日本で最も旬なラッパー・SALUと韓国HIPHOPレーベル 「GRANDLINE Entertainment」所属アーティスト・Ja Mezzとのコラボによる楽曲とMV「Pink is the New Black」を同時リリース

今、日本で最も旬なラッパー・SALU(サル)と作品ごとのコンセプトを重視し、トレンドから一線を画すスタイルで知られるJa Mezz(ジャメズ)が、お互いへの関心とリスペクトをもとにコラボレーション楽曲とMV「Pink is the New Black」を同時リリース。コンセプトは、Ja Mezzが日頃から強い興味を持ち、これまでも数々の楽曲で表現してきた彼の代表カラー“ピンク”だ。中でもJa Mezzがこよなく愛する“ピンク・パンサー”をメインテーマに掲げている。Ja Mezzは日頃から「Pink is the New Black」をモットーにし、アートワークや映像などを通してピンク・パンサーのキャラクターを度々使用してきている。

同楽曲は『ピンク・パンサーのテーマ』をサンプリングして作られたもので、数々の著名韓国HIPHOPアーティストのMVを残してきたAugust Frogsが監督を務めたミュージックビデオ(MV)は、全体のイメージをピンクで統一し楽曲のコンセプトをしっかりと伝えている。同MVは、韓国最大級の音楽配信サービスであるカカオエムが運営するYouTubeチャンネル「1theK」にて公開。

.
この曲を通して彼らは特有のウィットに富んだリリックとフロウを示しただけでなく、お互いへの友情も見せており、2人の共通する感性からは新たなケミストリーを発見することができる。「Pink is the New Black」のトラックメイキングは新人プロデューサーのnoisemasterminsuが手掛け、最新アルバム『OFF Room』が高評価を得ているプロデューサーのDakshoodが編曲と追加プロダクションで参加した。ミキシングはBoost Knobのパク・キョンソンが、マスタリングはDamian MarleyやCamila Cabelloなどのマスタリングを手掛けたDave Kutchが行った。

Ja Mezz(ジャメズ)

作品ごとのコンセプトを重視し、トレンドから一線を画すスタイルで知られるJa Mezz(ジャメズ)は、自身の考えをリリックに書き下ろし、様々な問題に一石を投じることで常に新たな議論を投げかけてきた。そのアティチュードはJay Park、DEAN、Dok2、ソン・ミノなども参加した彼の1stアルバム『GOØDevil』にもよく表れている。そのため、優れた作品性にも関わらずこのアルバムの評価は賛否両論に分かれた。しかしどんな評価を受けようとも、彼はアーティストの中のアーティストだ。伝えたいことを積極的に表現し、ほかにはない独自の世界観を構築することに成功したからこそ、多くの人々から支持されている。
Instagram:https://www.instagram.com/livewellnprosper/

SALU(サル)

最近、大手レーベルのLDHに移籍したことが話題になったばかりのSALUは、JP The Wavyをはじめ様々な新人ラッパーを発掘し、日本のヒップホップシーンでトレンドの最先端を行く洗練されたスタイルを見せてきている。日本語ラップの中で他の追随を許さない独特なフロウが高く評価されているだけでなく、時に社会的なテーマにも言及する実直なリリックでも注目を集めている。
Instagram: https://www.instagram.com/salu_info/
Twitter:https://twitter.com/salu_info

.
Pink is the New Black feat. SALU

発売日:2018.11.14 (web)
価格:¥200- (税込)/ 単曲
発売元:GRANDLINE ENTERTAINMENT, lute
・iTunes Japan
https://itunes.apple.com/us/album/1440442136?app=itunes
・Spotify Japan
https://open.spotify.com/album/0wlN77ox5kV6FUxNuFVudp
・Apple Music Japan
https://itunes.apple.com/us/album/1440442136?mt=1&app=music

.
lute/ルーテ

luteは、ミレニアル世代のユーザーと国内外のアーティストをつなぎ
新たなビジネスモデルを構築する「アーティストビジネス・カンパニー」です。
http://www.lutemedia.com/
https://www.instagram.com/lutemedia/

.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

  1. 2016年にデビューし、日本レコード大賞最優秀新人賞を含む「日韓中3ヶ国で新人賞獲得」という史上…
  2. © F.A.E.P. 改元によるGW10連休の最終日、5月6日(月祝)ももち文化会館にて「OH M…
  3. © F.A.E.P. 5月6日の「OH MY GIRL:JAPAN OFFICIAL FANCLU…
  4. ♪『Windy day Japanese ver.』 [gallery columns="2"…
  5. © F.A.E.P. F:次の質問ですが、TWICEやBoAや、I.O.IのメンバーなどOH MY…
  6. CS放送「女性チャンネル♪LaLa TV」(ジュピターエンタテインメント株式会社、東京都千代田区丸の…
  7. © SBS 松竹ブロードキャスティング株式会社が運営するCS放送局「衛星劇場」(本社:東京都中央区…
  8. BIGBANG、iKON、BLACKPINKら多くの実力派アーティストが所属するYG ENTERTA…

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る