ソン・シギョン<F.A.E.P.単独インタビュー:前編>2017/12/1(金)

©F.A.E.P.

“バラードの皇帝”とも呼ばれるソン・シギョンさんが福岡でのイベントにやって来てくれるという事で、F.A.E.P.では単独インタビューのお時間を頂きました。イベント当日に福岡入り、そしてラジオ番組などに出演と時間がない中、笑顔で楽屋に迎えて頂きました。

F.A.E.P(以下F):初めまして。本日はよろしくおねがいします。

ソン・シギョン(以下:シギョン):よろしくおねがいします。

F:今回シギョンさんの事を色々勉強させて頂き、お土産は何がいいかと考えたのですが・・・
これしか浮かびませんでした。

シギョン:(細長い紙袋を見て)もしかしてお酒ですか!

F:はい。福岡限定。冬季限定のお酒です。

シギョン:あー、ありがとうございます。これが一番うれしいです。

F:福岡が初めてという事で楽しみにしていた、屋台に行ってみたいという話を聞きました。
まだ福岡に到着したばかりなので楽しめていないとは思うのですが、福岡に対するイメージはどんな感じなのでしょうか?

シギョン:福岡はちょっと釜山と似ている感じがしますね。高速道路の感じとか。高速道路は昔はソウルにもあったんですけどね。海も見えるし、釜山の雰囲気がするなって。釜山とは距離も近いし姉妹都市ですよね?似てるからなのかな?でもまだ着いたばかりで何も楽しめていないです。

F:屋台に行きたいって話をしていましたよね?

シギョン:そうですねぇ、この後時間があったら行きたいですね。イオンモールツアーも今日が最後ですし。

F:打ち上げですね?

シギョン:でもビックリしました。イオンモールは結構郊外にあるんですね?大阪も名古屋も少し都心から離れていました。なんか・・・申し訳ない気持ちになりますよね。ファンの皆さんに。頑張って遠くまで来てもらって申し訳ないですね。

F:でも福岡は中心部からバスも通っているので、案外近いですよ?空港も近いですし。

シギョン:そうですか。よかったです。安心しました。

F:福岡で食べてみたいものとかはありますか?

シギョン:モツ鍋はまだ食べた事がないんです。福岡の名物だって聞きました。これは是非食べたいです。
屋台も行きたかったし、お寿司も食べたかったけど時間が無いかなぁ。明日帰らないといけないんです。
それから、福岡の女性は美人が多いですよねぇ。

F:ありがとうございます。

シギョン:何でですか?水が綺麗だからですかねぇ?食べ物が美味しいから?

F:そうかもしれません(笑)。

F:今回の日本 1stアルバム「DRAMA」についてお聞きしたいのですが、本当は全曲について聞きたい所なんですが時間の都合もあるので・・・。今回のこのカバー曲の中でも私が個人的にも聞くのを楽しみにしているのが「プライマル」です。この曲が発売された当時はまだ私も20歳で人気のドラマの主題歌で、でも誰もこの歌をカラオケでうまく歌える人はいませんでした。

シギョン:これ音が高いから難しいんですよねぇ。僕も苦労しました。

F:オリジナルラブの田島さんが特徴のある声という事もあると思うのですが、この曲をシギョンさんがどんな風に聞かせてくれるのかとても楽しみなのですが、この曲についてどのような想いがありますか?

シギョン:最初選曲リストを見た時に一番目立った曲でした。曲ですが歌詞が印象的でした。「愛は命より前にあるから」とか、感動を受けてすごく歌ってみたいと思いました。誰もカバーしていないとの事で許可が降りるか心配でしたが運よく歌う事が出来る事になりました。僕には本当は少し音が高いんです。でもキーを下げるとその雰囲気がでないんですよねぇ。だからキーの調整が難しかったですね。でも僕も楽しみながら歌った曲でした。

F:今回カバーされた曲が一番新しいものでも2009年で8年前の作品なのですが、
一昔前の曲という感じがしますが?

シギョン:僕が昔の人間だからですからね。

F:やっぱり年代は意識されたということですか?

シギョン:そうですね、僕のファンも20代より30代、40代の人が多いですから、喜んでもらえるんじゃないかなと選びました。

F:そうですね、私も世代としてストライクど真ん中です。

シギョン:僕もたまには若いスタイルの歌も歌ってみたいんですが・・・。

F:それは次回のお楽しみ、ということですか?

シギョン:でもね、こう言うと古い人間かもしれませんが、昔の曲の方がメロディや歌詞が奥深さがあるものが多いじゃないですか?だから好きなんです。

── <インタビュー:後編> へつづく ──

.

(文:森下恵美子/写真:波多江純一)


★プレゼントのお知らせ 

ソン・シギョンさんの見開きサイン色紙を抽選で1名様にプレゼントいたします。

<応募方法>プレゼントの応募方法は後編ページにあります →


<リリース情報>
アーティスト名:SUNG SI KYUNG (ソン・シギョン)
タイトル:DRAMA
発売日:2017/12/20
レーベル:avex trax
リリース形態:3形態


●【CD+PHOTO BOOK】(初回生産限定盤) AVCD-93788 \4,104(\3,800)
●【CD+DVD】AVCD-93789/B \4,104(\3,800)
●【CD】AVCD-93790 \3,240(\3,000)

[CD収録内容]
01. Life is …
02. 粉雪
03. さよならは 言わない
04. HOME (SUNG SI KYUNG × SUPER JUNIOR-KYUHYUN)
05. 君のすべての瞬間 -Japanese ver.-
06. ずっと一緒さ
07. プライマル
08. やさしくさよなら -Japanese ver.-
09. Everything
10. 田園
11. どこかで、いつか -Japanese ver.-
12. 夢月夜 (SUNG SI KYUNG × HAYASHIBE SATOSHI)
[DVD収録内容]
01.「Life is …」Music Video
02.『DRAMA』Documentary Video

.

<ツアー情報>
SUNG SI KYUNG JAPAN LIVE TOUR 2017“DRAMA”
●2017年12月21日(木) 東京都・府中の森芸術劇場 開場17:30/開演18:30
●2017年12月23日(土) 愛知県・アイプラザ豊橋 開場17:00/開演18:00
●2017年12月25日(月) 福岡県・福岡国際会議場メインホール 開場17:30/開演18:30
●2017年12月27日(水) 大阪府・NHK大阪ホール 開場17:30/開演18:30
●2017年12月28日(木) 大阪府・NHK大阪ホール 開場17:30/開演18:30

【SUNG SI KYUNG OFFICIAL WEBSITE】http://sungsikyung.jp/
【SUNG SI KYUNG OFFICIAL Twitter】https://twitter.com/Sungsikyung_JP

.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

  1. 韓国観光公社福岡支社(支社長:林用黙)では、12月4日(火)福岡国際センターにおいて「新韓流フェステ…
  2. 【いい音楽で一度、素晴らしいパフォーマンスで二度魅了させる】と言う意味を持つ、Asia No.1…
  3. 今、日本で最も旬な韓国のラッパー・SALU(サル)と作品ごとのコンセプトを重視し、トレンドから一線を…
  4. 12月5日(水)に初のフルアルバムをリリースする「BLACKPINK (読み : ブラックピ…
  5. 韓国100%エンターテインメントチャンネル「Mnet」および日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「M…
  6. 2005年のデビュー以降、音楽のみならずバラエティ番組やMC、俳優など、エンタテインメントの第一線で…
  7. 今年“超新星”から改名し、今月6日にリリースした1stシングル「Chaper Ⅱ」がオリコンデイリー…
  8. 2018 年12 月、アジアで話題沸騰の台韓ハーフアーティストBii(畢書盡)が来日イベントを開催す…

◆九州まるまる情報

ページ上部へ戻る