ペ・ヨンジュン初主演作『スキャンダル デジタルリマスター版』
1月20日(土)より全国公開!
チョン・ドヨンの直筆メッセージと、イ・ジェヨン監督からコメントが到着!!
さらに公開を記念して1/20(土)13:00の回上映終了後にトークイベントも開催!

2004年に日本で公開され、当時9億円の興行収入を記録したペ・ヨンジュン初主演作『スキャンダル デジタルリマスター版』が2018年1月20日(土)、Bunkamuraル・シネマほか全国公開となります。

フランスの古典恋愛小説『危険な関係』を、18世紀の李氏朝鮮を舞台に映画化した華麗な恋愛ドラマ。
華やかな朝鮮王朝を舞台に、優雅に繰り広げられる恋愛ゲームを描き、時代劇ならではの鮮やかな衣装や装飾品の評価も高い本作。
この度、本作でヒロインのスク婦人を演じ、2007年に『シークレット・サンシャイン』での演技により第60回カンヌ国際映画祭女優賞を受賞し今や世界的な実力派人気女優となったチョン・ドヨンの直筆メッセージと、イ・ジェヨン監督からコメントが到着致しました。本作をスクリーンで観ることができることが貴重な機会だということを改めて実感させてくれるコメントとなっています。

.
■チョン・ドヨン

「スキャンダル」が1月20日から日本でリバイバル上映されるというニュースを聞き、改めて感慨深く、嬉しい限りです。是非たくさんの観客にご覧いただけることを願います。」
.
■イ・ジェヨン監督
「スキャンダル」がこの世に出てから早いもので15年が経ちました。
今回日本でリバイバル上映が決定したというニュースを聞き感無量でした。今回「スキャンダル」を大きなスクリーンで観ることができる日本の観客の皆さまが羨ましく思います。15年前、映像に収めた美しい3人の役者たちをご堪能ください。」

.
◆さらに公開を記念して、初日1/20(土)13:00の回上映終了後に素敵なゲストをお迎えしたトークイベントを実施することが決定いたしました!
 日時:1/20(土) 13:00の回上映終了後
 場所:Bunkamuraル・シネマ
 ゲスト:古家正亨さん(韓国大衆文化ジャーナリスト)

.

映画『スキャンダル デジタルリマスター版』は2018年1月20日(土)より、
Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開。

.

.
<STORY>時は朝鮮王朝時代。恋愛ゲームを生きがいにしているチョ婦人(イ・ミスク)は、親密な関係にある従兄弟チョ・ウォン(ペ・ヨンジュン)に、夫の妾のソオクを犯してほしいと頼む。だが、彼の標的は、9年間貞節を守ってきたスク婦人(チョン・ドヨン)。そこで、ウォンは初恋の相手でもあるチョ婦人と、スク婦人を落とす賭けに出る。ウォンの熱心な求愛を受け、スク婦人はウォンの手に落ちるが、ウォンは彼女に別れを告げてしまう。ショックでやつれ果てたスク婦人を話の種にしてしまうチョ婦人。それを聞いていたウォンは、ゲームの標的だったスク婦人のことを愛していると初めて気づくのだったが・・・。

©2003 BOM FILM PRODUCTION CO,. LTD. ALL RIGHTS RESEVED.

監督:イ・ジェヨン
原作:ピエール・コデルロス・ド・ラクロ
脚本:イ・ジェヨン、キム・デヴ、キム・ヒョンジョン
出演: ペ・ヨンジュン、イ・ミスク、チョン・ドヨン、イ・ソヨン、チョ・ヒョンジェ
2003年/韓国/124分/カラー/5.1chデジタル/R-18/
日本語字幕:根本理恵/原題:스캔들 – 조선남녀상열지사
©2003 BOM FILM PRODUCTION CO,. LTD. ALL RIGHTS RESEVED.    配給:ハーク

2018年1月20日(土)より Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開

.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の記事

  1. 「バイトル」でしか体験できない「ドリームバイト」新企画 日給3.3万円 交通費全額支給! ディ…
  2. ©2017MBC その卓越した演技力で韓国を代表する子役から若手随一の演技派俳優へと駆け上がる…
  3. すでにいくつもの大舞台を踏んで着実にキャリアを積んできた彼ら。NCTは「Neo Cultur…
  4. 2018年6月7日(木)~9日(土)の3日間、にマリンメッセ福岡で開催する「第7回福岡国際ビューティ…
  5. チョン・セウン、ユ・ソンホ、Samuel、NCT 127やWanna One、JBJまで最旬K-PO…
  6. 2017年6月に日本デビューを果たし、12月には日本初オリジナルアルバム「Sensation…
  7. 松竹ブロードキャスティング株式会社が運営する 「ホームドラマチャンネル 韓流・時代劇・国内ドラマ」 …
  8. 昨年12月に開催された日本公式ファンクラブ発足を記念したファンミーティング公演の様子やメイキング映像…

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る