『CODE-V ミニライブツアー2018~Thanks a lot~』
2018/5/6(日) 福岡 スカラエスパシオ F.A.E.P.レポート

左から、ソル、サンウ、ルイ、テフン、ナロ © F.A.E.P.

GW最終日、あいにくの雨の中にもかかわらず、福岡・天神のスカラエスパシオへ向かう人の波は、どこか軽やかな雰囲気がしているような気がしました。この日は同会場にてCODE-V ミニライブツアー2018~Thanks a lot~の福岡公演!しかも1月のミニライブツアー〜Beginning〜同様に福岡が初日!今回もF.A.E.P.が福岡公演をレポートします。

会場いっぱいに設置された座席。それでもまだ足りずに急遽座席を追加するほどファンが詰めかけました。BGMのボリュームがどんどん大きくなっていき、照明が落ちるとメンバーのシルエットだけがステージに浮かび上がります。

♪『EVERY WANNA BABE』

© F.A.E.P.

「みなさん!ただいまー!」と叫ぶナロ。メンバーとファンが一緒にクラップ。サビの両手をL字型にあげたダンスの部分は一緒に踊っているファンもいるようでした。

♪『Turn it up』

ソルが「もっともっと盛り上がる準備はいいですか?今日は最後まで盛り上がって行きましょう!」とさらにファンを煽り客席ギリギリの所まで近づいて行きます。ナロとテフン2人のパートの部分は少しセクシーな男性らしさを感じさせ、ルイは音楽に合わせて満面の笑顔で体を揺らし、まるでそこはクラブのような雰囲気です。

「みなさーん!ありがとうございます!CODE-Vです!」と挨拶。

© F.A.E.P.

まずは3月に急遽中止になってしまったツアーの福岡公演に来れなかった事を謝るメンバー。

サンウ:でも今日久々にお会いできたので、今めちゃくちゃ嬉しいです!
ルイ:3月に会えなかった分、2倍3倍みなさんと盛り上がって行きたいのでみなさん最後まで準備はいいですか?
ソル:今日は雰囲気がいいんですよ!外はめちゃ雨なのにね。みんなの顔を見たら全然晴れている感じがするんですよ。この気持ちで最後まで行きたいと思います!

自己紹介でも「ただいま!」「みんなの“おかえり”って声を聴きたかったです!」と何度も福岡へ帰って来た事を伝えてくれました。ファンとしてもメンバーから生で聞きたかった言葉だったようで、大きな声で応えていました。

♪『Spring Love』

春、CODE-Vに会ったら是非聴きたいと思う1曲。
ファンの歌うサビ前の「桜舞う頃」のフレーズが加わって完成される1曲です。

© F.A.E.P.

ソル:まだちょっとね、暖かくて春じゃないですか?(客席から小さく笑い声があがる)え?違うんですか?もう福岡は夏ですか?でもまだ気持ちは春なんじゃないですか?なので続けてもう1曲爽やかな雰囲気でバラードを歌いたいと思います。

♪『Dear Ms.Broken Heart 』

CODE-Vのハーモニーを存分に味わえる曲で、高音のファルセットが聴いていて震えそうになるほどです。
歌い終わりには歓声と共に大きな拍手があがっていました。

© F.A.E.P.

ナロ:すごい励ましてくれるあったかい曲ですよね?嫌な事があったらこの曲で癒されてくれたらなって思ってます。
ルイ:この曲は『道』というアルバムに収録されている曲で、LIVE TOUR 〜NEXT ROAD〜で福岡で歌いたかった曲の1曲なんですよね。
サンウ:この歌ですね、特にルイの「Don’t get hurt、 Don’t get hurt anymore」っていうところあるじゃないですか?「もうこれ以上傷つかない」っていうところ、すごいいいですよね。
ルイ:あーそういう意味でした?
サンウ:なんで知らないの・・・まぁ、いい歌って事は確実です!
ソル:ではもう1曲『道』の中からタイトル曲を歌いたいと思います。

♪『道』

© F.A.E.P.

アルバムのタイトル曲を披露。そしてバラード曲が続いた所で「CODE-Vといえばバラードだけじゃないですよね?カッコいいパフォーマンスの曲もあるじゃないですか?みなさん、かっこいいパフォーマンスも見たいですよね?」と次の曲へ。

♪『冷たいキス』

2018年最初のシングル曲でMVやジャケットも話題となった曲ですが、サビの「キス」をイメージしたダンスも同じくファンの間では話題になりました。その自分の腕に唇で触れるダンスは撮影会で同じポーズをリクエストするファンが続出するほどです。

© F.A.E.P.

♪『Masquerade』

福岡では初披露となった『Masquerade』。ダンスも表情も今まであまり見た事のなかったCODE-Vの一面で、あやしげでセクシーな声色に客席からも「カッコいい!」とため息交じりの歓声があがっていました。

© F.A.E.P.

今回も告知担当は末っ子テフン。「うちのお知らせ担当がみなさんに優しく親切にお知らせしたいと思います。」とソルがふると「怖がらないで、優しくするよ?」と笑顔のテフン。5月30日発売の新曲『大好きで大嫌い』と12月23日開催の東京ドームシティホールでのワンマンライブを告知。「武道館ぶりの大きい会場でのライブです。ちょっと遠いんですが、時間があったら遊びに来て下さい。」と言うテフンの後に「本当の気持ち的には時間がなくても遊びにきてくださいという気持ちですよ?僕達にとってはまた新たな挑戦っていう場所なんで、是非福岡のみなさんも友達や家族と一緒に遊びに来て下さい。」とソル。そして次がラストの曲だと紹介し、客席から「えー!」と声があがると「もっと長いライブみたいですよね?それなら12月23日に来てくださいね?その時はもぉーたっぷり!「もう帰りたい!」って思わせるぐらいたくさんやりますからね?楽しみにしてくださいね!」とソルらしいイタズラっぽい表情をみせました。

(次ページへつづく)

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

F.A.E.P.レポート/インタビュー

  1. 2019-5-14

    Niiisan’s <F.A.E.P.単独インタビュー>2019年4月7日(日)➀

  2. 2019-4-17

    JUN(from U-KISS)<F.A.E.P.単独インタビュー>2019年4月12日(金)

  3. 2018-11-23

    「MYNAME LIVE Tour 2018 〜KISEKI〜」2018/10/29(月)福岡 BEAT STATION
    F.A.E.P.レポート①

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

  1. 雲の切れ間から日差しが顔を覗かせ始めた7月21日の14時30分。3か月前の「福岡に戻ってくるよ。」と…
  2. 多様な国籍のメンバーで構成された韓国発のボーイズグループNCT 127(読み:エヌシーティー…
  3. 松竹ブロードキャスティング株式会社が運営するCS放送局「衛星劇場」(本社:東京都中央区 代表取締役社…
  4. 「アジアフォーカス・福岡国際映画祭2019」は、皆さまからの多大なるご支援とご協力を賜り、 …
  5. 俳優・歌手などマルチな才能で活躍するアジアプリンス、チャン・グンソクの展示会「COMEON JKS …
  6. 松竹ブロードキャスティング株式会社が運営するCS放送局「衛星劇場」(本社:東京都中央区 代表取締役社…
  7. 100%韓国エンターテインメントチャンネル「Mnet」および、日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「…
  8. 長崎県(本庁:長崎県長崎市、知事:中村法道)、ジェットスター・ジャパン株式会社(本社:千葉県成田市、…

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る