キム・ジェウォン Fan Meeting in TOKYO レポート

KJW628-2写真提供:KJ-net

元祖“キラー・スマイル”キム・ジェウォンが6月28日、なかのZERO大ホールにて「キム・ジェウォン Fan Meeting in TOKYO」を開催。東京では約1年ぶりにファンミーティングを行ないました。
場内が暗転し、ステージ上のライトが照らし出すキム・ジェウォンの姿。ファンから歓声と拍手が起こり、生バンドでサザンオールスターズの♪『真夏の果実』、福山雅治の♪『Dear』を熱唱し、彼のセクシーな低音ボイスに会場が酔いしれます。続く♪『旅に出よう』ではファンが立ち上がり、ライブ会場のような雰囲気に。

KJW628-13写真提供:KJ-net

3月に大阪で開催されたファンミーティングではリハーサル中に鼻の骨を骨折するというハプニングに見舞われましたが「皆さんに心配をおかけしましたが、すっかりよくなりました。」と、ファンの心配を払拭させる元気な笑顔。今回は、ファンミーティング前日の朝に日本に到着して天ぷらを食べたそうで、司会者からの「日本に来たら、これは絶対に食べるというものはありますか?」という問いかけに対しての「僕は出た食べ物をそのまま食べます!」との答えが彼らしく、温厚な人柄が表れていました。

「キム・ジェウォンの日常」というコーナーでは、本人に気付かれないようにマネージャーが撮影した映像を公開し、キム・ジェウォンの自然体な素顔を垣間見ることができました。映像はマネージャーが車で自宅に迎えに行くところからスタート。車に乗り込むと、30年前の音楽を聞きながら大きく首を振るノリノリのキム・ジェウォンが昔の音楽について「歌詞もいいし、情緒もいい。」と熱弁。さらにスポーツジムで運動し、この日のファンミーティングに向けて「抽選で選ばれたファンとワイヤーで宙を舞うのはどうだろう(笑)」と楽しそうにスタッフに話しかける姿も。映像を見終ると「普段から信じられる人はいないですね(笑)」と、ドッキリ企画に驚きを隠せない様子。これだけで終わらず、さらに映像が続きます。
スタッフと冗談を言い合う気さくな彼も、撮影を控えている時の眼差しは真剣そのもの。台本を覚える姿や、仕事に向けて体をほぐす姿が収められていました。また、冒頭で歌ったサザンオールスターズや福山雅治の歌を車内で聞きながらギターやピアノ、ドラムをエアー演奏する姿には会場が大爆笑。普段から周囲を和ます明るい笑顔が印象的なキム・ジェウォンを堪能することができ、ファンから「かわいい!」の声が多く上がると「これからは、かっこよく行動するように意識したいなと思いました…。」と大照れ。セリフの覚え方を尋ねられると「セリフを初めて話してみた時、2回目にやってみた時、そして10回目にやってみた時…毎回感じが変わってくるんですよね。なので、何回も何回も繰り返しやってみます。」と答え、仕事への熱意が感じられました。

KJW628-7写真提供:KJ-net

次のコーナーは「キム・ジェウォン検定」。抽選で選ばれたファン5名がステージに上がり、彼がこれまで演じたドラマに関するクイズが出題されます。すべて正解すると、サイン入りのオリジナル“検定合格証書”をもらえるというもので、この問題にはキム・ジェウォン自身も一緒に回答することに。「『ファン・ジニ』でジニ役を演じた女優の名前は?」、「『スキャンダル』でキ・テヨン演じるチャン・ウンジュンの職業は?」などの問題にはすんなり答えられたものの、「『私の心が聞こえる?』でドンジュ(キム・ジェウォン)がウリ(ファン・ジョンウム)にもらい、お守り代わりにずっと持っていたものは?」に考え込むと、客席から「えー!!」という声。ファンからジャスチャーでヒントをもらって何とか正解しましたが、続いての「『メイクイーン』でカン・サン(キム・ジェウォン)はアメリカから戻ると○○○○・カンに名前を改名しましたが、その名前は?」には「ライアン・カン」という正解に対して「デイヴィッド・カン」と回答し、「自分のことは思い出せないんですけれど、人のことはよく思い出せますね。改めて自分の脳について考えました(笑)」とキム・ジェウォン。少し天然な一面が垣間見られたコーナーでした。

KJW628-5写真提供:KJ-net

その後、ステージ上のスクリーンには、韓国でブレスレットを手作りする映像が上映され、その時に作った品が登場。抽選で選ばれたファン5名、さらに自分がつけていたものを1名にプレゼント。ファン思いの彼は「いつも私物をプレゼントしていますが、もう私物も底を尽きてしまいました(笑)僕としては差し上げたいものはあるんです。だけど、大きすぎて日本まで持っていけないと言われてしまいました。例えば、自分がいつも使っているソファとか本棚、タンスを考えたんですが、ちょっと重さがありすぎて…。」と語り、実現は難しくとも彼の気持ちに、会場には笑顔があふれました。

黒いスーツ姿に着替えたキム・ジェウォンは♪『My Woman』を披露し、会場中がうっとり。「ファンの皆さんに僕の心をお伝えできるのは何だろうかと考えたのですが、歌を作ってファンの皆さんに捧げるのが一番いいのではないかと思いました。」と話し、音楽の師匠である先輩と音楽制作したことを告白。「まだ100%完成したわけではありません。今の完成度は50%程度です。これまでファンの皆さんと僕が一緒に過ごしてきた時間や思い出、ファンの皆さんの僕に対する愛情は何色だろう?と考えました。僕とファンの皆さんが一緒に過ごした時間を振り返りながら曲を作りました。」と話し、ファンへの愛が込められた♪『color of love』で、開放的なサウンドと優しい歌声を響かせました。「今日は本当にありがとうございました。皆さんとこうして楽しい時間を過ごせて嬉しいです。」と感謝を伝え「日本公式サイトもリニューアルして、これからもっと楽しい時間を過ごせるように努力します!ファンの皆さん愛してます。」と日本語でメッセージを送り、大きな拍手に包まれながらステージを後にしました。

KJW628-8写真提供:KJ-net

(文:近田 侑希)

◆キム・ジェウォンジャパンオフィシャルファンクラブサイト http://www.kimjaewon.jp/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

最近の記事

  1. 史上最大級のスケールで開催! 世界中の音楽ファンが大熱狂のフィナーレ! 100%韓国エンター…
  2. K-POPと大韓民国の国技であるテコンドーを全世界中に広めるため音楽や演技をはじめ、幅広く活動し…
  3. Licensed by KBS Media Ltd.Ⓒ2018 KBS. All rights re…
  4. 「百想(ペクサン)芸術大賞2019」2冠達成! TVドラマ部門大賞キム・ヘジャ 助演女優賞イ・ジ…
  5. 12月4日(水)発売のiKON最新ライブ映像作品『iKON JAPAN TOUR 2019』が、12…
  6. 2020年4月2日(木)・3日(金)大阪/Zepp Osaka Bayside 4月5日(日)・6…
  7. 韓国俳優でアーティストのJohn-Hoon(キム・ジョンフン)がデビュー20周年と1月20日の誕生日…
  8. ――本作への出演の決め手を教えてください。 脚本を読みながら、現実に映像で表現できるかを重…

F.A.E.P.レポート/インタビュー

  1. 2018-12-22

    「新韓流フェスティバル in Fukuoka」~韓流・テーマ観光コンテンツが大集合~
    2018.12.4(火)福岡国際センター F.A.E.P.レポート③

  2. 2019-7-8

    “宇宙人(Cosmos People) FOR THE NEXT TEN YEARS JAPAN TOUR 2019”
    8月25日(日)に初福岡公演を開催するメンバーへ F.A.E.P.がインタビュー!

  3. 2019-4-17

    JUN(from U-KISS)<F.A.E.P.単独インタビュー>2019年4月12日(金)

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る