noovy <F.A.E.P.単独インタビュー①>2018/8/6(月)

© F.A.E.P.

8月6日(月)、前日の熊本でのプロモーションから戻ったばかりのnoovyのメンバーは、この日朝5時からの福岡の地元ローカル番組の生放送に出演。その後もラジオ収録などかなりのハードスケジュールでしたが、F.A.E.P.のインタビューも快く受けてくれました。

F.A.E.P.(以下F):1度目のインタビューが2017年5月。2回目が2018年2月。今回が3回目のインタビューになります。いつもお時間を頂いてありがとうございます。朝早くから様々なメディアへ出演されて忙しいと思います。今日は特に早朝の番組に出ていましたが、朝は皆さん強いんですか?だれが一番寝起きが悪いのでしょうか?

© F.A.E.P.

Shawn:誰が寝起き悪い・・・うーん、でも僕じゃないです!僕は自信があります。
Hank:僕も!
Mark:僕も最近は良くなってる・・・。
F:前はダメでしたか?
Mark:ダメでした・・・・。
JK:僕も大丈夫です!
F:でも今日は朝が早かったので眠たくないですか?
Shawn:テレビの収録が終わって5時間ぐらいあったのでホテルで休みました。
F:お昼寝したんですね、良かった。安心しました。

F:先週の台湾フェスタではMarkさんとHankさんが熱中症になってしまったとか。
それをJKさんが刮痧(かっさ)をしてあげたそうですね?
Shawn:日本語では「かっさ」ですか?台湾だと「グアシャ」って言いますよ。
F:発音が違うんですね?それで熱中症対策として今回は扇子のお土産を用意しました。

(袋を開ける4人。扇子には「よかろうもん」の文字が書いてあり口ぐちに練習する。スタッフより「没错(それは正しい)」という意味だと通訳される)

© F.A.E.P.

F:まだまだ暑い日が続くので役立ててもらえればと思います。後ほど、ファンの皆さんにプレゼントとして、皆さんのメッセージ入りの扇子を作ってもらおうと思っています。
Shawn:わかりました!

F:では、最初のインタビューの時に皆さんに「台湾のおススメポイント」を教えてもらいましたが、皆さんも1年半日本での活動も行っていますし、福岡も3回目ですし、今回は皆さんが台湾の方々、例えば家族や知人などにおススメしたい日本や福岡の食べ物や観光地、ポイントはどこだと思いますか?
Shawn:僕たちは今回福岡(中州)の千年夜市に行きました。それは家族とか友達とか連れて行きたいです。屋台も行ったし、焼き明太子も食べました!あとスイカ!安かったので持ち帰って食べました。

© F.A.E.P.

F:台湾のスイカと日本のスイカってちょっと違いますよね?台湾のスイカは皮が薄いイメージです。
Shawn:そうですか・・・気がつきませんでした。
Hank:僕は屋台かなぁ。
F:福岡じゃなくてもいいですよ?
Hank:じゃぁ、ディズニーランド!
F:あ、行った事があるんですね?
Shawn:僕達は行ってませーん!Hankだけ行ったので僕達も行きたいです。
Mark:僕は友達と一緒に楽器屋さん。
(Markらしい回答に他の3人が一斉に笑い出す)

© F.A.E.P.

JK:毎日楽器屋だね?
Mark:日本の楽器屋はすごいから。
JK:僕はフィッシング!釣りです。僕のお父さんは日本の釣り番組をいつも見てました。
F:えー!
Shawn:台湾では有名ですよ!
JK:だからお父さんと一緒に釣りに行きたいです。

© F.A.E.P.

F: 8/4には福岡でもリリースイベントを行って、F.A.E.P.もHMVでのイベントを取材させてもらったのですが、楽器のトラブルがありましたね?セットリストは本当に急遽変えたんですか?
Shawn:そうです急遽です。あの場で決めてやりました。なので特別です。
F:その特別がファンにとってはラッキーでしたね?
Shawn:特別なライブはいいですよね?ほぼ毎日ライブをやっているので少しトラブルがあっても、それが嬉しいです。
F: TWICEの曲だったのも驚きです。台湾の曲のカバーでもなく、それもガールズグループの歌だったので。
Shawn:それはですね!うちHank君がTWICEを大好きだからです!
F:あー!そうなんですね!
(照れくさそうにするHank)

© F.A.E.P.

Shawn:毎日部屋でTWICEのミュージックビデオを見てます。
僕は同じ部屋なんですけど毎日新しい曲を聞いてます。

JK:お風呂の時も!
Shawn:そうです、流れてます!
F:韓国語盤で聞いているんですか?日本語盤ですか?
Hank:どっちもです。
F:じゃあ、先日披露した『Candy Pop』は練習していたんですか?
Shawn:そうです、ライブでも歌ったことがあります。
F:他にはカバーしたりすることありますか?
Shawn:ONE OK ROCKとか清水翔太さんとかですね。
F:そうですね、皆さんそのようなイメージです。
だからこそ、当日会場にいらしたファンの皆さんがTWICEを聞けたのは、本当にラッキーでしたね。

© F.A.E.P.

F: 今回の3rdシングルですが3曲がどれも特徴があって面白いなと思いました。知らない方が聞いたら本当に同じグループの歌なの?って感じるんじゃないかと思います。
Shawn:でも3曲とも夏にピッタリだと思います。

F:『僕たちの花火』は少し切ない曲ですね?女性目線からと男性目線からの歌詞となっていますが、歌詞を最初にみた時どんな印象でしたか?
Shawn:最初に歌詞見た時は本当に切ないなって。僕はバラードが好きなので、この曲を聴いて、この曲歌いたい!やっとこういう曲に出会えたなって思いました。それに僕達は台湾でこの歌の歌詞を使って日本語の勉強もしました。
Hank:男女の同じ恋の中にいるのに違う気持ちを描いた歌なんですが、わりとありがちな恋なんじゃないかなぁって日常に近い感じで共感できました。
Mark:台湾では「花火のシーン」が「切ない」とか「失恋」っていうイメージがあまりないんです。「花火」に対して「失恋」のイメージがあるっていうのは、どちらかというと日本っぽいなぁと思って。ドラマやアニメでもよく見るシーンだなと思いました。
JK:メロディと歌詞が合わさると、自然とその情景が浮かぶような曲だな、と思いました。

F: 今年の夏はフリーライブツアーで大忙しで夏を楽しむ暇もなさそうですが、今まで経験した夏の想い出の中で記憶に残っている事はどんなことでしょうか?
Mark:小学生の時、家族全員で海沿いの島みたいな所で花火を見たのをすごく覚えてます。
Shawn:おばあちゃんの家が実家と少し離れていて、毎年夏はおばあちゃんの家に遊びに行ってたんですが、おばあちゃんちは海沿いで、その時にしか会えない幼馴染がいたんです。

© F.A.E.P.

F:女の子ですか?
Shawn:女の子です。その子だけじゃなくみんな仲良しだったんですけど、毎年彼らに会うのが楽しみでした。でも小学校6年生の時に急にその女の子が引越してしまって・・・。
JK:えーー悲しいー。
Shawn:何の連絡ももらってなくて急にいなくなってしまったので、とても寂しかったです。恋愛感情とかではなかったと思うんですが、いつもの仲良しのメンバーから急に1人がいなくなったので寂しかったです。
Hank:台湾の夏といえばプールのアミューズメントみたいなものができるんですけど、夏の想い出はだいたいそこで友達と遊んだのが一番ですね。
JK:10年前に家族全員でタイに旅行に行ったのがすごく想い出になっています。それから家族旅行ができていないんです。

F:『LION DANCE』はうってかわってゆるさが癖になる曲ですが、YouTubeでの再生回数も15万回を越えていますが、1度聞くと忘れられないサビのフレーズが私も好きです。歌詞を考えれば考えるほど謎が多いんですよね。
Shawn:意味はないんです!
F: 本当に意味がないんですね?そもそも、これはなぜ「ライオン」なんですか?
Shawn:中華圏には有名な「ライオンダンス(中国獅子舞)」があるんです。お正月とかに出てきます。
歌詞の中にも「獅子が舞う」というフレーズもあるし、台湾出身の僕達のイメージに獅子舞が合うんじゃないかと思いました。最初曲ができて、タイトル何にしようかって話になったんです。その時に英語だったら可愛いかなとも思って『LION DANCE』にしました。
F:そうなんですね!タイトルの方が後なんですね。
Shawn:歌詞に関しては真面目には考えなくて大丈夫です!

© F.A.E.P.

F:では次にアルバムのお話を聞かせて頂きたいのですが、9/5に発売になるファーストアルバム「LION」ですが3形態での発売という事で、A版が写真集付き、B版が台湾での1stアルバム付き、C版は『Lily』と『ONE』の日本語バージョンが入っているそうですね?
Shawn:今回の写真集、それからジャケットは台湾の有名なスポットで撮りました。
F:台湾なんですね?ジャケットの写真はどこですか?
Shawn:これは淡水です。日本のファーストアルバムなので、日本の皆さんにも僕たちの地元の台湾の魅力を知ってほしいので、台湾でブックレットとミニ写真集を撮りました。
F:では写真集には他にも台湾の色んな風景が映ってるんですね?
Shawn:はい!夜市なんかも映ってます。

© F.A.E.P.

Mark:このアルバムは僕達1年半の日本活動の集大成です。いっぱい新曲も昔の曲もあって、昔のnoovyも今のnoovyもあって、色んなnoovyが集まったアルバムになっています!

© F.A.E.P.

Hank:初めてライブ映像が収録されています。昔からのファンからリクエストも結構あったので、ファーストアルバムの中で僕達のファースト日本ツアーの映像が見られるのは記念すべき事じゃないかと思います。僕達もライブを結構こなしてきたので楽しんでもらえたらと思います。

© F.A.E.P.

JK:このアルバムは色んなジャンルの曲が入っています。僕達の日本の初めてのフルアルバムなんですけど、このアルバムからnoovyの事を知る方もたくさんいると思うし、このアルバムをきっかけにnoovyの多様性を感じてもらえればと思います。

© F.A.E.P.

F:C版には『Lily』と『ONE』の日本語バージョンが入りますが、『KALEIDOSCOPE』も日本語バージョンがありましたよね?中国語で歌っていた歌詞を、あらためて日本語で歌うのは難しくないですか?
Shawn:ライブの時はよく間違えます。Aメロでは中国語だったのに、Bメロは急に日本語になったり、自分でも混乱することがあります。
F:そういう事もあるんですね?でもファンの皆さんも中国語の方が聞きなじみはあると思うんですが、一緒に歌いたいって思うと日本語になってくれるとありがたいですし、嬉しいと思います。特典の写真集についてですが、気に入っている撮影スポットはありますか?
Shawn:饒河街夜市の隣にある慈祐宮というお寺なんですが、そのお寺は自分の中でも内装が素晴らしいと思っているお寺なので、その中で撮影できたのは印象的だったし、そこは夜市も一緒に楽しめるのでおススメのスポットです。
Hank:今回淡水でアーティスト写真とジャケット写真を撮ってきたんですけど、近くに下町とかもあって海沿いで夕焼けをみながら、沢山美味しい物も食べれるしおススメです。とても台湾の伝統の文化が浸透している街なので裏道なども散策してみてほしいです。
F:淡水のイメージは私は恋人達の街というイメージがありました。夕焼けを見にカップルでお出かけして、2人乗りの自転車に乗って、ながーいソフトクリームを食べるんですよね?
Hank:確かにデートスポットとしても人気ですが、家族で行っても楽しめますよ。船とかもありますし。
JK:わりとスナップ風に撮っている写真も多いです。いわゆる一般の台北の街でさりげなく撮った写真もあります。僕達がバイクに乗った写真とかもあります。たくさんのバイクが並んでいる風景はあまり日本では見ないと思いますので面白いと思います。ぜひその台湾っぽい雰囲気を味わってほしいです。
(ShawnとHankが2人でコソコソと笑いながら話をしていたのですが、ここで急にShawnが挙手)
Shawn:あの・・・質問です!
F:はい?

© F.A.E.P.

Shawn:日本の方はあんな沢山のバイクを見るとどんな感じですか?
F:川みたいに大量に流れてくる所ありますよね?
Hank:あります!
F:あれは本当にすごいなって思いますし、
台数もですけど・・・いったい一台に何人乗れるんだろう?って思います。

(大爆笑する4人)

Shawn:3人ぐらい?
Hank:3人は乗れるね。
JK:乗れる!
Mark:僕は最大5人乗ってるのを見た事ある!

© F.A.E.P.

F:そうですよね。後ろに乗っているお母さんが赤ちゃんをおんぶしてて、運転手のお父さんの前に小さい子供がいて、足元にワンちゃんがいるとか。
Shawn:そうです(笑)!
Hank:台湾っぽいですか?
F:そうですね、すごく台湾っぽいですね。あとはマスクと、ジャケットを前から袖を通して着てる姿ですね。
(「あぁ!!」と一斉に声をあげる)
F:そういう台湾の風景は私は大好きですねぇ。
Shawn:ありがとうございます!

© F.A.E.P.

(次ページ➁へつづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

  1. 12月5日(水)に初のフルアルバムをリリースする「BLACKPINK (読み : ブラックピ…
  2. 韓国100%エンターテインメントチャンネル「Mnet」および日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「M…
  3. 2005年のデビュー以降、音楽のみならずバラエティ番組やMC、俳優など、エンタテインメントの第一線で…
  4. 今年“超新星”から改名し、今月6日にリリースした1stシングル「Chaper Ⅱ」がオリコンデイリー…
  5. 2018 年12 月、アジアで話題沸騰の台韓ハーフアーティストBii(畢書盡)が来日イベントを開催す…
  6. DEANの11ヶ月ぶりのニュー・シングル「dayfly feat. Sulli & Rad …
  7. 2004年7月、X JAPAN のYOSHIKI プロデュースとしても話題となったロックバンド「TR…
  8. 韓国で大ヒットしたオーディション番組「PRODUCE101」から誕生したプロジェクトグループ、JBJ…

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る