阿蘇中岳火口が3年半ぶりに見学を再開!2月28日(水)午前10時30分から火口への一般客の受入れを開始します!※濃霧や火山ガスにより時間が変更になる場合があります。

火山活動の活発化や噴火による復旧作業のため、平成26年8月30日から立入規制が敷かれていた阿蘇中岳火口が、2月28日から立入りが可能となり、これに伴い、一般見学者の受入れを開始します。
全体的な復旧にはまだ時間を要すため復旧工事は継続されますが、火山ガスに対する安全対策が整いましたので、見学再開の運びとなりました。 噴火の痕跡が数多く残る中での今回のオープン。今だからこそ体感できる迫力ある光景と、数万年の時を感じる火口一帯のスケール感ある様相をご覧いただけます。
なお、この度の見学再開に伴い、安全祈願祭と、記念セレモニーを下記の日程で行います。


<阿蘇中岳火口安全祈願祭>
1、日時 平成30年2月27日(火)午前10時から

2、場所 阿蘇山上神社(阿蘇山ロープウェー駅舎横)

3、内容 火山活動の平穏と火口見学の安全を祈願した神事(参列者20名)

<阿蘇中岳火口見学再開記念セレモニー>
1、日時 平成30年2月28日(水)午前10時から

2、場所 山上広場(阿蘇山ロープウェー駅舎前)
※雨天の場合は、阿蘇山ロープウェー駅舎2階阿蘇山上茶店

3、内容 来賓等あいさつ、テープカット (出席数67名(随行除く))
★テープカットは10時30分を予定。その後、見学者が通行開始。小旗で歓迎し、阿蘇公園道路料金所付近では阿蘇地域観光協会などによる記念品の配布、また、火口でのご当地キャラによる写真サービス。

4、見学再開記念企画(当日分)
・火口見学をされる方のうち先着200名様に記念品をプレゼント
・阿蘇を訪れた方に山上で使えるクーポン付きチラシの配布
・カドリー・ドミニオンによる小動物での歓迎(9:30~11:00)。
・ASO田園空間博物館が自転車用サドルラックを寄贈(火口駐車場に設置)。
・噴火からこれまでの映像放映

▼記念品の一つ阿蘇山オリジナルタオル

.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近の記事

  1. 松竹ブロードキャスティング株式会社が運営するCS放送局「衛星劇場」(本社:東京都中央区築地 代表取締…
  2. 株式会社デジタルアドベンチャー(本社:東京都港区、代表取締役:チェ・グァンヨン)は、 EXO-CB…
  3. 11歳の時に“SEVENTEEN”の練習生生活を経て、“Wanna One”を輩出したMne…
  4. 100%韓国エンターテインメントチャンネル「Mnet」および、日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「…
  5. グループF.CUZがリーダージノンの軍入隊前最後の日本コンサート'ONE LOVE'を201…
  6. 株式会社マガジンハウス(本社:東京都中央区、代表取締役社長・石崎孟※)発行の女性グラビア週刊誌『an…
  7. 福岡ソフトバンクホークスの球団創設80周年を記念して、2018年7月16日(月・祝) 福岡ソフトバン…
  8. 写真提供:松竹ブロードキャスティング ――『華麗なるスパイス』はウー・カンレンさんにとって最後のア…

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る