ウォレス・チョン×アーロン共演のピュアラブストーリー
「メモリーズ・オブ・ラブ~花束をあなたに~」
DATVで8月 日本初放送スタート!

株式会社デジタルアドベンチャー(本社:東京都港区、代表取締役:チェ・グァンヨン)は、自社テレビ局「DATV」において、ウォレス・チョン主演のピュアラブストーリーを日本初放送することに決定いたしました。

©2018China International TV Corporation

「メモリーズ・オブ・ラブ~花束をあなたに~」(原題:一路繁花相送)は、今年2月に中国で放送されたドラマで、アジアのトップスター ウォレス・チョンと台湾の大人気ユニット飛輪海(フェイルンハイ)のアーロンが豪華共演したことでも話題に。ウォレス・チョンは「マイ・サンシャイン~何以笙簫默~」に続き、再び一途な男性を好演し、アジア中の女性のハートを鷲掴みに!一方、アーロンはヒロインを10年間支え、想い続ける役で見守り男子として絶大なインパクトを与えている。ヒロインへの切ない愛に胸が締め付けられる。
ヒロインを演じるのは、「最高の元カレ」でジェリー・イェンの元彼女役を演じ注目されたジャン・シューイン!本作では、一見強く見えるが、実は弱くて脆い女性を繊細に表現し共感を呼んだ。
それぞれタイプの違う2人の男性がヒロインを巡って繰り広げる恋の熱いバトルが見どころ。更に、アーロンが歌う主題歌「最久的瞬間」の切ないメロディがドラマを一層盛り上げる!
出会いと別れ、そして再会を描いたピュアラブストーリーを是非、DATVでご覧下さい!

.
【メモリーズ・オブ・ラブ~花束をあなたに~】日本初放送
放送日時:2018年8月6日 スタート 毎週(月)(火) 午後8:00~9:00
出演者:ウォレス・チョン、ジャン・シューイン、アーロン、リー・ミンシュンほか
データ:全30話 / 原題:一路繁花相送
<見どころ>
◆ウォレス・チョンが「マイ・サンシャイン~何以笙簫默~」に続き、再び一途な男性を好演!
◆台湾の大人気ユニット飛輪海(フェイルンハイ)のアーロンは見守り系男子がハマり役。
◆同名のネット小説が原作で中国最大の小説投稿サイトに投稿され人気を集め、2009年に書籍化。
◆1%を超えればヒット作と言われる中国現代ドラマ視聴率の中で平均2%とは、人気の高さが伺える。
◆アモイ島とミラノで撮影された絵になる風景の数々が、文芸小説のような美しい映像を彩る!
<あらすじ>
アメリカで映画監督をして成功していた路非(ウォレス・チョン)は、中国での映画撮影のオファーを受け、10年ぶりに帰国する。帰国の理由は10年前大学時代に付き合っていた辛辰(ジャン・シューイン)との約束を果たすためでもあった。急にアメリカへ路非が去った後、辛辰に寄り添い、友達として支え続けていたのは林樂清(アーロン)。でも、実は樂清はずっと辛辰を思い続けていて…。10年ぶりに突然姿を現した路非を前に、冷たい態度をとる辛辰。路非はひたむきに辛辰に思いを伝えようとするが…。

.
【韓流・華流イケメン見るなら DATV】
<放送局>
スカパー!プレミアムサービス 653ch.
スカパー!プレミアムサービス光653ch.
J:COM 762ch
ひかりTV 572ch その他ケーブルテレビにてご覧いただけます。
<ホームページ> https://knda.tv/datv/

.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

  1. 昨年末、活動休止前最後となった"海外アーティスト史上初の5年連続ドームツアー"『BIGBANG JA…
  2. 写真提供A・R・A 先月から韓国で好評放送中、今月からは日本の衛星劇場チャンネルでもオンエアー中の…
  3. 写真提供A・R・A 2006年の「思いっきりハイキック!」で女優デビューして以来12年間、数々の名…
  4. 株式会社GYAOがヤフー株式会社と協力して運営する映像配信サービス「GYAO!」は、今年初開…
  5. グローバルグループ・NCT 127(エヌシーティー イチニナナ)が今まさに音楽シーンを席巻している。…
  6. 昼公演 ©TAKASHI KONUMA 2018年、初主演ドラマ『よくおごってくれる綺麗なお姉さん…
  7. BIGBANG、CL、WINNER等、全世界をまたにかけ絶大な人気を誇るアーティストを多数擁するYG…
  8. ©F.A.E.P. DAY6が韓国4th MINI ALBUM を発売、待望のミュージックビデオが…

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る