CNBLUE、ロックもダンスもポップも呑み込んだ10万人動員のアリーナツアーより、熱狂のファイナル公演をWOWOWで2/11(日・祝)独占放送!

10月にリリースした6thアルバム『STAY GOLD』を携えて、11月から全国9公演で開催してきた「CNBLUE 2017 ARENA TOUR ~Starting Over~」のツアーファイナルが横浜アリーナで行なわれた。CNBLUEが、“新たなスタート”を掲げた今回のライブは、彼らがこれからもロックバンドとして進化を続けていくこと、そこには必ず日本のファンが一緒であることを約束する、笑顔の満ちたものだった。

ステージを客席が360°取り囲む会場。その客席側からメンバーが登場するというサプライズで「This is」からライブはスタートした。横浜アリーナが割れんばかりの歓声に包まれるなか、心地好いグルーヴで踊る「SHAKE」、ダンスナンバー「Face to face」など、CNBLUE史上最もポップサウンドを追求したアルバム『STAY GOLD』から軽妙でオシャレな収録曲たちが次々に披露されていく。「俺たちの全てをみなさんに捧げます!」。ジョン・ヨンファ(Vo・Gt)の熱い言葉からもファイナルにかける気合いが伝わってきた。

前半のカラフルでキラキラとした雰囲気から一転して、繊細に奏でるギターのフレーズにのせてスイートなハーモニーを聴かせた「HEART song」や、力強いコーラスがスケール感のある演奏とともに響き渡った「Only Beauty」など、美しいメロディに酔いしれたバラードゾーンのあと、ステージが真っ赤に染めた「Get Away」からはロックゾーンへと突入。イ・ジョンヒョン(Gt・Vo)がメインボーカルをとる「Voice」、ヘヴィでダンサブルな「Tatto」など、彼らの原点にある真骨頂のロックナンバーが激しく心と体を揺さぶっていく。音楽シーンのトレンドを貪欲に吸収しながら、ダンス、ポップ、ロックへとかたちを変えてゆくCNBLUEの音楽にジャンルの垣根など一切ない。

「この曲を横浜アリーナで歌えて幸せです」と紹介したのは、ヨンファが一人でギターを弾きながら歌い出したUKロックのにおいが漂う「Y,Why…」だった。そこから「Eclipse」や「YOU’RE SO FINE」というダークなインディーズ時代の曲を続けて演奏するシーンは、この日のハイライトのひとつだ。彼らにとって横浜アリーナはインディーズ時代の最後にライブを行なったという思い入れのある会場なだけに、この場所で初期曲の数々が披露された意味は大きい。そして、「Starting Over」で会場を一体にして熱狂のうちに幕を閉じた。

この模様は、2月11日(日・祝)夜10:00より、WOWOWライブにて放送される。自らの“原点”を見つめ直し、ロックバンドとしてさらに進化を続けていくCNBLUEの熱いライブをぜひ、お見逃しなく!

■■■WOWOW番組情報■■■
CNBLUE 2017 ARENA TOUR 〜Starting Over〜
2月11日(日・祝)夜10:30 [WOWOWライブ]
収録日/場所:2017年12月1日/神奈川 横浜アリーナ
【番組サイト】 http://www.wowow.co.jp/cn/

<プレゼントキャンペーン実施中!>
抽選で100名様にCNBLUE × WOWOWオリジナルバンドエイドプレゼント!【締切】2月28日(水)
詳しくは番組サイトをチェック!


.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

最近の記事

  1. 2018年1月31日 JAPAN 1st ALBUM「COUNTDOWN」をリリースし、オリ…
  2. 3月21日に発売となる、JYJのジェジュンが8年振りに出演した話題の韓国ウェブバラエティ「J…
  3. エイベックスが九州各地の鶏料理を集めたチキンフェスティバル通称『チキフェス2018』を開催する。九州…
  4. 3月7日に発売となる コン・ユ主演の韓国ドラマ「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」オリジナル・サウン…
  5. 株式会社デジタルアドベンチャー(本社:東京都港区、代表取締役:チェ・グァンヨン)は、 自社テレビ局…
  6. ©irving 韓国人ソロアーティスト、ソン・シギョンの、日本1stシングル発売と初の全国ツアー『…
  7. 動画再生サイトにて関連動画含め4000万回以上の再生を誇るなど、デビュー1年半にして多くの注…
  8. 松竹ブロードキャスティング株式会社が運営する「ホームドラマチャンネル 韓流・時代劇・国内ドラマ」では…

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る