朱孝天(ケン・チュウ)[I・KEN] FANMEETING 2014 レポート

_Z2A9216写真提供 ASC

台湾のF4メンバー朱孝天(ケン・チュウ)が6月28日、日本橋三井ホール (東京・コレド室町5階)で昼、夜の2公演のファンミーティングを開催。FAEPでは夜公演をレポートします。

今回の来日は2012年8月のソロコンサート以来約2年ぶりとなり、ファン待望の交流を中心としたプログラムで、バラード3曲を含めた5曲を歌い上げ、魅力を余すこと無く魅せつけました。
「Hello!」とジーンズにピンクのジャケットで軽快に歌を歌いながら孝天が登場。司会者が「お昼の部も来た方は拍手を」と言うと、会場には割れんばかりの拍手が起こりました。1曲目を歌い終えた孝天は北京語で「あまりにも長くステージに立っていなかったので緊張しています。昼の部では間違いだらけで、そしてまた間違えてしまいました。皆さんと2年位会えなかったので興奮もしていました。実は昼の部の後に楽屋でずっと練習をしていましたが、また間違えてしまいました。」と、この相変わらずの真面目さを思わせるコメントに、会場は穏やかな笑いに包まれます。

司会者「2年間ずっと逢いたかった、これからもずっと一緒よという方拍手を」
そして割れんばかりの拍手に対して孝天は「何年もの間応援してくださって愛してくださって、本当に感謝しています。なかなか他のところではこの様な愛を感じる事は無いのですが。」とジョークも忘れません。そして深妙に「自分は多少皆さんに忘れ去られた存在だと思っていたのです。ここ数年間、北京で勉強をしたり、自分で商売をしたり、どちらかと言うと自分の事で精一杯で皆さんの前に出る事が出来ませんでした。今回ファンミーティングが行えたのは、今通っている北京の大学が夏休みに入ったので、その休みを利用して皆さんに逢いに来ました。大学では監督、映画に関して勉強をして居ます。将来は監督に成りたいという夢を持っています。」

_7D_3369写真提供 ASC

ここで司会者から「今まで観た映画の中で何が1番好きですか?、お薦めですか?」と聞かれ「オードリーヘップバーンさんの[ティファニーで朝食を]が好きです。きっと皆さんも好きですよね。ニューヨークへ行った時に実際、撮影されたティファニー店の前へ行って写真を撮りました。2回ニューヨークへ行っているのですが2回とも撮りました。」映画の話題が出たところで孝天は「脚本の勉強をしていて、宿題で初めての台本を書きました。ラブストーリーで凄く難しかったです。4日間かけてお酒を飲みながら書きました。ラブストーリーだけでは無く今後は全てのジャンルに挑戦したいと思っています。」と熱く語りました。
ここで2曲のバラードを熱唱し「ありがとう」と日本語で挨拶。

続いてのファンとの交流コーナーでは挙手で参加者を決めるのですが、孝天としてはイチ早く挙手をしたファンの方を選びたい様子で、会場の各ブロックまで通路を進み、目の上に手の平をかざしてライトを遮りながら中腰になり、挙手のWINNERを見逃さないよう懸命に目を凝らしている様子を見ると、相変わらずの実直さと優しさを感じました。

◆借り物競走~「空」からイメージ出来るもの~
中にはエアチケット、デパートのポイントカードまで借りた参加者がいて、孝天も声をあげての大笑いです。「2007年にファンの皆さんが台湾に来てくださった時に、僕自信が作った、各々形も柄も違う一輪挿しをプレゼントします。」 と、ハグもセットでプレゼント。優勝者は「涙の雨」と「空柄の雨傘」を選んだファンが選ばれ、更にサイン入りのツーショット写真がプレゼントされました。

_7D_2985写真提供 ASC

◆教えて!ケン~質問コーナー~
☆日常1番多く飲んでる飲み物のベストスリーは?
「プーアル茶、烏龍茶、緑茶です。以前はお酒が好きだったのですが、歳をとるに連れてあまり飲まなくなりましたね。」
☆好きなお酒は?酔い方は?
「ウイスキー、白酒、麦焼酎で、酔うと声が大きくなって机を叩き、後は泣きます。」
☆タイムマシンがあったらどの時代へ行きたいですか?
「唐朝(とうちょう)の時代です。歴史が好きですが、唐が1番大きな朝廷でした。残念なことに中国にはその時代の物が殆ど残されて居ないのです。唐の琴も日本の博物館で見ました。砂糖も日本には伝承されたのに中国には伝承されて居ないとか、非常に興味がある時代です。」
☆久し振りの日本で美味しい物は食べましたか?
「品川駅付近のラーメン屋です。ラーメンが好きで、特に豚骨ラーメンの背脂が好きです。品川駅の後ろの方を左に曲がった処ですから、皆さんにも是非行ってもらいたいです。」
☆ブレゼント抽選会
-2007年に作った花瓶、サンフランシスコで撮ったプライベートな写真-
「僕の家に置いておくと人目に触れないので、大切にしてくださる方へ贈りたいです。」
サインをして乾くように手であおいで、更にフーッと息を吹きかける姿が優しさに満ち溢れていました。

ファン達との記念撮影の後、司会者・通訳がステージから去り、孝天とファン達だけの世界へ。
「今夜最後の曲です。8年という長い時間、僕を応援して来てくださってありがとうございました。子供がいたら8歳に成っている長い年月ですよね。」と語り♪『RAIN』を熱唱、そして重大発表がありました。ファンクラブ [I・KEN]の無期限の休止の発表で、芸能活動の休止という意味でもあります。涙を堪えつつ苦渋の決断に至った経緯を真摯に語る孝天。

_Z2A9439写真提供 ASC

「ここへ集まってくださった方々と、サポートしてくださった日本のスタッフの皆様に感謝致します。そして今迄も、いつの日も有り難うございました。
親愛なる[I・KEN]の皆さんへ、成立してから8年経ちますが、長い間僕を支えてくれてありがとうございます。皆さんは僕の貴重な青春時代で、とても大事な心の支えでした。なごり惜しい気持ちで一杯ですが、季節が変わる様に終わりも訪れて来ます。生きていれば別れはいつかやって来ます。残念ですが僕は今、人生の次の段階に足を踏み入れようとしています。今後は皆さんへ最高のパフォーマンスの提供が出来なくなる事を考えて、[I・KEN]は無期限にその全ての活動をストップする事にしました。もっと遠くへ行く為に休むという事は今切実に思う事で、今の段階では自分を充実させて、心を最高の状態に調整できたら、また再出発したいと思いますので、しばらくお待ち下さい。その時が来たら全く違う[I・KEN]を皆さんにお見せできると思います。将来の夢で有る監督の勉強に邁進したいと、この結論に至りました。絶対に戻って来ます。今と違うKENをお見せすると約束します。最後に[流星花園]の主題歌を歌います。」

[流星花園]の主題歌♪『情非得已』の懐かしいメロディと、孝天とのしばしの別れに、ファン達の目には涙が溢れていました。
孝天がステージを去り、終了のアナウンスが流れても会場の拍手は止まず、再び孝天がステージに登場。「DON’T CRY OK?」と、最後は投げKISSをしながら眩しい笑顔でステージを後にしました。
(文:末延 恵子)

写真提供 ASC

◆ケン・チュウ日本公式サイト: http://www.iken-lifestyle.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の記事

  1. ©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited…
  2. InterFM897『casaricoto radio』毎週日曜日21:00〜21:30放送 …
  3. USEN-NEXT GROUPの株式会社 U-NEXT(本社:東京都品川区、代表取締役社長:堤 天心…
  4. 株式会社インタラクティブメディアミックス(IMX、本社:東京都品川区、代表取締役社長:孫 一亨)は、…
  5. 松竹ブロードキャスティング株式会社(本社:東京都中央区代表取締役社長井田寛)が運営するCS放送局「衛…

F.A.E.P.動画

韓国創作ミュージカル『タイヨウのうた』5/1(土) より上演開始!世界中からオンライン視聴可能!!

韓国のATEEZよりメッセージが到着!

ほか F.A.E.P.動画チャンネルはコチラ

F.A.E.P.レポート/インタビュー

  1. 2019-5-8

    INJUN <F.A.E.P.単独インタビュー>2019年4月8日(月)

  2. 2020-6-15

    【noovy】◆F.A.E.P. おうちインタビュー◆
    「ファンの皆さんはきっと不安だと…せめて配信で直接お話ができたら」

  3. 2020-10-6

    ”MY.st(マイストゥ)“ <F.A.E.P.単独インタビュー>

おすすめ!色々情報部

◆バックナンバー

ページ上部へ戻る