最後となるんですよね。なのですごく意味が深いです。今日で地方でやるイベントが最後なんて信じられないんですけど、最後の残っている7日間頑張って準備をして最高のステージをお見せできるようにしていますので、是非楽しみに待ってて下さい。そしてたくさんの素敵な想い出を作らせて頂き本当にありがとうございました。

© F.A.E.P.

テフン:こんなに遅くまで待っててくれてありがとうございました。福岡で最初から今まで色んなたくさん想い出をみなさんと作れて良かったなって今でも思ってるし、みなさんの応援がなかったらここまでこれなかったなといつも感謝してます。まだこれからもみなさんから頂いた応援や愛を心に持って来年からの新しい道ももっともっと頑張って行きたいと思いますので是非引き続きよろしくお願いします。ありがとうございました。

© F.A.E.P.

サンウ:今日もたくさん来て頂きありがとうございました。年内こうして福岡に来るのは最後になるんですが、
みんなそれぞれ来年からも形は変わるとしても、また福岡に来れるように、みんな一生懸命頑張って行きますので引き続き応援よろしくお願いします。

ルイ:みなさん、後ろの(写真展の)写真見ました?福岡でみなさんと一緒に過ごしてきた想い出が、ばーっと頭の中に流れたんですが、ほんとに福岡大好きだし、みなさんと一緒に過ごしてきた想い出は一生忘れないです。本当に僕達の宝物です。CODE-Vとしては一応最後なんですけど、来年からまた必ずみなさんに会いに来ますので、少しだけ待っててください。

© F.A.E.P.

寂しさがこみ上げて涙を流すファンも多くなってしまいましたが「今からみなさんと特典会を笑顔でやりたいのでよろしくお願いします!」とメンバーからのお願いに気を取り直して、グループショット、個別ショット、握手会と特典会が進んでいき、そしてとうとう最後の時間になり、もう一度メンバーから挨拶がありました。

ナロ:今日色々と質問されました。来年はどうなるんですか?来年は会えますか?っていうのが多かったんですが、僕らも会いに来れるように頑張ります。2013年12月に入隊するために帰ったじゃないですか?それよりはマシだとは思います。それよりは早く会えると思います!そのために僕らも仲良く応援し合いながら頑張りたいと思いますので、みなさん是非どっかに行かずに待っててください!ね?行かないよね?約束!ありがとうございました!

© F.A.E.P.

ソル:本当にCODE-Vの解散ってネガティブな解散じゃないんですよ。これでみんなに会えないとかじゃなくてこれから次のステップに行くための選択だったので、メンバー的には悲しい事じゃないって思ってるんですよ?そうやって信じてるんですけど、でも10年近い長い時間、僕達だけじゃなく日本全国にいるMIRACLEのみんなと一緒に作ってきたCODE-Vっていう宝物なので、それが解散するのはもちろん悲しい事じゃないかなって思います。でも本当にここにいる5人も色んな道があったかもしれないって思うんですけど、こうやって5人が集まってCODE-Vってグループで長い時間日本で活動できてすごく良かったなって思うし、他のグループにはない、日本全国でCODE-Vにだけある想い出がたくさんあると思いますので、それだけでもCODE-Vで良かったなって思うし、みなさんと出会えて良かったと思います。来年から違う形になるとしても、5人ひとりひとりがCODE-Vだったという誇りをプライドを持って、これからも、もっといいアーティストになって、いい歌をみなさんに伝えるように全力で頑張ると思いますので。CODE-Vの形じゃなかったとしてもCODE-VのナロだしCODE-VのソルだしCODE-Vのテフンだしサンウだしルイなので、それはずっと変わらないものなので、これからも是非みんなの事を応援してください。そして今まで本当にお世話になりました。本当にありがとうございました。

© F.A.E.P.

テフン:はいはーい!泣かないで!本当に今日まで福岡、たくさんの想い出をありがとうございました。ここまで僕達が来れたのはみなさんのおかげだし、みなさんとのいっぱいの福岡での想い出は絶対忘れないし、それを胸にしまって、またこれからも頑張って行きたいと思います。(涙でいっぱいの会場に)ほら!そんなに鼻水食わないで、お腹いっぱいになっちゃうよ?また最後のライブまで一緒に楽しんで、来年はそれぞれの場所でもっともっと頑張って色々できたらなと思っています。よろしくおねがいします!ありがとうございました!

© F.A.E.P.

サンウ:今日は雨の中ありがとうございました。もうみんなに言いたい事は言われちゃったので・・・。ちゃんと美味しいご飯を食べて、気をつけて家に帰って頂いて、ちゃんと洗って、朝までぐっすり寝てください。今日もみなさんのおかげで福岡で色んな想い出を作る事できて、心から感謝しています。楽しい時間が過ごせて本当に嬉しいです。ありがとうございました。

© F.A.E.P.

ルイ:今までありがとうございました。今まではCODE-Vっていう道でみんな頑張って来たんですが、来年からはそれぞれの道で頑張って行くと思います。やっぱりみんなの応援がすごい力になるので来年からもそれぞれの道を応援してください。そして、いつかまた、この5人で福岡に来る事ができるかもしれないし。とりあえず!来年からに向けてみんな成長していくと思うのでその成長して行く姿も楽しみにしてくれたらなと思います。
そして必ず!会いに来ますので・・・なので、ね?鼻水ばっかりじゃぁね?せっかく福岡には美味しいものがいっぱいあるんだからもったいないでしょ?今23日のライブに向けて頑張ってて、正直それに向けて頭いっぱいで、別れるとか響いてないんです。23日に来れるかたは最後の瞬間を一緒に楽しんでください。その後の事は、その後に考えましょう?今日は本当にありがとうございました。

© F.A.E.P.

「それでは以上!CODE-Vでした!」何度も何度も聞いたこのセリフも福岡では最後。『忘れない』が流れる会場で涙に溢れている客席とは対照的に「またね!」と笑顔のメンバーがとても印象的でした。

特典会への待ち時間までの間に、多くのファンの皆さんに写真展も見て頂き、涙を流している方や、1枚1枚の写真がいつの頃だったのか、その時の自分はどうだったのかなど、お友達やご家族と話しておられる方もいたようでした。またF.A.E.P.スタッフにも沢山の温かい言葉をかけて頂きました。わざわざ写真展を見るために遠方から来たという話も聞きました。写真を見ている姿は、メンバーもファンのみなさんも同じ表情だったように感じました。CODE-Vとしては一旦グループは解散してしまいますが、メンバーの気持ちはファンのみなさんにきちんと伝わっているのではないでしょうか。それだけの回数の交流を続けてきたという絆を感じています。そしてF.A.E.P.はこれからも「CODE-V」を「ソル」を「ナロ」を「テフン」を「サンウ」を「ルイ」を応援し続けていきたいと思います。

  

  

  

  

  

© F.A.E.P.

(文:森下恵美子/写真:波多江純一)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆CODE-V PHOTO EXHIBITION 【 V(five)】
記念ポストカード再販決定!(在庫限りで終了となります)
http://faep-jp.com/?p=42137

 


★プレゼントのお知らせ 

12/16の写真展で展示されたサイン入りの写真をプレゼント!

●A3サイズの集合写真を1名様

 © F.A.E.P.

●六切サイズの各メンバーお気に入り写真を各1名様(計6名様)

© F.A.E.P.

<応募方法>メルマガまたはTwitter、Facebookよりご応募ください。

◆すでにメルマガ会員の方
メルマガにて応募方法をお知らせします。
ご希望の方は追って必要事情をお書きの上ご応募ください。

◆すでにTwitterフォロワーの方
下記の指定のツィートをリツィートしてください。
指定ツィート:ここをクリック!

◆すでにFacebookフォロワーの方
下記の指定の投稿をシェアしてください。
指定投稿:ここをクリック!

◆まだメルマガ会員でない方
こちらから会員登録(無料)をお願いいたします。追って「登録完了メール」にて応募方法をお知らせいたします。

◆まだTwitterフォロワーでない方
F.A.E.P.のTwitterアカウントをフォローし、
上記の指定のツイートをリツイート「希望メンバー名またはグループ写真のいずれか」を明記ください。

◆まだFacebookフォロワーでない方
F.A.E.P.のFacebookアカウントをフォローし、
上記の指定の投稿をシェア&FAEPの記事に「希望メンバー名またはグループ写真のいずれか」のコメントをしてください。

【しめきり】2019年2月2日(土)24時まで。

◆応募条件:現在日本在住の方に限ります(Applicant:Must currently reside in Japan.)
◆メルマガ・Twitter、Facebook、全てからの応募も可能です
◆抽選結果は、
○メルマガ会員様はご登録メールアドレスへのメール送信
○Twitter、Facebookから応募してくださった方には、メッセージの送信
◆ご応募でお知らせいただきました個人情報は、本人の同意を得ずに第三者に開示することはありません。

.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

最近の記事

  1. ソ・ジソブ待望の最新作「私の恋したテリウス~A Love Mission~」のDVD&Blu-ray…
  2. 株式会社徳間書店 (本社:東京都品川区上大崎 代表取締役社長:平野健一)は、TSUTAYA CREA…
  3. EXO-CBX の LIVE DVD & Blu-ray『 EXO-CBX  “MAGICA…
  4. 台湾出身の「10頭身女神」として人気の女優Teresaが、本日(8/21)「ホシゾラニ・キミヲオモフ…
  5. Licensed by KBS Media Ltd. ⓒ 2018 KBS. All right…
  6. © Studio Dragon Corporation/Fuji Television, all r…
  7. Red Velvetの最新アルバム「‘The ReVe Festival’Day 2」が8月…
  8. 株式会社ストリームメディアコーポレーション(本社:東京都港区、代表取締役:チェ・グァンヨン)はdTV…

F.A.E.P.レポート/インタビュー

  1. 2019-7-11

    IDEA <F.A.E.P.単独インタビュー>2019年6月15日(土)➀

  2. 2018-12-22

    「新韓流フェスティバル in Fukuoka」~韓流・テーマ観光コンテンツが大集合~
    2018.12.4(火)福岡国際センター F.A.E.P.レポート③

  3. 2018-12-22

    「新韓流フェスティバル in Fukuoka」~韓流・テーマ観光コンテンツが大集合~
    2018.12.4(火)福岡国際センター F.A.E.P.レポート②

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る