韓国観光広報大使“BTOB”と行く韓国伝統市場 取材ツアーFAEPレポート①

韓国観光広報大使に選ばれたBTOB

韓国観光公社(KTO)は今年2月27日(火)に、韓国そして日本でも大人気の7人組ボーイズグループBTOBを韓国観光広報大使に任命。『7人7色 韓国旅行』をテーマに、彼らは韓国を代表する様々なコンテンツ(公演、伝統市場、スポーツ、異色体験、クルーズ、イベント、グルメ)を全世界に向けて発信していきます。

広報活動計画の一つである『伝統市場』は、地域の特色ある食べ物や文化を楽しむことができるため、韓国旅行で必ず一度は訪れてみたい場所です。
その『伝統市場』について、文化体育観光部と韓国観光公社は『2018 韓国代表伝統市場』として全国で20か所の伝統市場を発表しました。下記の市場では、外国人観光客も楽しめるような様々なイベントの運営や、多言語によるガイドブック製作も行っていく予定とのこと。

●ソウル 通仁市場、南大門市場、望遠市場
●京畿  水原南門市場
●仁川  新起市場
●釜山  国際市場&富平カントン市場&チャガルチ市場
●大邱  西門市場
●光州  1913松汀駅市場
●江原道 原州中央市場、旌善アリラン市場、春川中央(浪漫)市場、束草観光水産市場
●慶北  安東市場
●忠南  舒川特化市場、公州山城市場
●忠北  清州六街総合市場、丹陽物見市場、
●全北  全州南部市場、南原公設市場
●済州  西帰浦毎日オルレ市場

キューブエンターテイメントホームページ:http://cubeent.jp(日本語)
韓国観光公社ホームページ:http://japanese.visitkorea.or.kr/jpn/index.jsp(日本語)


今回7月9日(月)~7月11日(水)まで、その伝統市場と、関連したBTOBのイベントを取材するべく、F.A.E.P.は韓国に伺いました。

© F.A.E.P.

7月9日(月)福岡国際空港から大韓航空にて一路韓国へ。到着した仁川国際空港第2ターミナルは2018年にオープンしたばかりとあって新しさが感じられました。ちょうど時間もお昼どき、韓国最初の食事は第2ターミナル地下1階 中央にある『KOREAN FOOD STREET』へ。国内有名店が連なるフードコートで、到着そうそう韓国の食を色々と楽しむことができます。(注文方法等日本語表記あり)

© F.A.E.P.

.
◆伝統市場『望遠市場(マンウォンシジャン)』
食事の後はさっそく取材。弘大(ホンデ)の近くにある伝統市場『望遠市場(マンウォンシジャン)』へ。事前に手渡されていた全国の伝統市場加盟店で使用可能な5000ウォン(日本円で約500円)商品券を手に、散策しながら市場取材を敢行。この商品券は個人でも購入できるので、韓国の市場好きな友人や家族にプレゼントをするというのも良いかもしれません。

5000W商品券 © F.A.E.P.

 5000ウォン商品券 概要 
※現金との交換はできません。
. ただし、合計購入金額が額面の60%以上の場合、残高を現金で返してもらうことができます。
※有効期間:裏面にある発行日より5年
※パスポートなど身分を確認するものを掲示し、銀行にて個人で購入できます。
※1人あたり現金で1ヶ月に30万ウォンまで購入できます。
※購入取り消しは可能ですが、当日にかぎり一回、買った本人しかできません。
(上記内容は、代行販売:ウリィ銀行にての確認内容)
※下記の14の銀行で購入可能です。

© F.A.E.P.

望遠市場は現地メディア取材も殺到しているグルメが話題で、当日も韓国メディアの撮影隊に遭遇。
日本でもお馴染みのお惣菜や、新鮮な海鮮のお店をはじめ、人気の高いタッカンジョン(甘辛いソースで和えた鶏の唐揚げ)のお店やコロッケ(揚げパン)のお店、そしていつもお客が行列というカルグクスのお店は、残念ながらこの日はお休みでした。

© F.A.E.P.

また量は日本の倍ほどなのに価格は半額という果物や野菜が山盛りで積まれていたり、毎月600本までしか作らないという『孔徳洞マッコリ』もありました(店頭に並んでいるのはサンプル。後ろの透明ケースにはおつまみの鳥の足が…)。そしてファンにはたまらない、俳優:チョン・ヘインのラベル商品を商店やコンビニでよく見かけました。韓国ではドラマ&CMで引っ張りだこ、日本でもFCができたばかりです。

© F.A.E.P.

また市場の所々の案内表記が可愛くて趣があるのが印象的で『地域の住民と芸術家が共に作っていく市場』というテーマを掲げているのもうなずけます。

© F.A.E.P.

市場のその他の写真:クリックで拡大

              

<望遠市場(マンウォンシジャン)>
買い物代行サービスや配送センターの利用、クーポン発行やイベント実施など、
さまざまな先進サービスを試みている市場です。
住所:ソウル特別市麻浦区圃隠路8ギル14
営業時間:9:00~21:00(休業日は店舗ごとに異なる)
.
(文:溝田 則子/写真:波多江 純一)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

F.A.E.P.より九州の味プレゼント

  1. 2019-9-24

    “地産全消”で地域の美味しさを全国に
    季節限定「野菜生活100 日田梨ミックス」 新発売 ~大分県産日田梨を使用~
    【12本セットを2名様にプレゼント!】

    “地産全消”で地域の美味しさを全国に 季節限定「野菜生活100 日田梨ミックス」 新発売 ~大分…

Select your favorite language

最近の記事

  1. BIGBANG、iKON、BLACKPINKら多くの実力派アーティストが所属するYG ENTERTA…
  2. ツアーを開催してきた地域で一番印象に残っていることは?ということで、今回会場がアリーナとホールの会場…
  3. ここでさらにMINOよりお世話になってきた方々への感謝の気持ちが述べられるも、感極まってしゃがみ込ん…
  4. © F.A.E.P. 福岡での初ライブ直前に単独インタビューのお時間を頂きました。入口にできた開場…
  5. 方Q(ファンキュー / Bass) 、小玉(シャオユー / Vocal & Keyboard…
  6. F: 日本語でのセルフカバーアルバムも出していますが、日本語はどうやって勉強しているのですか? 小…
  7. © F.A.E.P. 「福岡、まだみんなに届けたい曲があります。この歌は夏の恋の歌です…」と阿奎の…
  8. © F.A.E.P. ♪『一起去跑步』(一緒に走ろう) 時間が経過するごとにカッコよさ、セク…

F.A.E.P.レポート/インタビュー

  1. 2018-12-22

    「新韓流フェスティバル in Fukuoka」~韓流・テーマ観光コンテンツが大集合~
    2018.12.4(火)福岡国際センター F.A.E.P.レポート②

  2. 2019-4-20

    ソン・シギョン <F.A.E.P.単独インタビュー>2019年4月9日(火)

  3. 2019-3-27

    『NCT 127 1st Tour ‘NEO CITY : JAPAN – The Origin’』
    3/17(日)福岡サンパレス ≪F.A.E.P.クイックレポート≫

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る