FREAK <F.A.E.P.単独インタビュー>2018/3/6(火)

©F.A.E.P.

九州を拠点に全国で活動をしている福岡発男性4人組バリカタスタイルコーラスグループのFREAK。同じく九州福岡を拠点にしているF.A.E.P.としては一度お話を伺ってみたい!今回その願いが届き単独インタビューのお時間を頂く事ができました。

F.A.E.P.(以下F):初めまして。本日はありがとうございます。実は2014年に私一度ステージを拝見しています。「Music Climbers vol.7 -Autumn-」というイベントに韓国のCODE-Vさんが出演していて取材に入っていました。
中垣悟(以下悟):3人だった時ですよね?
F:そうです!そうです!当日私はカメラマンだったんですが、ファインダー越しで見てちょっと怖いなって正直思ってました(笑)
伊藤元樹(以下元樹):いや、そんな怖くないですよ!
F:そうですよねぇ。それが、そのライブ終りの握手会の時にすごい笑顔でファンの方と交流していて、そのギャップにすごく興味を持って。それで4年ぶりにこうやってお時間を頂けてうれしいです。
悟:ありがとうございます。

©F.A.E.P.

F:まずは自己紹介をして頂こうと思います。他のメンバーが紹介する「他己紹介」なんですが、やってもらってもいいですか?ではまず・・・大地さんの事を教えてください。
元樹:えー大地はですねぇ、すごくおっちょこちょいで距離感が掴めてない感じで、よく物を落としたり、コップがここにあったら絶対倒したりします。距離感掴めない系男子ですね。

©F.A.E.P.

勇樹:優しいですね。柔らかいです。表情もそうで、いつもヘラヘラしてるんですけど性格も一番優しいと思います。
悟:ストイックです。悪い意味で。
F:悪い意味?
悟:例えば痩せようと決めたら、痩せすぎるし。やめたらすぐに戻るし。
元樹:確かに!(爆笑)
F:そういう声がでましたが?大地さんいかがですか?
大地:あーそうですね、だいたいそんな感じです。極端なんです。

©F.A.E.P.

F:では次は元樹さん。
大地:元樹は、これって決めたら譲らない硬派な感じです。
元樹:そうですね、定食屋に行ったら生姜焼きしか食べないって感じです(笑)
大地:聴く音楽とかも色んな曲を聴いたりするんじゃなくて、とにかく決めた曲を聴くって感じです。

©F.A.E.P.

F:女の子の趣味も変わらないタイプですか?
元樹:そうですね、基本的に美人で優しい子が好きです。
悟:それはみんなそうだろ!
(メンバー大爆笑)
勇樹:えーっと、男らしいです。THE!男!って感じです。
F:どうですか?兄弟で褒め合うっていうのも不思議な感じはしませんか?
元樹:ちょっと気持ち悪いですね(笑)
F:ではリーダーから見てどうですか?
悟:ドジ!

©F.A.E.P.

F:あー!そういえばブログに書いてましたね?
悟:ドジです(笑)機械が苦手なんですよね。
F:機械が?
元樹:そうですね・・・コンピューターとか。
F:コンピューターって言い方も久しぶりに聞きましたが(笑)
元樹:自分の意思で動かないものは苦手なんです。
悟:なんか昭和の頑固親父って感じですね。

F:では次は勇樹さんについてお願いします。
大地:勇樹は・・・中学生みたいです。
勇樹:やめろよ~!あんまり良くないじゃん!

©F.A.E.P.

大地:なんか中二病です(笑)末っ子って感じでいい意味でも悪い意味でも自分勝手で、グループとしても勇樹がいるからグループのバランスが取れてる感じがします。
元樹:勇樹は運がいいです。強運の持ち主です。元々エイベックスに誘われたのもこいつだし。運がいいんです・・・それぐらいですね。
勇樹:おい!俺さっき褒めたのに!
悟:えーーー・・・負けず嫌いですね。常に負けず嫌いです。
F:音楽関係以外の事でもですか?
元樹:前に皆でビリヤードとかダーツに行った事があって、その時も「絶対に俺が一番上手い!」ってずっと言ってて。別に俺達そういうの言ってないのに(笑)
大地:そうそう、娯楽として楽しんでただけ。
悟:酒飲みながらするじゃないですか?だから外れたりしても「あー負けたぁ。楽しいねぇ」って感じでやってるのに。それで1位になったりすると「えー!みんな、バリ弱いね?」とかずっと言ってて。
F:中二病が出ちゃってる感じですね?
悟:そうです。そうです。そんな感じです。
勇樹:まぁ~それを全部まとめて愛されキャラって事ですよね?
大地:それは自分で言うやつじゃないから。
悟:「双子だけど元樹より俺の方が絶対イケメンだから。俺の方がモテるから」とかも言ってますね。
勇樹:ね?愛されキャラなんで。

F:ラストはリーダー悟さん。オチということで。
悟:俺、オチですか?(笑)

©F.A.E.P.

大地:たぶんメンバーで一番変わってます。ブッ飛んでますね。
F:そうなんですか?
大地:はい、意外に。もちろんリーダーなんでしっかりしている所もあるんですが、想像もつかない事をやったりして。でもそういう所が冒険心があるっていうか、好奇心も一番あって頼りがいがあると思います。
元樹:俺も似たような感じなんですが、野心があると思います。織田信長的な?
(思わず吹き出す悟さん)
元樹:男のロマンを感じるというか、ついて行きたくなるような人です。
勇樹:学が・・・無いです。
(メンバー再度大笑い)
F:あー・・・オチがついてしまいましたね。
勇樹:でも頭はすごくキレるので、対応力はあるんですよ。器用で何でもできるし。カリスマ性はあります。

©F.A.E.P.

悟:確かに・・・国の名前とかホントわかんないんですよ。
元樹:それ、あんま言わんがいいっちゃない?(笑)
悟:ガチでこの中で一番学が無いと思います(笑)
F:国の名前は海外のですか?
悟:日本も九州と四国以外はヤバイですね。
勇樹:平昌オリンピックも(笑)
大地:平昌を人の名前だと思ってたんだよね?
悟:そうそう知らなかった。オリンピック選手を聞かれてもよく分かんないです。
F:テレビはあまり見ませんか?
悟:見てるんですけどね。羽生さんがギリギリわかります。

F:では、メンバーの中で一番涙もろい人は誰ですか?
勇樹:大地じゃない?
大地:俺?俺そんなに泣いてないと思うけど・・・。
元樹:悟が泣いてる所を一番見とーかも。
悟:うん、たぶん俺が一番じゃない?

F:では女子力が高いのは?
3人同時:大地です!

F:4人でご飯を食べに行った時に、メニューを決めたりとか仕切ったりするのは?
勇樹:鍋をする時は俺ですね。
悟:鍋に関しては絶対的な信頼をしてますね。
F:じゃあ、鍋の時は他の皆さんは触らない?
勇樹:昔、もつ鍋屋でバイトしてたんで。
F:なるほどですね!

F:私達エフエーイーピーでは、アジアのアーティストを中心に取材をしていますが、仕事でも観光でも近隣のアジア圏へ行った事はありますか?
悟:ライブで韓国は行った事がありますけど、旅行はないです。
F:韓国でのライブの時はMCはどうしたんですか?
悟:手に書いて挨拶だけしましたね(笑)
F:もう覚えてない?
悟:「처음 뵙겠습니다(チョウム ペッケッスムニダ(初めまして))」だけですねぇ。

©F.A.E.P.

F:言葉の話がでましたが、FREAKさんの曲は博多弁が印象的な曲もいくつかありますが、実際には大地さんは沖縄で、悟さんは佐賀出身ですよね?言葉の違和感はありませんでしたか?
大地:もうだいぶ慣れましたね。
悟:もう何年福岡住んでる?
大地:もう10年かな。
F:そうなんですね。沖縄とは全然違うと思うんですが。
大地:沖縄に戻ると沖縄の言葉になりますけどね。でももう全然博多弁聴きとれます。
F:佐賀の方はどうですか?
悟:まぁ、少しは違うんですけど。そんなに問題はないですね。
F:私も出身が長崎なので。
悟:あ、近いですね。
F:はい、なので私も最初福岡にきた頃はナマってるって言われました。
じゃあ、東京でイベントやフェスに参加した時は標準語ですか?
勇樹:お客さんに話しかける時は標準語でやってるんですが、ふとメンバーに話しかける時とかには自然と博多弁になってるかもしれないですね。
元樹:お客さんに話す時には敬語じゃないですか?敬語で博多弁ってあんまり出ないですよね?で、メンバーと話してるのを聞いてお客さんも「おおっ?」みたいな感じになりますね。
F:周りはどんな反応ですか?女の子の博多弁って評判がいいじゃないですか?
元樹:人気っすよねぇ。
F:男性の場合ってどうなんですか?
悟:あ、でも「可愛い」って言われますよ。「~しとっちゃない」とかの「ちゃ」が可愛いみたいですよ。

F:今回4月4日発売のニューアルバム「Covers ~R&B Sessions~」聴かせて頂きました。まず、聴く前に収録曲のラインナップを見て、そして1曲目『恋するフォーチュンクッキー』を見て驚きました。皆さんがヤフオクドームの前で踊ってる姿をちょっと想像してしまいました(笑)
(吹き出すメンバー)

©F.A.E.P.

実際に曲を聴いて衝撃を受けました!ファンの皆さんも、このアルバムの最初の1音にこのメロディが流れてきたらかなり驚くと思います。
勇樹:それは楽しみですねぇ。

F:この曲を1曲目にもってきているという事には、やっぱり意味がありますか?
悟:一番印象的じゃないですか?このカバーアルバムの中でも。他の曲も結構原曲からアレンジしてあって、全部生バンドでやってるんですが、この曲は本当に全然違うっていうのがいいかなって。それに自分達のルーツであるR&Bっていう感じも出てるし一発目に良いんじゃないかなって。
大地:一番想像もつかないですよね?それに(原曲の)MVがヤフオクドームで撮影してたじゃないですか?俺達も福岡でやってるので、そういう所も紐付けできたらいいなって事もありました。
F:原曲は“女の子の歌”って感じだったのが“女性の歌”になりましたよね?ドームの隣のホテルのラウンジでお酒を飲みながら曲を聴いてる女性って感じですね。

F:『Ti Amo』のアレンジもとても気になりました。いい意味で裏切られるというか。
「あーそうキタかぁ」って思わず言ってしまうような感じです。原曲が有名な曲ですのでアレンジについては、どんな風に考えてますか?
悟:元々は自分達がずっとライブでカバーしたりとか、SNSで動画を上げたりしてたんですが、まずカバーを4人のコーラスグループでアレンジするから、コーラスを変えるだけでもだいぶ雰囲気変わるんですよね。その面白さがお客さんにも伝わってて、いつかカバーアルバムを出したいって思ってたんです。今回、上條頌さんというギタリストさんに全曲アレンジして頂いて、本当にR&Bやブラックミュージックに精通している方なんですけど、そんな方にアレンジしてもらう事によって自分達が思っていた「変え具合」よりさらまたさらに!もっと!裏切られるようなアレンジになっていて。あとコーラスのアレンジもメンバーとプロデューサーの和田昌哉さんと一緒にしたんですけど、その中でも結構裏切るアレンジ、自分達のオリジナルではやらないようなかたの曲を使わせて頂いてさらに変えてもっと面白くする、原曲は越えなきゃいけないと思って、それをやる面白さっていうのが自分達の中でも快感になってきてましたね。

©F.A.E.P.

F:『Movin’ On』が10曲目になっていますが、デビュー曲をあえてセルフカバーでラストに入れている事にも何か意味を感じるんですが、これもやはり意図があっての事ですか?
大地:そうですね、『Movin’ On』は本当に一番の最初の曲だしこれも和田さんに作ってもらった曲なんですね。自分達がこういう事をしたいと始めて一番最初に書いてもらった曲で、しかもなおかつ上條さんにアレンジもしてもらってる曲なんです。それでライブでもやってて、これは絶対に入れたいって思ってました。アルバムの最後に入れてる意図っていうのは、このカバーアルバムを出す事によってもっともっと色んな人に聴いてもらえると思うんです。これをきっかけに一番最後に自分達の曲で〆て、それでここからまた広がっていければいいなって。

©F.A.E.P.

元樹:また新たな気持ちでスタートするって意味でも、最後の曲にこの歌詞として「俺達はここから走りだして行く」っていう意味がすごく込められているので、そういう意味で最後にしたっていうのは、カバーアルバムを出した事でここからまた一からスタートするぞっていう気持ちです。
悟:オリジナルアルバムを3枚出してるんですけど、その3枚出したオリジナルアルバムを経てFREAKというグループ自体が色んな経験を積んで培ってきた事と、こうやって人の曲を使うっていうのはとても比較されてしまうんですけど、それをあえて見せれるようになったアルバムになったと思うので、これは自分達の成長の具合だとか、この曲達を使って俺達はこう表現したんだっていう一回り大きくなった所を表現できてると思ってるんです。これがまた再スタートみたいな新しいスタートがきれたような気がします。

・・・・・・ 後編へつづく ・・・・・・

.

■福岡発!バリカタスタイルコーラスグループ FREAK(フリーク)
2012年12月結成。福岡在住。地元福岡でのライブ活動を中心に、これまでに3枚のシングル、1枚のミニアルバム、3枚のフルアルバムをリリース。R&Bをベースに、パワフル且つ表現力豊かなボーカルワークと、強さも弱さも内包した「男の本音」が詰まった楽曲に注目が集まっているコーラスグループ。

■FREAKオフィシャルHP
http://avex.jp/freak/

■FREAKオフィシャルTwitter
https://twitter.com/freakofficial1


.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の記事

  1. 昼公演 ©TAKASHI KONUMA 2018年、初主演ドラマ『よくおごってくれる綺麗なお姉さん…
  2. BIGBANG、CL、WINNER等、全世界をまたにかけ絶大な人気を誇るアーティストを多数擁するYG…
  3. ©F.A.E.P. DAY6が韓国4th MINI ALBUM を発売、待望のミュージックビデオが…
  4. 韓国ボーイズグループU-KISS(ユー・キス)の新しいミュージックビデオが公開された。 クリスマス…
  5. 2011年に「Let me cry」で日本デビューし、海外歌手のデビュー作品としては史上初となるオリ…
  6. 韓国を代表する5人組ロックバンドFTISLAND(エフティーアイランド)が、LIVE DVD/BD『…
  7. 韓国100%エンターテインメントチャンネル「Mnet」を運営するCJ E&M Japan株式…
  8. 日本郵便株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 横山 邦男)およびJPビルマネジメント株式…

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る