韓国観光広報大使“BTOB”と行く韓国伝統市場 取材ツアーFAEPレポート⑤

 © F.A.E.P.

◆トリックアイミュージアム
3日目最終日、最後の取材はL7ホテル弘大の近くにある「トリックアイミュージアム」へ。
ソウルから始まったトリックアイミュージアムは、AR(拡張現実)および3D錯覚美術展示館で、観覧客が主人公になる新しい概念の文化・エンターテイメント空間です。
平面上の絵が立体的に浮き上がる作品に、AR効果をさらに加えた新しいタイプのミュージアムで、美術作品展示館としては世界で初めて作品にAR技術を取り入れ、驚きの体験を楽しんでもらうという美術館です。

専用アプリをダウンロードしてから館内を回ってください。アプリを通して映像を見ると・・・不思議な現象が起こります!

 © F.A.E.P.

このほか氷点下5度のアイスミュージアムなども体験できます。中にあるカフェでは、ドリンクに自分の顔をプリントできる『サジンラテ』という面白商品も!この日は30分待ちという大人気だったので、残念ながら時間が限られている私たちは試すことができずでした。

サジンラテ © F.A.E.P.

その他の写真:クリックで拡大

        

© F.A.E.P.

お土産にもらったポストカードがあります。実はこれにもトリックが!!可能な方は、アプリをダウンロードしてからこの写真をアプリで見てみてください。竜が動き出します!トリックイミュージアムは、この巨大バージョンの世界に自分も入り込み、楽しめる所と思ってください。

この写真をアプリで見ると・・・© F.A.E.P.

こんな風に立体で飛び出し、暴れ出します!© F.A.E.P.

アプリは「TRICKEYE」で検索。そして是非現地でも楽しんでみてください。
国籍も年齢も性別も関係なく楽しめるミュージアムは、友達同士でも家族旅行でもオススメです。

注※アプリに関してのお問い合わせにはご対応いたしかねます。その旨ご了承ください。
注※ダウンロード等に関しましては、携帯のご契約内容により通信料が発生する場合がございます。お客様のご契約内容をご確認いただきまして、可能な方のみお試しください。
注※通信料金が発生した場合、当方では一切の責任を負いかねます。

.
<トリックアイミュージアム>
住所:ソウル特別市麻浦区弘益路3キル20(西橋洞)
利用時間:9:00~21:00(入場締め切り20:00)
HP:http://www.trickeye.com

.

◆仁川国際空港→福岡国際空港
最後の取材を終え、仁川国際空港へ。帰りも第2ターミナルです。韓国最後の食事は4階にある『평화옥 ピョンファオク』にて。天井が高く、食器がインテリアとして飾られていたりと、シックでオシャレな空間でした。牛肉でスープをとったという平壌冷麺は、初めて食べるとてもやさしい味。キムチとケランチムが付け合わせで、さっぱりといただけました。

平壌冷麺 © F.A.E.P.

出入国にかかる時間を短縮するため、チェックインなどの手続きを全て自動で済ませられるシステムが導入されており、長蛇の列だった行きの福岡国際空港の大韓航空カウンターとは打って変わり、平日ということもあってか旅行者も少なくスムーズに手続きを済ませることができました。3日間、朝から夜遅くまで充実の取材ツアーでしたが、名残惜しいこの感じは旅にはつきものですね。

仁川空港第2ターミナル出発ロビー内© F.A.E.P.

<旅のまとめ>

今回の伝統市場取材、こんなにも市場を連続して訪問したのは初めての経験でした。3か所の古き良き市場がありましたが、そこここの個性があり、そしてどの市場でも外国人の私達にもとても親しみを込めて接客してくださったのが嬉しかったです。そして市場ならではのB級グルメも最高に美味しく、1日では食べつくせないほど沢山の種類で溢れていました。なんども通ってやっと、という具合に市場を極めてみるのも、楽しい韓国の楽しみ方かもしれません。今回はBTOBというエンターテインメントと伝統市場の融合したイベントも開催されましたが、このように「アーティストの本国で、街も文化もエンタメも一緒に楽しむ」と、より深くアーティストのことを理解できるような気持ちにもなり、さらには自分もこの国に少し溶け込むことができた、という嬉しい気持ちにもさせられました。素晴らしい4つ星のL7弘大という最新最上級ホテルに泊まりつつ、いにしえの文化にも触れながら歴史の流れを感じ、古いものと新しいものとの独特な共存の在り方を体感することができた取材ツアーでした。最後に、この度の取材ツアーにてお世話になったすべての皆様へ、多大なるご尽力をいただき心より感謝申し上げます。

(文:溝田 則子/写真:波多江 純一)
.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の取材ツアーで訪問させていただいた場所の下記のパンフレットは、
福岡の韓国観光公社内にも置いてあります。
(念のため、ご訪問前に開館、在庫等のご確認をお勧めいたします。)
そのほか、今回の取材先に関しましてのお問い合わせにつきましても、下記までご連絡ください。

●お問い合わせ:韓国観光公社(092)471-7174


★プレゼントのお知らせ 

A. 今回の取材先パンプレット一式と、
6/19リリースのBTOB 11th Mini Album [THIS IS US](FEEL ver.)BOXを
セットにして、1名様にプレゼント!

B. 韓国ガイドと光州ガイド、そして伝統市場のパンフレットと
市場で使える5000ウォン商品券をセットにして、1名様にプレゼント!

 

<応募方法>メルマガまたはTwitter、Facebookよりご応募ください。

◆すでにメルマガ会員の方
メルマガにて応募方法をお知らせします。
ご希望の方は追って必要事情をお書きの上ご応募ください。

◆すでにTwitterフォロワーの方
下記の指定のツィートをリツィートしてください。
指定ツィート:https://twitter.com/faep_japan/status/1022795111472582660

◆すでにFacebookフォロワーの方
下記の指定の投稿をシェアしてください。
指定投稿:https://www.facebook.com/FAEP.JAPAN/photos/a.418179604910378.98703.300277646700575/1903970972997893/?type=3&theater

◆まだメルマガ会員でない方
こちらから会員登録(無料)をお願いいたします。追って「登録完了メール」にて応募方法をお知らせいたします。

◆まだTwitterフォロワーでない方
F.A.E.P.のTwitterアカウントをフォローし、
上記の指定のツイートをリツイート「(A または B) のプレゼント希望」と明記ください。

◆まだFacebookフォロワーでない方
F.A.E.P.のFacebookアカウントをフォローし、
上記の指定の投稿をシェア&FAEPの記事に「(A または B) のプレゼント希望」のコメントをしてください。

【しめきり】2018年8月31日(金)24時まで。

◆応募条件:現在日本在住の方に限ります(Applicant:Must currently reside in Japan.)
◆メルマガ・Twitter、Facebook、全てからの応募も可能です
◆抽選結果は、
○メルマガ会員様はご登録メールアドレスへのメール送信
○Twitter、Facebookから応募してくださった方には、メッセージの送信
◆ご応募でお知らせいただきました個人情報は、本人の同意を得ずに第三者に開示することはありません。

.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

  1. ©HS Entertainment Group Incorporated ◆アワード12冠獲得!総…
  2. 『プロデュース101シーズン2』に出演した後、プロジェクトグループJBJ(ジェイビージェイ)…
  3. 株式会社エクシング(本社:名古屋市瑞穂区 代表取締役会長兼社長:神谷 純)は、本日、8月20日(月)…
  4. BIGBANG・WINNER・iKON等、全世界をまたにかけ絶大な人気を誇るアーティストを多数擁する…
  5. メンズを中心にしたイベント事業・マネジメントプロダクション事業を展開する、株式会社エムドーン(本社:…
  6. 10人組K-POPアイドルグループUP10TIONが8月4日(土)大阪・8月12日(日)東京で『UP…
  7. 100%韓国エンターテインメントチャンネル「Mnet」および、日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「…
  8. 昨年末、活動休止前最後となった"海外アーティスト史上初の5年連続ドームツアー"【BIGBANG JA…

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る