『iKON JAPAN DOME TOUR 2017 追加公演』
2017/10/1(日)マリンメッセ福岡 F.A.E.P.レポート

BIGBANGの系譜を継ぐ7人組ボーイズグループ、iKON(アイコン)。
韓国でのデビューから史上最速となる1年9ヶ月でのジャパンドームツアー『iKON JAPAN DOME TOUR 2017』が大盛況を博して終了し、そのアンコールツアーであり日本では4度目となるツアーの『iKON JAPAN DOME TOUR 2017 追加公演』が、2017年9月9日(土)の 神戸ワールド記念ホールからスタート。長野ビッグハット公演を経て、本日は、2017年3月に開催されたアリーナツアーのアンコール公演『iKON JAPAN TOUR 2016~2017』マリンメッセ福岡以来、半年ぶりの福岡です。

その半年の間に満ちあふれた福岡のiKONIC(iKONファンの総称)の切なる思いが、メンバー登場を合図に一気に放出。福岡公演では初披露のオープニング曲 ♪『BLING BLING』のイントロが流れると会場はまたたく間に激しく揺れるKONBAT(iKONのペンライト)で真っ赤に染まり、ステージに吹き出す炎の爆音で更に期待と興奮の熱気に包まれ、福岡公演の①部がスタート!
そのまま会場をあおりながら花道をセンターステージへ移動し ♪『SINOSIJAK REMIX』、そのあとiKONICへ挨拶をするように四方へ散らばり歌いながら ♪『JUST ANOTHER BOY』を披露。

そしてB.Iの「GET READY? SHOW TIME! こんにちは!僕たちはiKONです!」と、いつものiKONICとの合言葉から自己紹介へ。

B.I:ようこそ!キレイな女性と話すために来ました、B.Iです!
JU-NE:(歌うように)ふくおか~♪ふくおか~♪ 俺はiKONのウナギのしっぽ、JU-NEだよ!
JAY:こんにちは、みなさん!本当に来たかったです、(かわいく)ジナンだよ!ひさしぶりに福岡に来たから一緒に遊ぼうよ。今日はよろしくお願いします!
SONG:福岡のみなさん、おひさしぶりです!僕はiKONのキラキラな男、ユニョンです!今日も最後までテンションMAXで楽しみましょう!
CHAN:ふくおかー!おひさしぶりです!iKONの末っ子チャヌです。福岡の美人達を見ながらがんばります!
DK:(叫ぶように)福岡ひさしぶり!!iKONのDKです。今日はよろしくお願いします!
BOBBY:ふくおかー!俺はBOBBYだよ!今日も暴れよう~!!

チェアに座りながらしっとりと ♪『MY TYPE REMIX (Acoustic Ver.)』。歌いながら投げキッスをしたり、手でハートを作って可愛くポーズをしてみたり、ファンにはたまらないパフォーマンスに大歓声の嵐。続く ♪『#WYD』では、JU-NE「愛するあなたのもとへ会いに行きます。」JAY「なにしとーと?」と言いながら、ビデオカメラを片手に数名に分かれて花道へ。そこここでファンとのコミュニケーションを楽しむ様子がステージのスクリーンに映し出され、会場中がにぎやかな様子でした。最後は「福岡!サランヘヨ!!」とJU-NEの言葉でしめくくり、MCコーナーへ。

このコーナーでは、作曲ゲームと題して福岡のファンのために作ったという曲をまずはJU-NEが披露。花道のセンターステージにてギターを持って座り込み、「風邪をひいちゃったけど理解してほしい。」と、丁寧な言葉で保険をかけるJU-NEに会場からは笑いが起きていました。

JAY:曲の名前は?
JU-NE:曲の名前は・・・「アサデス。」(聞き覚えのある名前に大きな笑いに包まれた会場)
JAY:朝じゃないけど?(笑)
JU-NE:・・・「アサデス。」(笑)
(「アサデス。」とは、KBC九州朝日放送の朝の情報番組名。事前に番組収録があり、そこでステージにて歌を披露する、と約束していたようです)

JU-NE「福岡は~やっぱり~美人が多いよね~♪」と弾き語り。美声でありつつも面白おかしく「アサデス。」をテーマにした歌を披露。

そしてCHANも歌いたいとのことで「福岡」というテーマの歌をギター片手に披露してくれましたが、本当に即興だったらしくコードも何も関係ない、ほぼ叫ぶ状態のCHANなのでした。そういえば前回の福岡公演でJU-NEが「自分たちのMCがファンにウケたか気になってしょうがない。楽屋でもそんな話ばかり。」ともらしていただけあり、バッチリとオチもキマっていました。
そして「楽しんどっと~?」というJU-NEの博多弁を合図に、B.I、BOBBYそれぞれのソロと二人のステージへ。

♪『BE I REMIX_B.I』
♪『HOLUP! REMIX_BOBBY』
♪『ANTHEM REMIX_B.I&BOBBY』

B.I:皆さん、盛り上がってますか?今からラッパー二人でのMCになります!
僕たち実は二人とも、日本語…うまいですよ!ね!BOBBYさん?(会場からは若干の笑いが)
BOBBY:あったりまえじゃん!僕たち…日本語…とっても……カッコイイ!
(たどたどしさが既に怪しい様子です)
本当はいつも、二人でもっとめちゃくちゃしゃべりたいのに、うるさい5人がいて邪魔ばっかりされて…!
ついに!このチャンスをもらいました!!
B.I:It’s BOBBY Time!
BOBBY:It’s B.I Time!!(大歓声の会場)

なかなか見れない二人のMCは最初から大盛り上がりで笑いが絶えません。B.IとBOBBYの2人で交代交代に韓国語を日本語へ訳しあいながら、「道で僕がLINEを教えてって言ったら教えてあげますか?」「今僕と結婚してくれ!って言ったら結婚してくれますか?」など、会場へ愛しく呼びかけたり逆に拒否をしたり。BOBBYが韓国語で何を言ってもB.Iはすべて「お前はもう死んでいる。」と訳してしまったりと、二人の妙に無邪気で勢いのある言い方がとても面白く、BOBBY「やったね!やっぱり僕たち日本語うまいじゃーん!!」と明るく言い切る様子に笑いと大歓声がおきました。

そしてメンバー初となるソロアルバム『LOVE AND FALL』を11月29日(水)に発売する事が決定したBOBBYのソロステージ。

BOBBY自身やそして見ている私達にもどこか重なるような歌詞の ♪『RUNAWAY-KR ver.-』をじっくりと聴かせてくれました。MOBBや今までのソロステージの時の彼とは違う、新たなBOBBYが導く音楽の凄さは、本国で既にリリースされているこのアルバムが全世界22カ国のiTunesで1位を獲得、韓国の男性ソロアーティストとして歴代TOP3に入る1位を獲得しています。

続いての ♪『PERFECT』では、大人っぽい雰囲気のヒョウ柄の上着に着替えたメンバー達。JAY、SONG、CHAN、JU-NE、DKのボーカルラインの歌声が会場いっぱいに響きました。そのままの切ない雰囲気で ♪『AIRPLANE』へ。

♪『PERFECT』はライブでは初ということで、SONGより曲についての紹介がある予定だったのを、他メンバーの提案で話すよりも歌う方がいい!と、SONGがアカペラで美声を披露。 ♪『PERFECT』のSONGパートを見事に歌い上げ、メンバーからも会場からも「おー!!」と感嘆の声が上がりました。またDKは歌の最中にJAYが会場へ流し目を送っているのを目撃、その様子が「すごい!カッコイイ!」と感動したことを告白。そのJAYの流し目を、歌いながら忠実に再現するDKに、会場もメンバーも大盛り上がり。またその話をしている中のJU-NEの突然の提案で、「俺たちの「エーッ!」はちょっと違う!」ということで、「ライブ中なにか面白かったら「エーッ!」と叫ぼう!」というネタに会場を巻き込みながら、まるで学生のように無邪気にふざけ合うメンバー。同日の②部公演でもそれをiKONICと共に楽しんだひとコマもあったようです。
そして次は悲しい歌であるにもかかわらず、まだまだそのままの雰囲気で話し続けるも、時間の関係でJAYからおしゃべりにSTOPが。それでも結局歌い始めるギリギリまで楽しく曲紹介をしてしまい、会場の笑いも止まりません。でもひとたび曲が始まると、スタンドマイクでしっとりと歌い始めるメンバー。その見事な歌声で一瞬にして場の雰囲気を変えてしまうところはさすがでした。

♪『JUST GO』
♪『APOLOGY』
– MOVIE – (『LOVE ME』のMVと、そのビハインドシーン)

カジュアルな衣装へチェンジしたメンバーが登場。
「福岡!遊ぶ準備はできましたか?!」とJAYが叫び ♪『RHYTHYM TA REMIX (ROCK ver.)』へ。iKONICのかけ声とも息がぴったりです。そして福岡では初披露の♪『B-DAY』を喜びの大歓声が迎え、♪『DUMB & DUMBER』へ。日本1stシングルでもあり第58回日本レコード大賞 最優秀新人賞を受賞したこの曲で、会場は地響きがするほどにヒートアップ。この3曲連続のあまりの激しさに「やばくない?!」と息も絶え絶えでメンバーはステージに倒れ込み、これらの曲を作ったB.Iにはメンバーから「この3曲を続けてやること自体無理だと思う!」「なんでこんな曲作ったの!?」とクレームが。「申し訳ございません…」と丁寧に謝るB.I。疲れ果てているメンバーをよそに、なんとも楽しいやりとりでした。

「疲れた…」「おなかがすいた…」と口々にもらすメンバーでしたが、B.Iの「納豆が食べたい…」の言葉に「納豆が食べたかったら、次のステージは ♪『WHAT’S WRONG?』!!」と、JU-NE無理やりの曲紹介で ♪『WHAT’S WRONG?』へ。続いてiKONICへ愛嬌を振りまく様子がほほえましかった ♪『LOVE ME』、ラップラインがカッコよくて耳心地いい ♪『WORLDWIDE』と次々に3曲を披露し、一旦ステージは終了しました。


会場からの ♪『LONG TIME NO SEE』の歌声と手拍子でアンコールステージがスタート。 ♪『WELCOME BACK』が始まるとツアーグッズに身を包んだメンバーたちが再び登場。グッズやお菓子等を投げながら花道を歩き、続く ♪『M.U.P』では福岡iKONICとの別れを惜しむかのように、しゃがんで見つめながら歌ったり、手を振ってかけ声に応えてみたりと、あちこちで歓声がわき、触れ合いを楽しんでいるようでした。

SONG:今日は本当にたくさんの方々が来てくださってありがとうございました!福岡は、いつもまた戻ってきたいと思っている場所です。福岡のファンの皆さん!ばりばり好いとーよ!!

そしてそんなSONGに最後の曲の選択権が。SONG「僕のやりたい曲は… ♪『B-DAY』です!」
本日2回目の ♪『B-DAY』は会場全体が一つになる大合唱で、一番の盛り上がりをみせました。

JAY:皆さんのおかげで本当に楽しかったです!僕たちのiKONIC!大好きです!
JU-NE:アンニョン!福岡!!

♪『M.U.P』をBGMに、メンバーたちは口々に「ありがとう!」と叫びながらステージを後にしました。

8月に発売された日本オリジナルミニアルバム『NEW KIDS : BEGIN』では、日本オリジナルシングル『DUMB & DUMBER』に続いて、アルバムでは初となるウィークリーランキング1位を獲得したiKON。2016年2月の公演の時にはジナンが「将来BIGBANGのように福岡ドームでライブをするのが夢」と言い、2016年10月のF.A.E.P.によるインタビューの際にはB.Iが「2018年くらいにはドームツアー!福岡ドームで!」と言っていました。ドームツアーは2018年を待たずして開催、残る福岡ドームでの開催も、もう間もなくな気がしてなりません。
ものすごいスピードで次々に記録を打ち出していくその計り知れない実力で、次はどんなステージを見せてくれ、そして感動を与えてくれるのか。彼らの更なる進化を想像しつつ、またその先で出会うであろう新たな『iKON』との再会を期待して待ちたいです。

(文:溝田則子/写真:オフィシャルフォト(2017/10/1マリンメッセ福岡公演))

.

 【iKON JAPAN DOME TOUR 2017】追加公演  

日時・会場・開場/開演
9月9日(土) 神戸ワールド記念ホール 16:00 17:00
9月10日(日) 神戸ワールド記念ホール ①12:00 13:00 ②16:00 17:00
9月16日(土) 長野ビックハット ①12:00 13:00 ②16:00 17:00
10月1日(日) マリンメッセ福岡 ①13:00 14:00 ②17:00 18:00
10月4日(水) 横浜アリーナ ①13:30 14:30 ②17:30 18:30
10月7日(土) 広島グリーンアリーナ ①12:00 13:00 ②16:00 17:00
10月8日(日) 広島グリーンアリーナ 12:00 13:00
10月14日(土) 静岡エコパアリーナ ①12:00 13:00   ②17:00 18:00
10月17日(火) 日本ガイシホール ①13:30 14:30   ②17:30 18:30
10月28日(土) 幕張メッセイベントホール ①12:00 13:00 ②16:00 17:00
10月29日(日) 幕張メッセイベントホール ①12:00 13:00
11月11日(土) 神戸ワールド記念ホール ①12:00 13:00  ②16:00 17:00
11月12日(日) 神戸ワールド記念ホール ①12:00 13:00


■iKON 情報
【iKON X’mas LIVE 2017】
クリスマススペシャルライブを初となるセンターステージで実施決定!

日時・会場・開場/開演
12月9日(土)  横浜アリーナ  17:00 18:00
12月10日(日)  横浜アリーナ 12:00 13:00

チケット一般発売日 2017年11月25日(土)10:00~
URL:http://l-tike.com/ikon2017/
.

 ■BOBBY (from iKON) 情報
BOBBY (from iKON)
『LOVE AND FALL』
発売日:2017.11.29

世界22カ国のiTunesチャートで1位を席巻したBOBBYファーストソロアルバム!

[ALBUM+DVD+スマプラミュージック&ムービー]
価格:¥3,800(税抜)
品番:AVCY-58563/B

CD
・I LOVE YOU
・RUNAWAY
・I LOVE YOU -KR Ver.-
・RUNAWAY -KR Ver.-
・ALIEN -KR Ver.-
・TENDAE -KR Ver.-
・UP (Feat. MINO) -KR Ver.-
・SECRET (Feat. DK, KATIE) -KR Ver.-
・IN LOVE -KR Ver.-
・SWIM -KR Ver.-
・FIREWORK -KR Ver.-
・LEAN ON ME -KR Ver.-

DVD
・LOVE YOU / RUNAWAY
・I LOVE YOU -KR Ver.- / RUNAWAY -KR Ver.-
・I LOVE YOU / RUNAWAY

[ALBUM+スマプラミュージック]
価格:¥2,900(税抜)
品番:AVCY-58564

CD
・I LOVE YOU
・RUNAWAY
・I LOVE YOU -KR Ver.-
・RUNAWAY -KR Ver.-
・ALIEN -KR Ver.-
・TENDAE -KR Ver.-
・UP (Feat. MINO) -KR Ver.-
・SECRET (Feat. DK, KATIE) -KR Ver.-
・IN LOVE -KR Ver.-
・SWIM -KR Ver.-
・FIREWORK -KR Ver.-
・LEAN ON ME -KR Ver.-

.

■『iKON JAPAN DOME TOUR 2017』DVD & Blu-rayリリース情報
発売日:2017.09.27

・2BD+2CD+PHOTOBOOK+スマプラムービー&ミュージック
初回生産限定 -DELUXE EDITION-
価格:10,300円(税抜き)
仕様:豪華BOX仕様+PHOTO BOOK(100P)
封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード

・3DVD+2CD+PHOTOBOOK+スマプラムービー&ミュージック
初回生産限定 -DELUXE EDITION-
価格:9,300円(税抜き)
仕様:豪華BOX仕様+PHOTO BOOK(100P)
封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード

収録内容
LIVE 本編(2017/5/20 KYOCERADOME OSAKA)
1.BLING BLING -KR Ver.-
2.SINOSIJAK REMIX
3.JUST ANOTHER BOY
-MC
4.MY TYPE REMIX (Acoustic Ver.)
5.#WYD
6.TODAY
-MC
7.BE I REMIX_B.I
8.HOLUP! REMIX _BOBBY
9.ANTHEM_B.I&BOBBY
-DANCE PERFORMANCE-
-MOVIE
10.JUST GO
11.APOLOGY
12.WAIT FOR ME
-MC
13.AIRPLANE
14.CLIMAX
-MOVIE
15.RHYTHM TA REMIX (Rock Ver.)
16.DUMB & DUMBER
-MC
17.WHAT’S WRONG?
18.LOVE ME
19.WELCOME BACK

ENCORE
20.M.U.P
21.LONG TIME NO SEE
-MC
22.RHYTHM TA REMIX (Rcok Ver.)

■DOCUMENTARY OF iKON JAPAN DOME TOUR 2017
■FOUCS ON DANCE
BLING BLING –KR Ver.-
SINOSIJAK REMIX
RHYTHM TA REMIX (Rock Ver.)
DUMB & DUMBER
■COLLECTION OF BEST STAGE 2017/6/17 MetLife DOME
BLING BLING -KR Ver.-
CLIMAX
B-DAY -KR Ver.-
DUMB & DUMBER
WHAT‘S WRONG?
■SPECIAL FEATURES 2017/6/17 MetLife DOME
■「LOVE ME」MV
■SPECIAL MOVIE

CD収録内容
BLING BLING -KR Ver.-
SINOSIJAK REMIX
JUST ANOTHER BOY
MY TYPE REMIX (Acoustic Ver.)
#WYD
TODAY
BE I REMIX_B.I
HOLUP! REMIX_BOBBY
ANTHEM_B.I&BOBBY
JUST GO
APOLOGY
WAIT FOR ME
AIRPLANE
CLIMAX
RHYTHM TA REMIX (Rock Ver.)
DUMB & DUMBER
WHAT’S WRONG?
LOVE ME
WELCOME BACK
M.U.P
LONG TIME NO SEE
B-DAY -KR Ver.- (2017/6/17 MetLife DOME)

・BD+スマプラムービー
価格:7,300円(税抜き)
初回封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード

・2DVD+スマプラムービー
価格:6,300円(税抜き)
初回封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード

収録内容
LIVE 本編(2017/5/20 KYOCERADOME OSAKA)
1.BLING BLING -KR Ver.-
2.SINOSIJAK REMIX
3.JUST ANOTHER BOY
-MC
4.MY TYPE REMIX (Acoustic Ver.)
5.#WYD
6.TODAY
-MC
7.BE I REMIX_B.I
8.HOLUP! REMIX _BOBBY
9.ANTHEM_B.I&BOBBY
-DANCE PERFORMANCE-
-MOVIE
10.JUST GO
11.APOLOGY
12.WAIT FOR ME
-MC
13.AIRPLANE
14.CLIMAX
-MOVIE
15.RHYTHM TA REMIX (Rock Ver.)
16.DUMB & DUMBER
-MC
17.WHAT’S WRONG?
18.LOVE ME
19.WELCOME BACK
ENCORE
20.M.U.P
21.LONG TIME NO SEE
-MC
22.RHYTHM TA REMIX (Rcok Ver.)

■DOCUMENTARY OF iKON JAPAN DOME TOUR 2017

——

■『NEW KIDS : BEGIN』リリース情報
発売日:2017月8月16日

.
◆CD+DVD+スマプラ
価格:4,300円(税抜)

CD
1.BLING BLING
2.B-DAY
3.WORLDWIDE
4.PERFECT
5. MY TYPE REMIX (Acoustic Ver.)
6.BLING BLING –KR Ver.-
7.B-DAY –KR Ver.-
8.BLING BLING –inst.-
9.B-DAY –inst.-
10.WORLDWIDE –inst.-
11.PERFECT –inst.-

DVD
【MUSIC VIDEO】・BLING BLING ・B-DAY
【BEHIND THE SCENES】・BLING BLING ・B-DAY
【a-nation 2016 stadium fes.】
【HOLIDAYS IN JAPAN Part2】

◆CD+スマプラ
価格:2,400円(税抜)
1.BLING BLING
2.B-DAY
3.WORLDWIDE
4.PERFECT
5. MY TYPE REMIX (Acoustic Ver.)
6.BLING BLING –KR Ver.-
7.B-DAY –KR Ver.-
8.BLING BLING –inst.-
9.B-DAY –inst.-
10.WORLDWIDE –inst.-
11.PERFECT –inst.-

◆プレイボタン
メンバー別全7種
価格:2,400円(税抜)
1.BLING BLING
2.B-DAY
3.WORLDWIDE
4.PERFECT
5.MY TYPE REMIX (Acoustic Ver.)

——

■「iKON MOBILE」情報
利用料金:月額540円(税込)
iKON MOBILE
http://ikon-mobile.com/
※スマートフォンのみ

.

■iKON JAPAN OFFICIAL FANCLUB 【iKONIC JAPAN】情報
会費 入会金 1,000円(税込) 年会費 5,200円(税込)
※手数料として、別途200円(税込)かかります。ご了承ください。
ファンクラブサービス内容
・オリジナル会員証の発行
・入会・継続特典プレゼント
・Official FanClub Magazine(会報)の発行(不定期)
・ファンクラブ会員限定ページの閲覧
・Eメールでの情報配信
・グリーティングカードの発行
・ファンクラブ限定グッズの販売
・コンサートチケットの先行予約販売
・ファンクラブイベントへの参加
※抽選となる場合もございます。
・TVやラジオの公開番組、イベント等への優先観覧ご招待
※各主催者の協力が得られた場合のみとなります。
・ファンクラブ限定特典

■iKON OFFICIAL HOME PAGE
http://ygex.jp/ikon/

■iKONIC JAPAN OFFICIAL HOME PAGE
https://ikon.fc.avex.jp/

.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の記事

  1. ©F.A.E.P. 11月5日の福岡イオンモール香椎浜セントラルコート。CODE-V派生ユニットの…
  2. ©F.A.E.P. 11月3連休の最終日、福岡のイオンモール香椎浜セントラルコートにて、COD…
  3. 完全体に戻ったF.CUZ、日本のコンサートを通じて新たな出発をファンと共にする。 F.…
  4. アーティスト(=JY)としては、動画再生サイトにて関連動画含め4000万回以上の再生を誇るなど、デビ…
  5. ロッテ免税店の公式モデル、イ・ジョンソクのファンミーティングに参加できるチャンス。ペアチケットが当た…
  6. アジアが誇るモンスターグループ"BIGBANG (ビッグバン)"が、11月18日(土)・19…
  7. 左K -TIGERS 右、上段からRAINZ/SNUPER 韓国の⼈気オーディション番組で⼤注⽬を…
  8. 8月11日(金・祝)舞浜アンフィシアター公演から10月31日(火)神戸国際会館こくさいホール…
  9. 後に『花様年華』、『恋する惑星』、『ブエノスアイレス』などで知られるウォン・カーウァイ監督の第2作目…
  10. インターネット総合ショッピングモール「Qoo10」を運営するジオシス合同会社(本社:東京都港区、代表…

韓国:安東(アンドン)から・・・

  1. 仮面舞フェスタと同時開催で9月29日~10月8日まで開催される「安東民俗祝祭」。今年で46回と昨年で…

◆九州まるまる情報

東日本大震災復興支援

Pray for JAPAN

ページ上部へ戻る