ソン・シギョン 1st ALBUM「DRAMA」発売記念イベント
2017/12/1(金)イオンモール福岡 F.A.E.P.レポート

©F.A.E.P.

韓国のバラードの皇帝と呼ばれているソン・シギョン。日本での初のアルバム、JAPAN 1st Album『DRAMA』のリリースイベントが各地で開催されました。最終日は12月1日のイオンモール福岡。F.A.E.Pはイベント前に単独インタビューも敢行し、そのままイベントも密着レポートをさせていただきました。

シギョン:もう明日帰るんですよ。残念です。

とても自然にステージへ登場したシギョン。「韓国では人前でリハーサルはしないんです。」と言いながらも、リハーサルとは思えないほどしっかりと1曲を歌ってくれました。
このようなリリースイベントでは珍しく、MCからのスタート。

©F.A.E.P.

シギョン:やっぱり緊張しますねぇ。
司会:12月20日にアルバムリリースという事で愛知、大阪そして福岡とイベントしてきましたが、どうでしたか?疲れていませんか?
シギョン:疲れていますよ!でもイオンモールツアーも今日が最終日ですからね?(笑)
司会:12月25日に!なんとクリスマスには、ここ福岡でライブも行いますよね?
シギョン:そうですね。是非クリスマスプレゼントとして誰かを誘って来て下さい。僕、韓国では結構有名ですよ?
司会:そうですよね、日本で例えると福山雅治さんみたいな感じですかね?
シギョン:えぇ!!違いますよ!!全然違います!
司会:小田和正さんとか?
シギョン:そうなりたいですねぇ。
司会:今回小田さんの楽曲も歌わせてもらえる許可もでましたよね。
シギョン:もともとは「ラブストーリーは突然に」を歌う予定もあって、でも「さよならは言わない」って曲も好きで、そしたらどっちでも歌っていいよと言ってもらえて何だか認められたみたいで嬉しかったです。
司会:ではそろそろ僕との掛け合いはこれぐらいにしますね。

ステージに残ったシギョンは、通訳も一切無く流暢な日本語でMCを続けます。

©F.A.E.P.

シギョン:では・・・僕はソン・シギョンと申します。何を歌いましょうか?あっ、僕の事初めて見た人はいますか?僕はどうですか?
(2階から見ていた女性から「優しそう!」と声が飛ぶ)
あービックリした!今「マシッソヨ」って聞こえました。食べられるのかと思いました。
(会場が大爆笑)
ありがとうございます。では最初の曲は・・・、もう師走ですね。まずはクリスマスキャロルを1曲歌いたいと思います。

♪『Have Yourself A Merry Little Christmas』

クリスマスの飾りでデコレーションされたモール内いっぱいに歌声が響き渡り、そこは一気にクリスマスムードたっぷりの空間に。ファンもうっとりと聴き入って目を閉じている人もたくさんいました。
カジュアルなデニムファッションに黒いコート、そして柔らかなマフラーを首にかけたシギョン。その甘い声を響かせながら、ゆっくりとステージを歩いたり小さく手を振ったりと、大人の余裕のようなものを感じました。そして最後には「メリークリスマス」と笑顔で一言。ファンはもう目が離せなくなってしまっているようでした。

シギョン:福岡に来れて本当に嬉しいです。明日帰りますけど・・・食べたかったものがたくさんありますよ!今日は何を食べたらいいのか本当に悩みます。屋台も行きたいし、モツ鍋もお寿司も食べたいし。太りますよね・・・。

次は僕の歌を歌いたいと思います。最初は少し難しい曲だと思いました。皆悩みがあるじゃないですか?僕の人生は最高だ!っていう人はあまりいないんじゃないですか?この歌は、迷っているのも人生だ、という歌です。僕は39歳になります。韓国では40歳なんですが、40歳になったらこんな深い歌も歌えるかなって思っています。

♪『Life is…』

©F.A.E.P.

その歌声で次々に人が集まり出した会場のウエストコート。偶然に通った人でさえも、ほとんどがその足を止めてしまいます。たった1本のマイクで、こんなにも感情豊かに表現ができるものなのかと驚かされました。

シギョン:今回のアルバムですが、本当に早く聴かせてあげたいです。初めてのファーストアルバムですし。僕は韓流でもないしアイドルでもないですけど、でもファンの皆さんがずっと日本での活動を待っててくれました。今まで僕は「日本語を勉強します」って、ずっと嘘をついてきました。でも逆にファンの皆さんが韓国語の勉強を10年もしてくれて、もう韓国人みたいです。でも今年は本当に毎朝、毎日少しずつ日本語を勉強しています。日本のアニメも小説も映画もドラマも見ました。それである程度僕が話したい事は話せるようになりましたが、聞きとるのは難しいです。関西弁はわからないし、博多弁はもっと難しいです。これからはバラエティの番組も勉強しようかと思います。最近マネージャーさんが、綾小路きみまろさんの映像を見せてくれたんです。めちゃくちゃ面白いですよ!それを日本語の先生と一緒に勉強しましたよ。でも気付けばそれを僕はどこで使えばいいのか・・・。でも僕のファンの皆さんには言えないですよね?

©F.A.E.P.

少しだけ綾小路きみまろさんの口調をマネてみるシギョン。突然の事にファンはびっくりしていましたが、本人は気にいっている様子で大笑いしていました。

♪『さよならは 言わない』

「小田さんは僕より背が低いと思うんですがキーはすごく高いんです。小田さんはピアノを弾きながら楽に歌ってますが、僕は全力で歌わないとダメです。僕は最初にこの歌を聞いた時恥ずかしいですが涙が出たんです。」と語っていましたが、高音が透き通るように綺麗で、小田さんの曲がしっかりとシギョン風にアレンジされていました。

♪『君のすべての瞬間』

©F.A.E.P.

韓国ドラマ『星から来たあなた』のOSTで、日本語歌詞をアーティストのKが担当した曲。カバー曲はシギョン自身が好きな曲で楽しんで歌えるそうですが、自分の曲は原曲が自分だから韓国語の歌のイメージが頭にあって逆に難しかったそうです。

シギョン:今回の日本のアルバムは日本のファンの皆さんの事を考えながら作りました。僕は今はまだ新人の歌手です。でも韓国での大事なコンサートも諦めて日本に来ました。だからもっと日本でたくさんのお仕事ができたらいいなと思ってます。そんなに簡単な事ではないとは思いますが、僕も韓国で新人だった時代があります。何もできずあの時も悔しいと思う事もありましたが、楽しい事もありました。今は第二の人生みたいな、もう一度その時に戻れて経験できるって素晴らしいなって思います。絶対成功した姿をお見せしたいと思ってはいるんですが、もしできなかったとしても長い間僕の事を待ってくれていた日本のファンに恩返しになるんじゃないかって。それだけでも意味があるんじゃないかって思ってます。

♪『粉雪』

©F.A.E.P.

選曲リストの中からこの1曲はすぐに歌いたいと決めた曲との事。「原曲を乗り越えるのではなく、僕のスタイルで歌います。」と話したシギョン。今の季節にピッタリの曲で、サビの部分は圧巻の高音の伸びで聴かせます。年齢の分なのか、経験の分なのか、オリジナルよりもさらに切なさを感じさせ、この日一番の大きな拍手はなかなか鳴りやみませんでした。

シギョン:ありがとうございます。じゃあ、もう1曲歌います。
最後の曲は韓国語の歌にします。これからしばらくは韓国語の歌を歌う機会が少なくなると思うので。
(客席から「えーー!」と声があがる)
え?韓国語の方がいいんですか?じゃぁ日本語歌うの辞めますか?!嘘です。日本語も韓国語も両方やって行きましょう。

最後の曲は客席からリクエストを募ったシギョン。あちこちから声があがり「あの?カラオケじゃないですよ?」と笑いながらもファンとのやりとりに嬉しそうに微笑んでいました。

シギョン:ではこれで本当に最後の曲です。今日は本当にありがとうございました。

♪『두 사람(ふたり)』

歌い終わった後にゆっくり客席を眺め、手を振りながらステージを降りていったシギョン。終始、紳士的で大人の男性でした。そしてこの後の握手会やサイン会、そして写真撮影とファンとの大事な時間を愛しむように過ごしていました。

©F.A.E.P.

このようなイベントで6曲もの歌を歌うアーティストは、そう多くはありません。
それだけファンはもちろんのこと、初めて自分の歌声を聴く人にも聴かせたい、届けたいという熱い想いが強く
あったからではないでしょうか。ソン・シギョンのこれからの日本での「DRAMA」が楽しみで仕方がありません。

(文:森下恵美子/写真:波多江純一)


★プレゼントのお知らせ 

ソン・シギョンさんのメッセージ入り見開きサイン色紙を抽選で1名様にプレゼントいたします。

<応募方法>プレゼントの応募方法はインタビュー<後編>にあります →


<リリース情報>
アーティスト名:SUNG SI KYUNG (ソン・シギョン)
タイトル:DRAMA
発売日:2017/12/20
レーベル:avex trax
リリース形態:3形態


●【CD+PHOTO BOOK】(初回生産限定盤) AVCD-93788 \4,104(\3,800)
●【CD+DVD】AVCD-93789/B \4,104(\3,800)
●【CD】AVCD-93790 \3,240(\3,000)

[CD収録内容]
01. Life is …
02. 粉雪
03. さよならは 言わない
04. HOME (SUNG SI KYUNG × SUPER JUNIOR-KYUHYUN)
05. 君のすべての瞬間 -Japanese ver.-
06. ずっと一緒さ
07. プライマル
08. やさしくさよなら -Japanese ver.-
09. Everything
10. 田園
11. どこかで、いつか -Japanese ver.-
12. 夢月夜 (SUNG SI KYUNG × HAYASHIBE SATOSHI)
[DVD収録内容]
01.「Life is …」Music Video
02.『DRAMA』Documentary Video

.

<ツアー情報>
SUNG SI KYUNG JAPAN LIVE TOUR 2017“DRAMA”
●2017年12月21日(木) 東京都・府中の森芸術劇場 開場17:30/開演18:30
●2017年12月23日(土) 愛知県・アイプラザ豊橋 開場17:00/開演18:00
●2017年12月25日(月) 福岡県・福岡国際会議場メインホール 開場17:30/開演18:30
●2017年12月27日(水) 大阪府・NHK大阪ホール 開場17:30/開演18:30
●2017年12月28日(木) 大阪府・NHK大阪ホール 開場17:30/開演18:30

【SUNG SI KYUNG OFFICIAL WEBSITE】http://sungsikyung.jp/
【SUNG SI KYUNG OFFICIAL Twitter】https://twitter.com/Sungsikyung_JP

.

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近の記事

  1. 韓国出身、実力派ボーイズバンド「Led apple」のメインボーカルを務めた、チャン・ハンビ…
  2. 韓国ストリート出身、アコースティック・サウンドを奏でる10CM(シプセンチ)が、2018年6…
  3. ジョン・ヨンファがこれまでに感じてきた4つの感情に”色”を混ぜ合わせ、 彩り豊かな自身の軌跡を綴っ…
  4. 4月18日、東京タワーをはじめとする5都市のシンボルタワーが “SHINeeカラー”でジャック! …
  5. BIGBANG・PSY・WINNER・iKON等、全世界をまたにかけ絶大な人気を誇るアーティ…
  6. 韓国 100%エンターテインメントチャンネル「Mnet」および、日本初の韓国エンタメ動画配信サービス…
  7. 株式会社デジタルアドベンチャー(本社:東京都港区、代表取締役:チェ・グァンヨン)は、6月2日(土)に…
  8. 佐藤健 「るろうにほん 熊本へ」 発売日:2017年4月14日(金) 価 格:1600 円(…

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る