FTISLAND、ホンギが涙で本心を語った感動のツアーファイナル
「みんなとの友情は忘れない。音楽に向かう僕らを信じて!」
≪オフィシャルレポート≫

韓国出身のロックバンド、FTISLAND(エフティーアイランド)が9月29日、東京・日本武道館で『FTISLAND AUTUMN TOUR 2017 -Here is Paradise-』ファイナル公演を行い、9月7日の東京・豊洲PITからスタートし、約1ヶ月にわたり広島、福岡、愛知、宮城、大阪を回った全9公演のツアーを完走した。

ピアノに「1234」のコーラスを乗せた曲で登場すると、「YO! 武道館!」というホンギの掛け声と共に「1234」で幕開を開けたライブ。スタートからボーカリスト・ホンギの気合が、歌からもアクションからも伝わる。ジョンフンがギターのネックを高く上げて始まった「Mystery」、太いリズムにのまれる「Take Me Now」までの3曲で、FTISLANDもファンもイッキにトップギアまで加速する。

女性目線で歌うミドルテンポの「Go Again」からは、少し落ち着いたムードに、ベースのジェジンとホンギがボーカルをとる「Ready Go!!」をライブでやるのは久々。ギターのリフが印象的に変わったこの曲では、ジョンフンのギターの早弾きも飛び出した。ツアーが始まったころは「久々すぎて忘れてない?」と心配していたが、初日からファンのコーラスはバッチリ。もちろんファイナル公演でも大きな歌声を聴かせてくれたオーディエンスに満足そうな顔を見せ、最後のサビではサムズアップ。

常にファンを見ているホンギと、彼に応えるファンとの一体感が伝わるが、広い会場でも近くに感じられるコミュニケーションが生まれるのが、FTISLANDのライブらしさだ。FTISLANDとファンがお互いに信頼しているからこそのコミュニケーションだ。ギターのスンヒョンとドラムのミンファンが作った「Wanna Go」はストレートなロックから高速ビートに生まれ変わり、そのヘヴィーなアレンジに自然とこぶしがふり上がる。そのリズムに乗って、ホンギもステージの端から端まで全速力で走り回る。

中盤では、韓国デビュー10周年のアニバーサリーイヤーということもあり、デビュー曲「Love Sick」をニューアレンジで披露したが、ジョンフンが「10年前のホンギの声は子どもだった。演奏しながらいろいろ思い出した」と感慨深げに語ったが、27歳になったホンギの感情のこもった熱唱は、聴く者の心を打った。ジョンフンに促されると「My Birthday」から「The Night」までのセットリストを「全部意味がある」と、歌詞から生まれる感情の流れで構成していると解説。ファンにとっては、ライブが一層楽しくなる説明は貴重だ。

「今回は、ずっと動くツアー」とホンギが言う通り、後半はロックの応酬。メンバーたちもステージを動き回り、フロアのファンはタオルを振り回しジャンプし、声を上げる。「FREEDOM」では、ホンギの「すわれ!」という号令で着席すると、次のサビで一斉にタオルを投げ上げてジャンプを決めると武道館が揺れ、それを合図にするかのように、いつもと違うイントロに驚かされた「未体験Future」までフロアは狂乱のるつぼと化した。

本編最後を飾ったのは、最新シングルのリード曲「Paradise」。ステージから客席にむかって放たれるレーザーの糸が幻想的な空間を作り出す。ファンの歌うコーラスの声が、あまりに大きくて感動的。ホンギも「ナイス!」と満足そうだったが、この日のライブは、バンドの演奏もホンギの声も、ファンのリアクションも、すべてが完璧で、本ツアー一番の一体感を作り上げていた。

アンコールの「FTISLANDコール」もいつもの武道館よりもはるかに大きく、マジカルともいえるムードが漂う。アンコールで再び登場したホンギも、「今回のツアー、幸せでした。10年走ってきていろいろあったけど、心配かけないように頑張るから。昔から僕たちとみんなの関係は友だちみたいだって言ってたけど、友情の中には、愛もある。僕らが一番好きなのは友情。この5人も、そして5人とみなさんもお互いの友情を忘れずにいきたい。今までも感謝してるし、これからもよろしくお願いします」と力強く言ったかと思うと、その目には涙がにじむ。会場から送られる大きな拍手に、「カッコいい音楽、いっぱいプレゼントするからな! 失敗することもあるけど、音楽に向かっている僕らを信じてください」とあふれ出る本心を伝えた。

1ヶ月かけた長期のツアーと、「ずっと動く」というほどのセットリストに、体力の限界を感じたそうだが、これからもライブを続けるために、節制を誓ったメンバーたち。FTISLANDの魅力は、やはりライブで発揮されると改めて感じさせたこのライブは、近年のベストライブといっても過言ではないだろう。10年の歳月をかけ美しく咲いた花に、大きな実がなったのを感じさせる。しかしきっと次のツアーでは、このライブを軽々と超え、さらに大きな実を付けてくれるだろう。なお、この日のライブの模様は12月17日(日)にWOWOWで放送されることが決定。12月16日(土)・17日(日)に千葉・幕張メッセ 国際展示場で行われる所属事務所主催のフェス「2017 FNC KINGDOM IN JAPAN -MIDNIGHT CIRCUS-」がFTISLANDとして日本での今年最後のライブとなる。また、12月7日(木) には東京国際フォーラム ホールAで、ホンギ単独の『2017 LEE HONG GI Winter Mini Live ~ホン!気!ラ!~』の開催も決定している。

(写真クレジット:ヤマダマサヒロ)

.

 セットリスト 
1.1234
2.Mystery
3.Take Me Now
4.Go Again
5.Champagne
6.Ready Go!!
7.Wanna Go
8.My Birthday
9.Love Sick
10. I Want
11. The Night
12. A light in the forest
13. AQUA
14. Shadows
15. Shinin’On
16. FREEDOM
17. PUPPY
18. 未体験 Future
19. COME ON GIRL
20. Paradise
En1. Paparazzi
En2. Stay what you are
En3. LIFE


【ライブ情報】
■2017 LEE HONG GI Winter Mini Live ~ホン!気!ラ!~
【東京】東京国際フォーラム ホールA
2017年 12月7日(木)
【昼公演】14:00開場 15:00開演
【夜公演】18:00開場 19:00開演
≪料金≫
全席指定 9,500円(税込)

■2017 FNC KINGDOM IN JAPAN -MIDNIGHT CIRCUS-
幕張メッセ 国際展示場
2017年12月16日(土) 15:00 開場 16:00開演
2017年12月17日(日) 15:00 開場 16:00開演
FNC KINGDOM 特設サイト:http://www.fnckingdom.jp/

.

<INFO>
「FTISLAND AUTUMN TOUR 2017 -Here is Paradise-」
12月17日(日)WOWOWで放送決定!
詳細はコチラ→http://www.wowow.co.jp/ft/

.

【関連リンク】
オフィシャルHP:http://ftisland-official.jp/
ワーナーミュージック・ジャパンHP:http://wmg.jp/artist/ftisland/

.

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Select your favorite language

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の記事

  1. 2016年末の『第58回 輝く!日本レコード大賞』にて最優秀新人賞を受賞した、BIGBANG…
  2. 2016年末の『第58回 輝く!日本レコード大賞』にて最優秀新人賞を受賞した、BIGBANG…
  3. U-KISSの13枚目のシングル「PaNiC!」のMVで使用し話題となった次世代型バランスス…
  4. ©ヤマダマサヒロ 韓国デビュー10周年のアニバーサリーイヤーとなった2017年、日韓で精力的に活動…
  5. アジアで大人気のチ・チャンウク、待望の本格スクリーンデビュー! シム・ウンギョン、アン・ジェホン…
  6. ©MENTOR.Co.,Ltd 歌手、俳優として活躍し、アジアのファンを魅了するJohn-Hoon…
  7. アジアドラマを気軽に楽しんでいただくことをコンセプトにスタートしたエスピーオーのDVDシリーズ …
  8. 超新星ソンジェ 初主演映画『Guest House』の東京・大阪での公開を直前に控えまして、 1…
  9.  2017年9月にメジャーデビューを果たした話題の台湾ボーイズバンド‘noovy’が、新曲「…
  10. 写真:韓国「2017 SPECIAL PHOTO EDITION」より 2017年注⽬の⼤型新⼈ボ…

韓国:安東(アンドン)から・・・

  1. 仮面舞フェスタと同時開催で9月29日~10月8日まで開催される「安東民俗祝祭」。今年で46回と昨年で…

◆九州まるまる情報

東日本大震災復興支援

Pray for JAPAN

ページ上部へ戻る