BIGBANG JAPAN DOMETOUR 2017-LAST DANCE-
2017/11/18(土)福岡ヤフオク!ドーム F.A.E.P.レポート

2006年に韓国デビューを果たしたBIGBANG。来年から入隊のためしばらく活動休止が噂されている彼らの、2017年日本でのラストツアーが福岡からスタートしました。彼らとの想い出を少しでも多く残したいと願うファンはこの日、今年一番の寒さだったにも関わらず早朝からLIVEグッズを買い求め長蛇の列を作っていました。

会場内では大きなスクリーンでBIGBANGのMVが流れ、開演時間が近づくにつれてファンの歌声が大きくなりペンライトが揺れ始めます。

♪『HANDS UP』
♪『SOBER』

G-DRAGONの「福岡Ready?」の声に合わせてメンバーもファンも手を振り上げ、1曲目からテンションMAXでスタート!V.Iも「福岡のファンの皆さんお待たせしました!」とさらにファンを煽ります。モニターに映し出されるカメラに向かってメンバーも次々にファンサービス。V.IとD-LITEはふたりで歌っている間もふざけ合っています。それを少し冷静に見ていたG-DRAGONもV.Iのソロパートになった途端、近寄って行ってポーズ。ファンからは歓声があがります。

ここで何と金テープが客席に放出。本来であれば、ライブの後半の演出が定番の金テープが2曲目に飛び出すというサプライズにファンも驚いている様子。しかしまだたった2曲ですが、すでに会場は最高潮を
迎えているかのような雰囲気になっていました。

G-DRAGON:皆さん久しぶり!BIGBANG のG-DRAGONです。最後までよろしくね。
V.I:福岡ご無沙汰しております!スンリでーーーす!会いたかったでしょうか?それでは!ヤーフー!よろしく!
D-LITE:皆さん!BIGBANGのD-LITEでーす!今日1日最高の想い出を作りましょう!
SOL:福岡!SOLです。今日1日最高に盛り上がっていきましょう。 準備できましたか?

「一緒に歌っていきましょう!」とSOLとファンがコール&レスポンス。そしてアリーナ全部を呑み込んでしまうような大きなムービングステージが動き出しました。

♪『WE LIKE 2 PARTY』
♪『FXXK IT』
♪『LOSER』

ムービングステージはドームの外野席ギリギリの所まで進んできます。アリーナ席のファンは自分の頭上を移動してメンバーに大きく手を振ります。メンバーも時折下を覗き込んでは笑顔を見せてくれ、そしてメインステージからは少し離れているスタンド席のファンは、どんどん近付いてくるメンバーに歓喜の声が抑えきれず大興奮です。

今回兵役のため不参加のT.O.Pの歌唱部分はT.O.P本人の歌声が流れていました。
メンバーはその声に合わせて体を揺らしたり一緒に歌ったり、そこにT.O.Pがいない事を少しでもファンに感じさせないようにしているようにも見えました。

V.I:BIGBANG LAST DANCE 日本ツアーへようこそ!
来ました、来ました。福岡ヤフオクドーム久しぶりですねぇ。

D-LITE:ちょっとSOL君とG-DRAGONさんに相談したいんですけどぉ。昨日リハーサルの時すごくビートボックス練習したんですけど・・・アレ、やめた方が良くないですか?
SOL:そうですね、明日からは見れないかもしれませんね。
D-LITE:そうですよね!下にいらっしゃるお客さんめっちゃ笑ってましたよ?
V.I:あの、元々D-LITEパートの所はT.O.Pさんがビートボックス入れるんですよ。そこを、今回スンリおまえがやれって!え?僕ですか?僕で大丈夫ですか?って本当僕しんどくって・・・息できなくて大変ですよ。

つらそうな顔をするV.Iにメンバーが大爆笑です。
ここでメンバーが福岡のファンに練習したという1文字づつで言葉を伝えるというプチサプライズ。ただ、なかなか息が合わずに上手くいきません。それがまた可愛いとファンの間では大好評。最後は
「めっ」「ちゃ」「す」「きだよ!」とバッチリ決めてくれました。

MCの盛り上がりの流れのままG-DRAGONがラップを始め、そのまま次の曲へ。

♪『BAD BOY』

暗転したステージに真っ白なジャケットにシルバーのパンツ姿のソルが登場。

♪『WAKE ME UP / SOL』

SOL:皆さん僕の最新アルバム『WHITE NIGHT』聴いてくれていますか?日本での8月のスタジアムツアーで歌った事がありますが、BIGBANGのツアーでは初めてですよね?次の曲は僕の新しいアルバムのタイトル曲です。

♪『DARLING/ SOL』

ダンスに定評があるSOLですがソロステージでは歌唱で魅せてくれました。スクリーンに映し出された花火と浮かび上がるSOLのシルエットがとても幻想的でした。

次のソロステージはG-DRAGON。大胆な花柄の衣装にサングラスという姿でしたが曲の途中でサングラスを外すと客席からは悲鳴のような黄色い声があがりました。

♪『SUPER STAR / G-DRAGON』

G-DRAGON:ハロー!(客席からもハロー!と返ってくるが納得のいかない表情)
ん?誰もいないの?いないんだ?・・・ハロー!(さっきよりも大きな声が返ってくる)
あ!ありがと。皆さん楽しんでますか?まぁ、今始まったばかりだからね?次の曲が最近のアルバムのタイトル曲なんだけど、タイトルはUntitled。「無題」です。僕はラップだけど最近は歌が多いです。ラッパーで歌うのが上手な人も多いけど、俺も全部上手だよ?それでは「無題」是非聴いてください。

♪『Untitled, 2014 /G-DRAGON』

G-DRAGON特有のウィスパーボイスから高音へと変わっていく歌声。赤いスタンドマイクがまたG-DRAGONらしい雰囲気を醸し出しています。

がらりと雰囲気を変えてD-LITEが満面の笑顔でステージの真ん中へ。

♪『D-Day / D-LITE』

D-LITE:D-LITEでーす!久しぶりですね?僕は8月から10月末までホールツアーをまわっていました。だから僕の目がホールの大きさに慣れてしまっていてドームだとどこを見ていいのかわかんない。こんなに大勢の皆さんの前で歌うのは楽しいし何より皆さんの笑顔を見れる事が幸せです。

♪『あ・ぜ・ちょ!/ D-LITE』

2曲目は皆で踊れる楽しい振り付けがある曲で歌う前にD-LITEのダンスレッスンがありました。
歌っている間はD-LITEも指ハート、投げキッス、キメ顔、セリフの様な歌詞とサービスたっぷり。
ファンも一緒に大盛り上がりで大騒ぎな1曲になりました。

最後はV.Iのソロステージです。メンバーで一番日本語が上手でムードメーカーのV.Iが真剣な瞳で歌いあげます。

♪『アイなんていらない [COME TO MY] / V.I』
♪『I KNOW / V.I』

あえてなのか、V.IだけはMCなしでそのまま2曲をほぼ続けて披露。さっきまでの表情とは違うV.Iにドキリとさせられました。

歌い終わっていつものV.Iに戻ると、V.IのモノマネをしながらD-LITEが出てきます。

D-LITE:おめでとう、久しぶりの歌。
V.I:確かに、こんなに真剣に歌ったの久しぶりだよ。
D-LITE:久しぶりのV.Iの歌に感動したよ。最近はコレ(DJプレイの真似)ばっかりだから。
V.I:あははは!!(大笑い)
D-LITE:それかコレ!(ラーメンの湯切りの真似)
V.I:ラーメンちゃうわ!一応俺も歌えます!

V.IがD-LITEの「DなSHOW」では夕食が出るのかと思っていたと話すと、D-LITEが自分のお店のラーメンを出すつもりですか!!と言い返します。この2人のトークはアドリブなのか決まっているセリフなのか、とにかく楽しいトークです。そして次はこの2人で曲を披露。

♪『ナルバキスン (Look at me, Gwisun) / D-LITE & V.I』

前回のツアーでは2人が歌った『じょいふる』が大好評だったのですが今年はD-LITEのソロ曲をV.Iも一緒に踊りながら歌います。「福岡!俺がチューしてあげる!」とV.Iがカメラ目線でキメてくれたり、曲の間にはカッコいいダンスソロも見せてくれました。

♪『GOOD BOY / GD X TAEYANG』

V.Iが歌う前に「もうG-DRAGONさんとSOLさんのGOOD BOYは古いよ!」と煽った2人が登場。
さすがに息ぴったりのお兄さん組2人は、またD-LITEとV.Iの2人とは違った圧倒的存在感を見せます。

メンバーがステージを降りると会場のバックスクリーンにこれまでのメンバーの映像が流れました。懐かしい映像にファンが目を細めます。

♪『IF YOU』
♪『HaruHaru -Japanese Version-』

『IF YOU』は冒頭のT.O.Pの歌声が印象的な曲です。そこにはいないT.O.Pの姿をファンが見つめているようでした。そして『HaruHaru』はBIGBANGバラードの代表曲と言っても過言ではない曲でイントロだけで涙するファンも多く、会場中が大合唱になりました。

D-LITE:皆さんと過ごす時間が一番幸せ。今年は日本の活動が多かった年ですが僕にも皆さんにも意味のあった1年だったと思います。皆さんが寂しくならない様に少しでも皆さんとの想い出を残したいと思って活動した1年でした。皆さんのおかげでここまで無事に活動できました。ありがとうございました。

SOL:福岡の皆さん沢山来てくれて幸せでした、一緒の時間を過ごせて幸せな時間でした。僕も今年は
ソロツアーやソロアルバムでとても忙しい1年を過ごしたと思います、今BIGBANGのツアーの準備も
すごくタイトなスケジュールでしたが日本のファンの皆さんに会いたい気持ちで頑張って準備しました。
ステージの上で皆さんに会う事が僕にとって一番大きな幸せだって事を皆さんに伝えたいです

G-DRAGON:今日から日本のツアーがスタートして、今までメンバー1人1人が忙しくて沢山会えな
かったから会えてうれしいし、ファンの皆さんにも会えてうれしいです。今年は僕達も色んな事がありましたが、僕達はいつもポジティブな事だけ思って頑張って働いているし、来年も皆さんと一緒に僕達がどこにいても一緒に幸せな気分を感じていたいです。今日は来てくれた皆さん本当にありがとうございます。

お兄さん3人が真面目にご挨拶したのですが、V.Iだけはお兄さん達から新曲がないから今度からソロステージはラーメンを作ったらどうか?と言われたり、G-DRAGONには休暇中に済州島まで来たV.Iが「うざーいって思った。」と言われたりと散々な扱いを受けます。それでもくじけないのがマンネのV.I。

V.I:僕日本で仕事初めて8年目なんですけど、僕日本食が好きになりすぎてラーメンにもはまってしまって、こんなに美味しい日本食を世界に広めたいと強い気持ちでやらせて頂いています。25店舗になっております!!よろしくお願いします!

としっかり笑いを取っていました。

♪『FANTASTIC BABY』
♪『BANG BANG BANG』

ラストまでの2曲は最高にボルテージの上がる曲の連続で会場の温度はどんどん上がって行きますが、
まだまだ!と言わんばかりにメンバーはさらに客席を煽ります。そしてそのまま幕が下りました。

もちろん、まだまだ終わりたくない客席のファンからアンコールの代わりの「MY HEAVEN」の歌声が広がって行きます。そしてその歌声に応えるようにメンバーが再登場。

♪『MY HEAVEN』
♪『声をきかせて』
♪『FEELING』

再度大きなムービングステージが動き出し、SOLとG-DRAGONは左右のトロッコに乗ってスタンド席に
何度も手を大きく振っていました。

♪『BAE BAE』

V.I:5年前の最初のBIGBANGの福岡ドームのライブの時とは、皆さん全然変わりましたよね?前は人見知りで恥ずかしがってたけど今日はノリが違ったよ。日本で一番じゃないかって思うぐらいでしたよ。素晴らしいです。

SOL:今回のツアーが終わったら、しばらく皆さんに会えるチャンスが少なくなるって事がとても悲しいです。いつも心の準備はできてたと思ってたんですが、こんなにステージの上で皆さんに会ったら、この時間が永遠に続きそうな気がします。そして今日はこの場に一緒にいれなかったT.O.Pさんも皆さんの事を恋しがっています。僕達5人がまた皆さんの前にカッコいい姿で戻る時まで僕達を待っていてください。皆さんと一緒に過ごした時間、皆さんと一緒に歌った歌はいつまでも僕の心の中に残ると思います

G-DRAGON:ソウルは本当に寒いです。冬の匂いがします。これは季節の問題ではなく今年は1人の時間が多かったからだと思います。これからもっと寒くなると思いますが、冬がすぎれば春が訪れるように、
暖かい日々がやってくるはずです。その時まで皆元気に過ごして、みんな悲しまないでください。正直
別れだとは思っていないので再会の日を楽しみにして日々を過ごしたら、その日はすぐ来ると思います。今まで僕達を愛してくれたように、僕達の皆さんへの愛も変わらないので お互い笑いながら最後まで
ラストダンスを踊りましょう。

D-LITE:これからしばらく長いブランクができると思います。これまでの時間よりブランクから先の時間の方がもっともっと長いと思います。これからも皆さん僕達の応援をよろしくお願いします。

V.I:今日のライブは全部終わりましたが最後の1曲はBIGBANG、T.O.Pさんの事も含めたメンバー5人
全員がファンの皆さんに伝えたいメッセージを込めた歌を歌いながら最後の挨拶にしたいと思います。

・・・と最後の1曲がスタート。SOLの伴奏に合わせてG-DRAGONが歌い出すはずだったのですが、ここで初日ならではのハプニング!G-DRAGONが歌いだしのタイミングを間違ってしまい、その場でやり直す事になりました。ステージ上で打ち合わせを始めるSOLとG-DRAGON。慌ててその場をフォローするD-LITEとV.I。ちょっとしんみりした雰囲気が柔らかな笑い声に包まれました。

♪『LAST DANCE』

もう一度頭から歌いだしたG-DRAGON。今度は成功し「やった!」と小さな声で呟くと客席からは「可愛い!」と声があがります。そんなG-DRAGONを見て他のメンバーも笑顔に。この日の『LAST DANCE』は少しだけ特別な『LAST DANCE』となったようでした。

あっという間の3時間のステージ。少し懐かしい曲から王道の曲、絶対に聴いておきたい名曲が最初から最後まで、息をつかせぬほど怒涛の勢いで過ぎ去っていったライブでした。G-DRAGONの言葉にあったように、メンバーにもファンにもこの日の記憶が、寒い冬を乗り越え暖かい春に笑顔で会えるための大事な心の支えになるのだろうと感じました。


.
(文:森下恵美子/写真:2017/11/18福岡公演オフィシャル)

・・・・・・・・・・・・・・
.
海外アーティスト史上初の5年連続ドームツアー
【BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-】
11月18日(土) 福岡 ヤフオク!ドーム 開場15:00/開演17:00
11月19日(日) 福岡 ヤフオク!ドーム 開場15:00/開演17:00
11月23日(木) 京セラドーム大阪 開場16:00/開演18:00
11月24日(金) 京セラドーム大阪 開場16:00/開演18:00
11月25日(土) 京セラドーム大阪 開場13:00/開演15:00
12月02日(土) ナゴヤドーム 開場16:00/開演18:00
12月03日(日) ナゴヤドーム 開場13:00/開演15:00
12月06日(水) 東京ドーム 開場16:00/開演18:00
12月07日(木) 東京ドーム 開場16:00/開演18:00
12月13日(水) 東京ドーム 開場16:00/開演18:00
12月21日(木) 京セラドーム大阪 開場16:00/開演18:00
12月22日(金) 京セラドーム大阪 開場16:00/開演18:00
12月23日(土) 京セラドーム大阪 開場16:00/開演18:00
12月24日(日) 京セラドーム大阪  開場13:00/開演15:00 <ファイナル公演/限定公演>


■BIGBANGリリース情報

●BIGBANG DVD & Blu-ray
『BIGBANG SPECIAL EVENT 2017』
2018.1.17 ON SALE
2017年5月から6月にかけて福岡ヤフオク!ドーム、東京ドーム、京セラドーム大阪の全3都市5公演と異例の規模で開催したスペシャルイベント「BIGBANG SPECIAL
EVENT 2017」から6/4に行われた京セラドーム大阪ファイナル公演の模様を収録!!

【2DVD+CD+スマプラムービー&ミュージック】AVBY-58574~5/B ¥8,424(税込)
【DVD+スマプラムービー】AVBY-58578 ¥5,184(税込)
【2Blu-ray+CD+スマプラムービー&ミュージック】AVXY-58576~7/B ¥9,504(税込)
【Blu-ray+スマプラムービー】AVXY-58579 ¥6,264(税込)

.

●SOL (from BIGBANG) Japan New Album
『WHITE NIGHT』
2018.1.10 on sale
約3年ぶりとなるこのSOL最新ソロ作『WHITE NIGHT』は8月に本国リリースされるやいなや、全世界26ヶ国iTunesの配信チャートで1位を席巻、米ビルボードワールドアルバムチャートでも2週連続の1位を獲得!!満を持してリリースされる日本国内盤にはボーナストラックとしてLEXUS KOREAのイメージソングとなった「SO GOOD」を初収録!!
DVD付にはチャートを席巻したダブルタイトル曲の「DARLING」や「WAKE ME UP」のミュージックビデオやメイキングに加え、「SO
GOOD」のミュージックビデオも初収録。そして、初回仕様は豪華フォトブック付き!!
【CD+DVD+スマプラミュージック&ムービー】AVCY-58565/B ¥4,104(税込)
【CD+スマプラミュージック】AVCY-58566 ¥3,132(税込)
【PLAYBUTTON】AVZY-58567 ¥2,592(税込)

.

●D-LITE (from BIGBANG) Japan New Mini Album
『でぃらいと 2』
2017.12.20 ON SALE
オリコン1位を記録した前作に続く、約3年ぶりの”宴会企画”第2弾!!これからの季節の「宴」を盛り上げるにふさわしい、オリジナル・カバー曲含む世代を超えて楽しめる7曲が詰まった2017年忘年会シーズンの大本命作!

【CD+2DVD+スマプラミュージック&ムービー】AVCY-58568/B~C ¥8,640(税込)
【CD+スマプラミュージック】AVCY-58569 ¥2,592(税込)
【PLAYBUTTON】AVZY-58573 ¥2,592(税込)

.

●G-DRAGON (from BIGBANG) Japan New Mini Album
『KWON JI YONG』
2017.12.13 on sale
G-DRAGONの本名”KWON JI YONG (クォン・ジヨン)”と冠された本作が、満を持してリリース。
DVD付には、YouTube再生回数5,000万回を突破した「Untitled, 2014 -KR Ver.-」と「BULLSHIT -KR Ver.-」のミュージックビデオに加え、ソロワールドツアーの幕開けとなった6月10日ソウル・サンアムワールドカップスタジアムでの【2017 G-DRAGON CONCERT ACT III, M.O.T.T.E IN SEOUL】ライブ映像やメイキング映像他トータル約3時間の映像コンテンツが堪能できる超豪華内容!
【CD+2DVD+スマプラミュージック&ムービー】AVCY-58560/B~C ¥8,640(税込)
【CD+スマプラミュージック】AVCY-58561 ¥2,052(税込)
【PLAYBUTTON】AVZY-58562 ¥2,592(税込)

.

●SOL (from BIGBANG) LIVE DVD & Blu-ray
『TAEYANG 2017 WORLD TOUR 』
2018.1.31 on sale

自身2度目のワールドツアー〝TAEYANG 2017 WORLD TOUR ”で最大規模のステージとなる日本公演の映像化が決定!

[3DVD+2CD+PHOTO BOOK+スマプラミュージック&ムービー]AVBY-58536~8/B~C ¥12,204(税込)
[3Blu-ray+2CD+PHOTOBOOK+GOODS+スマプラミュージック&ムービー]AVXY-58541~3/B~C ¥13,284(税込)
[2DVD+スマプラムービー]AVBY-58539~40 ¥7,884(税込)
[2Blu-ray+スマプラムービー]AVXY-58544~5 ¥8,964(税込)

.
■BIGBANG OFFICIAL HOME PAGE
http://ygex.jp/bigbang/

■BIGBANG OFFICIAL FANCLUB [VIP JAPAN]
https://vip.fc.avex.jp/

■BIGBANG OFFICIAL MOBILE SITE [BIGBANG☆WORLD]
http://bigbang-world.com/

.

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近の記事

  1. 韓国出身、実力派ボーイズバンド「Led apple」のメインボーカルを務めた、チャン・ハンビ…
  2. 韓国ストリート出身、アコースティック・サウンドを奏でる10CM(シプセンチ)が、2018年6…
  3. ジョン・ヨンファがこれまでに感じてきた4つの感情に”色”を混ぜ合わせ、 彩り豊かな自身の軌跡を綴っ…
  4. 4月18日、東京タワーをはじめとする5都市のシンボルタワーが “SHINeeカラー”でジャック! …
  5. BIGBANG・PSY・WINNER・iKON等、全世界をまたにかけ絶大な人気を誇るアーティ…
  6. 韓国 100%エンターテインメントチャンネル「Mnet」および、日本初の韓国エンタメ動画配信サービス…
  7. 株式会社デジタルアドベンチャー(本社:東京都港区、代表取締役:チェ・グァンヨン)は、6月2日(土)に…
  8. 佐藤健 「るろうにほん 熊本へ」 発売日:2017年4月14日(金) 価 格:1600 円(…

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る