≪オフィシャルレポート≫  無期限活動休止を発表したRAINZ チケット完売となった、メンバーからファンへ贈るスペシャルライブ 『RAINZ SPECIAL LIVE 2018 -RAINBOW-』『RAINZ FANMEETING 2018 -LOVE RAIN-』盛況裏に終了!!

©KISS Entertainment Inc.

無期限活動休止を発表したRAINZの最後となるスペシャルライブ、ファンミーティングが開催された。チケットは完売、メンバーとファンの絆が感じられるライブとなった。

ファンの鳴りやまない歓声に包まれながらメンバーが登場。メンバーの姿を見たファンは全員立ち上がり、ライブ開始から会場が興奮の渦に包まれた!
スーツスタイルのシックな服装で登場したRAINZ。オープニング曲は、友達として好きな人を見つめ続ける淡く切ない片思いを歌った、RAINZのJAPAN 1st SINGLE「好きなんて」を披露。透きとおる声と手話を盛り込んだダンスを披露しながらも愛嬌盛りだくさんの姿で会場を魅了し、RAINZらしいライブが幕を開けた。続けて、2曲目は「Somebody」を披露。会場中からの、息の合った掛け声にメンバーも全力で応えた。1年間の活動ですっかりお馴染みとなったファンとの掛け合いや、1曲毎に起こるファンからの歓声や拍手が、RAINZとレインジャーの絆を感じさせた。
1年間の活動の集大成となった今公演、RAINZらしいテンポの良いトークを披露すると共に、RAINZがマイクを外し全力で「サランへー!」と叫ぶシーンなどファンは大興奮。
RAINZはPRODUCE101から始まったグループということもありメンバー個個人のダンス力や歌唱力の評価が高い。ライブでは、「Turn it up」や「Unstoppable」などのアップテンポのダンスナンバーから「If…」や「Fall In Love Again」といったバラード、さらにはファンにとって思い出深い「Juliette」など数多くの曲が披露された。
ファンが静かに見守る中、柔らかな雰囲気で歌う彼らの姿はRAINZらしさを残しつつ、大人の男性へと成長を遂げたグループとしての進化も感じられた。

©KISS Entertainment Inc.

スペシャルステージではそれぞれのメンバーがソロやユニットでのパフォーマンスを披露。
ウォンタクのソロステージではバラードを、ヒョンミンはラップやダンスを披露。メンバーの個性が光るファン待望のアクロバットなども披露された。
ウンギのファンを想って作ったという自作曲では、最後に涙を流しながらも再会を願い、歌い続ける姿に会場中が涙した。
歌い終えたウンギは「RAINZ、レインジャーのことを考えながら歌ったら涙が止まらなくて」と思わず本音をこぼした。
ソンリはロックバラード曲を歌いながらも「皆さん楽しみましょう!」と、会場を盛り上げることを忘れないソンリらしいステージだった。
ギウォン、デヒョン、ソンヒョクは3人で自作曲を披露。
ソロステージそれぞれに色のテーマがあり、7人合わせると『虹』になる。
RAINZ本来の無邪気な一面も見られ、会場が笑い声で包まれると共に、RAINZらしいレインジャーを思う気持ちがつまったライブとなった。

©KISS Entertainment Inc.

そして、10月に発売したRAINZ JAPAN 2nd SINGLE「虹」も披露。ファンが立ち上がって見つめる中、透明感あふれるステージで魅了した。
シングル「虹」の収録曲「Snowflake」では君なしじゃきっと生きていけない、冬の寒さと切ない気持ちを歌い上げた。
公演後の挨拶では、ヒョンミンから「こんなにたくさんの人が来てくれていつもみんなに愛されていることを実感します」、ソンリの「いつも皆さんの夢や希望になれるような歌を歌い続けていきたいと思っています。」とそれぞれが思いのたけを語った。そして、メンバー全員で「2部で会おう!」と2部への期待を膨らませた。
続けて「All Night Kinda Night」「We can fly」と爽やかなステージを披露。
ファンの盛り上がりも最骨頂、全員で席から立ち上がり声援をおくった。
鳴りやまないアンコールに「let it go,let it be」「また会えたら」のバラードバージョンを披露。
少し切なさを感じる曲を最後に深々とした挨拶で1部が終了した。

2部『RAINZ FANMEETING 2018 -LOVE RAIN-』の始まりはRAINZメンバーからのラブレター。

レインジャーへのRAINZメンバーの思いの強さと活動休止を悲しみながらもRAINZの公演を楽しんでいるファンのお互いを思いあう姿が印象的で、会場はRAINZ色で一体となった。

©KISS Entertainment Inc.

2部では曲の披露の他にメンバーの過去写真を見ながら今までの思い出を振り返るコーナーでは過去の映像を振り返りながらメンバーの普段見られない姿にファンは盛り上がった。さらに公演終盤にはファンからRAINZメンバーへ、虹とハート、そしてRAINZの文字を客席全体で表現したサプライズ企画などがあった。
そして公演を締めくくる最後の挨拶。
RAINZが1つの番組から誕生して1年、もっとこのメンバーで活動したかったと惜しみつつも、RAINZやレインジャーへの愛を語り「僕ら思い続ければまたきっと会えるよ」と再会を誓った。
「皆さんにもっといい音楽をお届けする」「かっこいいアーティストになります」とこれからに前向きな凛とした姿を見せてくれた。

©KISS Entertainment Inc.

最後にはRAINZ JAPAN 2nd SINGLE「虹」をメンバー全員肩を組みながら熱唱。「みんな会いに来てくれて本当にありがとう!」と見えなくなるまでファンに手を振り続け『RAINZ SPECIAL LIVE 2018 -RAINBOW-』『RAINZ FANMEETING 2018 -LOVE RAIN-』は幕を下ろした。

.

RAINZ SPECIAL LIVE 2018 -RAINBOW- & RAINZ FANMEETING 2018 -LOVE RAIN-

2018年10月20日(土) @ 品川インターシティーホール
RAINZ SPECIAL LIVE 2018 -RAINBOW-(昼公演):14:00 (開場13:00)
RAINZ FANMEETING 2018 -LOVE RAIN-(夜公演):18:00 (開場17:00)

【主催】
KISS Entertainment Inc.

【RAINZ】

「プロデュース101 」で国民から大きな指示を集めながらも、デビューのチャンスを獲得できなかった練習生たちが多数いる。その中でも、仲が良かった注目度の高い練習生7人から成る、
実力派グループ「RAINZ」!
「RAINZ」は番組出演をしながら親しくなったメンバー同士が集まった時、いつも雨が降っていたことから、ファンが「雨が降る日に会う7人の少年」という意味でつけた想いのこもったグループ名で、ファンは「RAINZ」に、雨が降った後、虹を連想させる爽やかな感じの音楽とステージを望んでいる。
また、7人集まって完成する眩しい虹のような少年たち”レインボーボーイズ”という意味に加えて、 ”レインボーロード”(栄光への道)を彼らと一緒に歩きたいというファンの願いも込められた意味深いグループ名になっている。

.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

  1. 12月5日(水)に初のフルアルバムをリリースする「BLACKPINK (読み : ブラックピ…
  2. 韓国100%エンターテインメントチャンネル「Mnet」および日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「M…
  3. 2005年のデビュー以降、音楽のみならずバラエティ番組やMC、俳優など、エンタテインメントの第一線で…
  4. 今年“超新星”から改名し、今月6日にリリースした1stシングル「Chaper Ⅱ」がオリコンデイリー…
  5. 2018 年12 月、アジアで話題沸騰の台韓ハーフアーティストBii(畢書盡)が来日イベントを開催す…
  6. DEANの11ヶ月ぶりのニュー・シングル「dayfly feat. Sulli & Rad …
  7. 2004年7月、X JAPAN のYOSHIKI プロデュースとしても話題となったロックバンド「TR…
  8. 韓国で大ヒットしたオーディション番組「PRODUCE101」から誕生したプロジェクトグループ、JBJ…

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る