WINNER 2018 EVERYWHERE TOUR IN JAPAN
2018/10/3(水) 福岡市民会館 F.A.E.P.レポート

10/3(水)リリースのWINNER 約4年ぶりとなるフルアルバム「EVERYD4Y」を提げた日本で5回目のジャパンツアー『WINNER 2018 EVERYWHERE TOUR IN  JAPAN』が、9月8日(土) 大阪・オリックス劇場よりスタート。ツアーに先駆け、9/5(水)に同アルバムが先行配信されると、iTunes K-POPアルバムランキング、ポップアルバムランキング1位を獲得。韓国盤も18ヶ国のiTunesチャートで1位、米国で5位にチャートインするなど世界的にも注目を集めるなか、WINNERは全9都市14公演の会場で多くのファンへ喜びと感動を残し、10月8日(月・祝) 神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホールの公演にて、自身最多公演回数であるジャパンツアーの幕を閉じました。
F.A.E.P.では10月3日(水) 福岡市民会館で開催の福岡公演をレポートします。

ステージがブルーのライトに包まれると、キラキラ輝くホワイトとブルーのスタイルに身を包んだ4人が登場。待ちに待った気持ちを抑えきれない!と、割れんばかりの大歓声が彼らを迎えます。

オープニングの 『EMPTY』は、デビュー1stアルバムにも関わらず本国はもちろん海外からも注目を浴びて快挙を達成した「2014 S/S」のタイトル曲。つづけて空の映像をバックにニューアルバム「EVERYD4Y」より 『AIR』を披露。「HANDS UP!」と皆で手を掲げ、メンバーと客席の歌声が重なり会場いっぱいに響きます。

YOON:「WINNER 2018 EVERYWHERE TOUR IN JAPAN」ここ福岡に、ようこそいらっしゃいました!お久しぶりです!WINNERのリーダー:YOONです!昨日も熱かったですが、今日はもーっと熱く、いきましょう!!

JINU:こんばんは!WINNERのJINUです!福岡の皆さん、本当に会いたかったです。皆さんもそうですか?!(客席から大きな返事)久しぶりに福岡で公演をすることができて本当に嬉しいです!今日一緒に最後まで楽しむ準備はいいですか?!最後まで一緒に、楽しみましょう!

MINO:WINNERのYOONです!今日も熱いですね~。今年、2回目のツアーをすることになりました。1年に2回のツアーですが、全く違うセットリストで今日は届けることができるので嬉しいです。皆さんも今日のライブ、楽しんでください!

HOONY:アンニョーン!!WINNERのHOONYです!前回のツアーの時、今年もう一回ツアーをしたいと話しましたが、それが実現できて本当に嬉しいです。一緒に最後まで盛り上がりましょう!

あいさつが終ると「今日みんな日本語のアクセントとか言い方がおかしくない?」と、YOONからツッコミが。すかさず「自分のスタイルを作っています!」と、HOONYから個性だという彼らしい主張が入り、笑いと納得の空気が流れたところで、「トゥルルルル」と会場に大きく響く電話の呼び鈴。誰ですか?!誰の電話だ?!と互いに大騒ぎしながら最前列の客席も巻き込んでのヒトトキ。MINO「ぼくです!もしもし?」とニューアルバムより 『HELLO』。つづく同アルバムのタイトル曲 『EVERYDAY』は独特なWINNERサウンドの魅力全開。その歌声と客席の掛け声の見事なまでのコラボレーションに、WINNERとINNER CIRCLE(インナーサークル:WINNERファンの総称)との気持ちの一体感を感じました。

そしてここまで4曲を駆け抜け、雨のように降ってくる汗を「ばり暑い!」と博多弁でつぶやきながら拭っているメンバー達。するとステージには気がつけばYOONとHOONYの二人だけに。話している途中からJINUも参戦。
まさにこの日リリースされた「EVERYD4Y」日本語ver.アルバムのことや、10/5(金)に全国38局のラジオ局で一斉にWINNERのご当地方言によるCMが放送された”WINNER EVERYWHERE PROJECT”「CMキーワード」ツイートキャンペーンのお知らせがあり、「好きっちゃん!」「どこ行くと?」「ばりすいとーよ!」など3人からどんどん飛び出す博多弁に会場は賑やかに沸いていました。最後はJINUより「さんのぉが〜、はい!(いち、にぃの、さん!)」の合図でスクリーンに映像が流れたあと、それぞれのソロステージへ。

★MINO:ソロステージ
『BODY』
『TURN OFF THE LIGHT』
ガラッと雰囲気を変え、帽子からスーツまで全身ヒョウ柄のミノ。アンニュイでセクシーな表情、女性ダンサーと怪しく絡むダンス、個性的で自己主張強い歌声と、時々ジャケットから見え隠れする鍛え上げられた体、これら全ての要素がWINNERのラッパー:MINOの魅力となり放出され、客席からは歓喜の悲鳴が何度も上がりました。

★JINU:ソロステージ
『Untitled, 2014』~G-DRAGON~
ステージ上の更に高い位置にスタンドマイクを置き、白い素肌によく映えるピンクの透かし模様のニットを着たJINUが、しっとりと見事に歌いあげる姿は目が離せませんでした。中性的で柔らかな魅力を放ち、深く感情をこめて伝える歌声に、客席からも自然と声が重なります。

★YOON:ソロステージ
『It rains』
『本能的に』~ユン・ジョンシン~
照明が暗く落とされたステージの階段に座り、その暗闇の中に降る雨の映像。そこに溶け込むような全身ブラックのスタイルのYOON。ひとすじのスポットライトだけが彼を照らします。『It rains』を終えると「今日は何かいつもより感情が強くなって・・・いつもより集中して歌ってしまいました・・・」と神妙な表情。「感情が高ぶって熱くなりすぎると記憶が無くなってしまい、何を思い歌ったのかも覚えていないんです」とその表情の理由も話してくれました。告白のあとの更なる一曲は、デビュー前からこれまでの思いも沢山しみ込んだ『本能的に』。スタンドマイクにギターを鳴らしながら熱唱。YOONといえばやはりギターは外せません。

★HOONY:ソロステージ
『SERENADE』
『RINGA LINGA』~SOL~
ステージ中央からダンサーと共に登場したHOONY、プロローグからすでに彼の既存の雰囲気は消えており、自作曲の『SERENADE』では客席も一体になってジャンプ。つづく『RINGA LINGA』は激しくセクシーで華やかなダンスとボーカルを披露。途中タンクトップをまくり上げて鍛え上げられた腹筋を公開したり、ステージギリギリの所でひざまづき最前列の女性の手を優しく取るしぐさも。このソロステージでいつもとは違う「顔」を魅せつけたHOONYの魅力の凄さを、会場中に大きく響く歓声が教えてくれました。

“ファンのためにそれぞれが一生懸命に準備した”というソロステージのあとは、全身ホワイトのスタイルにチェンジしたメンバーが 『WE WERE』を披露。

とここで「会場の皆さんの個人的な意見も聞いてみたい」ということで、インタビューのコーナー。この日はHOONYとJINUが客席へインタビュー。先にHOONYが客席に向かうと、この日の夜に開催のWINNER LINELIVEの進行役である古家さんを会場で見つけ、しばしメンバーと楽しく絡むひとコマが。続いてJINUも客席に降り、この日誕生日だというファンに至近距離で見つめながら歌のプレゼントを贈るも、緊張と感動で贈られた本人は泣いてしまうという、なんとも心温まる空気が会場いっぱいに広がりました。

あたたかい雰囲気の中、ステージを左右にゆっくりと歩きながら歌う 『FOR』、続けて水色に染まるステージで 『RAINING』「皆さんの美しい笑顔と声が必要な曲です」と客席も一緒に大合唱となった 『MOVIE STAR』は鳥肌が立つほどの一体感でした。

夢見る子供時代のメンバーをストーリーにした笑いが溢れる楽しい映像が流れると、軽快なリズムのロック・ナンバー 『IMMATURE』へ。カジュアルなスタイルにチェンジしたメンバーが楽しそうにステージを駆け回ります。
コール&レスポンスで会場の元気を再確認したあとは、「OUR TWENTY FOR」より 『LOVE ME LOVE ME』。メンバーから客席へ指ハートの嵐です。
ダンサブルなナンバー 『SPECIAL NIGHT』では、スクリーンにそれぞれダンスをするメンバーが登場。ステージでの本人と、スクリーンの中で踊る本人とを、同時に見て楽しめるという楽しい演出です。

続けて3曲が終わり「皆さん楽しいですか?!」とYOONが客席への呼びかけるも、元気いっぱいの返事をする客席の中に、少しも笑わない古家さんをMINOが発見。「はじめましてさん(この日だけの古家さんの呼名)、どうして無表情ですか?」とすかさずMINOから質問が。次々と見事なまでに質問をかわす古家さんに、会場は笑い声で溢れました。

青い海の映像をバックに南国のリズムと雰囲気で 『ISLAND』。つづけて彼らが再始動し転機となったアルバム「FATE NUMBER FOR」より、韓国の数々の音楽ランキング番組でも1位を獲得、音楽配信チャートGAONでは累積音源ストリーミング 1億回再生を突破した『REALLY REALLY』。スタイリッシュで洗練されたメロデイとリズム、そして大きな掛け声で更に盛り上がる会場。曲の終わりで客席から「愛してる!」と声が掛かると、嬉しそうに微笑むYOONの優しい笑顔が印象的でした。

「最後の曲です!一緒に歌いましょう!」と 『LA LA』でYOONが叫ぶと、歌う声がますます大きく激しくなりジャンプする客席は、ステージからも顔が見えるほどに明るくライトアップされ、「叫べ 止まらない俺たち」「踊れ 力尽きるまで」という歌詞と共に会場全体の興奮も最高潮に。
最後は「福岡のみなさん、ありがとう!」と言葉を残し、一旦はステージを下りるメンバー。

すぐにアンコールがかかると、ツアーTシャツに身を包んだYOON、JINU、HOONYの3人がステージに登場。

『DON’T FLIRT』
『LUXURY』

ここで公演ごとのお楽しみ「今日の主人公」。福岡公演2日目はMINO!福岡名物:あまおうにかけて、イチゴのカツラ、イチゴの衣装を着た彼は「あまおうイチゴのMINO=あミノイチゴ」とメンバーより命名。仮装の恥ずかしさをタオルで隠しながら歌う仕草が笑いを誘います。しかし歌の最中には客席から色々なかぶり物がほかメンバー達にも投げられたり手渡されたりで、結局は全員が仮装のような状態に。MINO「俺だけが主人公なのに、これじゃ誰が主人公かわからない!!」と少々ご立腹。せっかくの「あミノイチゴ」の影が薄くなってしまったので、「今日の主人公はMINOです!!」と改めて強く主人公推しをする優しいYOON。ラスト2曲の前にメンバーから今日の公演の感想が届けられました。

JINU:昨日も今日も皆さんの力(パワー)がバリ強くて、僕はその力(パワー)を今日ももらいました。それがすごく気持ちいいです!いつもこれからもWINNERを応援よろしくお願いします!みなさん、愛してるよ!!

HOONY:福岡は楽しくて、自分と福岡はとても似合う(合う)と思いました。皆さんもそう思いますか?!今日はインタビューも良かったと思います。これからももっと頑張って皆さんをもっと幸せにできるWINNERになります!

YOON:HOONYさんと僕は福岡に一番近い釜山の出身だから、僕も福岡に似合うと思っています。今日福岡で、色んな新しい経験が沢山あったと思ってます。皆さんのおかげです。本当に今日一日心からありがとうございました。

MINO:今日はあんまり主人公の感じがしなくて。。。でもとっても楽しかったです。久しぶりの福岡公演でしたが、本当に気持ちが良くて感動をもらいました。皆さんが超元気で楽しくて、僕も本当に楽しかったです。いつも感謝しています。福岡は釜山と近いし、暖かいし、良い景色もあるし、色んな経験がたくさんありました。本当にありがとうございます!

YOON:このタイトルを作った瞬間の気持ちを忘れないWINNERになります。いつでもどこでも、待っててくれる皆さんがいたら会いに行くWINNERになります。これからも応援よろしくお願いします!

『JUST ANOTHER BOY』
『EVERYDAY (remix ver.)』

ファンにはもうお馴染み、「WIN:Who Is Next」のWINNERになるために放たれた大事な一曲と、通常のバージョンとは違う明るいリミックスバージョンの『EVERYDAY (remix ver.)』により、会場は最後の最後まで温かな一体感に包まれていました。
10/2(火)・10/3(水)と2日間にわたるWINNER福岡公演のステージは、「皆さんのおかげで今日一日本当に幸せな思い出ができました。ありがとうございます!」とファンや全てのスタッフ&ダンサー達への感謝の言葉でしめくくられました。

(文:溝田則子/写真:オフィシャル(すべて福岡公演))


◆WINNER 2018 EVERYWHERE TOUR IN JAPAN
10月3日(水) 福岡・福岡市民会館 セットリスト

EMPTY
AIR
HELLO
EVERYDAY

★MINO:ソロステージ
BODY
TURN OFF THE LIGHT

★JINU:ソロステージ
Untitled, 2014 ~G-DRAGON~

★YOON:ソロステージ
It rains
本能的に ~ユン・ジョンシン~

★HOONY:ソロステージ
SERENADE
RINGA LINGA ~SOL~

WE WERE
FOR
RAINING
MOVIE STAR
IMMATURE
LOVE ME LOVE ME
SPECIAL NIGHT
ISLAND
REALLY REALLY
LA LA

★アンコール
DON’T FLIRT
LUXURY
JUST ANOTHER BOY
EVERYDAY (remix ver.)

—————————————————–

【WINNER 2018 EVERYWHERE TOUR IN JAPAN】
・9月8日(土) 大阪・オリックス劇場
1回目:開場13:00 / 開演14:00  2回目:開場17:00 / 開演18:00
・9月9日(日) 大阪・オリックス劇場
開場13:00 / 開演14:00
・9月15日(土) 宮城・仙台サンプラザ
開場16:00 / 開演17:00
・9月17日(月・祝) 岡山・倉敷市民会館
開場16:00 / 開演17:00
・9月29日(土) 長崎・長崎ブリックホール
開場16:00 / 開演17:00
・9月30日(日) 鹿児島・宝山ホール(鹿児島県文化センター)
開場18:00 / 開演18:30
・10月2日(火) 福岡・福岡市民会館
開場17:30 / 開演18:30
・10月3日(水) 福岡・福岡市民会館
開場17:30 / 開演18:30
・10月5日(金) 静岡・静岡市民文化会館 大ホール
開場17:30 / 開演18:30
・10月6日(土) 愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
1回目:開場14:00 / 開演15:00  2回目:開場18:00 / 開演19:00
・10月8日(月・祝) 神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール
1回目:開場14:00 / 開演15:00  2回目:開場18:00 / 開演19:00


▼WINNER 2018 EVERYWHERE TOUR IN JAPAN SET LIST
“WINNER 2018 EVERYWHERE TOUR IN JAPAN”セットリストが
各サブスプリクションサービスにてプレイリスト公開!!
https://lnk.to/winner-2018japantour_setlist

.
▼WINNERリリース情報
アーティスト名:WINNER
タイトル:EVERYD4Y
発売日:2018.10.03

①[ALBUM2枚組+DVD+スマプラムービー&ミュージック] AVCY-58753~4/B ¥6,200(税抜)
タイトル: EVERYD4Y
アーティスト:WINNER

発売日:2018-10-3発売
価格:¥6,200 (税抜)
品番: AVCY-58753~4/B
[CD1]
01 EVERYDAY
02 AIR
03 HELLO
04 TURN OFF THE LIGHT[MINO SOLO]
05 LA LA
06 FOR
07 WE WERE
08 LUXURY
09 MOVIE STAR
10 SPECIAL NIGHT
11 RAINING
12 HAVE A GOOD DAY

[CD2]
01 EVERYDAY -KR Ver.-
02 AIR -KR Ver.-
03 HELLO -KR Ver.-
04 TURN OFF THE LIGHT -KR Ver.- [MINO SOLO]
05 LA LA -KR Ver.-
06 FOR -KR Ver.-
07 WE WERE -KR Ver.-
08 LUXURY -KR Ver.-
09 MOVIE STAR -KR Ver.-
10 SPECIAL NIGHT -KR Ver.-
11 RAINING -KR Ver.-
12 HAVE A GOOD DAY -KR Ver.-

[DVD]
■MUSIC VIDEO
・EVERYDAY
・EVERYDAY -KR Ver.-
■BEHIND THE SCENES
・EVERYDAY -KR Ver.-
■DANCE PRACTICE VIDEO
・EVERYDAY -KR Ver.-
■WINNER’S HOLIDAY @ Nagashima Spa Land

.
②[ALBUM+スマプラミュージック] AVCY-58755 ¥3,100(税抜)
タイトル: EVERYD4Y
アーティスト:WINNER
発売日:2018-10-3発売
価格:¥3,100(税抜)
品番: AVCY-58755

[CD]
01 EVERYDAY
02 AIR
03 HELLO
04 TURN OFF THE LIGHT[MINO SOLO]
05 LA LA
06 FOR
07 WE WERE
08 LUXURY
09 MOVIE STAR
10 SPECIAL NIGHT
11 RAINING
12 HAVE A GOOD DAY

.
▼10/3(水)発売『EVERYD4Y』リリース記念
【メンバー全員ハイタッチイベント】開催決定!

10/3(水)発売 New Album「EVERYD4Y」のリリースを記念して、2/3(金)、2/4(土)、2/5(日)に【メンバー全員ハイタッチイベント】の開催が決定致しました。
New Album『EVERYD4Y』対象商品ご予約購入で、先着でご参加頂けます!
2月5日(火) 福岡IMSホールで行いますので是非チェックしてください。

<詳細>
https://ygex.jp/winner/news/detail.php?id=1065871
10/3(水)発売 New Album「EVERYD4Y」のリリースを記念して、2/3(金)、2/4(土)、2/5(日)に【メンバー全員ハイタッチイベント】の開催が決定致しました。
New Album『EVERYD4Y』対象商品ご予約購入で、先着でご参加頂けます!

【イベント内容】
メンバー全員ハイタッチ

【実施日程・会場】
■2019年2月3日(日) グランキューブ大阪
【第1部 開始時間】11:30~ (開場時間 11:00)
【第2部 開始時間】13:00~ (開場時間12:30)
【第3部 開始時間】14:30~ (開場時間 14:00)
■2019年2月4日(月) 竹芝ニューピアホール
【第1部 開始時間】11:30~ (開場時間 11:00)
【第2部 開始時間】13:00~ (開場時間12:30)
【第3部 開始時間】14:30~ (開場時間 14:00)
■2019年2月5日(火) 福岡IMSホール
【第1部 開始時間】11:30~ (開場時間 11:00)
【第2部 開始時間】13:00~ (開場時間12:30)
【第3部 開始時間】14:30~ (開場時間 14:00)
【対象商品】
2018/10/3(水)発売
New Album『EVERYD4Y』3形態同時購入セット
価格:¥6,000円(本体価格)+税

CD only [カン・スンユン盤] 品番:AVC1-58770 価格:¥2,000(本体価格)+税
CD only [キム・ジヌ盤] 品番:AVC1-58771 価格:¥2,000(本体価格)+税
CD only [ソン・ミノ盤] 品番:AVC1-58772 価格:¥2,000(本体価格)+税
CD only [イ・スンフン盤] 品番:AVC1-58773 価格:¥2,000(本体価格)+税

.
▼WINNERアルバム”EVERYD4Y”リリース記念キャンペーン企画

①WINNER 10/3 NEW ALBUM”EVERYD4Y”リリース記念 10月”EVERYD4Y” Twitter RTキャンペーン
10/3発売 NEW ALBUM “EVERYD4Y”のリリースを記念して、10/3(水)〜10/31(水)の毎日@YGEX Staffから投稿されるWINNER動画付きツイートをRTまたは引用RTしてくれた方の中から毎日抽選で1名様にお名前&サイン入りポスタープレゼント!
ダブルチャンスとしてこのキャンペーン中に引用RTしてくれた方の中からもっともWINNERを応援してくれた方に韓国2泊3日のペア旅行券を1名様にプレゼント!
ぜひこの機会に”EVERYD4Y”Twitter RTキャンペーンにご参加ください。

①”EVERYD4Y” Twitter RTキャンペーン:
10/3(水)から期間中、毎日投稿されるWINNER動画付きツイートをRTまたは引用RTしてくれた方の中から抽選で1名様にお名前&サイン入りポスタープレゼント!
②ダブルチャンス!!・引用RTキャンペーン:
10/3(水)からの期間中、毎日投稿されるWINNER動画付きツイートのいずれかを引用RTしてくれた方の中から選考で1名様に韓国2泊3日のペア旅行券をプレゼント!

●応募期間:
①”EVERYD4Y” Twitter RTキャンペーン
毎日投稿されるツイートに対して翌日の23:59まで

②ダブルチャンス!・引用RTキャンペーン
2018/10/3(水)〜2018/10/3123:59まで

●投稿方法:
① ご自身のTwitterアカウントにて、@YGEX Staff アカウントをフォロー。
② @YGEX Staff から10月中、毎日投稿される””EVERYD4Y” Twitter RTキャンペーン”の動画ツイートをRTないし、この動画の感想を引用RTでツイートしてください。

*選考基準はRT数やいいね数、WINNERへのメッセージ内容など総合的にみて選定させて頂きます。
*当選者様はDMにてご連絡いたしますので、@YGEX Staffアカウントのフォローをお願いします。
*応募対象は日本国内にお住まいの方のみとさせて頂きます。
*韓国ソウル2泊3日ペア旅行券詳細
[賞品内容]
・韓国ソウル2泊3日ペア旅行券
・往復航空券 (エコノミークラス)
・旅行社の定めるスタンダードクラスホテル (2泊 / 2名1室利用 / 食事なし)
・搭乗機関:~2019年2月28日搭乗分まで(※但し12月28日~1月6日は除く)
*上記期間内でも空席状況ほか諸事情によりご希望にそえない場合もございます。

[注意事項]
・発着地は東京(成田) または大阪(関空)となります。
・発着地までの交通費は自己負担になります。
・当選者1名様と同行者1名様の2名様が無料招待となります。
・同伴者様は当選者様と同一日程でご利用いただきます。
・空港税・燃油サーチャージは、当選内容に含まれます。

・以下の費用は賞品には含まれません。
(1) 出発空港~ご自宅間の交通費(日本国内線含む)
(2) 現地移動費用、現地ツアー費用
(3) 超過手荷物運搬費用、クリーニング費用、電話費用、飲食費用
(4) 渡航手続費用(旅券取得に関わる費用)

・詳細については、当選者にお送りする目録にてご案内いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

  1. 12月5日(水)に初のフルアルバムをリリースする「BLACKPINK (読み : ブラックピ…
  2. 韓国100%エンターテインメントチャンネル「Mnet」および日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「M…
  3. 2005年のデビュー以降、音楽のみならずバラエティ番組やMC、俳優など、エンタテインメントの第一線で…
  4. 今年“超新星”から改名し、今月6日にリリースした1stシングル「Chaper Ⅱ」がオリコンデイリー…
  5. 2018 年12 月、アジアで話題沸騰の台韓ハーフアーティストBii(畢書盡)が来日イベントを開催す…
  6. DEANの11ヶ月ぶりのニュー・シングル「dayfly feat. Sulli & Rad …
  7. 2004年7月、X JAPAN のYOSHIKI プロデュースとしても話題となったロックバンド「TR…
  8. 韓国で大ヒットしたオーディション番組「PRODUCE101」から誕生したプロジェクトグループ、JBJ…

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る