「韓国4大ボーカリストの1人」ISU、ソロ公演『ISU of M.C the MAX in Japan』を2018年9月22日(土)に開催!

圧倒的な歌唱力を持ち「韓国の4大ボーカリストの1人」、韓国アーティスト達のレジェンド的存在、M.C THE MAXボーカル「ISU」が、2018年9月22日(土)「有楽町ヒューリックホール東京」にてソロ公演 「ISU of M.C the MAX in Japan」を開催します。

M.C THE MAXはムーンチャイルドとして2000年にデビュー後、2002年にバンド名をM.C THE MAXに改名、韓国を中心に活動しています。(所属はISUが代表を務める「325 E&C」)
卓越したボーカル、ドラマティックな楽曲と哀しい歌詞による「泣かせるロック・バラード」でヒットを連発。瞬く間に韓国を代表するボーイズバンドとなり、音楽シーンを席巻していった現在のK-POPシーンにおいても、彼らの高い音楽性に強く影響を受けたアーティストは後を絶ちません。2016年発売のアルバム『「PATHOS」~どこまでも』は音楽チャート1位を記録し、発売以降 常に主要音楽チャート上位を維持しています。

カラオケやエンターテインメントコンテンツを提供しているTJコミュニケーションによると「2016年韓国で最も歌われた曲トップ100」ではM.C THE MAXの「No matter where(どこでも)」が見事に1位を獲得し、M.C THE MAXは同曲を含む6曲が100位以内にランクインしています。
「No matter where(どこでも)」に於いてはYoutubeでの再生回数35,037,332 回を更新中。そして、あの東方神起チャンミンが昨年の軍隊活動の義務警察のステージで披露していることで日本でも大変な話題となりました。

日本との関係性では2002年にX-JAPAN の名曲「tears」をリメイクした「少しだけさよなら」がM.C THE MAXデビューと同時に韓国で大ヒット、そして2003年には安全地帯の「愛の詩(ショコラ)」のカバー曲の日韓同時プロモーションで話題をさらいました。
また、広瀬香美の楽曲提供で3枚目アルバムのリード曲「幸せにならないで」も大ヒットとなり、今もなお韓国国民に愛され続けています。
特有の魅力的な歌声と圧倒的な歌唱力で韓国の数多いアーティストが憧れる本格派ボーカリストM.C THE MAX「ISU」。
韓国のエンターテイメント業界では、ISUのボーカルに魅了され影響を受けた20代30代の男性アーティストが大勢います。感受性豊かに歌い上げるISUのボーカルが日本の人々の心を揺さぶることもきっと間違いないでしょう。
数々の韓国ドラマ挿入歌(OST)へも参加しているM.C THE MAXですが、日本でも人気の韓流ドラマ「カネの花」のOSTで流れる「My Way」は、2017年11月以降、今もなおチャート1位2位を維持。そしてJYJユチョン主演の韓流ドラマ「においをみる少女」の中で流れる「その男はね」や、「太陽の末裔」の挿入歌「君、風になって」なども日本の韓流ドラマファンの記憶にも新しいはずです。

2018年9月22日 有楽町ヒューリックホール東京で開催されるISU氏ソロ公演 『ISU of M.C THE MAX in Japan』に、今から熱い視線が向けられています。
.

【韓国ドラマ挿入歌(OST)再生回数(2018年6月現在】】
「No matter where」再生回数 35,037,332 回
https://www.youtube.com/watch?v=va5rf20Un24

.
太陽の末裔「君、風になって」再生回数12,191,895回
https://www.youtube.com/watch?v=GKVNfsSAFys&index=1&list=PLvGtUIV3urAeDAeDcAGMBC8bdbYGw42w7

.
路上ライブにISU本人が出現!Youtubeで話題になった動画
https://www.youtube.com/watch?v=3KSt2MgRLHU
再生回数 18,297,599回

 

.
【コンサート】
2018年03月 ISU氏 日本初ソロコンサート (マウントレーニアホール渋谷)
2017年~2018年 M.C The Max-wintering 全国ツアーチケットー全席即日完売
2016年12月 M.C The Max-冬越し全国ツアー(韓国内6都市):3万人観客動員
2016年02月 M.C The Max-PATHOS全国ツアー(韓国内5都市):3万人観客動員
2014年12月 M.C The Max-冬越し全国ツアー(韓国内5都市):2万人観客動員
2014年03月 M.C The Max-『あなたが通り過ぎる』発売記念ツアー(韓国内3都市):1万3千人観客動員

【受賞歴】
2014年 第6回メルロン・ミュージック・アワード音楽スターバラード部門
2008年 第17回ハイ・ワンソウル歌謡大賞-優勝
2007年 サイワールドデジタルミュージックアワード『Song Of The Month』大韓民国演芸芸術賞-グループ部門歌手賞
2006年 第21回ゴールデンディスク賞-優勝
2005年 SBS歌謡大賞-優勝
2004年 第19回ゴールデンディスク賞-優勝、SBS歌謡大賞-優勝

★【メルマガ会員登録で先行予約受付!】★
8/3(金)15時までにM.C THE MAX ボーカルISU日本公式サイトのメールマガジンにご登録いただくと、2018年9月22日(土)「ISU of M.C the MAX in Japan」ヒューリックホール東京ISUのコンサートの席を優先してご提供致します。また今後のISUの日本での活動情報などいち早くお知らせいたします。
入会金・年会費など無料ですので、お気軽に登録フォームからご登録ください。
■メルマガ会員ご登録 http://isu-mcthemax-jp.com/
■お問合せ:info@isu-mcthemax-jp.com

.

【コンサート開催情報】
会場:ヒューリックホール東京
日時: 2018年9月22日(土) 18時開演(17時開場)
チケット料金: 前売り6,900円(税込み)、当日7,400円(税込み)
※別途ドリンク代500円
※全席指定席チケット発売:8/4(土)pm12時から一般販売開始「eプラス(イープラス)」
■購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002268635P0030001

・主催:株式会社Gナンバー
・企画:株式会社Gナンバー、325 E&C
・制作:株式会社ビタースウィートエンタテインメント
・お問合せ先 : info@isu-mcthemax-jp.com
・Japan公式ホームページ : http://isu-mcthemax-jp.com/
・Japan公式Twitter : @isu_japan

注意事項
■7歳未満のご入場は出来ませんので予めご了承ください。
■7歳以上はチケットが必要となります。
■チケットの紛失・盗難など、いかなる場合でもチケットの再発行は致しませんので十分にご注意ください。
■理由の如何を問わずチケット発券後の払い戻しは出来ませんので予めご了承ください。
■チケットをご持参されないお客様はいかなる場合でもご入場できません。
■再入場は禁止とさせて頂きます。
■写真撮影・録音・録画機器(カメラ・ビデオ・撮影機能付き双眼鏡など)の持ち込み及び使用は禁止となります。またライブストリーミング(音声・映像の生配信)も禁止とさせていただきます。
万が一発覚した場合はデータを消去させていただき、機器の没収もしくは退場とさせて頂く場合がございます。
■危険物とみなされる物の持ち込みは禁止とさせていただきます。
■客席内は禁煙となっておりますので、所定の喫煙所にてお願い致します。
■本公演は、全席指定席となります。
■開演中に他のお客様のご迷惑になる行為はご遠慮ください。会場内外において、他のお客様のご迷惑になるような行為、係員の指示に従わない方については、退場していただく場合がございます。その際、チケットの払戻し等は一切致しませんので予めご了承ください。
■係員の指示に従わずに生じた事故等については、主催者及び出演者は一切の責任を負いません。
■入場時に別途500円のドリンク代がかかります
■車椅子の方は会場へ直接お問い合わせください。ヒューリックホール東京 03-5537-6911

※上記内容は、主催者側により事前予告なく変更される場合がございます。
変更事項がございましたら随時当サイトにてお知らせする予定でございますが
コンサート当日、会場の状況等によって急遽変更される場合もございますので、予めご了承くださいませ。

.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

  1. ©HS Entertainment Group Incorporated ◆アワード12冠獲得!総…
  2. 『プロデュース101シーズン2』に出演した後、プロジェクトグループJBJ(ジェイビージェイ)…
  3. 株式会社エクシング(本社:名古屋市瑞穂区 代表取締役会長兼社長:神谷 純)は、本日、8月20日(月)…
  4. BIGBANG・WINNER・iKON等、全世界をまたにかけ絶大な人気を誇るアーティストを多数擁する…
  5. メンズを中心にしたイベント事業・マネジメントプロダクション事業を展開する、株式会社エムドーン(本社:…
  6. 10人組K-POPアイドルグループUP10TIONが8月4日(土)大阪・8月12日(日)東京で『UP…
  7. 100%韓国エンターテインメントチャンネル「Mnet」および、日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「…
  8. 昨年末、活動休止前最後となった"海外アーティスト史上初の5年連続ドームツアー"【BIGBANG JA…

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る