韓流ドラマ『前世の敵~愛して許して~』出演
クウォン ≪オフィシャルインタビュー≫

©松竹ブロードキャスティング

――除隊後初の出演作である『前世の敵~愛して許して~』で初主演を果たされた感想について
すごく嬉しかったですね。とても素敵な役柄だったので、絶対に出演したいと思っていた作品なんですよ。ありがたいことに出演が決まり、今作への出演は僕にとって“すごく嬉しい思い出”です!

――「前世の敵~愛して許して~」について
ホームドラマチャンネルにて『前世の敵~愛して許して~』が、9月より放送開始されます。
今作が、日本で放送される感想について教えてください。
韓国だけでなく日本でも放送されるということで、すごく嬉しく思いますし、とても励みになりますね。ドラマをご覧になりながら“愛”について改めて考え、“愛の偉大な力”を感じながら、癒やしの時間を過ごしていただけると嬉しいです。

――『前世の敵~愛して許して~』はどんなドラマですか?
本当に嫌いな人に対して使う“ウォンス(怨讐)”という言葉があるのですが、(今作の韓国版ドラマタイトルにある)“ウェンス(敵)”という言葉は一般的にはあまり使わない言葉なんですよ。(※ウェンス=主に全羅道地方で使われる。“敵のように面倒な存在”という意味。)『前世の敵~愛して許して~』は、ドラマタイトルとは異なり、本当の意味での“敵”が出てくるわけではないんです。一番身近な存在であり、一番愛すべき家族たちの“愛の苦悩”が描かれたドラマですね。

――クウォンさんが演じるミン・ジソクはどんな人物ですか?
ミン・ジソクは、社会的に成功している、有能なスター離婚専門弁護士ですね。そのため“愛”や“結婚”に対して疑問を抱いてる人物なのですが、チェ・ゴヤという女性との出会いにより、変化していくんです。愛に対して、あれほど冷めていたにも関わらず、“愛”によって多くのことを経験し、さまざまなことを克服していくキャラクターですね。

――相手役であるチェ・ユニョンさんも、クウォンさん同様、久しぶりのドラマ出演でしたが、演技の相性はいかがでしたか?
チェ・ユニョンさんは、僕よりも演技経験がある先輩なので、撮影現場では僕に合わせながら、すごく助けてくださったんですよ。ですので、僕たち2人の相性がすごく良く見えたのだとしたら、それはユニョンさんの素晴らしい心遣いのおかげだと思います。

――ミン・ジソクが理想のタイプを話すシーンがありましたが、クウォンさんご自身の理想のタイプは?
僕も、そのセリフは記憶に残ってます…(笑)でも僕は、相手のスペックなどはあまり気にしないですね。むしろ、“相手のためにスペックを高めたい”“人としてもっと成長したい”と思えるような刺激を与えてくれる方が理想のタイプです。もちろん、見た目も大事だとは思いますが、それよりも僕の向上心を刺激してくれる方がいいですね。

――最初は、チェ・ゴヤを不倫女だと誤解していたけど、徐々に彼女を好きになっていきますが、クウォンさんご自身は、第一印象を覆して、好きになることはありますか?
う~ん…。(第一印象を覆して好きになることは)あると思いますね!僕の仲のいい友人たちは男女共に、中学生の頃からの付き合いなのですが、その中の半分以上はケンカをして、親しくなった友人なんですよ。最初は、あまり仲が良くなかったけど、ケンカをきっかけに仲良くなった人たちが、
僕の一番の親友なんです。第一印象は悪くても、彼らのように親友になった例があるので、(劇中のような状況は)あり得ることだと思いますね。

――女性視聴者の心を掴む甘いキスシーンも登場しますが、その中でも一番、記憶に残っているキスシーンは?
演じた立場からすると、公園のすべり台でのキスシーンは、今作で初めてのキスシーンだったため、すごく緊張して、とても寒かったこともあり、苦労しながら撮影したので思い出深いのですが…。視聴者の立場として、記憶に残っているキスシーンは、カフェでゴヤが疲れてテーブルにうつ伏せて寝ている時に、僕が顔を近づける場面ですね。そのシーンは、口は触れてなくて、キスする直前までなのですが、実は『マイ・ブルーベリー・ナイツ』という映画のワンシーンのパロディなんです。すごくうまく再現できてるなぁと感じましたし、映像もとてもキレイに仕上がっているんですよ。だから、僕はこのキスシーンが記憶に残っていますね。

――高視聴率を記録し、多くの方々に愛された『前世の敵~愛して許して~』ですが、クウォンさんにとってどんな作品になりましたか?
久しぶりの復帰作だったので、とても緊張しましたし、主演ということもあり、今まで以上の大きな責任感を持って臨んだ作品です。長期間の撮影で、共演者の皆さんと息を合わせる時間も長かったため、僕にとってすごく大変だったことは確かですが、今作を通していろいろなことを感じ、学ぶことができたので、今作にはすごく感謝しています。

――今作を楽しみにしている日本のファンの皆さんへメッセージをお願いします。
『前世の敵~愛して許して~』を楽しみにしてくださっている日本のファンの皆さん!出演者、スタッフ一同、素敵なドラマを作り上げるため、たくさん努力をしました。今作をご覧になりながら、“愛の偉大さ”を感じていただけるのではないかなと期待しています。ぜひご覧ください!ありがとうございました!

(オフィシャルインタビュー)


★プレゼントのお知らせ 

クウォンさんのサイン入りポラを抽選で1名様にプレゼントいたします。

<応募方法>メルマガまたはTwitter、Facebookよりご応募ください。

◆すでにメルマガ会員の方
メルマガにて応募方法をお知らせします。
ご希望の方は追って必要事情をお書きの上ご応募ください。

◆すでにTwitterフォロワーの方
下記の指定のツィートをリツィートしてください。
指定ツィート:https://twitter.com/faep_japan/status/1038931024606986240

◆すでにFacebookフォロワーの方
下記の指定の投稿をシェアしてください。
指定投稿:こちらをクリック

◆まだメルマガ会員でない方
こちらから会員登録(無料)をお願いいたします。追って「登録完了メール」にて応募方法をお知らせいたします。

◆まだTwitterフォロワーでない方
F.A.E.P.のTwitterアカウントをフォローし、
上記の指定のツイートをリツイート&「プレゼント希望」と明記ください。

◆まだFacebookフォロワーでない方
F.A.E.P.のFacebookアカウントをフォローし、
上記の指定の投稿をシェア&FAEPの記事に「プレゼント希望」のコメントをしてください。

【しめきり】2018年10月13日(土)24時まで。

◆応募条件:現在日本在住の方に限ります(Applicant:Must currently reside in Japan.)
◆メルマガ・Twitter、Facebook、全てからの応募も可能です
◆抽選結果は、
○メルマガ会員様はご登録メールアドレスへのメール送信
○Twitter、Facebookから応募してくださった方には、メッセージの送信
◆ご応募でお知らせいただきました個人情報は、本人の同意を得ずに第三者に開示することはありません。


「前世の敵~愛して許して~」
(全123話)

[日本初放送][未DVD化][ノーカット版][日本語字幕版][HD]

© 2017-2018MBC
衝撃展開の連続で病みつき必至!
男女のまっすぐな愛と人間の欲望、家族間の争いを描く全123話の長編ドラマ!

★放送日:9/17(月)スタート!
毎週(月)~(金)後11:30~深0:15 他
☆再放送:9/18(火)より
毎週(月)~(金)前7:15~8:00 他

・制作:2017年/韓国
・脚本:キム・ジウン
・演出:キム・フンドン
・出演:クウォン、チェ・ユニョン、アン・ジェモ、コ・ナヨン 他

<<ストーリー>>
一家の大黒柱として健気に生きるヒロインに訪れる初めての恋。その恋の行方を、ヒロイン家族や相手家族との対立を交えて描く、ホームロマンス。出演は「清潭洞<チョンダムドン>アリス」のクウォン、「きっと☆うまくいくよ!」のチェ・ユニョン他。

.・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆詳しくはHPへ:
http://www.homedrama-ch.com/
・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ホームドラマチャンネル 韓流・時代劇・国内ドラマ」とは。。。?
韓国ドラマ、時代劇、国内ドラマの初放送や人気作品を毎日放送。
さらに、話題のK-POPや人気のバラエティ番組もゾクゾク登場!
ご家族みんなで楽しめるドラマ専門チャンネルです。

こちらで視聴可能↓
【スカパー!】Ch.294
【スカパー!プレミアムサービスHD】Ch.661
【スカパー!プレミアムサービス光】Ch.661
【J:COM】555ch
【ひかりTV】Ch.460(HD)
【CATV】全国195局 ※2018年 9月現在

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

  1. 韓国観光公社福岡支社(支社長:林用黙)では、12月4日(火)福岡国際センターにおいて「新韓流フェステ…
  2. 【いい音楽で一度、素晴らしいパフォーマンスで二度魅了させる】と言う意味を持つ、Asia No.1…
  3. 今、日本で最も旬な韓国のラッパー・SALU(サル)と作品ごとのコンセプトを重視し、トレンドから一線を…
  4. 12月5日(水)に初のフルアルバムをリリースする「BLACKPINK (読み : ブラックピ…
  5. 韓国100%エンターテインメントチャンネル「Mnet」および日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「M…
  6. 2005年のデビュー以降、音楽のみならずバラエティ番組やMC、俳優など、エンタテインメントの第一線で…
  7. 今年“超新星”から改名し、今月6日にリリースした1stシングル「Chaper Ⅱ」がオリコンデイリー…
  8. 2018 年12 月、アジアで話題沸騰の台韓ハーフアーティストBii(畢書盡)が来日イベントを開催す…

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る