ユ・スンホ 日本公式ファンクラブ開設!
日本公式ファンクラブサイトのオープン!

写真提供A・R・A

韓国の若手トップスターとしての不動の地位を築き、日本はもちろんアジアでも幅広いファン層を獲得している俳優ユ・スンホの日本公式ファンクラブが今年4月に設立され、公式ファンクラブサイトがオープンすることになりました。
昨年韓国で大きな話題になった主演ドラマ『仮面の王イ・ソン』が4月15日からNHKBSプレミアムで放送開始されると共に、今年の2月に韓国で放送終了したばかりの『ロボットじゃない~君に夢中!~』も4月からKNTVでの初放送が決まり、2018年はユ・スンホの活躍から目を離せないでしょう。
6歳で芸能界にデビューした後天才子役として名を馳せ、さらに兵役前のドラマ「会いたい」で強烈な印象を残したユ・スンホ。除隊後はドラマ「リメンバー~記憶の彼方へ~」や日本でも劇場公開された映画「朝鮮魔術師」など印象的な作品に続々出演し、絶えずファンを魅了してきました。
日本で初めて設立される公式ファンクラブでは俳優ユ・スンホと日本のファンのみなさまをダイレクトにつなぐ橋渡し役として様々な情報やサービスを提供するだけでなく、日本における俳優ユ・スンホの活躍の場を飛躍的に広げていく役割も担っていきます。
日本で初めて開設されるユ・スンホ日本公式ファンクラブ及びファンクラブサイトに対するあたたかいご支援、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

.
【ファンクラブ&ファンクラブサイト概要】
オープン日時:2018年4月25日(水)12:00
ホームページURL:http://www.seung-ho.jp
内容:プロフィール/ニュース/動画/ギャラリー/ブログ/メディア情報/ショップ
その他会員限定特典
入会費:1,080円(税込)
年会費:5,400円(税込)
運営:ユ・スンホ日本公式ファンクラブ事務局/㈱A・R・A

.
【韓国俳優 ユ・スンホ プロフィール】


生年月日:1993年8月17日
身長:175cm  学歴:白新高等学校
趣味 / 特技:インターネット / インラインスケート
デビュー:ドラマ「カシコギ」(トゲウオ)(2000)
ドラマ:「ロボットじゃない~君に夢中!~」(2017~18)「仮面の王イ・ソン」(2017)「リメンバー~記憶の彼方へ」「想像ネコ~僕とポッキルと彼女の話」(15-16)「会いたい」「アラン使道伝」「プロポーズ大作戦~Mission to Love」(2012)「ペク・ドンス」(11)「欲望の炎」「ドラゴン桜(韓国版)」(10)「善徳女王」(09)「王と私」「太王四神記」(07)「先生はエイリアン」(06)「悲しき恋歌」「魔法戦士ミルガオン」「拝啓、ご両親様」(05)「不滅のイ・スンシン」
「あんぱん」(04)「ラブレター」(03)「トゲウオ」
映画:「鳳伊キム・ソンダル」(2016)「朝鮮魔術師」(15)「ブラインド」(2011)「4時間目推理領域」「父、山」「71」(09)「「ソウルが見えるか」(08)「心が…」(06)「非日常的な彼女」(04)「ハッピー・エロクリスマス」(03)「おばあちゃんの家」(02)
CF:「クラウン製菓」他
受賞:2016年SAF演技大賞ジャンルドラマ部門男性優秀演技賞、2009年MBC演技大賞男性部門新人賞、2007年第1回大韓民国映画演技大賞子役賞、2005年KBS演技大賞青少年演技賞ほか

.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

  1. 昨年末、活動休止前最後となった"海外アーティスト史上初の5年連続ドームツアー"『BIGBANG JA…
  2. 写真提供A・R・A 先月から韓国で好評放送中、今月からは日本の衛星劇場チャンネルでもオンエアー中の…
  3. 写真提供A・R・A 2006年の「思いっきりハイキック!」で女優デビューして以来12年間、数々の名…
  4. 株式会社GYAOがヤフー株式会社と協力して運営する映像配信サービス「GYAO!」は、今年初開…
  5. グローバルグループ・NCT 127(エヌシーティー イチニナナ)が今まさに音楽シーンを席巻している。…
  6. 昼公演 ©TAKASHI KONUMA 2018年、初主演ドラマ『よくおごってくれる綺麗なお姉さん…
  7. BIGBANG、CL、WINNER等、全世界をまたにかけ絶大な人気を誇るアーティストを多数擁するYG…
  8. ©F.A.E.P. DAY6が韓国4th MINI ALBUM を発売、待望のミュージックビデオが…

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る